Amazon Aurora PostgreSQL の更新 - Amazon Aurora
PostgreSQL 16.2PostgreSQL 16.1PostgreSQL 16.0PostgreSQL 15.6PostgreSQL 15.5PostgreSQL 15.4PostgreSQL 15.3PostgreSQL 15.2PostgreSQL 14.11PostgreSQL 14.10PostgreSQL 14.9PostgreSQL 14.8PostgreSQL 14.7PostgreSQL 14.6PostgreSQL 14.5PostgreSQL 14.4PostgreSQL 14.3PostgreSQL 13.14PostgreSQL 13.13PostgreSQL 13.12PostgreSQL 13.11PostgreSQL 13.10PostgreSQL 13.9PostgreSQL 13.8PostgreSQL 13.7PostgreSQL 13.6 (廃止)PostgreSQL 13.5 (廃止)PostgreSQL 13.4 (廃止)PostgreSQL 13.3 (廃止)PostgreSQL 12.18PostgreSQL 12.17PostgreSQL 12.16PostgreSQL 12.15PostgreSQL 12.14PostgreSQL 12.13PostgreSQL 12.12PostgreSQL 12.11PostgreSQL 12.10 (廃止)PostgreSQL 12.9PostgreSQL 12.8 (廃止)PostgreSQL 12.7、Aurora 4.2 (廃止)PostgreSQL 12.6、Aurora 4.1 (廃止)PostgreSQL 12.4、Aurora 4.0 (廃止)PostgreSQL 11.21PostgreSQL 11.20 (廃止)PostgreSQL 11.19 (廃止)PostgreSQL 11.18 (廃止)PostgreSQL 11.17 (廃止)PostgreSQL 11.16 (廃止)PostgreSQL 11.15 (廃止)PostgreSQL 11.14 (廃止)PostgreSQL 11.13 (廃止)PostgreSQL 11.12、Aurora 3.6 (廃止)PostgreSQL 11.11、Aurora 3.5 (廃止)PostgreSQL 11.9、Aurora 3.4PostgreSQL 11.8、Aurora 3.3 (廃止)PostgreSQL 11.7、Aurora 3.2 (廃止)PostgreSQL 11.6、Aurora 3.1 (廃止)PostgreSQL 11.4、Aurora 3.0 (廃止)PostgreSQL 10.21 (廃止)PostgreSQL 10.20 (廃止)PostgreSQL 10.19 (廃止)PostgreSQL 10.18 (廃止)PostgreSQL 10.17、Aurora 2.9 (廃止)PostgreSQL 10.16、Aurora 2.8 (廃止)PostgreSQL 10.14、Aurora 2.7 (廃止)PostgreSQL 10.13、Aurora 2.6 (廃止)PostgreSQL 10.12、Aurora 2.5 (廃止)PostgreSQL 10.11、Aurora 2.4 (廃止)PostgreSQL 10.7、Aurora 2.3 (廃止)PostgreSQL 10.6、Aurora 2.2 (廃止)PostgreSQL 10.5、Aurora 2.1 (廃止)PostgreSQL 10.4、Aurora 2.0 (廃止)PostgreSQL 9.6.22、Aurora 1.11 (廃止)PostgreSQL 9.6.21、Aurora 1.10 (廃止)PostgreSQL 9.6.19、Aurora 1.9 (廃止)PostgreSQL 9.6.18、Aurora 1.8 (廃止)PostgreSQL 9.6.17、Aurora 1.7 (廃止)PostgreSQL 9.6.16、Aurora 1.6 (廃止)PostgreSQL 9.6.12、Aurora 1.5 (廃止)PostgreSQL 9.6.11、Aurora 1.4 (廃止)PostgreSQL 9.6.9、Aurora 1.3 (廃止)PostgreSQL 9.6.8、Aurora 1.2 (廃止)PostgreSQL 9.6.6、Aurora 1.1 (廃止)PostgreSQL 9.6.3、Aurora 1.0 (廃止)

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Aurora PostgreSQL の更新

Amazon Aurora 用にリリースしている Aurora PostgreSQL 互換エディションのデータベースエンジンのバージョン情報を以下に示します。

Aurora PostgreSQL データベースのバージョン番号を確認するには、「Amazon Aurora ユーザーガイド」の「Amazon Aurora PostgreSQL のバージョンの識別」を参照してください。

拡張機能およびモジュールの詳細については、「Amazon Aurora PostgreSQL の拡張機能バージョン」を参照してください。

Amazon Aurora の利用可能なリリース、ポリシー、およびタイムラインの詳細については、「Amazon Aurora ユーザーガイド」の「Amazon Aurora メジャーバージョンが利用可能な期間」を参照してください。Amazon Aurora のサポートおよびその他のポリシーの詳細については、「Amazon RDS のよくある質問」を参照してください。

で使用できる Aurora PostgreSQL DB エンジンのバージョンを確認するには AWS リージョン、次に示すように describe-db-engine-versions AWS CLI コマンドを使用します。

aws rds describe-db-engine-versions --engine aurora-postgresql --query '*[].[EngineVersion]' --output text --region aws-region

のリストについては AWS リージョン、「Amazon Aurora ユーザーガイド」の「Aurora PostgreSQL リージョンの可用性」を参照してください。

トピック

PostgreSQL 16.2

この Aurora PostgreSQL リリースはPostgreSQL 16.2 と互換性があります。PostgreSQL 16.2 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 16.2」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 16.2.1、2024 年 4 月 29 日

新機能
  • リソース使用状況の概要を に追加しましたpg_dump

  • aurora_stat_statements(bool showtext) および の関数のオーバーロードを追加しましたaurora_stat_plans(bool showtext)

全般的な機能強化
  • ダウンタイムのないパッチ適用による接続の保存を改善するために、複数のマイナーバージョンアップグレードの問題を修正しました。

  • 大量の初期化時間が長くなるため、データベースの起動時間が短縮されました。

  • リレーション拡張ロックの競合を減らし、リレーションをプロアクティブに拡張することで、COPY オペレーションを高速化しました。

  • 特定のログレコードの再生をインテリジェントにスキップして再生負荷を減らすことで、レプリケーションの遅延を減らすための改善。

  • リードノードでの復旧競合中に、まれに短時間使用できなくなる問題を修正しました。

  • まれに、メジャーバージョンアップグレードパッチ中にデータベースが起動しない問題を修正しました。

  • レプリケーションエラーからの回復を可能にすることで、リードレプリカの可用性が向上しました。

  • 論理レプリケーションテーブルの同期オペレーションが失敗した場合にデッドロックが発生する問題を修正しました。

  • サブトランザクションが同時に中止された場合に、ストレージにスピルした後のカタログ変更の処理に失敗する論理レプリケーションデコードの問題を修正しました。

  • ストレージに書き込まれる前にログレコードの検証が改善されました。

  • ダウンタイムのないパッチ適用イベント後にセッションが ClientRead 待機イベントを誤って報告する問題を修正しました。

  • aws_s3 拡張機能をバージョン 1.1 から 1.2 にアップグレードする際の aws_s3.query_export_to_s3 のあいまいな関数定義を修正しました。

優先度の高い機能強化
  • 論理レプリケーションスロットの再開に関連する問題を修正しました。まれに、スロットが停止する可能性があります。

  • テーブルスペースにデータベースを作成するときに再起動する問題を修正しました。

  • DB の安定性を向上させるために、論理レプリケーションエラーの処理が正しくない問題を修正しました。

安定性に関する重要な強化
  • まれに復旧時間が長くなり、可用性に影響するレプリケーションオリジンに関する問題を修正しました。

  • まれに、新しく作成された論理レプリケーションスロットによってトランザクションが部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。詳細については、「論理レプリケーションスロットの作成中の競合状態によるデータ損失の可能性」を参照してください。

  • がダウンタイムのないパッチ適用を失敗pg_stat_statementsさせる問題を修正しました。

  • マイナーバージョンアップグレード中にメモリ要件が変更されると、ダウンタイムのないパッチ適用やエンジンの起動が失敗することがある問題を修正しました。

その他の改善と機能強化
  • 次の拡張機能を更新しました。

    • pg_tle をバージョン 1.3.4 に拡張しました。

    • PLV8 をバージョン 3.1.10 に拡張しました。

    • RDKit をバージョン Release_2023_09_4 に移行しました。

  • 新しい GUC パラメータが追加されました

    • pgtle.clientauth_databases_to_skip

    • pgtle.clientauth_db_name

    • pgtle.clientauth_num_parallel_workers

    • pgtle.clientauth_users_to_skip

    • pgtle.enable_clientauth

    • pgtle.passcheck_db_name

PostgreSQL 16.1

この Aurora PostgreSQL リリースはPostgreSQL 16.1 と互換性があります。PostgreSQL 16.1 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 16.1」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 16.1.3、2024 年 3 月 13 日

全般的な機能強化
  • PLV8 拡張機能のパフォーマンス低下の問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 16.1.2、2024 年 2 月 22 日

全般的な機能強化
  • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドを終了することを許可します。

優先度の高い機能強化
  • ZDP 中に がマイナーバージョンアップグレードをブロックpg_stat_statementsする問題を修正しました。

  • 厳密すぎるデータ整合性チェックが原因で、論理レプリケーションスロットが変更を出力しなくなる問題を修正しました。

  • 以下の PostgreSQL コミュニティセキュリティの問題に対するバックポートされた修正:

安定性に関する重要な強化
  • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

  • Aurora Storage のデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 16.1、2024 年 1 月 31 日

新機能
  • HypoPG 拡張機能バージョン 1.4.0 のサポートを追加しました。

  • h3-pg および h3-postgis 拡張機能バージョン 4.1.3 のサポートを追加しました。

  • Aurora PostgreSQL DB クラスターと DB aurora_compute_plan_idパラメータグループでデフォルトで有効になっている パラメータのサポートが追加されました。詳細については、「Aurora PostgreSQL のクエリ実行計画のモニタリング」を参照してください。

  • rds.rds_superuser_reserved_connections パラメータは Aurora PostgreSQL バージョン 16 で廃止されました。reserved_connections パラメータを使用して接続スロットの数を予約する必要があります。reserved_connections パラメータは、 pg_use_reserved_connections権限を持つロール用に予約されている接続スロットの数を設定します。 rds_superuserはデフォルトでpg_use_reserved_connectionsロールのメンバーです。詳細については、PostgreSQL ドキュメントの予約済み接続 を参照してください。

全般的な機能強化
  • ssl プロトコルのサポートを廃止しました: TLSv1.0 および TLSv1.1.

その他の改善と機能強化

次の拡張機能を更新しました。

  • postgis をバージョン 3.4.0 に更新

  • PgLogical をバージョン 2.4.4 に更新

  • PgCron をバージョン 1.6 に更新

  • orafce をバージョン 4.6.0 に更新

  • pg_hint_plan をバージョン 1.6.0 に更新

  • plv8 をバージョン 3.1.8 に更新

  • oracle_fdw をバージョン 2.6.0 に更新

  • MySQL_FDW をバージョン 2.9.1 に更新

  • Hll をバージョン 2.18 に更新

  • RDKit をバージョン 4.4 に更新

  • aws_s3 をバージョン 1.2 に更新

  • prefix をバージョン 1.2.10 に更新

  • pg_similarity をバージョン 1.0 に更新

  • pgdam をバージョン 1.7 に更新

  • pg_proctab をバージョン 0.0.10 に更新

  • pg_tle をバージョン 1.2.0 に更新

  • pg_vector をバージョン 0.5.1 に更新

  • PgAudit をバージョン 16.0 に更新

  • plprofiler をバージョン 4.2.4 に更新

  • pg_partman をバージョン 4.7.3 に更新

  • pgTAP をバージョン 1.3.0 に更新

拡張機能およびモジュールの詳細については、「Aurora PostgreSQL 16 でサポートされている拡張機能」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 16 への移行

Aurora PostgreSQL 16 へのメジャーバージョンアップグレードには、次の最小拡張機能バージョンが必要です。

  • PostGIS バージョン 3.1

  • PgRouting バージョン 3.0.5

  • Rdkit バージョン 4.2

移行の詳細については、「バージョン 16 への移行」および「バージョン 16.1 への移行」を参照してください。

Aurora PostgreSQL の各バージョンでサポートされている拡張機能のバージョンについては、「」を参照してくださいAmazon Aurora PostgreSQL の拡張機能バージョン

拡張機能のアップグレードを含む Aurora PostgreSQL DB クラスターをアップグレードするには、PostgreSQL 拡張機能のアップグレード」を参照してください。

サポートされていない機能
  • Aurora PostgreSQL 16.1 は現在、Aurora リードレプリカでの論理デコードをサポートしていません。

PostgreSQL 16 と Aurora PostgreSQL 16 の相違点

Aurora PostgreSQL 16.1 では、新しく導入されたpg_stat_ioビューには 2 つの I/O コンテキストが追加されています。

  • index: インデックスの作成中に実行される I/O オペレーション。

  • walreplay: Aurora リードレプリカで wal リプレイプロセスによって実行される I/O オペレーション。

以下のバックエンドタイプと I/O コンテキストは Aurora リードレプリカには適用されません。

  • 自動バキュームランチャー

  • 自動バキュームワーカー

  • bulkwrite

  • index

  • vacuum

さらに、データは Aurora ストレージに保持されるため、Aurora PostgreSQL はライトバックと同期オペレーションをサポートしていません。

PostgreSQL 16.0

この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 16.0 と互換性があります。PostgreSQL 16.0 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 16.0」を参照してください。

Amazon RDS Preview 環境の PostgreSQL バージョン 16.0、2023 年 11 月 15 日

これは Amazon Aurora PostgreSQL バージョン 16.0 のプレビュードキュメントです。このドキュメントは変更される可能性があります。

全般的な機能強化
  • 非推奨の SSL プロトコルのサポート: TLS 1.0 および TLS 1.1

その他の改善と機能強化

次の拡張機能を更新しました。

  • aws_s3 をバージョン 1.2 に更新

  • oracle_fdw をバージョン 2.6.0 に更新

  • orafce をバージョン 4.6.0 に更新

  • pg_cron をバージョン 1.6.0 に更新

  • pg_hint をバージョン 1.6.0 に更新

  • pg_proctab をバージョン 0.0.10 に更新

  • pg_tle をバージョン 1.2.0 に更新

  • pglogical をバージョン 2.4.4 に更新

  • pgvector をバージョン 0.5.0 に更新

  • plv8 をバージョン 3.1.7 に更新

  • PostGIS をバージョン 3.4.0 に更新

  • prefix をバージョン 1.2.0 に更新

  • RDKit をバージョン 4.3.0 に更新

以下の拡張機能は Aurora PostgreSQL 16.0 のプレビューバージョンではサポートされていません。

  • aws_lambda

  • hll

  • pg_bigm

  • pgAudit

  • plprofiler

  • rds_activity_stream

拡張機能およびモジュールの詳細については、「Aurora PostgreSQL 16 でサポートされている拡張機能」を参照してください。

サポートされていない機能
  • Aurora PostgreSQL 16.0 は現在、Aurora リードレプリカの論理デコードをサポートしていません。

  • Aurora PostgreSQL 16.0 は現在 Aurora PostgreSQL クエリプラン管理をサポートしていません。

PostgreSQL 16 と Aurora PostgreSQL 16 の相違点

Aurora PostgreSQL 16.0 では、新しく導入された pg_stat_io ビューに 2 つの I/O コンテキストが追加されました。

  • index: インデックスの作成中に実行される I/O オペレーション。

  • walreplay: Aurora リードレプリカで wal リプレイプロセスによって実行される I/O オペレーション。

以下のバックエンドタイプと I/O コンテキストは Aurora リードレプリカには適用されません。

  • 自動バキュームランチャー

  • 自動バキュームワーカー

  • bulkwrite

  • index

  • vacuum

さらに、データは Aurora ストレージに保持されるため、Aurora PostgreSQL はライトバックと同期オペレーションをサポートしていません。

PostgreSQL 15.6

この Aurora PostgreSQL リリースはPostgreSQL 15.6 と互換性があります。PostgreSQL 15.6 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 15.6」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 15.6.1、2024 年 4 月 29 日

