廃止予定の AWS Fargate プラットフォームバージョン - Amazon Elastic Container Service

廃止予定の AWS Fargate プラットフォームバージョン

このページでは、AWS Fargate で廃止が予定されているプラットフォームのバージョンを一覧表示します。これらのプラットフォームのバージョンは、発表された廃止日まで利用可能です。

強制更新日に、廃止予定のプラットフォームバージョンを使用するタスクで、プラットフォームのバージョンが LATEST に設定されているサービスは、新しいデプロイ強制オプションを使用して更新されます。新しいデプロイ強制オプションを使用してサービスが更新されると、廃止予定のプラットフォームバージョンで実行されているすべてのタスクが停止され、最新のプラットフォームバージョンを使用して新しいタスクが開始されます。明示的なプラットフォームバージョンが設定されたスタンドアロンのタスクまたはサービスは、強制更新日の影響を受けません。

タスクで廃止予定のプラットフォームバージョンを使用している場合は、最新のプラットフォームバージョンに移行することをお勧めします。最新のプラットフォームバージョンへの移行の詳細については、「プラットフォームバージョン 1.4.0 への移行」を参照してください。

プラットフォームバージョンの廃止日になると、そのプラットフォームバージョンは新しいタスクやサービスで利用できなくなります。廃止予定のプラットフォームバージョンを明示的に使用するスタンドアロンのタスクまたはサービスは、タスクが停止するまでそのプラットフォームバージョンを引き続き使用します。廃止日を過ぎると、廃止予定のプラットフォームバージョンはセキュリティアップデートやバグ修正を受け取らなくなります。

プラットフォームのバージョン 強制更新日 廃止日

1.0.0

2020 年 10 月 26 日

2020 年 12 月 14 日

1.1.0

2020 年 10 月 26 日

2020 年 12 月 14 日

1.2.0

2020 年 10 月 26 日

2020 年 12 月 14 日

現在のプラットフォームバージョンの詳細については、「AWS Fargate プラットフォームのバージョン」を参照してください。