Amazon Elastic Container Service
開発者ガイド (API バージョン 2014-11-13)

タスク定義パラメータ

タスク定義は、タスクファミリー、IAM タスクロール、ネットワークモード、コンテナ定義、ボリューム、タスク配置の制約事項、起動タイプの各部分に分かれています。ファミリーとコンテナ定義はタスク定義に必須ですが、タスクロール、ネットワークモード、ボリューム、タスク配置の制約事項、起動タイプはオプションです。

以下に示すのは、各タスク定義パラメータのより詳細な説明です。

ファミリー

family

タイプ: 文字列

必須: はい

タスク定義を登録するときに、ファミリ (複数バージョンのタスク定義の名前のようなもの) を指定する必要があります。登録したタスク定義には、リビジョン番号が与えられます。特定のファミリに登録した最初のタスク定義には、リビジョン 1 が与えられ、その後に登録したタスク定義には、リビジョン 2 というように続きます。

タスクロール

taskRoleArn

タイプ: 文字列

必須: いいえ

タスク定義を登録するときに、IAM ロールのタスクロールを割り当てて、タスクのコンテナに、関連するポリシーに指定された AWS API を呼び出すためのアクセス権限を付与できます。詳細については、「タスク用の IAM ロール」を参照してください。

Windows 上のタスク用の IAM ロールでは、Amazon ECS-optimized Windows AMI を起動するときに -EnableTaskIAMRole オプションを設定する必要があります。また、コンテナでは、この機能を利用するために一部の設定コードを実行する必要があります。詳細については、「Windows タスク用の IAM ロール」を参照してください。

タスク実行ロール

executionRoleArn

タイプ: 文字列

必須: いいえ

タスク定義を登録するとき、タスクのコンテナがユーザーに代わってコンテナイメージを取得して、CloudWatch にコンテナログを発行するためのタスク実行ロールを提供することができます。詳細については、「Amazon ECS タスク実行 IAM ロール」を参照してください。

ネットワークモード

networkMode

タイプ: 文字列

必須: いいえ

タスクのコンテナで使用する Docker ネットワーキングモード。有効な値は、nonebridgeawsvpc および host です。デフォルトの Docker ネットワークモードは bridge です。

ネットワークモードを none に設定すると、タスクのコンテナの外部接続がなくなるため、コンテナの定義にポートマッピングを指定することはできません。

ネットワークモードが bridge の場合、タスクは Docker の組み込み仮想ネットワークを使用して、各コンテナインスタンス内で実行されます。

ネットワークモードが host の場合、タスクは、Docker の組み込み仮想ネットワークをバイパスし、コンテナポートは EC2 インスタンスのネットワークインターフェイスに直接マッピングされます。このモードで、ポートマッピングが使用されている場合、1 つのコンテナインスタンスで同じタスクのインスタンスを複数実行することはできません。

ネットワークモードが awsvpc の場合は、タスクに Elastic Network Interface が割り当てられるため、タスク定義を使用したサービスの作成時またはタスクの実行時に NetworkConfiguration を指定する必要があります。詳細については、「タスクネットワーキングと awsvpc ネットワークモード」を参照してください。現在、awsvpc ネットワークモードをサポートしているのは、Amazon ECS-optimized AMI、ecs-init パッケージがある他の Amazon Linux バリアント、または AWS Fargate インフラストラクチャのみです。

host および awsvpc ネットワークモードでは、コンテナのネットワークパフォーマンスは最大限に高まります。bridge モードとは異なり、仮想化ネットワークスタックではなく、Amazon EC2 ネットワークスタックを使用するためです。host および awsvpc ネットワークモードでは、公開されるコンテナポートは対応するホストポート (host ネットワークモードの場合) またはアタッチされた Elastic Network Interface ポート (awsvpc ネットワークモードの場合) に直接マッピングされるため、動的ホストポートマッピングは利用できません。

Windows 用の Docker では、Linux 用の Docker とは異なるネットワークモード (NAT と呼ばれる) が使用されます。Windows コンテナにタスク定義を登録するときに、ネットワークモードを指定しないでください。AWS マネジメントコンソール を使用して Windows コンテナにタスク定義を登録する場合は、default ネットワークモードを選択する必要があります。

Fargate 起動タイプを使用している場合、awsvpc ネットワークモードが必要です。EC2 起動タイプを使用している場合、使用可能なネットワークモードは、基板となる EC2 インスタンスのオペレーティングシステムによって異なります。Linux の場合は、どのネットワークモードも使用できます。Windows の場合は、上記のように NAT モードのみ使用できます。

コンテナ定義

タスク定義を登録するときは、コンテナインスタンスの Docker デーモンに渡されるコンテナ定義のリストを指定する必要があります。以下のパラメータをコンテナ定義で使用できます。

標準のコンテナ定義のパラメータ

以下のタスク定義のパラメータは必須であるか、ほとんどのコンテナ定義で使用されます。

名前

name

タイプ: 文字列

必須: はい

コンテナの名前。最大 255 文字の英字 (大文字と小文字)、数字、ハイフン、アンダースコアを使用できます。 タスク定義で複数のコンテナをリンクする場合、あるコンテナの name を別のコンテナの links に入力してコンテナを接続できます。

イメージ

image

タイプ: 文字列

必須: はい

コンテナの開始に使用するイメージ。この文字列は Docker デーモンに直接渡されます。Docker Hub レジストリのイメージはデフォルトで使用できます。repository-url/image:tag または repository-url/image@digest で他のリポジトリを指定することもできます。最大 255 文字の英字 (大文字と小文字)、数字、ハイフン、アンダースコア、コロン、ピリオド、スラッシュ、シャープ記号を使用できます。 このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの Imagedocker runIMAGE パラメータにマッピングします。

  • 新しいタスクが開始されると、Amazon ECS コンテナエージェントは、指定されたイメージおよびタグの最新バージョンをプルしてコンテナで使用します。ただし、リポジトリイメージの後続の更新がすでに実行されているタスクに反映されることはありません。

  • プライベートレジストリのイメージがサポートされています。詳細については、「タスクのプライベートレジストリの認証」を参照してください。

  • Amazon ECR リポジトリのイメージは、registry/repository:tag または registry/repository@digest の完全な命名規則を使用して指定できます。たとえば、aws_account_id.dkr.ecr.region.amazonaws.com/my-web-app:latest または aws_account_id.dkr.ecr.region.amazonaws.com/my-web-app@sha256:94afd1f2e64d908bc90dbca0035a5b567EXAMPLE

  • Docker ハブの公式リポジトリのイメージでは、1 つの名前 (例: ubuntumongo) を使用します。

  • Docker ハブの他のリポジトリのイメージは、組織名で修飾されます (例: amazon/amazon-ecs-agent)。

  • 他のオンラインリポジトリのイメージは、さらにドメイン名で修飾されます (例: quay.io/assemblyline/ubuntu)。

メモリ

memory

タイプ: 整数

必須: いいえ

コンテナに適用されるメモリの量 (MiB 単位)。コンテナは、ここで指定したメモリを超えようとすると、強制終了されます。タスク内のすべてのコンテナ用に予約されるメモリの合計量は、タスクの memory 値より小さくする必要があります (指定されている場合)。このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの Memory にマッピングし、--memory オプションを docker run にマッピングします。

コンテナが Fargate 起動タイプを使用したタスクの一部である場合、このフィールドはオプションです。

EC2 起動タイプを使用するタスクにコンテナが含まれる場合、コンテナの定義で memorymemoryReservation の一方または両方にゼロ以外の整数を指定する必要があります。両方を指定する場合、memorymemoryReservation より大きいことが必要です。memoryReservation を指定する場合、コンテナが配置されているコンテナインスタンスの使用可能なメモリリソースからその値が減算されます。それ以外の場合は、memory の値が使用されます。

Docker デーモンによってコンテナ用に 4 MiB 以上のメモリが予約されるため、コンテナ用に 4 MiB 未満のメモリを指定しないでください。

注記

特定のインスタンスタイプでタスクにできるだけ多くのメモリを提供してリソースの使用率を最大限に高めるには、「コンテナインスタンス メモリ管理」を参照してください。

memoryReservation

タイプ: 整数

必須: いいえ

コンテナ用に予約するメモリのソフト制限 (MiB 単位)。システムメモリが競合している場合、Docker はコンテナメモリをこのソフト制限に維持しようとします。ただし、コンテナは必要に応じて、memory パラメータで指定したハード制限 (該当する場合)、またはコンテナインスタンスの使用可能なメモリの、いずれか先に達するまで、追加のメモリを消費できます。このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの MemoryReservation にマッピングし、--memory-reservation オプションを docker run にマッピングします。