新機能
  • リソース使用状況の概要を に追加しましたpg_dump

  • aurora_stat_statements(bool showtext) および の関数のオーバーロードを追加しましたaurora_stat_plans(bool showtext)

全般的な機能強化
  • ダウンタイムのないパッチ適用による接続の保存を改善するために、複数のマイナーバージョンアップグレードの問題を修正しました。

  • 大量の初期化時間が長くなるため、データベースの起動時間が短縮されました。

  • リレーション拡張ロックの競合を減らし、リレーションをプロアクティブに拡張することで、COPY オペレーションを高速化しました。

  • 特定のログレコードの再生をインテリジェントにスキップして再生負荷を減らすことで、レプリケーションの遅延を減らすための改善。

  • リードノードでの復旧競合中に、まれに短時間使用できなくなる問題を修正しました。

  • まれに、メジャーバージョンアップグレードパッチ中にデータベースが起動しない問題を修正しました。

  • レプリケーションエラーからの回復を可能にすることで、リードレプリカの可用性が向上しました。

  • ダウンタイムのないパッチ適用がタイムアウトする問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションテーブルの同期オペレーションが失敗した場合にデッドロックが発生する問題を修正しました。

  • サブトランザクションが同時に中止された場合に、ストレージにスピルした後のカタログ変更の処理に失敗する論理レプリケーションデコードの問題を修正しました。

  • ストレージに書き込まれる前にログレコードの検証が改善されました。

  • ダウンタイムのないパッチ適用イベント後にセッションが ClientRead 待機イベントを誤って報告する問題を修正しました。

  • aws_s3 拡張機能をバージョン 1.1 から 1.2 にアップグレードする際の aws_s3.query_export_to_s3 のあいまいな関数定義を修正しました。

優先度の高い機能強化
  • 論理レプリケーションスロットの再開に関連する問題を修正しました。まれに、スロットが停止する可能性があります。

  • テーブルスペースにデータベースを作成するときに再起動する問題を修正しました。

  • DB の安定性を向上させるために、論理レプリケーションエラーの処理が正しくない問題を修正しました。

安定性に関する重要な強化
  • まれに復旧時間が長くなり、可用性に影響するレプリケーションオリジンに関する問題を修正しました。

  • まれに、新しく作成された論理レプリケーションスロットによってトランザクションが部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。詳細については、「論理レプリケーションスロットの作成中の競合状態によるデータ損失の可能性」を参照してください。

  • がダウンタイムのないパッチ適用を失敗pg_stat_statementsさせる問題を修正しました。

  • マイナーバージョンアップグレード中にメモリ要件が変更されると、ダウンタイムのないパッチ適用やエンジンの起動が失敗することがある問題を修正しました。

その他の改善と機能強化
  • 次の拡張機能を更新しました。

    • pg_tle をバージョン 1.3.4 に拡張しました。

    • PLV8 をバージョン 3.1.10 に拡張しました。

    • RDKit をバージョン Release_2023_09_4 に移行しました。

  • 新しい GUC パラメータが追加されました

    • pgtle.clientauth_databases_to_skip

    • pgtle.clientauth_db_name

    • pgtle.clientauth_num_parallel_workers

    • pgtle.clientauth_users_to_skip

    • pgtle.enable_clientauth

    • pgtle.passcheck_db_name

PostgreSQL 15.5

この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 15.5 と互換性があります。PostgreSQL 15.5 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 15.5」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 15.5.3、2024 年 3 月 13 日

全般的な機能強化
  • PLV8 拡張機能のパフォーマンス低下の問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 15.5.2、2024 年 2 月 22 日

全般的な機能強化
  • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドを終了することを許可します。

優先度の高い機能強化
  • ZDP 中に がマイナーバージョンアップグレードをブロックpg_stat_statementsする問題を修正しました。

  • 厳密すぎるデータ整合性チェックが原因で、論理レプリケーションスロットが変更を出力しなくなる問題を修正しました。

  • 次の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

安定性に関する重要な強化
  • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

  • Aurora ストレージのデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 15.5.0、2023 年 12 月 21 日

オープンソースコミュニティによる PostgreSQL データベースの更新に関する発表を受けて、PostgreSQL バージョン 15.5、14.10、13.13、12.17 をサポートするように Amazon Aurora PostgreSQL 互換エディションを更新しました。これらのリリースには、PostgreSQL コミュニティによる製品の改善とバグ修正のほか、Aurora 固有の改善が含まれています。Babelfish for Aurora PostgreSQL バージョン 3.4 の新機能と機能強化も含まれています。

アップグレードの頻度やアップグレードプロセスをどのように計画するかを決めるには、Aurora バージョンポリシーを参照してください。注意点として、Amazon Aurora PostgreSQL 11 のいずれかのバージョンを実行している場合は、2024 年 2 月 29 日までに新しいメジャーバージョンにアップグレードする必要があります。

新機能
  • Amazon Bedrock の統合 — Amazon Aurora 機械学習拡張機能を Aurora PostgreSQLDB クラスターで使用することで、Amazon Bedrock の基本 AI モデルを使用できるようになりました

  • Aurora PostgreSQL アクセスコントロールに Active Directory セキュリティグループを使用する – 新しいpg_ad_mapping拡張機能で AWS Directory Service for Microsoft Active Directory を使用したグループロール認証サポートを追加します。

  • 委任された拡張機能のサポート — この機能により、拡張機能の管理を新しい rds_extension ロールを持つ権限の低いユーザーに委任できます。

  • Aurora PostgreSQL DB クラスターと DB aurora_compute_plan_idパラメータグループでデフォルトで有効になっている パラメータのサポートが追加されました。詳細については、「Aurora PostgreSQL のクエリ実行計画のモニタリング」を参照してください。

  • クエリプラン管理 (QPM) の強化:

    • プラン概要は、apg_plan_mgmt.validate_plans() 関数の update_plan_hash アクションの一環として、最新のフォーマットバージョンに更新されます。

    • 並列クエリ適用の一環として、並列追加適用のサポートを追加しました。

  • HypoPG 拡張機能バージョン 1.4.0 のサポートを追加しました。

  • h3-pg および h3-postgis 拡張機能バージョン 4.1.3 のサポートを追加しました。

優先度の高い機能強化
  • 同時に実行されている DDL やキャンセルされたサブトランザクションがある場合に、変更を論理的にレプリケートすると、再起動することがある問題を修正しました。

  • WAL 再生中に変更されたページを読み取ると、Aurora レプリカが再起動する場合がある問題を修正しました。

  • 特定のボリュームメタデータがソースクラスターで無効な場合、クローンクラスターでも無効なままになる問題を修正しました。クローンクラスターは新しいボリュームを使用するため、メタデータが再作成されるようになりました。

  • ダウンタイムなしのパッチ適用 (ZDP) 中にエンジンクラッシュを引き起こす場合があるバグを修正しました。

  • 改善されたメモリ管理機能を有効または無効にするための新しいパラメータとして rds.enable_memory_management を導入しました。

  • 複合インデックスを大きなデータセットで使用する場合、不要な B ツリーページの読み取りをスキップすることで、インデックススキャンのクエリパフォーマンスが向上しました。

  • 以下の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対してバックポートされた修正プログラム。

全般的な機能強化
  • rds.global_db_rpo パラメータが設定されていない場合、AuroraGlobalDBRPOLag メトリクスがゼロになる問題を修正しました。

  • ライター DB インスタンスとの再接続中に Aurora レプリカが再起動する場合がある問題を修正しました。

  • rdkit.morgan_fp_size パラメータのサポートを追加しました。

  • rds-superuserpg_stat_reset_slru 関数を実行できるようになりました。

  • MultiXact SLRU アクセスが正しいpg_stat_slruカテゴリにクレジットされない問題を修正しました。

  • 未使用の WAL セグメントが適切に削除されない場合がある問題を修正しました。

  • バイナリ出力形式を使用するときに、pglogical がレプリケーションオリジンデータを正しくパススルーしない問題を修正しました。

  • rds_superuserALTER COLLATION を実行してカタログ内のロケールの照合順序バージョンを更新できるようになりました。

  • 無効な接続に伴う dblink 拡張機能と postgres_fdw 拡張機能のクラッシュを修正しました。

  • aws_s3 拡張機能が HTTP エラーレスポンスをテーブルにインポートできる問題を修正しました。

  • ライター DB インスタンスとの再接続中に、Optimized Reads を使用する Aurora レプリカインスタンスが再起動する場合がある問題を修正しました。

  • ページを階層型キャッシュにキャッシュしているときに、Optimized Reads を使用する Aurora レプリカが再起動する場合がある問題を修正しました。

その他の改善と機能強化
  • 次の拡張機能を更新しました。

    • mysql_fdw をバージョン 2.9.1 に更新

    • Oracle_fdw をバージョン 2.6.0 に更新

    • Orafce をバージョン 4.6.0 に更新

    • pg_cron をバージョン 1.6.0 に更新

    • pg_hint_plan をバージョン 1.5.1 に更新

    • pg_proctab をバージョン 0.0.10 に更新

    • pg_tle をバージョン 1.2.0 に更新

    • plv8 をバージョン 3.1.8 に更新

    • PostGIS をバージョン 3.4.0 に更新

    • prefix をバージョン 1.2.10 に更新

    • RDKit をバージョン 4.4.0 (Release_2023_09_1) に更新

拡張機能およびモジュールの詳細については、「Aurora PostgreSQL 15 でサポートされている拡張機能」を参照してください。

PostgreSQL 15.4

この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 15.4 と互換性があります。PostgreSQL 15.4 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 15.4」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 15.4.6、2024 年 3 月 13 日

全般的な機能強化
  • PLV8 拡張機能のパフォーマンス低下の問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 15.4.5、2024 年 2 月 22 日

全般的な機能強化
  • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドを終了することを許可します。

優先度の高い機能強化
  • ZDP 中に がマイナーバージョンアップグレードをブロックpg_stat_statementsする問題を修正しました。

  • 厳密すぎるデータ整合性チェックが原因で、論理レプリケーションスロットが変更を出力しなくなる問題を修正しました。

  • 次の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

安定性に関する重要な強化
  • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

  • Aurora ストレージのデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 15.4.3、2023 年 12 月 15 日

優先度の高い機能強化
  • 同時に実行されている DDL やキャンセルされたサブトランザクションがある場合に、変更を論理的にレプリケートすると、再起動することがある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 15.4.2、2023 年 12 月 13 日

安定性に関する重要な強化
優先度の高い機能強化
  • 複合インデックスを大きなデータセットで使用する場合、不要な B ツリーページの読み取りをスキップすることで、インデックススキャンのクエリパフォーマンスが向上しました。

  • まれにデータベースインスタンスの再起動につながる場合があるインデックススキャンクエリの問題を修正しました。

全般的な安定性の強化
  • 論理レプリケーションアクションがテーブル所有者以外によって実行される問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 15.4.1、2023 年 11 月 9 日

安定性に関する重要な強化
  • 次のセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

  • pg_cron バックグラウンドワーカープロセスに関する問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • メタデータが古いためにリードレプリカが遅延する場合がある問題を修正しました。

  • まれにクラッシュを引き起こす場合があるバッファピンロックに関連する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 15.4.0、2023 年 10 月 24 日

新機能
  • mysql_fdw バージョン 2.9.0 のサポートを追加しました。

  • カスタマーマネージド KMS キーで暗号化された S3 バケットへのエクスポートに対するサポートを aws_s3 拡張機能に追加しました。

  • グローバル DB セカンダリクラスターでの Aurora レプリカの可用性を改善しました。

  • Aurora レプリカでのクエリプランキャプチャのサポートを追加しました。

  • materialize ノードによるクエリプラン適用のサポートを追加しました。

  • 並列クエリ演算子によるクエリプラン適用のサポートを追加しました。

  • 特定のコストしきい値を下回るクエリプランはキャプチャされません。

優先度の高い機能強化
  • データベースリカバリ中にデータベースが起動しなくなる場合がある問題を修正しました。

  • Aurora Serverless v2 インスタンスのスケールアップ時間を短縮するための最適化を含めました。

全般的な機能強化
  • aws_s3 拡張機能で、エクスポートされた行の合計数が 20 億を超えると、エクスポート行数が誤って報告される問題を修正しました。

  • aws_s3 拡張機能でタイムアウトを設定するオプションを提供しました。以下のパラメータ (GUC) を設定することで、S3 からのインポートのタイムアウトしきい値を変更できるようになりました。

    • aws_s3.curlopt_low_speed_limit

    • aws_s3.curlopt_low_speed_time

  • 一部のエッジケースでインスタンスの作成が失敗するのを防ぎました。

  • Aurora レプリカでのコミットトランザクション操作のリプレイのパフォーマンスが向上しました

  • aws_s3 拡張機能からのインポートがまれに完了しないことがある問題を修正しました。

  • PostGIS の GEOS ライブラリをバージョン 3.12.0 に更新しました。

  • Aurora Serverless v2 データベースメモリのスケーリングを改善し、データベースインスタンス全体のスケール時間を短縮しました。

  • クラスターキャッシュマネージャー送信者の待機時間を示す WAIT_EVENT_Aurora_CLUSTER_CACHE_MANAGER_SENDER 待機イベントを追加しました。

  • Aurora Serverless リソースのモニタリングの待機時間を示す WAIT_EVENT_Aurora_SERVERLESS_MONITORING_MAIN 待機イベントを追加しました。

  • リードレプリカのストレージから読み取りを行う際の、永続化されていない無効なメタデータの処理を改善しました。

  • 論理レプリケーションスロットの開始時にデータベースがクラッシュすることがある問題を修正しました。

  • pg_cron cron.max_running_jobs パラメータの制限を 100 から 1000 に引き上げました。

  • pgAudit pgaudit.log_statement パラメータが変更可能になりました。

  • 「#」で始まるテーブル名を正しく処理できるように CREATE TABLE コマンドのバグを修正しました。

その他の改善と機能強化
  • 次の拡張機能を更新しました。

    • orafce をバージョン 4.3.0 に更新

    • pg_logical をバージョン 2.4.3 に更新

    • pg_tle をバージョン 1.1.1 に更新

    • pgvector をバージョン 0.5.0 に更新

    • plv8 をバージョン 3.1.6 に更新

    • PostGIS をバージョン 3.3.3 に更新

    • RDKit をバージョン 4.3 に更新

拡張機能およびモジュールの詳細については、「Aurora PostgreSQL 15 でサポートされている拡張機能」を参照してください。

PostgreSQL 15.3

この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 15.3 と互換性があります。PostgreSQL 15.3 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 15.3」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 15.3.5、2024 年 3 月 13 日

全般的な機能強化
  • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドを終了することを許可します。

優先度の高い機能強化
  • サブトランザクションと DDL が中止された場合に、論理レプリケーションスロットが一時的にエラーになる問題を修正しました。

  • 次の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

安定性に関する重要な強化
  • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

  • Aurora ストレージのデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 15.3.4、2023 年 12 月 14 日

安定性に関する重要な強化
優先度の高い機能強化
  • 複合インデックスを大きなデータセットで使用する場合、不要な B ツリーページの読み取りをスキップすることで、インデックススキャンのクエリパフォーマンスが向上しました。

  • まれにデータベースインスタンスの再起動につながる場合があるインデックススキャンクエリの問題を修正しました。

全般的な安定性の強化
  • 論理レプリケーションアクションがテーブル所有者以外によって実行される問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 15.3.3、2023 年 11 月 14 日

安定性に関する重要な強化
  • 次のセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

  • pg_cron バックグラウンドワーカープロセスに関する問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • メタデータが古いためにリードレプリカが遅延する場合がある問題を修正しました。

  • まれにクラッシュを引き起こす場合があるバッファピンロックに関連する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 15.3.2、2023 年 10 月 4 日

