Amazon CloudFront
開発者ガイド (API バージョン 2016-09-29)

Lambda@Edge 関数の作成と使用の開始

Lambda@Edge 関数を使用すると多くの有益な操作を実行できますが、初めて使用を開始するときには少し複雑に感じられる場合があります。このセクションでは、Lambda@Edge の CloudFront での動作を概説し、シンプルな例を使用するチュートリアルを提供します。

ヒント

Lambda@Edge の動作に精通し、Lambda@Edge 関数を作成したら、お客様独自のカスタムソリューションに Lambda@Edge を使用する方法について詳しく学習します。関数の作成と更新イベントの構造、および CloudFront トリガーの追加について学習してください。また、さらに多くのアイデアやコードサンプルを「Lambda@Edge 関数の例」で参照できます。

以下に示しているのは、CloudFront で Lambda 関数を作成および使用する方法の概要です。

  1. AWS Lambda コンソールから、米国東部 (バージニア北部) リージョン で Lambda 関数を作成します (関数をプログラムで作成することもできます。たとえば、次のいずれかの AWS SDK を使用します)。

  2. 番号付きバージョンの関数を保存して発行します。

    関数を変更する場合、米国東部 (バージニア北部) リージョン で関数の $LATEST バージョンを編集する必要があります。次に、CloudFront と連携するように設定する前に、新しい番号付きバージョンを発行します。

  3. 関数が適用される CloudFront ディストリビューションとキャッシュ動作を選択し、関数を実行させるトリガーと呼ばれる 1 つ以上の CloudFront イベントを指定します。たとえば、CloudFront がビューワーからリクエストを受け取ったときに関数を実行させるトリガーを作成できます。

  4. トリガーを作成すると、Lambda は関数を世界中の AWS ロケーションにレプリケートします。

 CloudFront と統合する Lambda 関数を作成する方法を示す概念的なグラフィック。