コンテナ定義で memorymemoryReservation の一方または両方を 0 以外の整数を指定する必要があります。両方を指定する場合、memorymemoryReservation より大きいことが必要です。memoryReservation を指定する場合、コンテナが配置されているコンテナインスタンスの使用可能なメモリリソースからその値が減算されます。それ以外の場合は、memory の値が使用されます。

たとえば、コンテナが通常 128 MiB のメモリを使用しているが、短期間に 256 MiB のメモリにバーストする場合は、memoryReservation を 128 MiB に、memory ハード制限を 300 MiB に設定できます。この設定により、コンテナは、コンテナインスタンスの残りのリソースから 128 MiB のメモリのみを確保できますが、必要に応じて追加のメモリリソースを消費できるようにもなります。

Docker デーモンによってコンテナ用に 4 MiB 以上のメモリが予約されるため、コンテナ用に 4 MiB 未満のメモリを指定しないでください。

ポートマッピング

portMappings

タイプ: オブジェクト配列

必須: いいえ

ポートマッピングにより、コンテナはホストコンテナインスタンス上のポートにアクセスしてトラフィックを送受信できるようになります。

awsvpc ネットワークモードを使用するタスク定義では、containerPort のみを指定する必要があります。hostPort は、空白のままにするか、containerPort と同じ値にする必要があります。

Windows のポートマッピングでは、localhost の代わりに NetNAT ゲートウェイを使用します。Windows のポートマッピングにはループバックが存在しないため、ホスト自体からコンテナのマッピングされたポートにアクセスすることはできません。

このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの PortBindings にマッピングし、--publish オプションを docker run にマッピングします。タスク定義のネットワークモードを host に設定している場合、ホストポートは未定義であるか、ポートマッピングのコンテナポートと一致する必要があります。

注記

タスクが RUNNING ステータスに達すると、手動および自動で割り当てられたホストとコンテナポートが次の場所で表示されます。

  • コンソール: 指定されたタスクのコンテナ詳細の [Network Bindings] セクション。

  • AWS CLI: describe-tasks コマンド出力の networkBindings セクション。

  • API: DescribeTasks レスポンス。

containerPort

タイプ: 整数

必須: はい (portMappings を使用する場合)

ユーザーが指定したホストポートまたは自動的に割り当てられたホストポートにバインドされるコンテナポートの番号。

Fargate 起動タイプを使用するタスク内のコンテナを使う場合、containerPort を使用して公開ポートを指定する必要があります。

EC2 起動タイプを使用するタスク内のコンテナを使用し、ホストポートではなくコンテナポートを指定した場合、コンテナには一時ポート範囲内のホストポートが自動的に割り当てられます。詳細については、「hostPort」を参照してください。この方法で自動的にマッピングされるポートは、コンテナインスタンスの 100 個の予約済みポート制限にはカウントされません。

重要

複数のプロトコルに対して同じコンテナポートを公開することはできません。この操作を試みた場合は、エラーが返されます。

hostPort

タイプ: 整数

必須: いいえ

コンテナ用に予約するコンテナインスタンスのポート番号。

Fargate 起動タイプを使用するタスク内のコンテナを使う場合、hostPort は、空白のままにするか、containerPort と同じ値にする必要があります。

EC2 起動タイプを使用するタスク内のコンテナを使う場合、予約されていないホストポートをコンテナポートマッピングに指定できます (これは静的ホストポートマッピングと呼ばれます)。または、containerPort の指定時に hostPort を省略することもできます (または 0 に設定)。後者の場合、コンテナインスタンスのオペレーティングシステムと Docker バージョンに、一時ポート範囲のポートが自動的に割り当てられます (これは動的ホストポートマッピングと呼ばれる)。

デフォルトの一時ポート範囲は 49153–65535 で、この範囲は 1.6.0 より前の Docker バージョンで使用されます。Docker バージョン 1.6.0 以降では、Docker デーモンは /proc/sys/net/ipv4/ip_local_port_range (最新の Amazon ECS-optimized AMI では 32768 ~ 61000) から一時ポート範囲の読み取りを試行します。このカーネルパラメータが使用できない場合は、デフォルトの一時ポート範囲が使用されます。一時ポート範囲は自動割り当て用に予約されているため、この範囲にはホストポートを指定しないでください。一般的に、32768 より小さい番号のポートは一時ポート範囲に含まれません。

デフォルトの予約済みポートは、SSH 用の 22、Docker ポートの 2375 および 2376、Amazon ECS コンテナエージェントポートの 51678-51680 です。実行中のタスク用にユーザーが以前に指定したホストポートもそのタスクの実行中は予約されます (タスクが停止すると、そのホストポートは解放されます)。現在予約されているポートは、describe-container-instances 出力の remainingResources に表示されます。コンテナインスタンスには、デフォルトの予約済みポートを含めて、一度に最大 100 個の予約済みポートを割り当てることができます。自動的に割り当てられるポートは、この 100 個の予約済みポート制限にはカウントされません。

protocol

タイプ: 文字列

必須: いいえ

ポートマッピングに使用されるプロトコル。有効な値は、tcp および udp です。デフォルト: tcp

重要

UDP サポートは、バージョン 1.2.0 以降の Amazon ECS コンテナエージェント (amzn-ami-2015.03.c-amazon-ecs-optimized AMI など)、またはバージョン 1.3.0 以降に更新したコンテナエージェントで起動されたコンテナインスタンスでのみ使用できます。コンテナエージェントを最新バージョンに更新するには、「Amazon ECS コンテナエージェントの更新」を参照してください。

ホストポートを指定する場合は、以下の構文を使用します。

"portMappings": [ { "containerPort": integer, "hostPort": integer } ... ]

自動的に割り当てられるホストポートが必要な場合は、以下の構文を使用します。

"portMappings": [ { "containerPort": integer } ... ]

詳細コンテナ定義パラメータ

以下の詳細コンテナ定義パラメータにより、Amazon ECS コンテナインスタンスでのコンテナの起動に使用する docker run コマンドに拡張機能が追加されます。

ヘルスチェック

healthCheck

ヘルスチェックのコマンドおよびコンテナの関連する設定パラメータです。このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションにある HealthCheck にマッピングされ、HEALTHCHECK パラメータは docker run にマッピングされます。

注記

Amazon ECS コンテナエージェントは、タスク定義で指定されたヘルスチェックのみをモニターし報告します。Amazon ECS は Docker コンテナイメージに埋め込まれ、コンテナ定義で指定されていない Docker ヘルスチェックを監視しません。コンテナ定義で指定されているヘルスチェックのパラメータは、コンテナイメージ内に存在する Docker ヘルスチェックを上書きします。

タスクの healthStatus からタスクヘルスが報告されます。これは、タスクの主要なコンテナのヘルスより決定されます。タスクの主要なコンテナが HEALTHY と報告される場合、タスクステータスも同じく HEALTHY と報告します。タスクの主要なコンテナのいずれかが UNHEALTHY あるいは UNKNOWN と報告される場合、タスクステータスも同様に該当する UNHEALTHY あるいは UNKNOWN と報告します。サービスのタスクが異常と報告される場合、このタスクはサービスから削除され、置き換えられます。

コンテナのヘルスチェックのサポートに関する内容を以下に示します。

  • コンテナのヘルスチェックには、Amazon ECS コンテナエージェントのバージョン 1.17.0 以降が必要です。詳細については、「Amazon ECS コンテナエージェントの更新」を参照してください。

  • バージョン 1.1.0 以降のプラットフォームバージョンを使用している場合、コンテナヘルスチェックは、Fargate タスクでサポートされます。詳細については、「AWS Fargate プラットフォームのバージョン」を参照してください。

  • コンテナヘルスチェックは、Classic Load Balancer を使用するように設定されたサービスの一部であるタスクではサポートされていません。

command

ヘルスかどうかを決定するためにコンテナが実行するコマンドを表す文字列配列。文字列配列は、コマンド引数を直接実行するための CMD、またはコンテナのデフォルトシェルのコマンドを実行するための CMD-SHELL で始めることができます。いずれも指定しない場合は、デフォルトで CMD が使用されます。