安定性に関する優先度の高い強化
  • 以下の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対してバックポートされた修正プログラム。

優先度の高い機能強化
  • I/O 負荷の高い読み取りワークロードの実行中にデータベースインスタンスが再起動する場合がある問題を修正しました。

  • Aurora レプリカの再起動後にバキューム操作がブロックされる場合がある問題を修正しました。

  • COPY FROM コマンドの実行時にクラッシュが発生する場合がある問題を修正しました。

  • CPU 使用率が高くなり、新しい接続ができなくなる場合がある問題を修正しました。

  • 外部キーを含むテーブルからの UPDATE および DELETE が、「エラー: 40001: シリアル化可能なスナップショットの使用時に同時更新が原因でアクセスをシリアル化できませんでした」というエラーで予期せず失敗する場合がある問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • I/O で使用する一時的なメタデータの診断機能を導入しました。

  • Aurora PostgreSQL 15.3 の特定のシナリオにおいて、改善されたメモリ管理を有効にできない問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 15.3.0、2023 年 7 月 13 日

オープンソースコミュニティによる PostgreSQL データベースの更新に関する発表を受けて、PostgreSQL バージョン 15.3、14.8、13.11、12.15、および 11.20 をサポートするように Amazon Aurora PostgreSQL 互換エディションを更新しました。これらのリリースには、PostgreSQL コミュニティによる製品の改善とバグ修正のほか、Aurora 固有の改善が含まれています。さらに、Babelfish for Aurora PostgreSQL バージョン 3.2 の新機能や改善点、および AWS Database Migration Service のサポートの改善も含まれています。アップグレードの頻度やアップグレードプロセスをどのように計画するかを決めるには、「Amazon Aurora バージョン」を参照してください。注意点として、Amazon Aurora PostgreSQL 11 のいずれかのバージョンを実行している場合は、2024 年 2 月 29 日までに新しいメジャーバージョンにアップグレードする必要があります。

新機能
  • このリリースには、メモリ管理の改善が含まれており、メモリ不足による問題を事前に防ぐことで、データベースの安定性と可用性を高めます。詳細については、「Aurora PostgreSQL のメモリ管理が改善されました」を参照してください。

  • pgvector 拡張機能バージョン 0.4.1 のサポートを追加しました。

優先度の高い機能強化
  • 存続可能なリーダー再接続を実行する際のサブトランザクションメタデータの処理に伴う問題を修正しました。

  • 拡張環境変数に関連する ZDP 中の問題を修正しました。

  • プロセスが予期しないページを検出したと誤解する原因となっていた論理レプリケーション中の一時的なエラーに対処しました。

  • レプリケーション元の状態ファイルの部分的な作成により、一定期間利用不能になる問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • 計算クエリ ID に「警告: 認識されないノードタイプ: 378」という警告が表示される問題に対処しました。

  • パブリッシャーの論理レプリケーションスロットを早めに削除すると、リレーションの初期データ同期がブロックされる問題を修正しました。

  • Postgres のメモリコンテキストレベルでバックエンドのメモリ使用量の内訳を表示する新しい関数 aurora_stat_memctx_usage() を追加しました。

  • aws_lambda 拡張機能内のタイムアウトを設定するオプションを提供しました。次のパラメータ (GUCsを設定することで、 AWS Lambda 統合の接続タイムアウトとリクエストタイムアウトを変更できるようになりました。

    • aws_lambda.connect_timeout_ms

    • aws_lambda.request_timeout_ms

  • AuroraReplicaLag メトリクスの計算に関する問題を修正しました。

  • aws_s3 拡張機能が、まれに、名前にドットを含む Amazon S3 バケットからのインポートに失敗する問題を修正しました。

  • ZDP 中のデータベースのダウンタイムをさらに短縮しました。

  • ZDP 中に利用不能な状態を生じるバグを修正しました。

  • pg_ls_waldir() が「エラー:ファイルを統計できませんでした」を返す問題を修正しました。

  • TLS_AES_128_GCM_SHA256 と TLS_AES_256_GCM_SHA384 の暗号を使用した TLS 1.3 のサポートを追加しました。

  • RDS for PostgreSQL DB インスタンスの Aurora レプリカでメジャーバージョンのアップグレードをブロックしていた問題に対処しました。

  • Aurora Serverless v2 インスタンスでのスケールインを妨げる場合がある問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションにおいて、まれに、サブトランザクションのメタデータが正しくないために一定期間利用不能になる場合がある問題を修正しました。

  • pg_vector 拡張機能において、まれに、インデックス作成中に無限値または NAN 値によってクラッシュが発生する問題を修正しました。

  • 問題を修正してパフォーマンスを改善しました。

  • GEOS をバージョン 3.11.2 にアップグレードしました。

  • pg_cron をバージョン 1.5 にアップグレードしました。

  • pg_partman をバージョン 4.7.3 にアップグレードしました。

  • pg_tle をバージョン 1.0.3 にアップグレードしました。

  • plv8 をバージョン 3.1.6 にアップグレードしました。

PostgreSQL 15.2

この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 15.2 と互換性があります。PostgreSQL 15.2 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 15.2」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 15.2.7、2024 年 3 月 13 日

全般的な機能強化
  • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドを終了することを許可します。

優先度の高い機能強化
  • サブトランザクションと DDL が中止された場合に、論理レプリケーションスロットが一時的にエラーになる問題を修正しました。

  • 次の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

安定性に関する重要な強化
  • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

  • Aurora ストレージのデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 15.2.6、2023 年 12 月 15 日

安定性に関する重要な強化
優先度の高い機能強化
  • 複合インデックスを大きなデータセットで使用する場合、不要な B ツリーページの読み取りをスキップすることで、インデックススキャンのクエリパフォーマンスが向上しました。

  • まれにデータベースインスタンスの再起動につながる場合があるインデックススキャンクエリの問題を修正しました。

全般的な安定性の強化
  • 論理レプリケーションアクションがテーブル所有者以外によって実行される問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 15.2.5、2023 年 11 月 14 日

安定性に関する重要な強化
  • 次のセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

  • pg_cron バックグラウンドワーカープロセスに関する問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • メタデータが古いためにリードレプリカが遅延する場合がある問題を修正しました。

  • まれにクラッシュを引き起こす場合があるバッファピンロックに関連する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 15.2.4、2023 年 10 月 5 日

安定性に関する優先度の高い強化
  • 以下の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対してバックポートされた修正プログラム。

優先度の高い機能強化
  • I/O 負荷の高い読み取りワークロードの実行中にデータベースインスタンスが再起動する場合がある問題を修正しました。

  • Aurora レプリカの再起動後にバキューム操作がブロックされる場合がある問題を修正しました。

  • CPU 使用率が高くなり、新しい接続ができなくなる場合がある問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • I/O で使用する一時的なメタデータの診断機能を導入しました。

Aurora PostgreSQL 15.2.3、2023 年 7 月 25 日

全般的な機能強化
  • AuroraReplicaLag メトリクスの計算に関する問題を修正しました。

  • ZDP 中に利用不能な状態を生じるバグを修正しました。

  • トランザクションコミット時にストレージを再利用できなくなる問題を修正しました

  • 適用フェーズ中に pglogical が競合する行をログに記録できない問題を修正しました。

  • Aurora Serverless v2 スケーリングの機能強化を追加しました。

  • aws_s3 拡張機能が、まれに、名前にドットを含む Amazon S3 バケットからのインポートに失敗する問題を修正しました。

  • aws_lambda 拡張機能内のタイムアウトを設定するオプションを提供しました。次のパラメータ (GUCsを設定することで、 AWS Lambda 統合の接続タイムアウトとリクエストタイムアウトを変更できるようになりました。

    • aws_lambda.connect_timeout_ms

    • aws_lambda.request_timeout_ms

  • ライターインスタンスに再接続すると、読み取り可用性機能が向上した Aurora レプリカが再起動する場合がある複数の問題を修正しました。

  • 存続可能なリーダーが再接続できない問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 15.2.2、2023 年 5 月 10 日

全般的な機能強化
  • test_decoding プラグインを pg_create_logical_replication_slot にロードする際のエラーを修正しました。

  • ライトスルーキャッシュを使用すると論理レプリケーションが失敗する問題を修正しました。

  • oracle_fdw 拡張機能で使用する Oracle クライアントをバージョン 21.9.0.0.0 に更新しました。

Aurora PostgreSQL 15.2.1、2023 年 4 月 5 日

新機能
  • マルチスキーマをサポートするための新しいクエリプラン管理 (QPM) プランハッシュ計算を導入しました。マルチスキーマ環境で QPM を使用したい場合は、apg_plan_mgmt.plan_hash バージョンを 2 に設定して apg_plan_mgmt.validate_plans ('update_plan_hash') を呼び出すことができます。

  • 論理レプリケーションの強化により、大規模なトランザクションの処理中のメモリと CPU の使用率が向上します。

  • CloudWatch メトリクスは、Aurora ストレージとローカルストレージ全体で論理レプリケーション固有のストレージを追跡ReplicationSlotDiskUsageするようになりました。

  • Aurora PostgreSQL バージョン 15.2 および 14.7 以降では、ユーザーに rds_superuser ロールへのアクセス権が付与されている場合でも、接続するデータベースごとに CONNECT 権限を付与する必要があります。Aurora PostgreSQL バージョン 15.2 および 14.7 より前のバージョンでは、ユーザーに rds_superuser ロールが付与されていれば、どのデータベースやシステムテーブルにも接続できました。以前のバージョンの Aurora PostgreSQL は、この変更の影響を受けません。rds_superuser ロールへのアクセス権を持つユーザーは CONNECT 権限がなくても Aurora PostgreSQL クラスター内のデータベースにアクセスできます。

全般的な機能強化
  • PROJ サポートをバージョン 9.1.0 にアップグレードしました。

  • PostGISGDAL ライブラリをバージョン 3.5.3 にアップグレードしました。

  • pg_hint_plan をバージョン 1.5.0 にアップグレードしました

  • TCN 拡張機能と SEG 拡張機能のサポートを追加

  • Aurora レプリカの B ツリーおよびハッシュインデックスからの削除のパフォーマンスを改善しました。

  • Aurora Serverless v2 スケーリングの機能強化が含まれます。

  • パーティション化されたテーブルを結合する際に承認済みプランが適用されないという QPM の問題を修正しました。

  • 特に多数のオブジェクトを含む大規模なインスタンスで、エンジンの起動時間を改善しました。

  • Aurora 関数 aurora_stat_logical_wal_cache() がすべてのユーザーに表示されるようになりました。

  • プリペアドステートメントからプランを適用すると、利用不能な状態を起こす場合がある QPM の問題を修正しました。

その他の改善と機能強化
  • 次の拡張機能を更新しました。

    • apg_plan_mgmt をバージョン 2.4 に更新

    • hll をバージョン 2.17 に更新

    • Oracle_fdw をバージョン 2.5.0 に更新

    • orafce をバージョン 4.0.0 に更新

    • pg_audit をバージョン 1.7.0 に更新

    • pg_cron をバージョン 1.4.2 に更新

    • pg_hint_plan をバージョン 1.5.0 に更新

    • pg_logical をバージョン 2.4.2 に更新

    • pg_repack をバージョン 1.4.8 に更新

    • pg_stat_statements をバージョン 1.10 に更新

    • pg_trgm をバージョン 1.4 に更新

    • pgrouting をバージョン 3.4.1 に更新

    • plv8 をバージョン 3.1.4 に更新

    • PostGIS をバージョン 3.3.2 に更新

    • rds_activity_stream をバージョン 1.6 に更新

    • SEG をバージョン 1.0 に更新

    • TCN をバージョン 1.0 に更新

    • tds_fdw をバージョン 2.0.3 に更新

    • wal2json をバージョン 2.5 に更新

拡張機能およびモジュールの詳細については、「Aurora PostgreSQL 15 でサポートされている拡張機能」を参照してください。

PostgreSQL 15 と Aurora PostgreSQL 15 の相違点

Aurora 独自の分散ストレージシステムにより、Amazon Aurora PostgreSQL バージョン 15 は、pg_basebackup を使用した Gzip、LZ4、または Zstandard (zstd) によるサーバー側の圧縮、pg_backup_start() および pg_backup_stop() を使用したオンラインバックアップ、WAL リカバリ中のプリフェッチをサポートしていません。さらに、シーケンスはログなしとして指定できますが、通常のシーケンスよりもパフォーマンスが向上することはありません。

PostgreSQL 14.11

この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 14.11 と互換性があります。PostgreSQL 14.11 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 14.11」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 14.11.1、2024 年 4 月 29 日

新機能
  • リソース使用状況の概要を に追加しましたpg_dump

  • aurora_stat_statements(bool showtext) および の関数のオーバーロードを追加しましたaurora_stat_plans(bool showtext)

全般的な機能強化
  • ダウンタイムのないパッチ適用による接続の保存を改善するために、複数のマイナーバージョンアップグレードの問題を修正しました。

  • 大量の初期化時間が長くなるため、データベースの起動時間が短縮されました。

  • リレーション拡張ロックの競合を減らし、リレーションをプロアクティブに拡張することで、COPY オペレーションを高速化しました。

  • 特定のログレコードの再生をインテリジェントにスキップして再生負荷を減らすことで、レプリケーションの遅延を軽減するための改善。

  • リードノードでのリカバリの競合中に、まれに短時間使用できなくなる問題を修正しました。

  • まれに、メジャーバージョンアップグレードパッチ中にデータベースが起動しない問題を修正しました。

  • レプリケーションエラーからの復旧を可能にすることで、リードレプリカの可用性が向上しました。

  • ダウンタイムのないパッチ適用がタイムアウトする問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションテーブルの同期オペレーションが失敗した場合にデッドロックが発生する問題を修正しました。

  • サブトランザクションが同時に中止された場合に、ストレージにスピルした後のカタログ変更の処理に失敗する論理レプリケーションデコードの問題を修正しました。

  • ストレージに書き込まれる前にログレコードの検証が改善されました。

  • ダウンタイムのないパッチ適用イベント後にセッションが ClientRead 待機イベントを誤って報告する問題を修正しました。

  • aws_s3 拡張機能をバージョン 1.1 から 1.2 にアップグレードする際の aws_s3.query_export_to_s3 のあいまいな関数定義を修正しました。

優先度の高い機能強化
  • 論理レプリケーションスロットの再開に関連する問題を修正しました。まれに、スロットが停止する可能性があります。

  • テーブルスペースにデータベースを作成するときに再起動する問題を修正しました。

  • DB の安定性を向上させるために、論理レプリケーションエラーの処理が正しくない問題を修正しました。

安定性に関する重要な強化
  • まれに復旧時間が長くなり、可用性に影響する可能性があるレプリケーションオリジンに関連する問題を修正しました。

  • まれに、新しく作成された論理レプリケーションスロットによってトランザクションが部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。詳細については、「論理レプリケーションスロットの作成中の競合状態によるデータ損失の可能性」を参照してください。

  • がダウンタイムのないパッチ適用を失敗pg_stat_statementsさせる問題を修正しました。

  • マイナーバージョンのアップグレード中にメモリ要件が変更されると、ダウンタイムのないパッチ適用やエンジンの起動が失敗することがある問題を修正しました。

その他の改善と機能強化
  • 次の拡張機能を更新しました。

    • pg_tle をバージョン 1.3.4 に拡張しました。

    • PLV8 をバージョン 3.1.10 に拡張しました。

    • RDKit をバージョン Release_2023_09_4 に移行しました。

  • 新しい GUC パラメータが追加されました

    • pgtle.clientauth_databases_to_skip

    • pgtle.clientauth_db_name

    • pgtle.clientauth_num_parallel_workers

    • pgtle.clientauth_users_to_skip

    • pgtle.enable_clientauth

    • pgtle.passcheck_db_name

PostgreSQL 14.10

この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 14.10 と互換性があります。PostgreSQL 14.10 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 14.10」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 14.10.3、2024 年 3 月 13 日

