メニュー
Amazon CloudFront
開発者ガイド (API Version 2016-09-29)

RTMP ディストリビューションの機能

CloudFront を使用してメディアファイルのストリーミングを行うには、2 種類のファイルをエンドユーザーに提供します。

  • メディアファイル

  • メディアプレーヤー(例: JW Player、Flowplayer、Adobe Flash)

エンドユーザーは、メディアファイルを、そのメディアファイル用に提供されたメディアプレーヤーを使用して視聴します。エンドユーザーは、自分のコンピューターまたは他のデバイスにすでにインストールされているメディアプレーヤー(ある場合)を使用しません。

エンドユーザーがメディアファイルのストリーミングを実行すると、メディアプレーヤーは、CloudFront からファイルをダウンロードしながら、ファイルのコンテンツの再生を開始します。メディアファイルはエンドユーザーのシステムにローカルに保存されません。

CloudFront を使用してメディアプレーヤーとメディアファイルの両方を供給するには、2 種類のディストリビューションが必要です。メディアプレーヤー用のウェブディストリビューションとメディアファイル用の RTMP ディストリビューションです。ウェブディストリビューションでは HTTP 経由でファイルが供給されます。RTMP ディストリビューションでは RTMP(または RTMP の変種)経由でメディアファイルのストリーミングが行われます。

以下の例では、メディアファイルとメディアプレーヤーを Amazon S3 内の異なるバケットに保存することを前提としていますが、これは必須ではありません。メディアファイルとメディアプレーヤーは、同じ Amazon S3 バケットに保存できます。また、CloudFront とカスタムオリジンを使用するなど、別の方法を使用して、メディアプレーヤーをエンドユーザーが使用できるようにできます。ただし、メディアファイルでは、Amazon S3 バケットをオリジンとして使用する必要があります。

以下の図では、お客様のサイトは、メディアプレーヤーのキャッシュされたコピーを d1234.cloudfront.net ドメイン経由で各エンドユーザーに供給します。次に、メディアプレーヤーが、メディアファイルのキャッシュされたコピーに s5678.cloudfront.net ドメイン経由でアクセスします。

ストリーミングのセットアップ

メディアプレーヤーバケットは、メディアプレーヤーを保持しており、通常の HTTP ディストリビューションのオリジンサーバーになっています。この例では、ディストリビューションのドメイン名は d1234.cloudfront.net です。(d1234.cloudfront.netd は、これがウェブディストリビューションであることを示します。)

ストリーミングメディアバケットは、メディアファイルを保持しており、RTMP ディストリビューションのオリジンサーバーになっています。この例では、ディストリビューションのドメイン名は s5678.cloudfront.net です。(s5678.cloudfront.nets は、これが RTMP ディストリビューションであることを示します。)

メディアファイルを配信するように CloudFront を構成すると、CloudFront は Adobe Flash Media Server 3.5 をストリーミングサーバーとして使用し、Adobe の Real-Time Messaging Protocol(RTMP)を使用してメディアファイルのストリーミングを行います。CloudFront は、ポート 1935 およびポート 80 経由で RTMP リクエストを受け取ります。

CloudFront は、以下の RTMP プロトコルの変種をサポートします。

  • RTMP – Adobe の Real-Time Message Protocol

  • RTMPT – HTTP でトンネルされた Adobe ストリーミング

  • RTMPE – 暗号化された Adobe

  • RTMPTE – 暗号化され、HTTP でトンネルされた Adobe

RTMP の基本概要、および Adobe Flash Media Server でサポートされるファイル形式については、Adobe ウェブサイトにある「Flash Media Server 3 を使用したストリーミングの概要」を参照してください。概要には、サポートされるコーデックやコンテナに関する情報が含まれます。

CloudFront は、動的ストリーミングに関する、Adobe Flash Media Server 3.5 のすべての機能をサポートします。動的ストリーミングを使用すると、再生中に、異なる品質のストリームに切り替えることができます。詳細については、Adobe ウェブサイトにある「Flash Media Server 3.5 の動的ストリーミング: パート 1」を参照してください。

ストリームコンテンツを供給するには、エンドユーザーにメディアプレーヤーを提供する必要があります。Adobe Flash を使用して、独自のプレーヤーを作成することもできます。詳細については、http://www.adobe.com/products/flashplayer/ を参照してください。既存のプレーヤーを使用することもできます。詳細については、以下のチュートリアルを参照してください。