タスク定義を AWS マネジメントコンソール に登録するときは、コマンドのカンマ区切りリストを使用します。このリストは、タスク定義の作成後に自動的に文字列に変換されます。ヘルスチェックの入力例は以下のとおりです。

CMD-SHELL, curl -f http://localhost/ || exit 1

AWS マネジメントコンソール JSON パネル、AWS CLI、または API を使用してタスク定義を登録するときは、コマンドのリストを角かっこで囲む必要があります。ヘルスチェックの入力例は以下のとおりです。

[ "CMD-SHELL", "curl -f http://localhost/ || exit 1" ]

終了コードの 0 は成功を示し、ゼロ以外の終了コードは失敗を示します。詳細については、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの HealthCheck を参照してください。

interval

各ヘルスチェックの実行間の秒単位の間隔です。5〜300 秒を指定できます。デフォルト値は 30 秒です。

timeout

失敗と見なされる前にヘルスチェックが成功するまでに待機する期間 (秒単位) です。2〜60 秒を指定できます。デフォルト値は 5 秒です。

retries

コンテナが異常と見なされるまでに、失敗したヘルスチェックを再試行する回数です。1〜10 回を指定できます。デフォルト値は 3 回の再試行です。

startPeriod

再試行の最大回数でヘルスチェックが失敗とカウントされる前に、コンテナにブートストラップする時間を提供する猶予期間のオプションです。0〜300 秒を指定できます。デフォルトでは startPeriod は無効となっています。

環境

cpu

タイプ: 整数

必須: いいえ

Amazon ECS コンテナエージェントがコンテナ用に予約した cpu ユニットの数です。このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの CpuShares にマッピングし、--cpu-shares オプションを docker run にマッピングします。

Fargate 起動タイプを使用するタスクでは、このフィールドはオプションです。その場合、タスク内のすべてのコンテナ用に予約される CPU の合計量が、タスクレベルの cpu の値を下回ることが唯一の要件となります。

注記

Amazon EC2 Instances 詳細ページのインスタンスタイプに一覧表示されている vCPU 数に 1,024 を乗算して、Amazon EC2 インスタンスタイプごとに使用可能な CPU ユニットの数を判断できます。

Linux コンテナは、割り当てられた CPU ユニットと同じ比率を使用して、割り当てられていない CPU ユニットをコンテナインスタンス上の他コンテナと共有します。たとえば、単一コンテナタスクを単一コアインスタンスタイプで実行する場合、そのコンテナ用に 512 個の CPU ユニットを指定しており、そのタスクがコンテナインスタンスで実行される唯一のタスクであると、そのコンテナは 1,024 個の CPU ユニット配分すべてをいつでも使用できます。ただし、そのコンテナインスタンスで同じタスクの別のコピーを起動した場合、必要に応じてタスクごとに最低 512 個の CPU ユニットが確保され、各コンテナは最大 CPU ユニット配分を使用できますが (他方のコンテナが使用していない限り)、両方のタスクが常に 100% アクティブであれば、使用できるのは 512 個の CPU ユニットに制限されます。

Linux コンテナインスタンスでは、コンテナインスタンス上の Docker デーモンは、CPU 値を使用して、実行中のコンテナに対する相対 CPU 配分比率を計算します。詳細については、Docker ドキュメントの「CPU 配分の制約」を参照してください。Linux kernel が許可する CPU の有効な最小共有値は 2 です。ただし、CPU のパラメータは必要なく、コンテナ定義で 2 以下の CPU 値を使用できます。CPU 値が 2 未満の場合 (null を含む)、動作は Amazon ECS コンテナエージェントのバージョンによって異なります。

  • Agent versions <= 1.1.0: Null と 0 の CPU 値は Docker に 0 として渡され、Docker はそれを 1,024 個の CPU 配分に変換します。1 の CPU 値は Docker に 1 として渡され、Linux カーネルはそれを 2 個の CPU 配分に変換します。

  • Agent versions >= 1.2.0: Null、0、1 の CPU 値は Docker に 2 個の CPU 配分として渡されます。

Windows コンテナインスタンスでは、CPU 制限は絶対制限またはクォータとして適用されます。Windows コンテナはタスク定義で指定された一定量の CPU にのみアクセスします。

gpu

タイプ: ResourceRequirement オブジェクト

必須: いいえ

Amazon ECS コンテナエージェントがコンテナ用に予約した物理 GPUs の数です。タスク内のすべてのコンテナ用に予約されている GPU の数は、タスクが起動されたコンテナインスタンスで使用できる GPU の数を超えないようにしてください。詳細については、「Amazon ECS での GPU の使用」を参照してください。

注記

このパラメータは、Windows コンテナまたは Fargate 起動タイプを使用するタスクではサポートされていません。

essential

型: ブール値

必須: いいえ

コンテナの essential パラメータが true とマークされている場合、そのコンテナが何らかの理由で失敗または停止すると、タスクに含まれる他のすべてのコンテナは停止されます。コンテナの essential パラメータが false とマークされている場合、その失敗はタスクに含まれる残りのコンテナに影響を与えません。このパラメータを省略した場合、コンテナは必須と見なされます。

すべてのタスクには少なくとも 1 つの必須のコンテナが必要です。アプリケーションが複数のコンテナで構成される場合は、用途が共通するコンテナをコンポーネントにグループ化し、それらのコンポーネントを複数のタスク定義に分ける必要があります。詳細については、「アプリケーションのアーキテクチャ」を参照してください。

"essential": true|false
entryPoint

重要

初期のバージョンの Amazon ECS コンテナエージェントは、entryPoint パラメータを正しく処理しません。entryPoint の使用時に問題が発生する場合は、コンテナエージェントを更新するか、代わりに command 配列項目としてコマンドと引数を入力します。

タイプ: 文字列配列

必須: いいえ

コンテナに渡されるエントリポイント。このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの Entrypoint にマッピングし、--entrypoint オプションを docker run にマッピングします。Docker ENTRYPOINT パラメータの詳細については、https://docs.docker.com/engine/reference/builder/#entrypoint を参照してください。

"entryPoint": ["string", ...]
command

タイプ: 文字列配列

必須: いいえ

コンテナに渡すコマンド。このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの Cmd にマッピングし、 COMMAND パラメータを docker run にマッピングします。Docker CMD パラメータの詳細については、https://docs.docker.com/engine/reference/builder/#cmd を参照してください。複数の引数がある場合、各引数は配列において区切られた文字列である必要があります。

"command": ["string", ...]
workingDirectory

タイプ: 文字列

必須: いいえ

コンテナ内でコマンドを実行する作業ディレクトリ。このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの WorkingDir にマッピングし、--workdir オプションを docker run にマッピングします。

"workingDirectory": "string"
environment

タイプ: オブジェクト配列

必須: いいえ

コンテナに渡す環境変数。このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの Env にマッピングし、--env オプションを docker run にマッピングします。

重要

認証情報データなどの機密情報にプレーンテキストの環境変数を使用することはお勧めしません。

name

タイプ: 文字列

必須: はい (environment を使用する場合)

環境変数の名前。

value

タイプ: 文字列

必須: はい (environment を使用する場合)

環境変数の値。

"environment" : [ { "name" : "string", "value" : "string" }, { "name" : "string", "value" : "string" } ]
secrets

型: オブジェクト配列

必須: いいえ

コンテナに公開するシークレットを表すオブジェクトです。詳細については、「機密データの指定」を参照してください。

name

型: 文字列

必須: はい

コンテナの環境変数として設定する値。

valueFrom

型: 文字列

必須: はい

コンテナに公開するシークレットです。サポートされている値は、AWS Secrets Manager シークレットの完全な ARN または AWS Systems Manager パラメータストア内のパラメータの完全な ARN のいずれかです。

注記

起動しているタスクと同じリージョンに Systems Manager パラメータストアパラメータが存在する場合は、シークレットの完全な ARN または名前のどちらも使用できます。別のリージョンにパラメータが存在する場合は、完全な ARN を指定する必要があります。

"secrets": [ { "name": "environment_variable_name", "valueFrom": "arn:aws:ssm:region:aws_account_id:parameter/parameter_name" } ]

ネットワーク設定

disableNetworking

型: ブール値

必須: いいえ

このパラメータが true のとき、ネットワーキングはコンテナ内で無効になります。このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの NetworkDisabled にマッピングされます。