全般的な機能強化
  • PLV8 拡張機能のパフォーマンス低下の問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.10.2、2024 年 2 月 22 日

全般的な機能強化
  • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドを終了することを許可します。

優先度の高い機能強化
  • ZDP 中に がマイナーバージョンアップグレードをブロックpg_stat_statementsする問題を修正しました。

  • 厳密すぎるデータ整合性チェックが原因で、論理レプリケーションスロットが変更を出力しなくなる問題を修正しました。

  • 次の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

安定性に関する重要な強化
  • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

  • Aurora ストレージのデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.10.0、2023 年 12 月 21 日

オープンソースコミュニティによる PostgreSQL データベースの更新に関する発表を受けて、PostgreSQL バージョン 15.5、14.10、13.13、12.17 をサポートするように Amazon Aurora PostgreSQL 互換エディションを更新しました。これらのリリースには、PostgreSQL コミュニティによる製品の改善とバグ修正のほか、Aurora 固有の改善が含まれています。Babelfish for Aurora PostgreSQL バージョン 3.4 の新機能と機能強化も含まれています。

アップグレードの頻度やアップグレードプロセスをどのように計画するかを決めるには、Aurora バージョンポリシーを参照してください。注意点として、Amazon Aurora PostgreSQL 11 のいずれかのバージョンを実行している場合は、2024 年 2 月 29 日までに新しいメジャーバージョンにアップグレードする必要があります。

新機能
  • Amazon Bedrock の統合 — Amazon Aurora 機械学習拡張機能を Aurora PostgreSQLDB クラスターで使用することで、Amazon Bedrock の基本 AI モデルを使用できるようになりました

  • Aurora PostgreSQL アクセスコントロールに Active Directory セキュリティグループを使用する – 新しいpg_ad_mapping拡張機能で AWS Directory Service for Microsoft Active Directory を使用したグループロール認証サポートを追加します。

  • 委任された拡張機能のサポート — この機能により、拡張機能の管理を新しい rds_extension ロールを持つ権限の低いユーザーに委任できます。

  • Aurora PostgreSQL DB クラスターと DB aurora_compute_plan_idパラメータグループでデフォルトで有効になっている パラメータのサポートが追加されました。詳細については、「Aurora PostgreSQL のクエリ実行計画のモニタリング」を参照してください。

  • クエリプラン管理 (QPM) の強化:

    • プラン概要は、apg_plan_mgmt.validate_plans() 関数の update_plan_hash アクションの一環として、最新のフォーマットバージョンに更新されます。

    • 並列クエリ適用の一環として、並列追加適用のサポートを追加しました。

  • HypoPG 拡張機能バージョン 1.4.0 のサポートを追加しました。

  • h3-pg および h3-postgis 拡張機能バージョン 4.1.3 のサポートを追加しました。

優先度の高い機能強化
  • 同時に実行されている DDL やキャンセルされたサブトランザクションがある場合に、変更を論理的にレプリケートすると、再起動することがある問題を修正しました。

  • WAL 再生中に変更されたページを読み取ると、Aurora レプリカが再起動する場合がある問題を修正しました。

  • 特定のボリュームメタデータがソースクラスターで無効な場合、クローンクラスターでも無効なままになる問題を修正しました。クローンクラスターは新しいボリュームを使用するため、メタデータが再作成されるようになりました。

  • ダウンタイムなしのパッチ適用 (ZDP) 中にエンジンクラッシュを引き起こす場合があるバグを修正しました。

  • 改善されたメモリ管理機能を有効または無効にするための新しいパラメータとして rds.enable_memory_management を導入しました。

  • 複合インデックスを大きなデータセットで使用する場合、不要な B ツリーページの読み取りをスキップすることで、インデックススキャンのクエリパフォーマンスが向上しました。

  • 以下の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対してバックポートされた修正プログラム。

全般的な機能強化
  • ライター DB インスタンスとの再接続中に Aurora レプリカが再起動する場合がある問題を修正しました。

  • rdkit.morgan_fp_size パラメータのサポートを追加しました。

  • rds-superuserpg_stat_reset_slru 関数を実行できるようになりました。

  • MultiXact SLRU アクセスが正しいpg_stat_slruカテゴリにクレジットされない問題を修正しました。

  • 未使用の WAL セグメントが適切に削除されない場合がある問題を修正しました。

  • バイナリ出力形式を使用するときに、pglogical がレプリケーションオリジンデータを正しくパススルーしない問題を修正しました。

  • rds_superuserALTER COLLATION を実行してカタログ内のロケールの照合順序バージョンを更新できるようになりました。

  • 無効な接続に伴う dblink 拡張機能と postgres_fdw 拡張機能のクラッシュを修正しました。

  • aws_s3 拡張機能が HTTP エラーレスポンスをテーブルにインポートできる問題を修正しました。

  • ライター DB インスタンスとの再接続中に、Optimized Reads を使用する Aurora レプリカインスタンスが再起動する場合がある問題を修正しました。

  • ページを階層型キャッシュにキャッシュしているときに、Optimized Reads を使用する Aurora レプリカが再起動する場合がある問題を修正しました。

  • AWS 独立したデフォルト照合ライブラリのバージョンを に記録しますpg_collation catalog

その他の改善と機能強化
  • 次の拡張機能を更新しました。

    • mysql_fdw をバージョン 2.9.1 に更新

    • Oracle_fdw をバージョン 2.6.0 に更新

    • Orafce をバージョン 4.6.0 に更新

    • pg_cron をバージョン 1.6.0 に更新

    • pg_proctab をバージョン 0.0.10 に更新

    • pg_tle をバージョン 1.2.0 に更新

    • plv8 をバージョン 3.1.8 に更新

    • PostGIS をバージョン 3.4.0 に更新

    • prefix をバージョン 1.2.10 に更新

    • RDKit をバージョン 4.4.0 (Release_2023_09_1) に更新

拡張機能およびモジュールの詳細については、「Aurora PostgreSQL 14 でサポートされている拡張機能」を参照してください。

PostgreSQL 14.9

この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 14.9 と互換性があります。PostgreSQL 14.9 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 14.9」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 14.9.6、2024 年 3 月 13 日

全般的な機能強化
  • PLV8 拡張機能のパフォーマンス低下の問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.9.5、2024 年 2 月 22 日

全般的な機能強化
  • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドを終了することを許可します。

優先度の高い機能強化
  • ZDP 中に がマイナーバージョンアップグレードをブロックpg_stat_statementsする問題を修正しました。

  • 厳密すぎるデータ整合性チェックが原因で、論理レプリケーションスロットが変更を出力しなくなる問題を修正しました。

  • 次の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

安定性に関する重要な強化
  • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

  • Aurora ストレージのデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.9.3、2023 年 12 月 15 日

優先度の高い機能強化
  • 同時にキャンセルされたサブトランザクションと DDL が存在する場合、変更を論理的にレプリケートすると、再起動が発生することがある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.9.2、2023 年 12 月 13 日

安定性に関する重要な強化
優先度の高い機能強化
  • 複合インデックスを大きなデータセットで使用する場合、不要な B ツリーページの読み取りをスキップすることで、インデックススキャンのクエリパフォーマンスが向上しました。

  • まれにデータベースインスタンスの再起動につながる場合があるインデックススキャンクエリの問題を修正しました。

全般的な安定性の強化
  • 論理レプリケーションアクションがテーブル所有者以外によって実行される問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.9.1、2023 年 11 月 9 日

安定性に関する重要な強化
  • 次のセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

  • pg_cron バックグラウンドワーカープロセスに関する問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • まれにクラッシュを引き起こす場合があるバッファピンロックに関連する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.9.0、2023 年 10 月 24 日

新機能
  • mysql_fdw バージョン 2.9.0 のサポートを追加しました。

  • カスタマーマネージド KMS キーで暗号化された S3 バケットへのエクスポートに対するサポートを aws_s3 拡張機能に追加しました。

  • グローバル DB セカンダリクラスターでの Aurora レプリカの可用性を改善しました。

  • Aurora レプリカでのクエリプランキャプチャのサポートを追加しました。

  • materialize ノードによるクエリプラン適用のサポートを追加しました。

  • 並列クエリ演算子によるクエリプラン適用のサポートを追加しました。

  • 特定のコストしきい値を下回るクエリプランをキャプチャできないようにしました。

優先度の高い機能強化
  • Aurora Serverless インスタンスのスケールアップ時間を短縮するための最適化を含めました。

全般的な機能強化
  • aws_s3 拡張機能で、エクスポートされた行の合計数が 20 億を超えると、エクスポート行数が誤って報告される問題を修正しました。

  • aws_s3 拡張機能でタイムアウトを設定するオプションを提供しました。以下のパラメータ (GUC) を設定することで、S3 からのインポートのタイムアウトしきい値を変更できるようになりました。

    • aws_s3.curlopt_low_speed_limit

    • aws_s3.curlopt_low_speed_time

  • 一部のエッジケースでインスタンスの作成が失敗するのを防ぎました。

  • Aurora レプリカでのコミットトランザクション操作のリプレイのパフォーマンスが向上しました

  • aws_s3 拡張機能からのインポートがまれに完了しないことがある問題を修正しました。

  • PostGIS の GEOS ライブラリをバージョン 3.12.0 に更新しました。

  • Aurora Serverless v2 データベースメモリのスケーリングを改善し、データベースインスタンス全体のスケール時間を短縮しました。

  • クラスターキャッシュマネージャー送信者の待機時間を示す WAIT_EVENT_Aurora_CLUSTER_CACHE_MANAGER_SENDER 待機イベントを追加しました。

  • Aurora Serverless リソースのモニタリングの待機時間を示す WAIT_EVENT_Aurora_SERVERLESS_MONITORING_MAIN 待機イベントを追加しました。

  • リードレプリカのストレージから読み取りを行う際の、永続化されていない無効なメタデータの処理を改善しました。

  • 論理レプリケーションスロットの開始時にデータベースがクラッシュすることがある問題を修正しました。

  • pg_cron cron.max_running_jobs パラメータの制限を 100 から 1000 に引き上げました。

  • pgAudit pgaudit.log_statement パラメータが変更可能になりました。

  • I/O で使用する一時的なメタデータの診断機能を導入しました。

  • 「#」で始まるテーブル名を正しく処理できるように CREATE TABLE コマンドのバグを修正しました。

その他の改善と機能強化
  • 次の拡張機能を更新しました。

    • orafce をバージョン 4.3.0 に更新

    • pg_logical をバージョン 2.4.3 に更新

    • pg_tle をバージョン 1.1.1 に更新

    • pgvector をバージョン 0.5.0 に更新

    • PostGIS をバージョン 3.3.3 に更新

    • RDKit をバージョン 4.3 に更新

拡張機能およびモジュールの詳細については、「Aurora PostgreSQL 14 でサポートされている拡張機能」を参照してください。

PostgreSQL 14.8

この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 14.8 と互換性があります。PostgreSQL 14.8 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 14.8」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 14.8.5、2024 年 3 月 13 日

全般的な機能強化
  • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドを終了することを許可します。

優先度の高い機能強化
  • サブトランザクションと DDL が中止された場合に、論理レプリケーションスロットが一時的にエラーになる問題を修正しました。

  • 次の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

安定性に関する重要な強化
  • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

  • Aurora ストレージのデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.8.4、2023 年 12 月 14 日

安定性に関する重要な強化
優先度の高い機能強化
  • 複合インデックスを大きなデータセットで使用する場合、不要な B ツリーページの読み取りをスキップすることで、インデックススキャンのクエリパフォーマンスが向上しました。

  • まれにデータベースインスタンスの再起動につながる場合があるインデックススキャンクエリの問題を修正しました。

全般的な安定性の強化
  • 論理レプリケーションアクションがテーブル所有者以外によって実行される問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.8.3、2023 年 11 月 14 日

安定性に関する重要な強化
  • 次のセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

  • pg_cron バックグラウンドワーカープロセスに関する問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • メタデータが古いためにリードレプリカが遅延する場合がある問題を修正しました。

  • まれにクラッシュを引き起こす場合があるバッファピンロックに関連する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.8.2、2023 年 10 月 4 日

安定性に関する優先度の高い強化
  • 次の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対する修正をバックポートしました。

優先度の高い機能強化
  • I/O 負荷の高い読み取りワークロードの実行中にデータベースインスタンスが再起動する場合がある問題を修正しました。

  • Aurora レプリカの再起動後にバキューム操作がブロックされる場合がある問題を修正しました。

  • COPY FROM コマンドの実行時にクラッシュが発生する場合がある問題を修正しました。

  • CPU 使用率が高くなり、新しい接続ができなくなる場合がある問題を修正しました。

  • 外部キーを含むテーブルからの UPDATE および DELETE が、「エラー: 40001: シリアル化可能なスナップショットの使用時に同時更新が原因でアクセスをシリアル化できませんでした」というエラーで予期せず失敗する場合がある問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • I/O で使用する一時的なメタデータの診断機能を導入しました。

  • Aurora PostgreSQL 15.3 の特定のシナリオにおいて、改善されたメモリ管理を有効にできない問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.8.0、2023 年 7 月 13 日

オープンソースコミュニティによる PostgreSQL データベースの更新に関する発表を受けて、PostgreSQL バージョン 15.3、14.8、13.11、12.15、および 11.20 をサポートするように Amazon Aurora PostgreSQL 互換エディションを更新しました。これらのリリースには、PostgreSQL コミュニティによる製品の改善とバグ修正のほか、Aurora 固有の改善が含まれています。さらに、Babelfish for Aurora PostgreSQL バージョン 3.2 の新機能や改善点、および AWS Database Migration Service のサポートの改善も含まれています。アップグレードの頻度やアップグレードプロセスをどのように計画するかを決めるには、「Amazon Aurora バージョン」を参照してください。注意点として、Amazon Aurora PostgreSQL 11 のいずれかのバージョンを実行している場合は、2024 年 2 月 29 日までに新しいメジャーバージョンにアップグレードする必要があります。

新機能
  • このリリースには、メモリ管理の改善が含まれており、メモリ不足による問題を事前に防ぐことで、データベースの安定性と可用性を高めます。詳細については、「Aurora PostgreSQL のメモリ管理が改善されました」を参照してください。

  • pgvector 拡張機能バージョン 0.4.1 のサポートを追加しました。

優先度の高い機能強化
  • 存続可能なリーダー再接続を実行する際のサブトランザクションメタデータの処理に伴う問題を修正しました。

  • 拡張環境変数に関連する ZDP 中の問題を修正しました。

  • プロセスが予期しないページを検出したと誤解する原因となっていた論理レプリケーション中の一時的なエラーに対処しました。

  • レプリケーション元の状態ファイルの部分的な作成により、一定期間利用不能になる問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • 計算クエリ ID に「警告: 認識されないノードタイプ: 378」という警告が表示される問題に対処しました。

  • パブリッシャーの論理レプリケーションスロットを早めに削除すると、リレーションの初期データ同期がブロックされる問題を修正しました。

  • Postgres のメモリコンテキストレベルでバックエンドのメモリ使用量の内訳を表示する新しい関数 aurora_stat_memctx_usage() を追加しました。

  • aws_lambda 拡張機能内のタイムアウトを設定するオプションを提供しました。次のパラメータ (GUCsを設定することで、 AWS Lambda 統合の接続タイムアウトとリクエストタイムアウトを変更できるようになりました。

    • aws_lambda.connect_timeout_ms

    • aws_lambda.request_timeout_ms

  • AuroraReplicaLag メトリクスの計算に関する問題を修正しました。

  • aws_s3 拡張機能が、まれに、名前にドットを含む Amazon S3 バケットからのインポートに失敗する問題を修正しました。

  • ZDP 中のデータベースのダウンタイムをさらに短縮しました。

  • ZDP 中に利用不能な状態を生じるバグを修正しました。

  • pg_ls_waldir() が「エラー:ファイルを統計できませんでした」を返す問題を修正しました。

  • TLS_AES_128_GCM_SHA256 と TLS_AES_256_GCM_SHA384 の暗号を使用した TLS 1.3 のサポートを追加しました。

  • RDS for PostgreSQL DB インスタンスの Aurora レプリカでメジャーバージョンのアップグレードをブロックしていた問題に対処しました。

  • Aurora Serverless v2 インスタンスでのスケールインを妨げる場合がある問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションにおいて、まれに、サブトランザクションのメタデータが正しくないために一定期間利用不能になる場合がある問題を修正しました。

