Redis (クラスターモードが無効) レプリケーショングループへのリードレプリカの削除 - Redis 用 Amazon ElastiCache

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

Redis (クラスターモードが無効) レプリケーショングループへのリードレプリカの削除

以下のトピックの情報は、Redis (クラスターモードが無効) レプリケーショングループにのみ適用されます。

Redis レプリケーショングループの読み取りトラフィックを変更すると、リードレプリカの追加または削除を行うことができます。Redis (クラスターモードが無効) レプリケーショングループからノードを削除することには制限がありますが、単なるクラスターの削除と同じです。

  • レプリケーショングループからプライマリを削除することはできません。プライマリを削除する場合は、以下を実行します。

    1. リードレプリカをプライマリに昇格させます。リードレプリカをプライマリに昇格させる詳細については、「Redis (クラスターモードが無効) レプリケーショングループのプライマリへのリードレプリカの昇格」を参照してください。

    2. 古いプライマリを削除します。この方法の制限については、次のポイントを参照してください。

  • レプリケーショングループでマルチ AZ が有効になっている場合は、そのレプリケーショングループから最後のリードレプリカを削除することはできません。この場合は次の操作を行います。

    1. マルチ AZ を無効にしてレプリケーショングループを変更します。詳細については、レプリケーショングループの変更 を参照してください。

    2. リードレプリカを削除します。

ElastiCache コンソール、ElastiCache 用 AWS CLI、または ElastiCache API を使用して、Redis (クラスターモードが無効) レプリケーショングループからリードレプリカを削除できます。

Redis レプリケーショングループからレプリカを削除する方法については、以下を参照してください。