AWS Fargate Linux プラットフォームバージョンの廃止 - Amazon Elastic Container Service

AWS Fargate Linux プラットフォームバージョンの廃止

このページでは、AWS Fargate が非推奨にされたか、または廃止が予定されている Linux プラットフォームのバージョンを示しています。これらのプラットフォームのバージョンは、公開された廃止日までは引き続き利用できます。

廃止予定のプラットフォームのバージョンごとに、強制更新日が提供されます。強制更新日に、廃止予定のプラ​​ットフォームバージョンを指すLATEST プラットフォームバージョンを使用するすべてのサービスは、強制新規デプロイオプションを使用して更新されます。強制新規デプロイオプションを使用してサービスを更新すると、廃止予定のプラットフォームバージョンで実行されているすべてのタスクが停止され、新しいタスクはLATESTタグがその時に指すプラットフォームのバージョンを使用して起動されます。明示的なプラットフォームバージョンが設定されているスタンドアロンのタスクまたはサービスは、強制更新日の影響を受けません。

サービスのスタンドアロンタスクを更新して、最新のプラットフォームバージョンを使用することをお勧めします。最新のプラットフォームバージョンへの移行の詳細については、Linux プラットフォームバージョン 1.4.0 への移行での考慮事項を参照してください。

プラットフォームバージョンが廃止日に達すると、そのプラットフォームのバージョンは新しいタスクやサービスで使用できなくなります。非推奨のプラットフォームバージョンを明示的に使用するスタンドアロンのタスクまたはサービスは、タスクが停止されるまでそのプラットフォームバージョンを使用し続けます。廃止日を過ぎると、非推奨のプラットフォームバージョンはセキュリティのアップデートやバグの修正を受けなくなります。

プラットフォームバージョン 強制更新日 廃止日

1.0.0

2020 年 10 月 26 日

2020 年 12 月 14 日

1.1.0

2020 年 10 月 26 日

2020 年 12 月 14 日

1.2.0

2020 年 10 月 26 日

2020 年 12 月 14 日

現在のプラットフォームバージョンの詳細については、「Amazon ECS 向け Fargate Linux プラットフォームのバージョン」を参照してください。

非推奨の AWS Fargate Linux バージョンの変更ログ

1.2.0

以下は、プラットフォームバージョンの変更履歴です1.2.0

注記

プラットフォームバージョン 1.2.0 は今後利用できません。プラットフォームバージョンの廃止については、AWS Fargate Linux プラットフォームバージョンの廃止を参照してください。

1.1.0

以下は、プラットフォームバージョンの変更履歴です1.1.0

注記

プラットフォームバージョン 1.1.0 は今後利用できません。プラットフォームバージョンの廃止については、AWS Fargate Linux プラットフォームバージョンの廃止を参照してください。

1.0.0

以下は、プラットフォームバージョンの変更履歴です1.0.0

注記

プラットフォームバージョン 1.0.0 は今後利用できません。プラットフォームバージョンの廃止については、AWS Fargate Linux プラットフォームバージョンの廃止を参照してください。

  • Amazon Linux 2017.09 に基づく。

  • 初回リリース。