  • pg_vector 拡張機能において、まれに、インデックス作成中に無限値または NAN 値によってクラッシュが発生する問題を修正しました。

  • GEOS をバージョン 3.11.2 にアップグレードしました。

  • pg_cron をバージョン 1.5 にアップグレードしました。

  • pg_partman をバージョン 4.7.3 にアップグレードしました。

  • pg_tle をバージョン 1.0.3 にアップグレードしました。

  • plv8 をバージョン 3.1.6 にアップグレードしました。

  • tds_fdw を 2.0.3 にアップグレードしました。

PostgreSQL 14.7

この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 14.7 と互換性があります。PostgreSQL 14.7 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 14.7」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 14.7.7、2024 年 3 月 13 日

全般的な機能強化
  • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドを終了することを許可します。

優先度の高い機能強化
  • サブトランザクションと DDL が中止された場合に、論理レプリケーションスロットが一時的にエラーになる問題を修正しました。

  • 次の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

安定性に関する重要な強化
  • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

  • Aurora ストレージのデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.7.6、2023 年 12 月 15 日

安定性に関する重要な強化
優先度の高い機能強化
  • 複合インデックスを大きなデータセットで使用する場合、不要な B ツリーページの読み取りをスキップすることで、インデックススキャンのクエリパフォーマンスが向上しました。

  • まれにデータベースインスタンスの再起動につながる場合があるインデックススキャンクエリの問題を修正しました。

全般的な安定性の強化
  • 論理レプリケーションアクションがテーブル所有者以外によって実行される問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.7.5、2023 年 11 月 14 日

安定性に関する重要な強化
  • 次のセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

  • pg_cron バックグラウンドワーカープロセスに関する問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • メタデータが古いためにリードレプリカが遅延する場合がある問題を修正しました。

  • まれにクラッシュを引き起こす場合があるバッファピンロックに関連する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.7.4、2023 年 10 月 5 日

安定性に関する優先度の高い強化
  • 次の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対する修正をバックポートしました。

優先度の高い機能強化
  • I/O 負荷の高い読み取りワークロードの実行中にデータベースインスタンスが再起動する場合がある問題を修正しました。

  • Aurora レプリカの再起動後にバキューム操作がブロックされる場合がある問題を修正しました。

  • CPU 使用率が高くなり、新しい接続ができなくなる場合がある問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • I/O で使用する一時的なメタデータの診断機能を導入しました。

Aurora PostgreSQL 14.7.3、2023 年 7 月 24 日

全般的な機能強化
  • AuroraReplicaLag メトリクスの計算に関する問題を修正しました。

  • ZDP 中に利用不能な状態を生じるバグを修正しました。

  • トランザクションコミット時にストレージを再利用できなくなる問題を修正しました

  • 適用フェーズ中に pglogical が競合する行をログに記録できない問題を修正しました。

  • Aurora Serverless v2 スケーリングの機能強化を追加しました。

  • aws_s3 拡張機能が、まれに、名前にドットを含む Amazon S3 バケットからのインポートに失敗する問題を修正しました。

  • aws_lambda 拡張機能内のタイムアウトを設定するオプションを提供しました。次のパラメータ (GUCsを設定することで、 AWS Lambda 統合の接続タイムアウトとリクエストタイムアウトを変更できるようになりました。

    • aws_lambda.connect_timeout_ms

    • aws_lambda.request_timeout_ms

  • ライターインスタンスに再接続すると、読み取り可用性機能が向上した Aurora レプリカが再起動する場合がある複数の問題を修正しました。

  • 存続可能なリーダーが再接続できない問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.7.2、2023 年 5 月 10 日

全般的な機能強化
  • test_decoding プラグインを pg_create_logical_replication_slot にロードする際のエラーを修正しました。

  • ライトスルーキャッシュを使用すると論理レプリケーションが失敗する問題を修正しました。

  • oracle_fdw 拡張機能で使用する Oracle クライアントをバージョン 21.9.0.0.0 に更新しました。

Aurora PostgreSQL 14.7.1、2023 年 4 月 5 日

新機能
  • マルチスキーマをサポートするための新しい QPM プランハッシュ計算を導入しました。マルチスキーマ環境で QPM を使用したい場合は、apg_plan_mgmt.plan_hash バージョンを 2 に設定して apg_plan_mgmt.validate_plans ('update_plan_hash') を呼び出すことができます。

  • 論理レプリケーションの強化により、大規模なトランザクションの処理中のメモリと CPU の使用率が向上します。

  • CloudWatch メトリクスは、Aurora ストレージとローカルストレージ全体で論理レプリケーション固有のストレージを追跡ReplicationSlotDiskUsageするようになりました。

  • Aurora PostgreSQL バージョン 15.2 および 14.7 以降では、ユーザーに rds_superuser ロールへのアクセス権が付与されている場合でも、接続するデータベースごとに CONNECT 権限を付与する必要があります。Aurora PostgreSQL バージョン 15.2 および 14.7 より前のバージョンでは、ユーザーに rds_superuser ロールが付与されていれば、どのデータベースやシステムテーブルにも接続できました。以前のバージョンの Aurora PostgreSQL は、この変更の影響を受けません。rds_superuser ロールへのアクセス権を持つユーザーは CONNECT 権限がなくても Aurora PostgreSQL クラスター内のデータベースにアクセスできます。

安定性に関する優先度の高い強化
  • コミットのレイテンシーメトリクスが更新されない問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • PROJ サポートをバージョン 9.1.0 にアップグレードしました。

  • PostGISGDAL ライブラリをバージョン 3.5.3 にアップグレードしました。

  • pg_hint_plan 1.3x から 1.4 へのアップグレードパスを修正しました。

  • TCN 拡張機能と SEG 拡張機能のサポートを追加

  • Aurora レプリカの B ツリーおよびハッシュインデックスからの削除のパフォーマンスを改善しました。

  • Aurora Serverless v2 スケーリングの機能強化が含まれます。

  • パーティション化されたテーブルを結合する際に承認済みプランの適用を妨げる QPM の問題を修正しました。

  • EXPLAIN でバッファヒットカウントが不正確になる問題を修正しました。

  • 特に多数のオブジェクトを含む大規模なインスタンスで、エンジンの起動時間を改善しました。

  • Aurora 関数 aurora_stat_logical_wal_cache() がすべてのユーザーに表示されるようになりました。

  • プリペアドステートメントからプランを適用すると、利用不能な状態を起こす場合がある QPM の問題を修正しました。

その他の改善と機能強化
  • 次の拡張機能を更新しました。

    • hll をバージョン 2.17 に更新

    • Oracle_fdw をバージョン 2.5.0 に更新

    • orafce をバージョン 4.0.0 に更新

    • pg_cron をバージョン 1.4.2 に更新

    • pg_hint_plan をバージョン 1.4.1 に更新

    • pg_logical をバージョン 2.4.2 に更新

    • pg_trgm をバージョン 1.4 に更新

    • pgrouting をバージョン 3.4.1 に更新

    • plv8 をバージョン 3.1.4 に更新

    • PostGIS をバージョン 3.3.2 に更新

    • SEG をバージョン 1.0 に更新

    • TCN をバージョン 1.0 に更新

    • wal2json をバージョン 2.5 に更新

拡張機能およびモジュールの詳細については、「Aurora PostgreSQL 14 でサポートされている拡張機能」を参照してください。

PostgreSQL 14.6

この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 14.6 と互換性があります。PostgreSQL 14.6 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 14.6」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 14.6.8、2024 年 3 月 13 日

全般的な機能強化
  • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドを終了することを許可します。

優先度の高い機能強化
  • 次の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

安定性に関する重要な強化
  • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

  • Aurora ストレージのデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.6.7、2023 年 12 月 15 日

安定性に関する重要な強化
全般的な安定性の強化
  • 論理レプリケーションアクションがテーブル所有者以外によって実行される問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.6.6、2023 年 11 月 17 日

安定性に関する重要な強化
  • 次のセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

  • pg_cron バックグラウンドワーカープロセスに関する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.6.5、2023 年 10 月 4 日

安定性に関する重要な強化
  • 次の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対する修正をバックポートしました。

安定性に関する優先度の高い強化
  • 大量の IO 読み取りワークロードの実行中に、データベースインスタンスが再起動する場合がある問題を修正しました。

  • CPU 使用率が高くなり、新しい接続ができなくなる問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • I/O で使用する一時的なメタデータの診断機能を導入しました。

Aurora PostgreSQL 14.6.4、2023 年 9 月 13 日

全般的な機能強化
  • Aurora Serverless v2 スケーリングの機能強化を追加しました。

  • Aurora Serverless v2 でのスケールリングを妨げる場合がある pg_cron の問題を修正しました。

  • AuroraReplicaLag メトリクスの計算に関する問題を修正しました。

  • ZDP 中に利用不能な状態を生じるバグを修正しました。

  • 適用フェーズ中に pglogical が競合する行をログに記録できない問題を修正しました。

  • aws_s3 拡張機能が、まれに、名前にドットを含む Amazon S3 バケットからのインポートに失敗する問題を修正しました。

  • aws_lambda 拡張機能内のタイムアウトを設定するオプションを提供しました。次のパラメータを設定することで、 AWS Lambda 統合の接続タイムアウトとリクエストタイムアウトを変更できるようになりました。

    • aws_lambda.connect_timeout_ms

    • aws_lambda.request_timeout_ms

Aurora PostgreSQL 14.6.2、2023 年 3 月 3 日

安定性に関する重要な強化
  • 次の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対する修正をバックポートしました。

全般的な安定性の強化
  • パーティション化されたテーブルとの結合に承認済みプランが適用されない問題を修正しました。

  • PostGISGDAL データが読み込まれない問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションが有効になっている場合、起動時の回復作業量が増える問題を修正しました。

  • 大量のレコードをロードするとタイムアウトになるという aws_s3 拡張機能の問題を修正しました。

  • ライトスルーキャッシュを使用すると論理レプリケーションが失敗する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.6.1、2023 年 2 月 17 日

安定性に関する重要な強化
  • 安定性に関する重大な問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.6.0、2023 年 1 月 20 日

安定性に関する優先度の高い強化
  • 最も古い MultiXactId が誤って更新されてアップグレードが失敗する問題を修正しました。

  • 短時間の利用不能状態を起こす場合がある問題を修正しました。

全般的な安定性の強化
  • DB インスタンスの移行エラーを生じていた問題を修正しました。

  • メタデータの不整合が原因で DB が起動しない問題を修正しました。

  • エラー処理と診断能力を改善しました。

  • RDKit 拡張機能をバージョン 4.2 にアップグレードしました。

  • GDAL ライブラリをバージョン 3.4.3 にアップグレードしました。

  • クラスターキャッシュ管理プロセスが正常にシャットダウンしない問題を修正しました。

  • クリーンシャットダウン中に特定のプロセスが一貫性のない状態のままになることがある問題を修正しました。

  • pg_repack 拡張機能に関する問題を修正しました。

  • 照合順序ライブラリ glibc を改善し、新しい独立したデフォルト照合順序ライブラリで処理できるようになりました。

PostgreSQL 14.5

この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 14.5 と互換性があります。PostgreSQL 14.5 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 14.5」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 14.5.6、2024 年 3 月 13 日

全般的な機能強化
  • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドを終了することを許可します。

優先度の高い機能強化
  • 次の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

安定性に関する重要な強化
  • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

  • Aurora ストレージのデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.5.5、2023 年 12 月 18 日

安定性に関する重要な強化
全般的な安定性の強化
  • 論理レプリケーションアクションがテーブル所有者以外によって実行される問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.5.4、2023 年 11 月 17 日

安定性に関する重要な強化
  • 次のセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

  • pg_cron バックグラウンドワーカープロセスに関する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.5.3、2023 年 10 月 17 日

安定性に関する優先度の高い強化
優先度の高い機能強化
  • Aurora レプリカの再起動後にバキューム操作がブロックされる問題を修正しました。

  • CPU 使用率が高くなり、新しい接続ができなくなる問題を修正しました。

全般的な安定性の強化
  • 統計コレクタープロセスが繰り返し再起動する問題を修正しました。

  • Aurora Serverless v2 のスケール時間を改善しました。

  • ZDP 中に利用不能な状態を生じるバグを修正しました。

  • 適用フェーズ中に pglogical が競合する行をログに記録できない問題を修正しました。

  • aws_s3 拡張機能が、まれに、名前にドットを含む S3 バケットからのインポートに失敗する場合がある問題を修正しました。

  • aws_lambda 拡張機能内のタイムアウトを設定するオプションを提供しました。次のパラメータを設定することで、 AWS Lambda 統合の接続タイムアウトとリクエストタイムアウトを変更できるようになりました。

    • aws_lambda.connect_timeout_ms

    • aws_lambda.request_timeout_ms

  • I/O 負荷の高い読み取りワークロードの実行中にデータベースインスタンスが再起動する問題を修正しました。

  • ライトスルーキャッシュを使用すると論理レプリケーションが失敗する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.5.2、2023 年 3 月 2 日

全般的な安定性の強化
  • パーティション化されたテーブルとの結合に承認済みプランが適用されない問題を修正しました。

  • クエリプラン管理 (QPM) が利用不能になる場合がある問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションが有効になっている場合、起動時の回復作業量が増える問題を修正しました。

  • 大量のレコードをロードするとタイムアウトになるという aws_s3 拡張機能の問題を修正しました。

  • pg_cron によるタスクの並列実行に関する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.5.1、2022 年 12 月 13 日

全般的な安定性の強化
  • ライターインスタンスからレプリカインスタンスにログを送信すると、ネットワークトラフィックが増加する問題を修正しました。

  • データベースのマイナーリリースとパッチリリースのアップグレード中に生じるエンジンの安定性の問題を修正しました。

  • レプリケーション中に利用不能な状態を起こす問題を修正しました。

  • レプリケーション中にデータの不整合が生じる場合がある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.5.0、2022 年 11 月 9 日

安定性に関する優先度の高い強化
  • Aurora Serverless v2 スケーリングの問題を修正しました。

  • Aurora Serverless v2 の圧縮エラーを起こす問題を修正しました。

全般的な安定性の強化
  • バッファキャッシュに負荷がかかっているときのバッファキャッシュ清掃を改善しました。

  • メモリの大量消費につながるデータベースアクティビティストリームの問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションサブスクリプションの変更を適用すると DB インスタンスが再起動する場合がある問題を修正しました。

  • DB インスタンスが再起動する原因となっていた問題を修正しました。

  • クラッシュ時のモニタリングメトリクスの生成中に DB インスタンスが再帰的に再起動する問題を修正しました。

  • パフォーマンスメトリクスの収集中に DB インスタンスが再起動する問題を修正しました。

  • データベースに接続しようとすると、SSLV3_ALERT_CERTIFICATE_UNKNOWN で失敗する問題を修正しました。

  • B-tree インデックスに一貫性がない場合のエラー報告を改善しました。

  • 無効なヒントビットの設定に関する診断ログを改善しました。

  • 自動バキュームがテーブルを誤ってスキップする問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションのプリフェッチを改善しました。

  • GIN インデックスの耐久性に関する問題を修正しました。

  • MultiXact SLRU キャッシュを設定するオプションを提供しました。以下のパラメータ (GUC) を設定することで、MultiXact SLRU キャッシュサイズを変更できるようになりました。

    • multixact_members_cache_size

    • multixact_offsets_cache_size

  • 停止中のメジャーバージョンアップグレードを検出してキャンセルするように問題を修正しました。

  • メモリ消費量の増加につながる場合があるハッシュ結合の問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションのパフォーマンスを改善しました。