注記

このパラメータは、awsvpc ネットワークモードを使用するタスクや Windows コンテナではサポートされていません。

"disableNetworking": true|false
links

タイプ: 文字列配列

必須: いいえ

link パラメータでは、コンテナがポートマッピングを必要とせずに互いに通信することを許可します。タスク定義のネットワークモードが bridge に設定されている場合にのみサポートされます。name:internalName 構造体は Docker リンクの name:alias に似ています。最大 255 文字の英字 (大文字と小文字)、数字、ハイフン、アンダースコアを使用できます。 Docker コンテナのリンクの詳細については、https://docs.docker.com/engine/userguide/networking/default_network/dockerlinks/ を参照してください。このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの Links にマッピングし、--link オプションを docker run にマッピングします。

注記

このパラメータは、awsvpc ネットワークモードを使用するタスクや Windows コンテナではサポートされていません。

重要

1 つのコンテナインスタンスに配置されたコンテナは、リンクやホストポートマッピングを必要とせずに互いに通信できる場合があります。セキュリティグループと VPC 設定を使用して、コンテナインスタンスでネットワークを分離します。

"links": ["name:internalName", ...]
hostname

タイプ: 文字列

必須: いいえ

コンテナに使用するホスト名。このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの Hostname にマッピングし、--hostname オプションを docker run にマッピングします。

注記

awsvpc ネットワークモードを使用している場合、hostname パラメータはサポートされません。

"hostname": "string"
dnsServers

タイプ: 文字列配列

必須: いいえ

コンテナに渡す DNS サーバーのリスト。このパラメータは Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの Dns にマッピングされ、--dns オプションは docker run にマッピングされます。

注記

このパラメータは、awsvpc ネットワークモードを使用するタスクや Windows コンテナではサポートされていません。

"dnsServers": ["string", ...]
dnsSearchDomains

タイプ: 文字列配列

必須: いいえ

パターン: ^[a-zA-Z0-9-.]{0,253}[a-zA-Z0-9]$

コンテナに渡す DNS 検索ドメインのリスト。このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの DnsSearch にマッピングし、--dns-search オプションを docker run にマッピングします。

注記

このパラメータは、awsvpc ネットワークモードを使用するタスクや Windows コンテナではサポートされていません。

"dnsSearchDomains": ["string", ...]
extraHosts

タイプ: オブジェクト配列

必須: いいえ

コンテナ上の /etc/hosts ファイルに追加する、ホスト名と IP アドレスのマッピングのリスト。

このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの ExtraHosts にマッピングし、--add-host オプションを docker run にマッピングします。

注記

このパラメータは Windows コンテナまたは、awsvpc ネットワークモードを使用するタスクではサポートされていません。

"extraHosts": [ { "hostname": "string", "ipAddress": "string" } ... ]
hostname

タイプ: 文字列

必須: はい (extraHosts を使用する場合)

/etc/hosts エントリで使用するホスト名。

ipAddress

タイプ: 文字列

必須: はい (extraHosts を使用する場合)

/etc/hosts エントリで使用する IP アドレス。

ストレージとログ記録

readonlyRootFilesystem

型: ブール値

必須: いいえ

このパラメータが true のとき、コンテナはそのルートファイルシステムへの読み取り専用アクセスを許可されます。このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの ReadonlyRootfs にマッピングし、--read-only オプションを docker run にマッピングします。

注記

このパラメータは Windows コンテナではサポートされません。

"readonlyRootFilesystem": true|false
mountPoints

Type: Object

Required: No

The mount points for data volumes in your container.

This parameter maps to Volumes in the Create a container section of the Docker Remote API and the --volume option to docker run.

Windows containers can mount whole directories on the same drive as $env:ProgramData. Windows containers cannot mount directories on a different drive, and mount point cannot be across drives.

sourceVolume

Type: String

Required: Yes, when mountPoints are used

The name of the volume to mount.

containerPath

Type: String

Required: Yes, when mountPoints are used

The path on the container to mount the volume at.

readOnly

Type: Boolean

Required: No

If this value is true, the container has read-only access to the volume. If this value is false, then the container can write to the volume. The default value is false.

volumesFrom

タイプ: オブジェクト配列

必須: いいえ

別コンテナからマウントするデータボリューム。このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの VolumesFrom にマッピングし、--volumes-from オプションを docker run にマッピングします。

sourceContainer

タイプ: 文字列

必須: はい (volumesFrom を使用する場合)

ボリュームのマウント元のコンテナの名前。

readOnly

型: ブール値

必須: いいえ

この値が true の場合、コンテナはボリュームへの読み取り専用アクセスを許可されます。この値が false の場合、コンテナはボリュームに書き込むことができます。デフォルト値は false です。

"volumesFrom": [ { "sourceContainer": "string", "readOnly": true|false } ]
logConfiguration

タイプ: LogConfiguration オブジェクト

必須: いいえ

コンテナのログ設定の仕様。

タスク定義で awslogs ログドライバーを使用してコンテナログを CloudWatch Logs に送信する方法の詳細については、「awslogs ログドライバーを使用する」を参照してください。

ログ設定を使用したタスク定義の例については、「タスク定義の例」を参照してください。

このパラメータは Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの LogConfig にマッピングされ、--log-driver オプションは docker run にマッピングされます。デフォルトでは、コンテナは Docker デーモンと同じロギングドライバーを使用します。ただし、コンテナ定義でこのパラメータを使用してロギングドライバーを指定することで、コンテナは Docker デーモンとは異なるロギングドライバーを使用できます。コンテナに異なるロギングドライバーを使用するには、コンテナインスタンス (またはリモートログ記録オプションの別のログサーバー) でログシステムを適切に設定する必要があります。サポートされているさまざまなログドライバーのオプションの詳細については、Docker ドキュメントの「ログドライバーの設定」を参照してください。

コンテナのログ設定を指定するときは、以下の点に注意してください。

  • Amazon ECS では現在、Docker デーモンに使用可能なログドライバーがいくつかサポートされています (以下の有効な値を参照)。Amazon ECS コンテナエージェントの今後のリリースで他のログドライバーが追加される可能性があります。

  • このパラメータには、コンテナインスタンス内の Docker Remote API バージョン 1.18 以上を指定する必要があります。

  • EC2 起動タイプを使用するタスクの場合、コンテナインスタンスで実行される Amazon ECS コンテナエージェントは、そのインスタンスで使用可能なログドライバーを ECS_AVAILABLE_LOGGING_DRIVERS 環境変数で登録する必要があります。その後、そのインスタンスに配置されたコンテナがこれらのログ設定オプションを使用できるようになります。詳細については、「Amazon ECS コンテナエージェントの設定」を参照してください。

  • Fargate 起動タイプを使用するタスクの場合、そのタスクをホストする基盤となるインフラストラクチャにアクセスできないため、必要な追加のソフトウェアはタスクの外でインストールする必要があります。たとえば、Fluentd 出力アグリゲータであるか、Gelf ログの送信先として Logstash を実行しているリモートホストです。

"logConfiguration": { "logDriver": "awslogs","fluentd","gelf","json-file","journald","logentries","splunk","syslog", "options": {"string": "string" ...}, "secretOptions": [{ "name": "string", "valueFrom": "string" }] }
logDriver

タイプ: 文字列

有効な値: "awslogs","fluentd","gelf","json-file","journald","logentries","splunk","syslog"

必須: はい (logConfiguration を使用する場合)

コンテナに使用するログドライバー。上記の有効な値は、Amazon ECS コンテナエージェントがデフォルトで通信できるログドライバーです。

Fargate 起動タイプを使用するタスクの場合、サポートされるログドライバーは awslogssplunk です。

EC2 起動タイプを使用するタスクの場合、サポートされるログドライバーは awslogsfluentdgelfjson-filejournaldlogentriessplunksyslog です。

注記

上記に示されていないカスタムドライバーがある場合、GitHub で入手できる Amazon ECS コンテナエージェントプロジェクトを fork し、そのドライバーを使用するようにカスタマイズできます。含めることを希望する変更について、プルリクエストを送信することをお勧めします。ただし、現在はこのソフトウェアの修正されたコピーの実行をサポートしていません。

