Amazon CloudFront
開発者ガイド (API バージョン 2016-09-29)

代替ドメイン名と HTTPS の使用

ファイルの URL で独自ドメイン名を使用する場合 (例: https://www.example.com/image.jpg)、およびビューワーが HTTPS を使用する場合、このトピックで説明するいくつかの追加ステップを完了する必要があります。(URL でデフォルトの CloudFront ディストリビューションのドメイン名、たとえば https://d111111abcdef8.cloudfront.net/image.jpg を使用する場合は、代わりに次のトピック ビューワーと CloudFront との通信で HTTPS を必須にする のガイダンスに従います)。

重要

証明書をディストリビューションに追加すると、CloudFront はそのすべてのエッジロケーションに証明書を直ちに伝達します。また、新しいエッジロケーションが使用可能になると、CloudFront は証明書をそのエッジロケーションにも伝達します。CloudFront が証明書を伝達するエッジロケーションを制限することはできません。