  • モニタリングエージェントが使用できない場合にデータベースアクティビティストリームの不整合が発生する問題を修正しました。

  • GEOS バージョンを 3.10.3 にアップグレードしました。

  • PLV8 バージョンを 3.0.0 に更新しました。

  • PostGIS 拡張機能をバージョン 3.2.3 に更新しました。

  • st_orientedenvelope が 1 次元入力でループして 0 を返す問題を修正しました。

  • tds_fdw を使用した SQL Server への接続に失敗する問題を修正しました。

PostgreSQL 14.4

この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 14.4 と互換性があります。PostgreSQL 14.4 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 14.4」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 14.4.9、2024 年 3 月 13 日

全般的な機能強化
  • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドを終了することを許可します。

優先度の高い機能強化
  • 次の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

安定性に関する重要な強化
  • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

  • Aurora ストレージのデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.4.8、2023 年 12 月 22 日

安定性に関する重要な強化
全般的な安定性の強化
  • 論理レプリケーションアクションがテーブル所有者以外によって実行される問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.4.7、2023 年 11 月 17 日

安定性に関する重要な強化
  • 次のセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

  • pg_cron バックグラウンドワーカープロセスに関する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.4.6、2023 年 10 月 19 日

安定性に関する優先度の高い強化
優先度の高い機能強化
  • Aurora レプリカの再起動後にバキューム操作がブロックされる問題を修正しました。

  • CPU 使用率が高くなり、新しい接続ができなくなる問題を修正しました。

全般的な安定性の強化
  • 統計コレクタープロセスが繰り返し再起動する問題を修正しました。

  • Aurora Serverless v2 のスケール時間を改善しました。

  • ZDP 中に利用不能な状態を生じるバグを修正しました。

  • 適用フェーズ中に pglogical が競合する行をログに記録できない問題を修正しました。

  • aws_s3 拡張機能が、まれに、名前にドットを含む S3 バケットからのインポートに失敗する場合がある問題を修正しました。

  • aws_lambda 拡張機能内のタイムアウトを設定するオプションを提供しました。次のパラメータを設定することで、 AWS Lambda 統合の接続タイムアウトとリクエストタイムアウトを変更できるようになりました。

    • aws_lambda.connect_timeout_ms

    • aws_lambda.request_timeout_ms

Aurora PostgreSQL 14.4.5、2022 年 12 月 14 日

全般的な安定性の強化
  • データベースのマイナーリリースとパッチリリースのアップグレード中に生じるエンジンの安定性の問題を修正しました。

  • レプリケーション中に利用不能な状態を起こす問題を修正しました。

  • モニタリングエージェントが使用できない場合にデータベースアクティビティストリームの不整合が発生する問題を修正しました。

  • レプリケーション中にデータの不整合が生じる場合がある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.4.4、2022 年 11 月 17 日

安定性に関する優先度の高い強化
  • ライターインスタンスからレプリカインスタンスにログを送信すると、ネットワークトラフィックが増加する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.4.0、2022 年 10 月 13 日

安定性に関する優先度の高い強化
  • JavaScript エラーシナリオ中にPLV8クラッシュする問題を修正しました。

  • セマフォを取得して次のタスクを実行しようとすると、PLV8 がクラッシュする問題を修正しました。

  • VACUUM が実行中の場合、Aurora Serverless v2 インスタンスのスケーリングが停止する問題を修正しました。

全般的な安定性の強化
  • Aurora PostgreSQL が relfilenode をファイリングできないバグを修正しました。

  • プランが無効になったにもかかわらず、データベースが再起動して、プランが有効かどうかを引き続きエンジンでチェックするという問題を修正しました。

  • 現在のスケーリングイベントがタイムアウトすると、スケーリングが停止する問題を修正しました。

  • plv8 拡張機能をバージョン 3.0.0 にアップグレードしました。

  • PostGIS 拡張機能をバージョン 3.2.3 にアップグレードしました。

  • ダウンタイムなしのパッチ適用 (ZDP) 中に拡張クエリのメッセージが失われ、ZDP の完了後に拡張クエリがハングする場合がある問題を修正しました。

PostgreSQL 14.3

この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 14.3 と互換性があります。PostgreSQL 14.3 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 14.3」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 14.3.9、2024 年 3 月 13 日

全般的な機能強化
  • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドを終了することを許可します。

優先度の高い機能強化
  • 次の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

安定性に関する重要な強化
  • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

  • Aurora ストレージのデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.3.8、2023 年 12 月 22 日

安定性に関する重要な強化
全般的な安定性の強化
  • 論理レプリケーションアクションがテーブル所有者以外によって実行される問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.3.7、2023 年 11 月 17 日

安定性に関する重要な強化
  • 次のセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

  • pg_cron バックグラウンドワーカープロセスに関する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.3.6、2023 年 10 月 19 日

安定性に関する優先度の高い強化
優先度の高い機能強化
  • Aurora レプリカの再起動後にバキューム操作がブロックされる問題を修正しました。

  • CPU 使用率が高くなり、新しい接続ができなくなる問題を修正しました。

全般的な安定性の強化
  • 統計コレクタープロセスが繰り返し再起動する問題を修正しました。

  • Aurora Serverless v2 のスケール時間を改善しました。

  • ZDP 中に利用不能な状態を生じるバグを修正しました。

  • 適用フェーズ中に pglogical が競合する行をログに記録できない問題を修正しました。

  • aws_s3 拡張機能が、まれに、名前にドットを含む S3 バケットからのインポートに失敗する場合がある問題を修正しました。

  • aws_lambda 拡張機能内のタイムアウトを設定するオプションを提供しました。次のパラメータを設定することで、 AWS Lambda 統合の接続タイムアウトとリクエストタイムアウトを変更できるようになりました。

    • aws_lambda.connect_timeout_ms

    • aws_lambda.request_timeout_ms

Aurora PostgreSQL 14.3.5、2022 年 12 月 14 日

全般的な安定性の強化
  • データベースのマイナーリリースとパッチリリースのアップグレード中に生じるエンジンの安定性の問題を修正しました。

  • レプリケーション中に利用不能な状態を起こす問題を修正しました。

  • モニタリングエージェントが使用できない場合にデータベースアクティビティストリームの不整合が発生する問題を修正しました。

  • レプリケーション中にデータの不整合が生じる場合がある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.3.4、2022 年 11 月 17 日

安定性に関する優先度の高い強化
  • ライターインスタンスからレプリカインスタンスにログを送信すると、ネットワークトラフィックが増加する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.3.3、2022 年 10 月 13 日

安定性に関する優先度の高い強化
  • ベースパラメータがメモリに正しく読み込まれない PLV8 問題を修正しました。

  • VACUUM が実行中である場合、Aurora Serverless v2 インスタンスのスケーリングが停止する問題を修正しました。

全般的な安定性の強化
  • Aurora PostgreSQL が relfilenode をファイリングできないバグを修正しました。

  • プランが無効になったにもかかわらず、データベースが再起動して、プランが有効かどうかを引き続きエンジンでチェックするという問題を修正しました。

  • 現在のスケーリングイベントがタイムアウトすると、スケーリングが停止する問題を修正しました。

  • PostGIS 拡張機能をバージョン 3.1.7 にアップグレードしました。

  • ダウンタイムなしのパッチ適用 (ZDP) 中に拡張クエリのメッセージが失われ、ZDP の完了後に拡張クエリがハングする場合がある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 14.3.1、2022 年 7 月 6 日

安定性に関する重要な強化
  • ストレージノードの再起動中に、一定期間利用不能になる場合がある問題を修正しました。

安定性に関する優先度の高い強化
  • 短時間利用不能になる可能性のある out-of-memory 条件に関連するエラー処理の問題を修正しました。

  • TDS_FDW 拡張機能を使用して外部テーブルをクエリすると、SQL Server への接続に失敗する問題を修正しました。

  • 指定したルート証明書を使用した接続が失敗する問題を修正しました。

  • B ツリーのインデックスエントリに一貫性がない場合の診断情報とサポート情報を改善しました。

Aurora PostgreSQL 14.3.0、2022 年 6 月 21 日

新機能
その他の改善と機能強化
  • Aurora PostgreSQL 13.7 のすべての修正、機能、および改善点が含まれています。

  • PostgreSQL 14.4 リリースの次のバグ修正をバックポートしました: CREATE INDEX CONCURRENTLY / REINDEX CONCURRENTLY コマンドによるインデックス破損を防ぐため、Xmin advance を「高速化」した CONCURRENTLY への変更を元に戻しました

  • このリリースでは、lo 拡張機能バージョン 1.1 をサポートしています。

  • このリリースでは、old_snapshot 拡張機能バージョン 1.0 をサポートしています。

  • このリリースでは、メインフレームのモダナイゼーション作業のために EBCDIC 照合順序をサポートしています。詳細については、「Amazon Aurora ユーザーガイド」の「EBCDIC やその他のメインフレーム移行のための Aurora PostgreSQL 照合順序」を参照してください。

  • 次の拡張機能を更新しました。

    • amcheck をバージョン 1.3 に更新

    • btree_gist をバージョン 1.6 に更新

    • cube をバージョン 1.5 に更新

    • hll をバージョン 2.16 に更新

    • hstore をバージョン 1.8 に更新

    • intarray をバージョン 1.5 に更新

    • log_fdw をバージョン 1.3 に更新

    • oracle_fdw をバージョン 2.4.0 に更新

    • pg_hint_plan をバージョン 1.4 に更新

    • pg_partman をバージョン 4.6.0 に更新

    • pg_repack をバージョン 1.4.7 に更新

    • pg_stat_statements をバージョン 1.9 に更新

    • pg_trgm をバージョン 1.6 に更新

    • pgaudit をバージョン 1.6.1 に更新

    • pgrouting をバージョン 3.2.0 に更新

    • pgtap をバージョン 1.2.0 に更新

    • postgres_fdw をバージョン 1.1 に更新

PostgreSQL 13.14

この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 13.14 と互換性があります。PostgreSQL 13.14 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 13.14」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 13.14.1、2024 年 4 月 29 日

新機能
  • リソース使用状況の概要を に追加しましたpg_dump

全般的な機能強化
  • ダウンタイムのないパッチ適用による接続の保存を改善するために、複数のマイナーバージョンアップグレードの問題を修正しました。

  • 大量の初期化時間が長くなるため、データベースの起動時間が短縮されました。

  • リレーション拡張ロックの競合を減らし、リレーションをプロアクティブに拡張することで、COPY オペレーションを高速化しました。

  • 特定のログレコードの再生をインテリジェントにスキップして再生負荷を減らすことで、レプリケーションの遅延を軽減するための改善。

  • リードノードでのリカバリの競合中に、まれに短時間使用できなくなる問題を修正しました。

  • まれに、メジャーバージョンアップグレードパッチ中にデータベースが起動しない問題を修正しました。

  • レプリケーションエラーからの復旧を可能にすることで、リードレプリカの可用性が向上しました。

  • ダウンタイムのないパッチ適用がタイムアウトする問題を修正しました。

  • サブトランザクションが同時に中止された場合に、ストレージにスピルした後のカタログ変更の処理に失敗する論理レプリケーションデコードの問題を修正しました。

  • ストレージに書き込まれる前にログレコードの検証が改善されました。

  • ダウンタイムのないパッチ適用イベント後にセッションが ClientRead 待機イベントを誤って報告する問題を修正しました。

  • aws_s3 拡張機能をバージョン 1.1 から 1.2 にアップグレードする際の aws_s3.query_export_to_s3 のあいまいな関数定義を修正しました。

優先度の高い機能強化
  • 論理レプリケーションスロットの再開に関連する問題を修正しました。まれに、スロットが停止する可能性があります。

  • テーブルスペースにデータベースを作成するときに再起動する問題を修正しました。

  • DB の安定性を向上させるために、論理レプリケーションエラーの処理が正しくない問題を修正しました。

安定性に関する重要な強化
  • まれに復旧時間が長くなり、可用性に影響する可能性があるレプリケーションオリジンに関連する問題を修正しました。

  • まれに、新しく作成された論理レプリケーションスロットによってトランザクションが部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。詳細については、「論理レプリケーションスロットの作成中の競合状態によるデータ損失の可能性」を参照してください。

  • マイナーバージョンのアップグレード中にメモリ要件が変更されると、ダウンタイムのないパッチ適用やエンジンの起動が失敗することがある問題を修正しました。

その他の改善と機能強化
  • 次の拡張機能を更新しました。

    • pg_tle をバージョン 1.3.4 に拡張しました。

    • PLV8 をバージョン 3.1.10 に拡張しました。

    • RDKit をバージョン Release_2023_09_4 に移行しました。

  • 新しい GUC パラメータが追加されました

    • pgtle.clientauth_databases_to_skip

    • pgtle.clientauth_db_name

    • pgtle.clientauth_num_parallel_workers

    • pgtle.clientauth_users_to_skip

    • pgtle.enable_clientauth

    • pgtle.passcheck_db_name

PostgreSQL 13.13

この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 13.13 と互換性があります。PostgreSQL 13.13 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 13.13」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 13.13.3、2024 年 3 月 13 日

全般的な機能強化
  • PLV8 拡張機能のパフォーマンス低下の問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.13.2、2024 年 2 月 22 日

全般的な機能強化
  • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドの終了を に許可します。

優先度の高い機能強化
  • ZDP 中に がマイナーバージョンアップグレードをブロックpg_stat_statementsする問題を修正しました。

  • 厳密すぎるデータ整合性チェックが原因で、論理レプリケーションスロットが変更を出力しなくなる問題を修正しました。

  • 以下の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

安定性に関する重要な強化
  • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

  • Aurora ストレージのデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.13.0、2023 年 12 月 21 日

オープンソースコミュニティによる PostgreSQL データベースの更新に関する発表を受けて、PostgreSQL バージョン 15.5、14.10、13.13、12.17 をサポートするように Amazon Aurora PostgreSQL 互換エディションを更新しました。これらのリリースには、PostgreSQL コミュニティによる製品の改善とバグ修正のほか、Aurora 固有の改善が含まれています。Babelfish for Aurora PostgreSQL バージョン 3.4 の新機能と機能強化も含まれています。

アップグレードの頻度やアップグレードプロセスをどのように計画するかを決めるには、Aurora バージョンポリシーを参照してください。注意点として、Amazon Aurora PostgreSQL 11 のいずれかのバージョンを実行している場合は、2024 年 2 月 29 日までに新しいメジャーバージョンにアップグレードする必要があります。

新機能
  • Amazon Bedrock の統合 — Amazon Aurora 機械学習拡張機能を Aurora PostgreSQLDB クラスターで使用することで、Amazon Bedrock の基本 AI モデルを使用できるようになりました

  • 委任された拡張機能のサポート — この機能により、拡張機能の管理を新しい rds_extension ロールを持つ権限の低いユーザーに委任できます。

  • クエリプラン管理 (QPM) の強化:

    • プラン概要は、apg_plan_mgmt.validate_plans() 関数の update_plan_hash アクションの一環として、最新のフォーマットバージョンに更新されます。

    • 並列クエリ適用の一環として、並列追加適用のサポートを追加しました。

  • HypoPG 拡張機能バージョン 1.4.0 のサポートを追加しました。

  • h3-pg および h3-postgis 拡張機能バージョン 4.1.3 のサポートを追加しました。

優先度の高い機能強化
  • WAL 再生中に変更されたページを読み取ると、Aurora レプリカが再起動する場合がある問題を修正しました。

  • 特定のボリュームメタデータがソースクラスターで無効な場合、クローンクラスターでも無効なままになる問題を修正しました。クローンクラスターは新しいボリュームを使用するため、メタデータが再作成されるようになりました。