このパラメータは、コンテナインスタンスで Docker Remote API バージョン 1.18 以上を使用する必要があります。

options

タイプ: 文字列間のマッピング

必須: いいえ

ログドライバーに送信する設定オプション。

このパラメータは、コンテナインスタンスで Docker Remote API バージョン 1.19 以上を使用する必要があります。

secretOptions

タイプ: オブジェクト配列

必須: いいえ

ログ設定に渡すシークレットを表すオブジェクト。詳細については、「機密データの指定」を参照してください。

name

型: 文字列

必須: はい

コンテナの環境変数として設定する値。

valueFrom

型: 文字列

必須: はい

コンテナのログ設定に公開するシークレット。

"logConfiguration": { "logDriver": "splunk", "options": { "splunk-url": "https://cloud.splunk.com:8080", "splunk-token": "...", "tag": "...", ... }, "secretOptions": [{ "name": "splunk-token", "valueFrom": "/ecs/logconfig/splunkcred" }] }

セキュリティ

privileged

型: ブール値

必須: いいえ

このパラメータが true のとき、コンテナには、ホストコンテナインスタンスに対する昇格されたアクセス権限 (root ユーザーと同様) が付与されます。

このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの Privileged にマッピングし、--privileged オプションを docker run にマッピングします。

注記

このパラメータは、Fargate 起動タイプを使用する Windows コンテナまたはタスクではサポートされていません。

"privileged": true|false
user

タイプ: 文字列

必須: いいえ

コンテナ内で使用するユーザー名。このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの User にマッピングし、--user オプションを docker run にマッピングします。

以下のフォーマットを使用できます。UID または GID を指定する場合は、正の整数として指定する必要があります。

  • user

  • user:group

  • uid

  • uid:gid

  • user:gid

  • uid:group

注記

このパラメータは Windows コンテナではサポートされません。

"user": "string"
dockerSecurityOptions

タイプ: 文字列配列

必須: いいえ

SELinux と AppArmor のマルチレベルセキュリティシステムのカスタムラベルになる文字列のリスト。

このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの SecurityOpt にマッピングし、--security-opt オプションを docker run にマッピングします。

注記

このパラメータは、Fargate 起動タイプを使用する Windows コンテナまたはタスクではサポートされていません。

"dockerSecurityOptions": ["string", ...]

注記

コンテナインスタンスで実行される Amazon ECS コンテナエージェントは、ECS_SELINUX_CAPABLE=true または ECS_APPARMOR_CAPABLE=true 環境変数を使用して登録する必要があります。その後、そのインスタンスに配置されたコンテナがこれらのセキュリティオプションを使用できるようになります。詳細については、「Amazon ECS コンテナエージェントの設定」を参照してください。

リソースの制限

ulimits

タイプ: オブジェクト配列

必須: いいえ

コンテナで設定する ulimits のリスト。このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの Ulimits にマッピングし、--ulimit オプションを docker run にマッピングします。

このパラメータは、コンテナインスタンスで Docker Remote API バージョン 1.18 以上を使用する必要があります。

注記

このパラメータは Windows コンテナではサポートされません。

"ulimits": [ { "name": "core"|"cpu"|"data"|"fsize"|"locks"|"memlock"|"msgqueue"|"nice"|"nofile"|"nproc"|"rss"|"rtprio"|"rttime"|"sigpending"|"stack", "softLimit": integer, "hardLimit": integer } ... ]
name

タイプ: 文字列

有効な値: "core" | "cpu" | "data" | "fsize" | "locks" | "memlock" | "msgqueue" | "nice" | "nofile" | "nproc" | "rss" | "rtprio" | "rttime" | "sigpending" | "stack"

必須: はい (ulimits を使用する場合)

ulimittype

hardLimit

タイプ: 整数

必須: はい (ulimits を使用する場合)

ulimit タイプのハード制限。

softLimit

タイプ: 整数

必須: はい (ulimits を使用する場合)

ulimit タイプのソフト制限。

Docker のラベル

dockerLabels

タイプ: 文字列間のマッピング

必須: いいえ

コンテナに追加するラベルのキー/値マップ。このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの Labels にマッピングし、--label オプションを docker run にマッピングします。

このパラメータは、コンテナインスタンスで Docker Remote API バージョン 1.18 以上を使用する必要があります。

"dockerLabels": {"string": "string" ...}

その他のコンテナ定義のパラメータ

以下のコンテナ定義パラメータは、[Configure via JSON (JSON による設定)] オプションを使用して、Amazon ECS コンソールでタスク定義を登録するときに使用できます。詳細については、「タスク定義の作成」を参照してください。

Linux パラメータ

linuxParameters

型: LinuxParameters オブジェクト

必須: いいえ

KernelCapabilities など、コンテナに適用される Linux 固有のオプション。

注記

このパラメータは Windows コンテナではサポートされません。

"linuxParameters": { "capabilities": { "add": ["string", ...], "drop": ["string", ...] } }
capabilities

型: KernelCapabilities オブジェクト

必須: いいえ

Docker によって提供されているデフォルト設定に対して追加または削除する、コンテナ用の Linux 機能。デフォルトの機能およびデフォルト以外の使用可能な機能の詳細については、Docker run reference の「Runtime privilege and Linux capabilities」を参照してください。これらの Linux 機能の詳細については、Linux マニュアルページの「機能(7)」を参照してください。

注記

Fargate 起動タイプを使用するタスクを使用する場合は、capabilities はサポートされますが、以下に説明する add パラメータはサポートされていません。

add

タイプ: 文字列配列

有効な値: "ALL" | "AUDIT_CONTROL" | "AUDIT_READ" | "AUDIT_WRITE" | "BLOCK_SUSPEND" | "CHOWN" | "DAC_OVERRIDE" | "DAC_READ_SEARCH" | "FOWNER" | "FSETID" | "IPC_LOCK" | "IPC_OWNER" | "KILL" | "LEASE" | "LINUX_IMMUTABLE" | "MAC_ADMIN" | "MAC_OVERRIDE" | "MKNOD" | "NET_ADMIN" | "NET_BIND_SERVICE" | "NET_BROADCAST" | "NET_RAW" | "SETFCAP" | "SETGID" | "SETPCAP" | "SETUID" | "SYS_ADMIN" | "SYS_BOOT" | "SYS_CHROOT" | "SYS_MODULE" | "SYS_NICE" | "SYS_PACCT" | "SYS_PTRACE" | "SYS_RAWIO" | "SYS_RESOURCE" | "SYS_TIME" | "SYS_TTY_CONFIG" | "SYSLOG" | "WAKE_ALARM"

必須: いいえ

Docker によって提供されているデフォルト設定に追加する、コンテナ用の Linux 機能。このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションにある CapAdd にマッピングされ、--cap-add オプションは docker run にマッピングされます。

注記

Fargate 起動タイプを使用するタスクを使用している場合、add パラメータはサポートされません。

drop

タイプ: 文字列配列

有効な値: "ALL" | "AUDIT_CONTROL" | "AUDIT_WRITE" | "BLOCK_SUSPEND" | "CHOWN" | "DAC_OVERRIDE" | "DAC_READ_SEARCH" | "FOWNER" | "FSETID" | "IPC_LOCK" | "IPC_OWNER" | "KILL" | "LEASE" | "LINUX_IMMUTABLE" | "MAC_ADMIN" | "MAC_OVERRIDE" | "MKNOD" | "NET_ADMIN" | "NET_BIND_SERVICE" | "NET_BROADCAST" | "NET_RAW" | "SETFCAP" | "SETGID" | "SETPCAP" | "SETUID" | "SYS_ADMIN" | "SYS_BOOT" | "SYS_CHROOT" | "SYS_MODULE" | "SYS_NICE" | "SYS_PACCT" | "SYS_PTRACE" | "SYS_RAWIO" | "SYS_RESOURCE" | "SYS_TIME" | "SYS_TTY_CONFIG" | "SYSLOG" | "WAKE_ALARM"

必須: いいえ

Docker によって提供されているデフォルト設定から削除する、コンテナ用の Linux 機能。このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションにある CapDrop にマッピングされ、--cap-drop オプションは docker run にマッピングされます。

devices

コンテナに公開するすべてのホストデバイス。このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションにある Devices にマッピングされ、--device オプションは docker run にマッピングされます。

