Lambda@Edge 関数の記述と作成 - Amazon CloudFront

Lambda@Edge 関数の記述と作成

Lambda@Edge を使用するには、Lambda 関数のコードを記述してから、特定の CloudFront イベント (トリガー) に基づいて関数を実行するように AWS Lambda をセットアップします。関数を実行するように Lambda 関数をセットアップするには、Lambda で関数の作成オプションを使用します。

AWS コンソールを使用して、Lambda 関数と CloudFront トリガーを操作できます。または、API を使用してプログラム的に Lambda@Edge を操作できます。

  • コンソールを使用する場合、Lambda 関数の作成には AWS Lambda コンソールしか使用できないことに注意してください。Amazon CloudFront コンソールを使用して関数を作成することはできません。

  • Lambda@Edge をプログラムで使用する場合、いくつかのリソースが役立ちます。詳細については、「Lambda 関数と CloudFront トリガーをプログラムで作成する」を参照してください。

注記

AWS Lambda コンソールまたは CloudFront コンソールのいずれかを使用して、Lambda@Edge 関数のトリガーを追加できます。