  • マイナーバージョンまたはパッチバージョンのアップグレード後に、まれにエンジンが使用できなくなることがある問題を修正しました。

  • ダウンタイムなしのパッチ適用 (ZDP) 中にエンジンクラッシュを引き起こす場合があるバグを修正しました。

  • 改善されたメモリ管理機能を有効または無効にするための新しいパラメータとして rds.enable_memory_management を導入しました。

  • 以下の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対してバックポートされた修正プログラム。

全般的な機能強化
  • ライター DB インスタンスとの再接続中に Aurora レプリカが再起動する場合がある問題を修正しました。

  • rdkit.morgan_fp_size パラメータのサポートを追加しました。

  • rds-superuserpg_stat_reset_slru 関数を実行できるようになりました。

  • MultiXact SLRU アクセスが正しいpg_stat_slruカテゴリにクレジットされない問題を修正しました。

  • 未使用の WAL セグメントが適切に削除されない場合がある問題を修正しました。

  • バイナリ出力形式を使用するときに、pglogical がレプリケーションオリジンデータを正しくパススルーしない問題を修正しました。

  • rds_superuserALTER COLLATION を実行してカタログ内のロケールの照合順序バージョンを更新できるようになりました。

  • 無効な接続に伴う dblink 拡張機能と postgres_fdw 拡張機能のクラッシュを修正しました。

  • aws_s3 拡張機能が HTTP エラーレスポンスをテーブルにインポートできる問題を修正しました。

  • AWS 独立したデフォルト照合ライブラリのバージョンを pg_collation カタログに記録します。

その他の改善と機能強化
  • 次の拡張機能を更新しました。

    • mysql_fdw をバージョン 2.9.1 に更新

    • Oracle_fdw をバージョン 2.6.0 に更新

    • Orafce をバージョン 4.6.0 に更新

    • pg_cron をバージョン 1.6.0 に更新

    • pg_hint_plan をバージョン 1.3.9 に更新

    • pg_proctab をバージョン 0.0.10 に更新

    • plv8 をバージョン 3.1.8 に更新

    • PostGIS をバージョン 3.4.0 に更新

    • prefix をバージョン 1.2.10 に更新

    • RDKit をバージョン 4.4.0 (Release_2023_09_1) に更新

拡張機能およびモジュールの詳細については、「Aurora PostgreSQL 13.x でサポートされている拡張機能」を参照してください。

PostgreSQL 13.12

この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 13.12 と互換性があります。PostgreSQL 13.12 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 13.12」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 13.12.6、2024 年 3 月 13 日

全般的な機能強化
  • PLV8 拡張機能のパフォーマンス低下の問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.12.5、2024 年 2 月 22 日

全般的な機能強化
  • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドの終了を に許可します。

優先度の高い機能強化
  • ZDP 中に がマイナーバージョンアップグレードをブロックpg_stat_statementsする問題を修正しました。

  • 厳密すぎるデータ整合性チェックが原因で、論理レプリケーションスロットが変更を出力しなくなる問題を修正しました。

  • 以下の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

安定性に関する重要な強化
  • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

  • Aurora ストレージのデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.12.2、2023 年 12 月 13 日

安定性に関する重要な強化
全般的な安定性の強化
  • 論理レプリケーションアクションがテーブル所有者以外によって実行される問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.12.1、2023 年 11 月 9 日

安定性に関する重要な強化
  • 次のセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

  • pg_cron バックグラウンドワーカープロセスに関する問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • まれにクラッシュを引き起こす場合があるバッファピンロックに関連する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.12.0、2023 年 10 月 24 日

新機能
  • mysql_fdw バージョン 2.9.0 のサポートを追加しました。

  • カスタマーマネージド KMS キーで暗号化された S3 バケットへのエクスポートに対するサポートを aws_s3 拡張機能に追加しました。

  • グローバル DB セカンダリクラスターでの Aurora レプリカの可用性を改善しました。

  • Aurora レプリカでのクエリプランキャプチャのサポートを追加しました。

  • 並列クエリ演算子によるクエリプラン適用のサポートを追加しました。

  • 特定のコストしきい値を下回るクエリプランをキャプチャできないようにしました。

優先度の高い機能強化
  • Aurora Serverless インスタンスのスケールアップ時間を短縮するための最適化を含めました。

全般的な機能強化
  • aws_s3 拡張機能で、エクスポートされた行の合計数が 20 億を超えると、エクスポート行数が誤って報告される問題を修正しました。

  • aws_s3 拡張機能でタイムアウトを設定するオプションを提供しました。以下のパラメータ (GUC) を設定することで、S3 からのインポートのタイムアウトしきい値を変更できるようになりました。

    • aws_s3.curlopt_low_speed_limit

    • aws_s3.curlopt_low_speed_time

  • 一部のエッジケースでインスタンスの作成が失敗するのを防ぎました。

  • Aurora レプリカでのコミットトランザクション操作のリプレイのパフォーマンスが向上しました

  • aws_s3 拡張機能からのインポートがまれに完了しないことがある問題を修正しました。

  • PostGIS の GEOS ライブラリをバージョン 3.12.0 に更新しました。

  • Aurora Serverless v2 データベースメモリのスケーリングを改善し、データベースインスタンス全体のスケール時間を短縮しました。

  • クラスターキャッシュマネージャー送信者の待機時間を示す WAIT_EVENT_Aurora_CLUSTER_CACHE_MANAGER_SENDER 待機イベントを追加しました。

  • Aurora Serverless リソースのモニタリングの待機時間を示す WAIT_EVENT_Aurora_SERVERLESS_MONITORING_MAIN 待機イベントを追加しました。

  • 論理レプリケーションスロットの開始時にデータベースがクラッシュすることがある問題を修正しました。

  • pg_cron cron.max_running_jobs パラメータの制限を 100 から 1000 に引き上げました。

  • 「#」で始まるテーブル名を正しく処理できるように CREATE TABLE コマンドのバグを修正しました。

その他の改善と機能強化
  • 次の拡張機能を更新しました。

    • orafce をバージョン 4.3.0 に更新

    • pg_logical をバージョン 2.4.3 に更新

    • pgvector をバージョン 0.5.0 に更新

    • PostGIS をバージョン 3.3.3 に更新

    • RDKit をバージョン 4.3 に更新

拡張機能およびモジュールの詳細については、「Aurora PostgreSQL 13.x でサポートされている拡張機能」を参照してください。

PostgreSQL 13.11

この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 13.11 と互換性があります。PostgreSQL 13.11 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 13.11」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 13.11.5、2024 年 3 月 13 日

全般的な機能強化
  • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドの終了を に許可します。

優先度の高い機能強化
  • サブトランザクションと DDL が中止された場合に、論理レプリケーションスロットが一時的にエラーになる問題を修正しました。

  • 以下の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

安定性に関する重要な強化
  • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

  • Aurora ストレージのデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.11.4、2023 年 12 月 14 日

安定性に関する重要な強化
全般的な安定性の強化
  • 論理レプリケーションアクションがテーブル所有者以外によって実行される問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.11.3、2023 年 11 月 14 日

安定性に関する重要な強化
  • 次のセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

  • pg_cron バックグラウンドワーカープロセスに関する問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • メタデータが古いためにリードレプリカが遅延する場合がある問題を修正しました。

  • まれにクラッシュを引き起こす場合があるバッファピンロックに関連する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.11.2、2023 年 10 月 4 日

安定性に関する優先度の高い強化
  • 次の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対する修正をバックポートしました。

優先度の高い機能強化
  • I/O を多用する読み取りワークロードの実行中に、データベースインスタンスが再起動する場合がある問題を修正しました。

  • Aurora レプリカの再起動後にバキューム操作がブロックされる場合がある問題を修正しました。

  • COPY FROM コマンドの実行時にクラッシュが発生する問題を修正しました。

  • CPU 使用率が高くなり、新しい接続ができなくなる問題を修正しました。

  • 外部キーを含むテーブルからの UPDATE および DELETE が、「エラー: 40001: シリアル化可能なスナップショットの使用時に同時更新が原因でアクセスをシリアル化できませんでした」というエラーで予期せず失敗する場合がある問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • I/O で使用する一時的なメタデータの診断機能を導入しました。

  • Aurora PostgreSQL 15.3 の特定のシナリオにおいて、改善されたメモリ管理を有効にできない問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.11.0、2023 年 7 月 13 日

オープンソースコミュニティによる PostgreSQL データベースの更新に関する発表を受けて、PostgreSQL バージョン 15.3、14.8、13.11、12.15、および 11.20 をサポートするように Amazon Aurora PostgreSQL 互換エディションを更新しました。これらのリリースには、PostgreSQL コミュニティによる製品の改善とバグ修正のほか、Aurora 固有の改善が含まれています。さらに、Babelfish for Aurora PostgreSQL バージョン 3.2 の新機能や改善点、および AWS Database Migration Service のサポートの改善も含まれています。アップグレードの頻度やアップグレードプロセスをどのように計画するかを決めるには、「Amazon Aurora バージョン」を参照してください。注意点として、Amazon Aurora PostgreSQL 11 のいずれかのバージョンを実行している場合は、2024 年 2 月 29 日までに新しいメジャーバージョンにアップグレードする必要があります。

新機能
  • このリリースには、メモリ管理の改善が含まれており、メモリ不足による問題を事前に防ぐことで、データベースの安定性と可用性を高めます。詳細については、「Aurora PostgreSQL のメモリ管理が改善されました」を参照してください。

  • pgvector 拡張機能バージョン 0.4.1 のサポートを追加しました。

優先度の高い機能強化
  • 存続可能なリーダー再接続を実行する際のサブトランザクションのメタデータの処理に伴う問題を修正しました。

  • 拡張環境変数に関連する ZDP 中の問題を修正しました。

  • プロセスが予期しないページを検出したと誤解する原因となっていた論理レプリケーション中の一時的なエラーに対処しました。

  • レプリケーション元の状態ファイルの部分的な作成により、一定期間利用不能になる問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • Postgres のメモリコンテキストレベルでバックエンドのメモリ使用量の内訳を表示する新しい関数 aurora_stat_memctx_usage() を追加しました。

  • aws_lambda 拡張機能内のタイムアウトを設定するオプションを提供しました。次のパラメータ (GUCsを設定することで、 AWS Lambda 統合の接続タイムアウトとリクエストタイムアウトを変更できるようになりました。

    • aws_lambda.connect_timeout_ms.

    • aws_lambda.request_timeout_ms.

  • AuroraReplicaLag メトリクスの計算に関する問題を修正しました。

  • aws_s3 拡張機能が、まれに、名前にドットを含む Amazon S3 バケットからのインポートに失敗する問題を修正しました。

  • ZDP 中のデータベースのダウンタイムをさらに短縮しました。

  • ZDP 中に利用不能な状態を生じるバグを修正しました。

  • pg_ls_waldir() が「エラー:ファイルを統計できませんでした」を返す問題を修正しました。

  • TLS_AES_128_GCM_SHA256 と TLS_AES_256_GCM_SHA384 の暗号を使用した TLS 1.3 のサポートを追加しました。

  • RDS for PostgreSQL DB インスタンスの Aurora レプリカでメジャーバージョンのアップグレードをブロックしていた問題に対処しました。

  • Aurora Serverless v2 インスタンスでのスケールインを妨げる場合がある問題を修正しました。

  • pg_vector 拡張機能において、まれに、インデックス作成中に無限値または NAN 値によってクラッシュが発生する問題を修正しました。

  • 問題を修正してパフォーマンスを向上させました。

  • GEOS をバージョン 3.11.2 にアップグレードしました

  • pg_cron をバージョン 1.5 にアップグレードしました

  • pg_partman をバージョン 4.7.3 にアップグレードしました。

  • plv8 をバージョン 3.1.6 にアップグレードしました。

  • tds_fdw を 2.0.3 にアップグレードしました。

PostgreSQL 13.10

この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 13.10 と互換性があります。PostgreSQL 13.10 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 13.10」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 13.10.7、2024 年 3 月 13 日

全般的な機能強化
  • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドの終了を に許可します。

優先度の高い機能強化
  • サブトランザクションと DDL が中止された場合に、論理レプリケーションスロットが一時的にエラーになる問題を修正しました。

  • 以下の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

安定性に関する重要な強化
  • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

  • Aurora ストレージのデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.10.6、2023 年 12 月 15 日

安定性に関する重要な強化
全般的な安定性の強化
  • 論理レプリケーションアクションがテーブル所有者以外によって実行される問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.10.5、2023 年 11 月 14 日

安定性に関する重要な強化
  • 次のセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

  • pg_cron バックグラウンドワーカープロセスに関する問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • メタデータが古いためにリードレプリカが遅延する場合がある問題を修正しました。

  • まれにクラッシュを引き起こす場合があるバッファピンロックに関連する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.10.4、2023 年 10 月 5 日

安定性に関する優先度の高い強化
  • 次の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対する修正をバックポートしました。

優先度の高い機能強化
  • I/O を多用する読み取りワークロードの実行中に、データベースインスタンスが再起動する場合がある問題を修正しました。

  • Aurora レプリカの再起動後にバキューム操作がブロックされる場合がある問題を修正しました。

  • CPU 使用率が高くなり、新しい接続ができなくなる問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • I/O で使用する一時的なメタデータの診断機能を導入しました。

Aurora PostgreSQL 13.10.3、2023 年 7 月 24 日

全般的な機能強化
  • AuroraReplicaLag メトリクスの計算に関する問題を修正しました。

  • ZDP 中に利用不能な状態を生じるバグを修正しました。

  • トランザクションコミット時にストレージを再利用できなくなる問題を修正しました。

  • 適用フェーズ中に pglogical が競合する行をログに記録できない問題を修正しました。

  • Aurora Serverless v2 スケーリングの機能強化を追加しました。

  • aws_s3 拡張機能が、まれに、名前にドットを含む Amazon S3 バケットからのインポートに失敗する問題を修正しました。

  • aws_lambda 拡張機能内のタイムアウトを設定するオプションを提供しました。次のパラメータ (GUCsを設定することで、 AWS Lambda 統合の接続タイムアウトとリクエストタイムアウトを変更できるようになりました。

    • aws_lambda.connect_timeout_ms.

    • aws_lambda.request_timeout_ms.