注記

Fargate 起動タイプを使用するタスクを使用している場合、devices パラメータはサポートされません。

型: デバイスオブジェクト配列

必須: いいえ

hostPath

ホストコンテナインスタンス上のデバイスのパス。

型: 文字列

必須: はい

containerPath

ホストデバイスを公開するコンテナ内のパス。

型: 文字列

必須: いいえ

permissions

デバイス用のコンテナを提供する明示的なアクセス許可デフォルトでは、コンテナにはデバイスの readwrite、および mknod のアクセス許可があります。

タイプ: 文字列の配列

有効な値: read | write | mknod

initProcessEnabled

信号を転送しプロセスを利用するコンテナ内で、init を実行。このパラメータは、docker run--init オプションにマッピングされます。

このパラメータは、コンテナインスタンスで Docker Remote API バージョン 1.25 以上を使用する必要があります。

sharedMemorySize

/dev/shm ボリュームのサイズ値 (MiB) です。このパラメータは、docker run--shm-size オプションにマッピングされます。

注記

Fargate 起動タイプを使用するタスクを使用している場合、sharedMemorySize パラメータはサポートされません。

型: 整数

tmpfs

Tmpfs マウントのコンテナパス、マウントオプション、サイズ (MiB) です。このパラメータは、docker run--tmpfs オプションにマッピングされます。

注記

Fargate 起動タイプを使用するタスクを使用している場合、tmpfs パラメータはサポートされません。

型: Tmpfs オブジェクト配列

必須: いいえ

containerPath

Tmpfs ボリュームがマウントされる絶対ファイルパスです。

型: 文字列

必須: はい

mountOptions

Tmpfs ボリュームのマウントオプションのリストです。

タイプ: 文字列の配列

必須: いいえ

有効な値: "defaults" | "ro" | "rw" | "suid" | "nosuid" | "dev" | "nodev" | "exec" | "noexec" | "sync" | "async" | "dirsync" | "remount" | "mand" | "nomand" | "atime" | "noatime" | "diratime" | "nodiratime" | "bind" | "rbind" | "unbindable" | "runbindable" | "private" | "rprivate" | "shared" | "rshared" | "slave" | "rslave" | "relatime" | "norelatime" | "strictatime" | "nostrictatime" | "mode" | "uid" | "gid" | "nr_inodes" | "nr_blocks" | "mpol"

size

Tmpfs ボリュームのサイズ (MiB) です。

タイプ: 整数

必須: はい

コンテナの依存関係

dependsOn

型: ContainerDependency オブジェクトの配列

必須: いいえ

コンテナの起動と停止に定義されている依存関係。コンテナには複数の依存関係を含めることができます。依存関係がコンテナの起動に対して定義されている場合、コンテナの停止の場合、依存関係は逆になります。例については、「例: コンテナの依存関係」を参照してください。

EC2 起動タイプを使用するタスクでは、コンテナインスタンスはコンテナの依存関係を有効にするために、コンテナエージェントのバージョン 1.26.0 以上を必要とします。ただし、最新のコンテナエージェントのバージョンを使用することをお勧めします。エージェントのバージョンの確認と最新バージョンへの更新については、「Amazon ECS コンテナエージェントの更新」を参照してください。Amazon ECS-optimized Amazon Linux AMI を使用している場合、インスタンスでは、ecs-init パッケージのバージョン 1.26.0-1 以上が必要です。コンテナインスタンスがバージョン 20190301 以降から起動される場合、コンテナエージェントおよび ecs-init の必要なバージョンが含まれます。詳細については、「Amazon ECS-optimized AMI」を参照してください。

Fargate の起動タイプを使用するタスクの場合、このパラメータにはタスクまたはサービスでプラットフォームバージョン 1.3.0 以降を使用する必要があります。

"dependsOn": [ { "containerName": "string", "condition": "string" } ]
containerName

型: 文字列

必須: はい

コンテナ名が指定された条件を満たしている必要があります。

condition

型: 文字列

必須: はい

コンテナの依存関係の条件です。使用可能な条件とその動作を以下に示します。

  • START – この条件は、すぐに現在のリンクとボリュームの動作をエミュレートします。他のコンテナの開始を許可する前に、依存コンテナが開始されていることを検証します。

  • COMPLETE – この条件は、他のコンテナの開始を許可する前に、依存コンテナの実行が完了 (終了) することを検証します。これは、スクリプトを実行して終了する不要なコンテナに役立ちます。

  • SUCCESS – この条件は COMPLETE と同じですが、コンテナが zero ステータスで終了していることも必要です。

  • HEALTHY – この条件は、他のコンテナの開始を許可する前に、依存コンテナが Docker ヘルスチェックに合格したことを検証します。これには、依存コンテナにヘルスチェックが設定されている必要があります。タスクの起動時にのみ、この条件が確認されます。

コンテナのタイムアウト

startTimeout

タイプ: 整数

必須: いいえ

コンテナの依存関係解決の再試行を止めるまでの待機時間。たとえば、タスク定義内に 2 つのコンテナを指定するとします。containerA は、COMPLETESUCCESS、または HEALTHY のいずれかのステータスに到達する containerB に依存関係を持ちます。startTimeout の値が containerB に指定されていて、時間内に目標のステータスを達成しない場合、containerA は再試行を開始しません。これにより、タスクは STOPPED ステータスに移行します。

EC2 起動タイプを使用するタスクでは、コンテナインスタンスはコンテナの開始時刻の値を有効にするために、コンテナエージェントのバージョン 1.26.0 以上を必要とします。ただし、最新のコンテナエージェントのバージョンを使用することをお勧めします。エージェントのバージョンの確認と最新バージョンへの更新については、「Amazon ECS コンテナエージェントの更新」を参照してください。Amazon ECS-optimized Amazon Linux AMI を使用している場合、インスタンスでは、ecs-init パッケージのバージョン 1.26.0-1 以上が必要です。コンテナインスタンスがバージョン 20190301 以降から起動される場合、コンテナエージェントおよび ecs-init の必要なバージョンが含まれます。詳細については、「Amazon ECS-optimized AMI」を参照してください。

Fargate の起動タイプを使用するタスクの場合、このパラメータにはタスクまたはサービスでプラットフォームバージョン 1.3.0 以降を使用する必要があります。

stopTimeout

タイプ: 整数

必須: いいえ

値の例: 120

コンテナが正常に終了しなかった場合にコンテナが強制終了されるまでの待機時間 (秒)。Fargate 起動値を使用するタスクでは、最大のタイムアウト値は 120 秒です。Fargate の起動タイプを使用するタスクの場合、このパラメータにはタスクまたはサービスでプラットフォームバージョン 1.3.0 以降を使用する必要があります。

EC2 起動タイプを使用するタスクでは、コンテナの停止タイムアウト値の優先順位は ECS_CONTAINER_STOP_TIMEOUT コンテナエージェント設定パラメータ (使用されている場合) に優先します。コンテナインスタンスには、コンテナ停止タイムアウト値を有効にするために、コンテナエージェントのバージョン 1.26.0 以上が必要です。ただし、最新のコンテナエージェントのバージョンを使用することをお勧めします。エージェントのバージョンの確認と最新バージョンへの更新については、「Amazon ECS コンテナエージェントの更新」を参照してください。Amazon ECS-optimized Amazon Linux AMI を使用している場合、インスタンスでは、ecs-init パッケージのバージョン 1.26.0-1 以上が必要です。コンテナインスタンスがバージョン 20190301 以降から起動される場合、コンテナエージェントおよび ecs-init の必要なバージョンが含まれます。詳細については、「Amazon ECS-optimized AMI」を参照してください。

システムコントロール

systemControls

型: SystemControl オブジェクト

必須: いいえ

コンテナ内で設定する名前空間カーネルパラメータのリスト。このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの Sysctls にマッピングし、--sysctl オプションを docker run にマッピングします。

awsvpc または host ネットワークモードのいずれかを使用する単一のタスクで複数のコンテナに対してネットワーク関連の systemControls パラメータを指定することが推奨されない理由は次のとおりです。

  • awsvpc ネットワークモードを使用するタスクの場合、systemControls をコンテナ用に設定した場合、タスク内のすべてのコンテナに適用されます。単一のタスクの複数のコンテナに対して異なる systemControls を設定すると、最後に開始されたコンテナにより有効になる systemControls が決定します。

  • host ネットワークモードを使用するタスクでは、ネットワーク名前空間 systemControls はサポートされていません。

タスクのコンテナに使用するため IPC リソース名前空間を設定している場合は、次のようにシステムコントロールに適用されます。詳細については、「IPC モード」を参照してください。

