Amazon EKS での Container Insights のクイックスタートセットアップ - Amazon CloudWatch

Amazon EKS での Container Insights のクイックスタートセットアップ

Container Insights のセットアップを完了するには、このセクションのクイックスタート手順に従います。

または、「クラスターメトリクスを収集するよう CloudWatch エージェントをセットアップする」および「CloudWatch Logs へログを送信する DaemonSet として FluentD をセットアップする」の 2 つのセクションの手順に従うことができます。これらのセクションでは、CloudWatch エージェントがどのように Amazon EKS と動作するかについてより詳しく説明されていますが、追加のインストール手順を実行する必要があります。

クイックスタートを使用して Container Insights をデプロイするには、次のコマンドを入力します。

curl https://raw.githubusercontent.com/aws-samples/amazon-cloudwatch-container-insights/latest/k8s-deployment-manifest-templates/deployment-mode/daemonset/container-insights-monitoring/quickstart/cwagent-fluentd-quickstart.yaml | sed "s/{{cluster_name}}/cluster-name/;s/{{region_name}}/cluster-region/" | kubectl apply -f -

このコマンドでは、Cluster_Name は Amazon EKS または Kubernetes クラスターの名前で、Region はログが発行されるリージョンの名前です。AWS アウトバウンドデータ転送コストを削減するために、クラスターがデプロイされているのと同じリージョンを使用することをお勧めします。

たとえば、MyCluster という名前のクラスターに Container Insights をデプロイし、ログとメトリクスを 米国西部 (オレゴン) に発行するには、次のコマンドを入力します。

curl https://raw.githubusercontent.com/aws-samples/amazon-cloudwatch-container-insights/latest/k8s-deployment-manifest-templates/deployment-mode/daemonset/container-insights-monitoring/quickstart/cwagent-fluentd-quickstart.yaml | sed "s/{{cluster_name}}/MyCluster/;s/{{region_name}}/us-west-2/" | kubectl apply -f -

Container Insights の使用

クイックスタートセットアップの使用後に Container Insights を削除する場合は、次のコマンドを入力します。

curl https://raw.githubusercontent.com/aws-samples/amazon-cloudwatch-container-insights/latest/k8s-deployment-manifest-templates/deployment-mode/daemonset/container-insights-monitoring/quickstart/cwagent-fluentd-quickstart.yaml | sed "s/{{cluster_name}}/cluster-name/;s/{{region_name}}/cluster-region/" | kubectl delete -f -