メニュー
Amazon CloudFront
開発者ガイド (API バージョン 2016-09-29)

CloudFront を使用したオンデマンドおよびライブストリーミングビデオ

CloudFront で、任意の HTTP オリジンを使用してビデオをオンデマンドまたはライブでストリーミングできます。クラウドでビデオワークフローを設定する方法の 1 つは、CloudFront を AWS Media Services と共に使用することです。

ストリーミングビデオについて: オンデマンドおよびライブストリーミング

ビデオコンテンツを配信するように CloudFront を設定するには、エンコーダーを使用してそのコンテンツをパッケージ化する必要があります。これらのパッケージには、オーディオ、ビデオ、字幕のコンテンツがセグメントという小さい複数のファイルとして含まれます。各セグメントが数秒のコンテンツになります。また、マニフェストファイルも含まれます。プレーヤーではマニフェストファイルを使用して、どのセグメントをダウンロードしてどのタイミングと順番で再生するかを決定します。パッケージの一般的な形式は MPEG DASH、Apple HLS、Microsoft Smooth Streaming、CMAF です。

オンデマンドビデオストリーミング

オンデマンドビデオストリーミングの場合、ビデオコンテンツはサーバーに保存され、視聴者はいつでも視聴できます。視聴者がストリーミングできるアセットを作成するには、AWS Elemental MediaConvert などのトランスコーダーを使用して、ファイルをストリーミングパッケージに変換します。

ビデオを適切な形式に変換した後、サーバーまたは S3 バケットに保存したら、視聴者のリクエストに応じて CloudFront で配信できます。

ライブビデオストリーミング

ライブビデオストリーミングの場合、ライブイベントをストリーミングするか、24 時間 365 日視聴可能なライブチャネルを設定できます。ブロードキャストおよびストリーミング配信用のライブ出力を作成するには、AWS Elemental MediaLive などのエンコーダーを使用します。

ライブイベントの例としては、スポーツトーナメント、授賞式、基調講演などの、ライブのブロードキャストやコンテンツアグリゲーターによるストリーミングがあります。

ライブリニアチャネルをパッケージ化してインターネット経由で配信する製作会社、ブロードキャスト事業者、有料 TV サービス事業者向けに、24 時間 365 日視聴可能なライブチャネルを設定でき、サードパーティーの配信プラットフォームを使用せずに、視聴者に直接コンテンツを送信できます。

ビデオがエンコードされたら、そのビデオを AWS Elemental MediaStore に送信するか、AWS Elemental MediaPackage を使用してさまざまな配信形式に変換できます。これらのオリジンを使用し、CloudFront ディストリビューションを設定して、コンテンツを配信できます。これらのサービスと連携するディストリビューションを作成するための具体的な手順とガイダンスについては、「AWS Elemental MediaStore をオリジンとしたビデオの配信」と「AWS Elemental MediaPackage でフォーマットされたライブビデオのストリーミング」を参照してください。

Wowza や Unified Streaming など、CloudFront でストリーミングビデオに使用できるツールを提供する他の企業もあります。CloudFront で Wowza を使用する方法の詳細については、Wowza ウェブサイトの、Wowza Streaming Engine ライセンスを CloudFront ライブ HTTP ストリーミングに持ち込む方法を参照してください。オンデマンドストリーミング用の Unified Streaming および CloudFront については、Unified Streaming ウェブサイトの、Amazon インスタンスを参照してください。