CloudFront を使用したビデオオンデマンドおよびライブストリーミングビデオ - Amazon CloudFront

CloudFront を使用したビデオオンデマンドおよびライブストリーミングビデオ

CloudFront では、任意の HTTP オリジンを使用してビデオオンデマンド (VOD) またはライブストリーミングビデオの配信が可能です。クラウドでビデオワークフローを設定する方法の 1 つは、CloudFront を AWS Media Services と共に使用することです。

ストリーミングビデオについて: オンデマンドおよびライブストリーミングビデオ

CloudFront がビデオコンテンツを配信できるようにするには、エンコーダーを使用してそのコンテンツをパッケージ化する必要があります。パッケージ化プロセスでは、オーディオ、ビデオ、キャプションのコンテンツを含むセグメントが作成されます。また、マニフェストファイルを生成します。マニフェストファイルは、どのセグメントをいつ再生するかについての特定の順序を説明します。パッケージの一般的な形式は MPEG DASH、Apple HLS、Microsoft Smooth Streaming、CMAF です。

ビデオオンデマンド (VOD) ストリーミング

オンデマンドビデオ (VOD) ストリーミングの場合、ビデオコンテンツはサーバーに保存され、ビューワーはいつでも視聴できます。ビューワーがストリーミングできるアセットを作成するには AWS Elemental MediaConvert などのエンコーダーを使用してメディアファイルをフォーマットおよびパッケージ化します。

ビデオを適切な形式に変換した後、サーバーまたは Amazon S3 バケットに保存したら、ビューワーのリクエストに応じて CloudFront で配信できます。

ライブビデオストリーミング

ライブビデオストリーミングの場合、ビデオコンテンツは、ライブイベントが発生するとリアルタイムでストリーミングされるか、24 時間 365 日のライブチャンネルとして設定されます。ブロードキャストおよびストリーミング配信用のライブ出力を作成するには、AWS Elemental MediaLive などのエンコーダーを使用してビデオを圧縮し、デバイス表示用にフォーマットします。

ビデオがエンコードされたら、AWS Elemental MediaStore に保存するか、AWS Elemental MediaPackage を使用してさまざまな配信形式に変換できます。これらのオリジンを使用し、CloudFront ディストリビューションを設定して、コンテンツを配信できます。これらのサービスと連携するディストリビューションを作成するための具体的な手順とガイダンスについては、「AWS Elemental MediaStore をオリジンとしたビデオの配信」と「AWS Elemental MediaPackage でフォーマットされたライブビデオの配信」を参照してください。

Wowza と統合ストリーミングには、CloudFront でのビデオのストリーミングに使用できるツールも用意されています。CloudFront で Wowza を使用する方法の詳細については、Wowza ドキュメントウェブサイトにある「Wowza Streaming Engine ライセンスを CloudFront ライブ HTTP ストリーミングに持ち込む」を参照してください。VOD ストリーミングのために Unified Streaming を CloudFront で使用する方法については、Unified Streaming のドキュメントウェブサイトの Amazon CloudFront を参照してください。