  • host IPC モードを使用するタスクの場合、IPC 名前空間の systemControls はサポートされていません。

  • task IPC モードを使用するタスクでは、IPC 名前空間の systemControls 値はタスク内のすべてのコンテナに適用されます。

注記

このパラメータは、Fargate 起動タイプを使用する Windows コンテナまたはタスクではサポートされていません。

"systemControls": [ { "namespace":"string", "value":"string" } ]
namespace

型: 文字列

必須: いいえ

value を設定する名前空間カーネルパラメータ。

有効な IPC 名前空間値: "kernel.msgmax" | "kernel.msgmnb" | "kernel.msgmni" | "kernel.sem" | "kernel.shmall" | "kernel.shmmax" | "kernel.shmmni" | "kernel.shm_rmid_forced"、および "fs.mqueue.*" で始まる Sysctls

有効なネットワーク名前空間値: "net.*" で始まる Sysctls

value

型: 文字列

必須: いいえ

namespace 指定された名前空間カーネルパラメータの値。

インタラクティブ

interactive

型: ブール値

必須: いいえ

このパラメータは true で、コンテナ化されたアプリケーションをデプロイすることができます。これには stdin または tty を割り当てる必要があります。このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの OpenStdin にマッピングし、--interactive オプションを docker run にマッピングします。

擬似ターミナル

pseudoTerminal

型: ブール値

必須: いいえ

このパラメータが true の場合、TTY が割り当てられます。このパラメータは、Docker Remote APIコンテナを作成する セクションの Tty にマッピングし、--tty オプションを docker run にマッピングします。

ボリューム

タスク定義を登録する際、コンテナインスタンスの Docker デーモンに渡されるボリュームのリストをオプションで指定することができます。これにより、同じコンテナインスタンス上の他のコンテナで使用できるようになります。

使用できるデータボリュームの種類は以下のとおりです。

  • Docker ボリューム — コンテナインスタンスの /var/lib/docker/volumes に作成される Docker マネージドボリューム。Docker ボリュームドライバー (プラグインとも呼ばれる) は、ボリュームを外部ストレージシステム ( など) と統合するために使用します。組み込みの local ボリュームドライバーまたはサードパーティーのボリュームドライバーを使用できます。Docker ボリュームは、 起動タイプを使用する場合にのみサポートされます。Windows コンテナでは、 ドライバーの使用のみサポートされます。Docker ボリュームを使用するには、タスク定義で を指定します。詳細については、「ボリュームの使用」を参照してください。

  • バインドマウント — ホストマシン上のファイルやディレクトリがコンテナにマウントされます。バインドマウントのホストボリュームは、Fargate 起動タイプまたは 起動タイプを使用する場合にサポートされます。バインドマウントのホストボリュームを使用するには、タスク定義で sourcePath およびオプションの 値を使用します。詳細については、「バインドマウントの使用」を参照してください。

詳細については、「タスクでのデータボリュームの使用」を参照してください。

以下のパラメータをコンテナ定義で使用できます。

name

型: 文字列

必須: いいえ

ボリュームの名前。最大 255 文字の英字 (大文字と小文字)、数字、ハイフン、アンダースコアを使用できます。この名前は、コンテナ定義 mountPointssourceVolume パラメータで参照されます。

dockerVolumeConfiguration

Type: Object

Required: No

This parameter is specified when using Docker volumes. Docker volumes are only supported when using the EC2 launch type. Windows containers only support the use of the local driver. To use bind mounts, specify a host instead.

scope

Type: String

Valid Values: task | shared

Required: No

The scope for the Docker volume, which determines its lifecycle. Docker volumes that are scoped to a task are automatically provisioned when the task starts and destroyed when the task stops. Docker volumes that are scoped as shared persist after the task stops.

autoprovision

Type: Boolean

Default value: false

Required: No

If this value is true, the Docker volume is created if it does not already exist. This field is only used if the scope is shared. If the scope is task then this parameter must either be omitted or set to false.

driver

Type: String

Required: No

The Docker volume driver to use. The driver value must match the driver name provided by Docker because it is used for task placement. If the driver was installed using the Docker plugin CLI, use docker plugin ls to retrieve the driver name from your container instance. If the driver was installed using another method, use Docker plugin discovery to retrieve the driver name. For more information, see Docker plugin discovery. This parameter maps to Driver in the Create a volume section of the Docker Remote API and the --driver option to docker volume create.

driverOpts

Type: String

Required: No

A map of Docker driver specific options to pass through. This parameter maps to DriverOpts in the Create a volume section of the Docker Remote API and the --opt option to docker volume create.

labels

Type: String

Required: No

Custom metadata to add to your Docker volume. This parameter maps to Labels in the Create a volume section of the Docker Remote API and the --label option to docker volume create.

host

Required: No

This parameter is specified when using bind mounts. To use Docker volumes, specify a dockerVolumeConfiguration instead. The contents of the host parameter determine whether your bind mount data volume persists on the host container instance and where it is stored. If the host parameter is empty, then the Docker daemon assigns a host path for your data volume, but the data is not guaranteed to persist after the containers associated with it stop running.

Bind mount host volumes are supported when using either the EC2 or Fargate launch types.

Windows containers can mount whole directories on the same drive as $env:ProgramData. Windows containers cannot mount directories on a different drive, and mount point cannot be across drives. For example, you can mount C:\my\path:C:\my\path and D:\:D:\, but not D:\my\path:C:\my\path or D:\:C:\my\path.

sourcePath

Type: String

Required: No

When the host parameter is used, specify a sourcePath to declare the path on the host container instance that is presented to the container. If this parameter is empty, then the Docker daemon has assigned a host path for you. If the host parameter contains a sourcePath file location, then the data volume persists at the specified location on the host container instance until you delete it manually. If the sourcePath value does not exist on the host container instance, the Docker daemon creates it. If the location does exist, the contents of the source path folder are exported.

タスク配置の制約事項

タスク定義の登録時、Amazon ECS でのタスク配置方法をカスタマイズするタスク配置の制約を指定できます。

Fargate 起動タイプを使用している場合、タスク配置の制約事項はサポートされません。デフォルトでは、Fargate タスクはアベイラビリティーゾーンにまたがって分散されています。

EC2 起動タイプを使用するタスクの場合、アベイラビリティーゾーン、インスタンスタイプ、またはカスタム属性に基づいたタスク配置の制約を使用できます。詳細については、「Amazon ECS タスク配置の制約事項」を参照してください。

以下のパラメータをコンテナ定義で使用できます。

expression

タイプ: 文字列

必須: いいえ

制約に適用されるクラスタークエリ言語式。詳細については、「クラスタークエリ言語」を参照してください。

type

タイプ: 文字列

必須: はい

制約事項のタイプ。選択対象を有効な候補グループに制約するには、memberOf を使用します。

起動タイプ

タスク定義を登録する際、タスクで使用する起動タイプを指定します。詳細については、「Amazon ECS 起動タイプ」を参照してください。

以下のパラメータをタスク定義で使用できます。

requiresCompatibilities

タイプ: 文字列配列

必須: いいえ

有効な値: EC2 | FARGATE

タスクが使用している起動タイプ。これにより、タスク定義で使用されているすべてのパラメータが、起動タイプの要件を満たしていることを確認できます。

有効な値は、FARGATE および EC2 です。起動タイプの詳細については、「Amazon ECS 起動タイプ」を参照してください。

タスクサイズ

タスク定義の登録時に、タスクに使用される CPU とメモリの合計量を指定できます。これは、コンテナ定義レベルの cpu および memory の値とは異なります。EC2 起動タイプを使用する場合、これらのフィールドはオプションです。Fargate 起動タイプを使用する場合、これらのフィールドは必須であり、サポートされている cpu および memory の両方に特定の値があります。

注記

タスクレベル CPU およびメモリのパラメータは Windows コンテナでは無視されます。Windows コンテナではコンテナレベルリソースを指定することをお勧めします。

以下のパラメータをタスク定義で使用できます。

cpu

タイプ: 文字列

必須: いいえ

注記

このパラメータは Windows コンテナではサポートされません。

タスクに適用される CPU ユニットのハード制限。タスク定義では、CPU ユニットを使用して整数 (例: 1024) で表すか、vCPU を使用して文字列 (例: 1 vCPU または 1 vcpu) で表すことができます。タスク定義が登録されると、vCPU 値は、CPU ユニットを示す整数に変換されます。

