メニュー
Amazon CloudFront
開発者ガイド (API バージョン 2016-09-29)

Lambda@Edge 用の Lambda 関数の編集

Lambda 関数を編集する場合は、次の点に注意してください。

  • 元のバージョンのラベルは [$LATEST] です。

  • $LATEST バージョンのみを編集できます。

  • $LATEST バージョンを編集するたびに、新しい番号付きバージョンを公開する必要があります。

  • $LATEST のトリガーを作成することはできません。

  • 新しいバージョンの関数を発行する場合、Lambda は以前のバージョンから新しいバージョンにトリガーを自動的にコピーしません。新しいバージョン用のトリガーを再現する必要があります。

  • CloudFront イベントのトリガーを関数に追加する場合、同じディストリビューション、キャッシュ動作、および同じ関数の以前のバージョン用のイベント用のトリガーが既に存在している場合、Lambda は以前のバージョンからトリガーを削除します。

  • トリガーを追加するなど、CloudFront ディストリビューションを更新した後で、トリガーで指定した関数が機能する前に、変更がエッジロケーションに伝達されるのを待つ必要があります。

Lambda 関数を編集するには (AWS Lambda コンソール)

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、https://console.aws.amazon.com/lambda/ にある AWS Lambda コンソールを開きます。

  2. ページの上部にあるリージョンのリストで、[米国東部(バージニア北部)] を選択します。

  3. 関数のリストで、編集する関数の名前を選択します。

    デフォルトでは、$LATEST バージョンがコンソールに表示されます。以前のバージョンを表示することはできますが ([Qualifiers] を選択します)、編集できるのは $LATEST のみです。

  4. [Code] タブの [Code entry type] で、ブラウザでのコードの編集、.zip ファイルのアップロード、または Amazon S3 からのファイルのアップロードを選択します。

  5. [Save] または [Save and test] を選択します。

  6. [Actions] を選択し、[Publish new version] を選択します。

  7. [Publish new version from $LATEST] ダイアログボックスで、新しいバージョンの説明を入力します。この説明は、自動的に生成されたバージョン番号とともにバージョンのリストに表示されます。

  8. [Publish] を選択します。

    新しいバージョンが自動的に最新バージョンになります。バージョン番号はページの左上隅にある [Version] ボタンに表示されます。

  9. [Triggers] タブを選択します。

  10. [Add trigger] を選択します。

  11. [Add trigger] ダイアログボックスでチェックボックスをオンにし、[CloudFront] を選択します。

    注記

    関数の 1 つまたは複数のトリガーを作成済みの場合、CloudFront がデフォルトのサービスになります。

  12. Lambda 関数をいつ実行するかを示す、次の値を指定します。

    ディストリビューション ID

    トリガーの追加先となるディストリビューションの ID を選択します。

    キャッシュ動作

    関数を実行するオブジェクトを指定するキャッシュ動作を選択します。

    CloudFront イベント

    関数を実行させる CloudFront イベントを選択します。

    トリガーとレプリケートの有効化

    このチェックボックスをオンにし、Lambda が関数をリージョンに対してグローバルにレプリケートするようにします。

  13. [Submit] を選択します。

  14. この関数のトリガーをさらに追加するには、ステップ 10~13 を繰り返します。