Redis 用 Amazon ElastiCache
Redis 用 ElastiCache ユーザーガイド (API バージョン 2015-02-02)

Amazon VPC と ElastiCache のセキュリティ

データのセキュリティが重要であるため、ElastiCache には、データへのアクセス権限を持つユーザーを制御するための手段が用意されています。データへのアクセスを制御する方法は、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) または Amazon EC2-Classic でクラスターを起動したかどうかによって決まります。

重要

ElastiCache クラスターの起動のために Amazon EC2-Classic の使用を廃止しました。現行世代のノードはすべて Amazon Virtual Private Cloud のみで起動されます。

Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) サービスは、従来のデータセンターに非常によく似た仮想ネットワークを定義します。お客様が Amazon VPC を設定すると、IP アドレス範囲の選択、サブネットの作成、ルートテーブル、ネットワークゲートウェイ、セキュリティの設定などが可能になります。仮想ネットワークにキャッシュクラスターを追加でき、Amazon VPC のセキュリティグループを使用して、キャッシュクラスターへのアクセスを制御できます。

このセクションでは、ElastiCache 内で手動で Amazon VPC クラスターを設定する方法を説明します。この情報は、ElastiCache と Amazon VPC との連携について理解を深めたいユーザーを対象としています。