EC2 起動タイプを使用する場合、このフィールドはオプションです。クラスターに、リクエストされた CPU ユニットが利用できる登録されたコンテナインスタンスがない場合、タスクは失敗します。サポートされている値は 128 CPU ユニット (0.125 vCPU) ~ 10240 CPU ユニット (10 vCPU) です。

Fargate 起動タイプを使用している場合、このフィールドは必須であり、次のいずれかの値を使用する必要があります。この値により memory パラメータのサポートされる値の範囲が決まります。

CPU の値 メモリの値 (MiB)
256 (.25 vCPU) 512 (0.5 GB)、1024 (1 GB)、2048 (2 GB)
512 (.5 vCPU) 1024 (1 GB)、2048 (2 GB)、3072 (3 GB)、4096 (4 GB)
1024 (1 vCPU) 2048 (2 GB)、3072 (3 GB)、4096 (4 GB)、5120 (5 GB)、6144 (6 GB)、7168 (7 GB)、8192 (8 GB)
2048 (2 vCPU) 4096 (4 GB)~16384 (16 GB) (1024 (1 GB) のインクリメント)
4096 (4 vCPU) 8192 (8 GB)~30720 (30 GB) (1024 (1 GB) のインクリメント)
memory

タイプ: 文字列

必須: いいえ

注記

このパラメータは Windows コンテナではサポートされません。

タスクに適用されるメモリのハード制限 (MiB 単位)。タスク定義では、MiB を使用した整数 (例: 1024) で表すか、GB を使用した文字列 (例: 1GB または 1 GB) で表すことができます。タスク定義が登録されると、GB 値は、MiB を示す整数に変換されます。

EC2 起動タイプを使用する場合、このフィールドはオプションです。クラスターに、リクエストされたメモリが利用できる登録されたコンテナインスタンスがない場合、タスクは失敗します。特定のインスタンスタイプでタスクにできるだけ多くのメモリを提供してリソースの使用率を最大限に高めるには、「コンテナインスタンス メモリ管理」を参照してください。

Fargate 起動タイプを使用している場合、このフィールドは必須であり、次のいずれかの値を使用する必要があります。この値により cpu パラメータのサポートされる値の範囲が決まります。

メモリの値 (MiB) CPU の値
512 (0.5 GB)、1024 (1 GB)、2048 (2 GB) 256 (.25 vCPU)
1024 (1 GB)、2048 (2 GB)、3072 (3 GB)、4096 (4 GB) 512 (.5 vCPU)
2048 (2 GB)、3072 (3 GB)、4096 (4 GB)、5120 (5 GB)、6144 (6 GB)、7168 (7 GB)、8192 (8 GB) 1024 (1 vCPU)
4096 (4 GB)~16384 (16 GB) (1024 (1 GB) のインクリメント) 2048 (2 vCPU)
8192 (8 GB)~30720 (30 GB) (1024 (1 GB) のインクリメント) 4096 (4 vCPU)

その他のタスク定義パラメータ

以下のタスク定義パラメータは、[Configure via JSON (JSON による設定)] オプションを使用して、Amazon ECS コンソールでタスク定義を登録するときに使用できます。詳細については、「タスク定義の作成」を参照してください。

IPC モード

ipcMode

型: 文字列

必須: いいえ

タスクのコンテナで使用する IPC リソースの名前空間。有効な値は hosttask または none です。host が指定されている場合、同じコンテナインスタンスで host IPC モードを指定したタスク内のすべてのコンテナは、ホスト Amazon EC2 インスタンスと同じ IPC リソースを共有します。task が指定されている場合、指定したタスク内のすべてのコンテナは同じ IPC リソースを共有します。none が指定されている場合、タスクのコンテナ内の IPC リソースはプライベートです。タスク内またはコンテナインスタンスの他のコンテナと共有されることはありません。値を指定しない場合、IPC リソース名前空間の共有はコンテナインスタンスの Docker デーモンの設定によって異なります。詳細については、Docker run reference の「IPC settings」を参照してください。

host IPC モードを使用する場合は、意図せず IPC 名前空間が公開されるリスクが高いことに注意してください。詳細については、「Docker security」を参照してください。

タスクのコンテナに systemControls を使用して名前空間のカーネルパラメータを設定している場合は、次のように IPC リソース名前空間に適用されます。詳細については、「システムコントロール」を参照してください。

  • host IPC モードを使用するタスクの場合、systemControls に関連する IPC 名前空間はサポートされていません。

  • task IPC モードを使用するタスクでは、systemControls に関連する IPC 名前空間はタスク内のすべてのコンテナに適用されます。

注記

このパラメータは、Fargate 起動タイプを使用する Windows コンテナまたはタスクではサポートされていません。

PID モード

pidMode

型: 文字列

必須: いいえ

タスクのコンテナで使用するプロセス名前空間。有効な値は host または task です。host が指定されている場合、同じコンテナインスタンスで host PID モードを指定したタスク内のすべてのコンテナは、ホスト Amazon EC2 インスタンスと同じ IPC リソースを共有します。task が指定されている場合、指定したタスク内のすべてのコンテナは同じプロセス名前空間を共有します。値が指定されていない場合、デフォルトはプライベート名前空間です。詳細については、Docker run reference の「PID settings」を参照してください。

host PID モードを使用する場合は、意図せずプロセス名前空間が公開されるリスクが高いことに注意してください。詳細については、「Docker security」を参照してください。

注記

このパラメータは、Fargate 起動タイプを使用する Windows コンテナまたはタスクではサポートされていません。

プロキシ設定

proxyConfiguration

タイプ: ProxyConfiguration オブジェクト

必須: いいえ

App Mesh プロキシの設定詳細。

EC2 起動タイプを使用するタスクの場合、プロキシ設定を有効にするには、コンテナインスタンスにコンテナエージェントのバージョン 1.26.0 以上と ecs-init パッケージのバージョン 1.26.0-1 以上が必要です。コンテナインスタンスが Amazon ECS に最適化された AMI バージョン 20190301 以降から起動される場合、コンテナエージェントおよび ecs-init の必要なバージョンが含まれます。詳細については、「Amazon ECS-optimized AMI」を参照してください。

Fargate の起動タイプを使用するタスクの場合、この機能にはタスクまたはサービスでプラットフォームバージョン 1.3.0 以降を使用する必要があります。

注記

このパラメータは Windows コンテナではサポートされません。

"proxyConfiguration": { "type": "APPMESH", "containerName": "string", "properties": [ { "name": "string", "value": "string" } ] }
type

型: 文字列

重要な値: APPMESH

必須: いいえ

プロキシタイプ。APPMESH はサポートされる唯一の値です。

containerName

型: 文字列

必須: はい

App Mesh プロキシとして機能するコンテナの名前です。

properties

タイプ: パラメータオブジェクトの配列

必須: いいえ

Container Network Interface(CNI) プラグインを提供するネットワーク設定パラメータのセットで、キーと値のペアとして指定されます。

  • IgnoredUID – (必須) コンテナ定義の user パラメータで定義されるプロキシコンテナのユーザー ID (UID)。これは、プロキシがそれ自体のトラフィックを無視するようにするために使用されます。IgnoredGID を指定した場合は、このフィールドは空にできます。

  • IgnoredGID – (必須) コンテナ定義の user パラメータで定義されるプロキシコンテナのグループ ID (GID)。これは、プロキシがそれ自体のトラフィックを無視するようにするために使用されます。IgnoredUID を指定した場合は、このフィールドは空にできます。

  • AppPorts – (必須) アプリケーションが使用するポートのリスト。これらのポートへのネットワークトラフィックは ProxyIngressPort および ProxyEgressPort に転送されます。

  • ProxyIngressPort – (必須) AppPorts への着信トラフィックが誘導されるポートを指定します。

  • ProxyEgressPort – (必須) AppPorts からの発信トラフィックが誘導されるポートを指定します。

  • EgressIgnoredPorts – (必須) これらの指定されたポートに向かうアウトバウンドトラフィックは無視され、ProxyEgressPort にリダイレクトされません。空のリストを指定できます。

  • EgressIgnoredIPs – (必須) これらの指定された IP アドレスに向かうアウトバウンドトラフィックは無視され、ProxyEgressPort にリダイレクトされません。空のリストを指定できます。

name

型: 文字列

必須: いいえ

キーと値のペアの名前。

value

型: 文字列

必須: いいえ

キーと値のペアの値。