  • ライターインスタンスに再接続すると、読み取り可用性機能が向上した Aurora レプリカが再起動する場合がある複数の問題を修正しました。

  • 存続可能なリーダーが再接続できない問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.10.2、2023 年 5 月 10 日

全般的な機能強化
  • test_decoding プラグインを pg_create_logical_replication_slot にロードする際のエラーを修正しました。

  • ライトスルーキャッシュを使用すると、論理レプリケーションが失敗する問題を修正しました。

  • oracle_fdw 拡張機能で使用する Oracle クライアントをバージョン 21.9.0.0.0 に更新しました。

Aurora PostgreSQL 13.10.1、2023 年 4 月 5 日

新機能
  • マルチスキーマをサポートするための新しい QPM プランハッシュ計算を導入しました。マルチスキーマ環境で QPM を使用する場合は、apg_plan_mgmt.plan_hash バージョンを 2 に設定して apg_plan_mgmt.validate_plans('update_plan_hash') を呼び出すことができます。

全般的な機能強化
  • PROJ サポートをバージョン 9.1.0 にアップグレードしました。

  • PostGISGDAL ライブラリをバージョン 3.5.3 にアップグレードしました。

  • TCN 拡張機能と SEG 拡張機能のサポートを追加しました。

  • Aurora レプリカの B ツリーおよびハッシュインデックスからの削除のパフォーマンスを改善しました。

  • Aurora Serverless v2 スケーリングの機能強化が含まれます。

  • パーティション化されたテーブルを結合する際に承認済みプランの適用を妨げる QPM の問題を修正しました。

  • EXPLAIN でバッファヒットカウントが不正確になる問題を修正しました。

  • 特に多数のオブジェクトを含む大規模なインスタンスで、エンジンの起動時間を改善しました。

  • Aurora 関数 aurora_stat_logical_wal_cache() をすべてのユーザーに表示できるようになりました。

  • プリペアドステートメントからプランを適用すると、利用不能な状態を起こす場合がある QPM の問題を修正しました。

その他の改善と機能強化
  • 次の拡張機能を更新しました。

    • hll をバージョン 2.17 に更新

    • Oracle_fdw をバージョン 2.5.0 に更新

    • orafce をバージョン 4.0.0 に更新

    • pg_cron をバージョン 1.4.2 に更新

    • pg_hint_plan をバージョン 1.3.8 に更新

    • pg_logical をバージョン 2.4.2 に更新

    • pg_trgm をバージョン 1.4 に更新

    • pgrouting をバージョン 3.4.1 に更新

    • PostGIS をバージョン 3.3.2 に更新

    • SEG をバージョン 1.0 に更新

    • TCN をバージョン 1.0 に更新

    • wal2json をバージョン 2.5 に更新

PostgreSQL 13.9

この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 13.9 と互換性があります。PostgreSQL 13.9 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 13.9」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 13.9.8、2024 年 3 月 13 日

全般的な機能強化
  • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドの終了を に許可します。

優先度の高い機能強化
  • 以下の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

安定性に関する重要な強化
  • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

  • Aurora ストレージのデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.9.7、2023 年 12 月 15 日

安定性に関する重要な強化
全般的な安定性の強化
  • 論理レプリケーションアクションがテーブル所有者以外によって実行される問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.9.6、2023 年 11 月 17 日

安定性に関する重要な強化
  • 次のセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

  • pg_cron バックグラウンドワーカープロセスに関する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.9.5、2023 年 10 月 4 日

安定性に関する重要な強化
  • 以下の PostgreSQl コミュニティのセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

安定性に関する優先度の高い強化
  • 大量の IO 読み取りワークロードの実行中に、データベースインスタンスが再起動する場合がある問題を修正しました。

  • CPU 使用率が高くなり、新しい接続ができなくなる問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • I/O で使用する一時的なメタデータの診断機能を導入しました。

Aurora PostgreSQL 13.9.4、2023 年 9 月 13 日

全般的な機能強化
  • Aurora Serverless v2 スケーリングの機能強化を追加しました。

  • Aurora Serverless v2 でのスケールリングを妨げる場合がある pg_cron の問題を修正しました。

  • AuroraReplicaLag メトリクスの計算に関する問題を修正しました。

  • ZDP 中に利用不能な状態を生じるバグを修正しました。

  • 適用フェーズ中に pglogical が競合する行をログに記録できない問題を修正しました。

  • aws_s3 拡張機能が、まれに、名前にドットを含む Amazon S3 バケットからのインポートに失敗する問題を修正しました。

  • aws_lambda 拡張機能内のタイムアウトを設定するオプションを提供しました。次のパラメータを設定することで、 AWS Lambda 統合の接続タイムアウトとリクエストタイムアウトを変更できるようになりました。

    • aws_lambda.connect_timeout_ms.

    • aws_lambda.request_timeout_ms.

Aurora PostgreSQL 13.9.2、2023 年 3 月 3 日

安定性に関する重要な強化
  • 次の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対する修正をバックポートしました。

全般的な安定性の強化
  • パーティション化されたテーブルとの結合に承認済みプランが適用されない問題を修正しました。

  • PostGISGDAL データが読み込まれていなかった問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションが有効になっている場合、起動時の回復作業量が増える問題を修正しました。

  • 大量のレコードをロードするとタイムアウトになるという aws_s3 拡張機能の問題を修正しました。

  • ライトスルーキャッシュを使用すると論理レプリケーションが失敗する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.9.0、2023 年 1 月 20 日

安定性に関する優先度の高い強化
  • 最も古い MultiXactId が誤って更新されてアップグレードが失敗する問題を修正しました。

  • コミットのレイテンシーメトリクスが更新されない問題を修正しました。

  • 短時間の利用不能状態を起こす場合がある問題を修正しました。

全般的な安定性の強化
  • DB インスタンスの移行エラーを生じていた問題を修正しました。

  • メタデータの不整合が原因で DB が起動しない問題を修正しました。

  • エラー処理と診断能力を改善しました。

  • RDKit 拡張機能をバージョン 4.2 にアップグレードしました。

  • GDAL ライブラリをバージョン 3.4.3 にアップグレードしました。

  • クラスターキャッシュ管理プロセスが正常にシャットダウンしない問題を修正しました。

  • クリーンシャットダウン中に特定のプロセスが一貫性のない状態のままになることがある問題を修正しました。

  • pg_repack 拡張機能に関する問題を修正しました。

  • 新しい独立したデフォルト照合ライブラリにより、照合ライブラリ (glibc) の処理を改善しました。

PostgreSQL 13.8

この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 13.8 と互換性があります。PostgreSQL 13.8 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 13.8」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 13.8.6、2024 年 3 月 13 日

全般的な機能強化
  • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドの終了を に許可します。

優先度の高い機能強化
  • 以下の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

安定性に関する重要な強化
  • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

  • Aurora ストレージのデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.8.5、2023 年 12 月 18 日

安定性に関する重要な強化
全般的な安定性の強化
  • 論理レプリケーションアクションがテーブル所有者以外によって実行される問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.8.4、2023 年 11 月 17 日

安定性に関する重要な強化
  • 次のセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

  • pg_cron バックグラウンドワーカープロセスに関する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.8.3、2023 年 10 月 17 日

安定性に関する優先度の高い強化
優先度の高い機能強化
  • Aurora レプリカの再起動後にバキューム操作がブロックされる問題を修正しました。

  • CPU 使用率が高くなり、新しい接続ができなくなる問題を修正しました。

全般的な安定性の強化
  • 統計コレクタープロセスが繰り返し再起動する問題を修正しました。

  • Aurora Serverless v2 のスケール時間を改善しました。

  • ZDP 中に利用不能な状態を生じるバグを修正しました。

  • 適用フェーズ中に pglogical が競合する行をログに記録できない問題を修正しました。

  • aws_s3 拡張機能が、まれに、名前にドットを含む S3 バケットからのインポートに失敗する場合がある問題を修正しました。

  • aws_lambda 拡張機能内のタイムアウトを設定するオプションを提供しました。次のパラメータを設定することで、 AWS Lambda 統合の接続タイムアウトとリクエストタイムアウトを変更できるようになりました。

    • aws_lambda.connect_timeout_ms.

    • aws_lambda.request_timeout_ms.

  • I/O を多用する読み取りワークロードの実行中に、データベースインスタンスが再起動する場合がある問題を修正しました。

  • ライトスルーキャッシュを使用すると論理レプリケーションが失敗する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.8.2、2023 年 3 月 2 日

全般的な安定性の強化
  • パーティション化されたテーブルとの結合に承認済みプランが適用されない問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションが有効になっている場合、起動時の回復作業量が増える問題を修正しました。

  • 大量のレコードをロードするとタイムアウトになるという aws_s3 拡張機能の問題を修正しました。

  • pg_cron のタスクの並列実行に関する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.8.1、2022 年 12 月 13 日

全般的な安定性の強化
  • ライターインスタンスからレプリカインスタンスにログを送信すると、ネットワークトラフィックが増加する問題を修正しました。

  • データベースのマイナーリリースとパッチリリースのアップグレード中に生じるエンジンの安定性の問題を修正しました。

  • レプリケーション中にデータの不整合が生じる場合がある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.8.0、2022 年 11 月 9 日

安定性に関する優先度の高い強化
  • Aurora Serverless v2 スケーリングの問題を修正しました。

  • Aurora Serverless v2 の圧縮エラーを起こす問題を修正しました。

全般的な安定性の強化
  • バッファキャッシュに負荷がかかっているときのバッファキャッシュ清掃を改善しました。

  • メモリの大量消費につながるデータベースアクティビティストリームの問題を修正しました。

  • DB インスタンスが再起動する原因となっていたバグを修正しました。

  • クラッシュ時のモニタリングメトリクスの生成中に DB インスタンスが再帰的に再起動する問題を修正しました。

  • パフォーマンスメトリクスの収集中に DB インスタンスが再起動する問題を修正しました。

  • データベースに接続しようとすると、SSLV3_ALERT_CERTIFICATE_UNKNOWN で失敗する問題を修正しました。

  • B ツリーインデックスに一貫性がない場合のエラー報告を改善しました。

  • 無効なヒントビットの設定に関する診断ログを改善しました。

  • autovacuum がテーブルを誤ってスキップする問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションのプリフェッチを改善しました。

  • GIN インデックスの耐久性に関する問題を修正しました。

  • MultiXact SLRU キャッシュを設定するオプションを提供しました。以下のパラメータ (GUCsを設定することで、お客様は MultiXact SLRU キャッシュサイズを変更できるようになります。

    • multixact_members_cache_size

    • multixact_offsets_cache_size

  • 停止中のメジャーバージョンアップグレードを検出してキャンセルするように問題を修正しました。

  • メモリ消費量の増加につながる場合があるハッシュ結合の問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションのパフォーマンスを改善しました。

  • モニタリングエージェントが使用できない場合にデータベースアクティビティストリームの不整合が発生する問題を修正しました。

  • GEOS バージョンを 3.10.3 にアップグレードしました。

  • PLV8 バージョンを 3.0.0 に更新しました。

  • PostGIS 拡張機能をバージョン 3.2.3 に更新しました。

  • st_orientedenvelope が 1 次元入力でループして 0 を返す問題を修正しました。

  • tds_fdw を使用した SQL Server への接続が失敗する問題を修正しました。

PostgreSQL 13.7

この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 13.7 と互換性があります。PostgreSQL 13.7 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 13.7」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 13.7.9、2024 年 3 月 13 日

全般的な機能強化
  • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドの終了を に許可します。

優先度の高い機能強化
  • 以下の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

安定性に関する重要な強化
  • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

  • Aurora ストレージのデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

  • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.7.8、2023 年 12 月 22 日

安定性に関する重要な強化
全般的な安定性の強化
  • 論理レプリケーションアクションがテーブル所有者以外によって実行される問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.7.7、2023 年 11 月 17 日

安定性に関する重要な強化
  • 次のセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

  • pg_cron バックグラウンドワーカープロセスに関する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.7.6、2023 年 10 月 19 日

安定性に関する優先度の高い強化
優先度の高い機能強化
  • Aurora レプリカの再起動後にバキューム操作がブロックされる問題を修正しました。

  • CPU 使用率が高くなり、新しい接続ができなくなる問題を修正しました。

全般的な安定性の強化
  • 統計コレクタープロセスが繰り返し再起動する問題を修正しました。

  • Aurora Serverless v2 のスケール時間を改善しました。

  • ZDP 中に利用不能な状態を生じるバグを修正しました。

  • 適用フェーズ中に pglogical が競合する行をログに記録できない問題を修正しました。

  • aws_s3 拡張機能が、まれに、名前にドットを含む S3 バケットからのインポートに失敗する場合がある問題を修正しました。

  • aws_lambda 拡張機能内のタイムアウトを設定するオプションを提供しました。次のパラメータを設定することで、 AWS Lambda 統合の接続タイムアウトとリクエストタイムアウトを変更できるようになりました。

    • aws_lambda.connect_timeout_ms.

    • aws_lambda.request_timeout_ms.

Aurora PostgreSQL 13.7.5、2022 年 12 月 14 日

全般的な安定性の強化
  • データベースのマイナーリリースとパッチリリースのアップグレード中に生じるエンジンの安定性の問題を修正しました。

  • モニタリングエージェントが使用できない場合にデータベースアクティビティストリームの不整合が発生する問題を修正しました。

  • レプリケーション中にデータの不整合が生じる場合がある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.7.4、2022 年 11 月 17 日

安定性に関する優先度の高い強化
  • ライターインスタンスからレプリカインスタンスにログを送信すると、ネットワークトラフィックが増加する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.7.3、2022 年 10 月 13 日

安定性に関する優先度の高い強化
  • ベースパラメータがメモリに正しく読み込まれない PLV8 問題を修正しました。

  • VACUUM が実行中である場合、Aurora Serverless v2 インスタンスのスケーリングが停止する問題を修正しました。

全般的な安定性の強化
  • Aurora PostgreSQL が relfilenode をファイリングできないバグを修正しました。

  • プランが無効になったにもかかわらず、データベースが再起動して、プランが有効かどうかを引き続きエンジンでチェックするという問題を修正しました。

  • 現在のスケーリングイベントがタイムアウトするとスケーリングが停止する問題を修正しました。

  • PostGIS 拡張機能をバージョン 3.1.7 にアップグレードしました。

  • ダウンタイムなしのパッチ適用 (ZDP) 中に拡張クエリのメッセージが失われ、ZDP の完了後に拡張クエリがハングする場合がある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.7.1、2022 年 7 月 6 日

安定性に関する重要な強化
  • ストレージノードの再起動中に、一定期間利用不能になる場合がある問題を修正しました。

安定性に関する優先度の高い強化
  • 短時間使用できなくなる可能性のある out-of-memory 条件に関連するエラー処理の問題を修正しました。

  • TDS_FDW 拡張機能を使用して外部テーブルをクエリすると、SQL Server への接続に失敗する問題を修正しました。

  • 指定したルート証明書を使用した接続が失敗する問題を修正しました。

  • B ツリーのインデックスエントリに一貫性がない場合の診断情報とサポート情報を改善しました。

Aurora PostgreSQL 13.7.0、2022 年 6 月 9 日

新機能
重要な更新
  • LSN の不一致によるリプレイのクラッシュを修正しました。

  • 無効なリージョンの挿入を防ぐように aws_s3 拡張機能を修正しました。

高度な安定性に関する更新
  • 短時間使用できなくなる可能性のある out-of-memory 条件に関連する複数の問題を修正しました。

  • Aurora Serverless v2 スケーリングの問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • Aurora Serverless v1 スケーリングイベント中のロック競合クラッシュを修正しました。

  • 再起動後に論理レプリケーションが停止する問題を修正しました。

  • 短時間の利用不能状態を生じる場合がある複数の問題を修正しました。

  • タスクがまだ実行中であるがスケジュールされていないために、pg_cron でクラッシュする問題を修正しました。

  • やり直し中に、GENERIC_XLOG_FULL_PAGE_DATA の Generic Redo で無効なページがヒットする問題を修正しました。これは、ログレコードを生成してからレコードのメタデータを RW ノードに書き込むまでの間にタイミングホールがあり、その間に RO ノードがリプレイすることが原因です。

  • 並列ワーカーをサポートすることで、クエリのパフォーマンスを向上させました。

  • プラグイン wal2json バージョンを 2.4 にアップグレードしました。

  • pglogical 拡張機能をバージョン 2.4.1 にアップグレードしました。

PostgreSQL 13.6 (廃止)

この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 13.6 と互換性があります。PostgreSQL 13.6 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 13.6」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 13.6.6、2022 年 12 月 16 日

全般的な機能強化
  • ライターインスタンスからレプリカインスタンスにログを送信すると、ネットワークトラフィックが増加する問題を修正しました。

  • モニタリングエージェントが使用できない場合にデータベースアクティビティストリームの不整合が発生する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.6.5、2022 年 10 月 18 日

優先度の高い機能強化
  • VACUUM が実行中の場合に Amazon Aurora Serverless v2 スケーリングがブロックされる場合がある問題を修正しました。

  • Aurora レプリカで Amazon Aurora Serverless v2 スケーリングがブロックされる場合がある問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • B ツリーのインデックスエントリに一貫性がない場合の診断情報とサポート情報を改善しました。

  • PostGIS 拡張機能をバージョン 3.1.7 に更新しました。

Aurora PostgreSQL 13.6.4、2022 年 7 月 18 日

セキュリティ強化
  • CVE-2022-1552 に対する PostgreSQL コミュニティ修正をバックパッチしました: Autovacuum、REINDEX などでは「セキュリティ制限された操作」が省略されます。詳細については、「CVE-2022-1552」を参照してください。

重要な機能強化
  • ストレージノードの再起動中に、一定期間利用不能になる場合がある問題を修正しました。

安定性に関する優先度の高い強化
  • 短時間使用できなくなる可能性のある out-of-memory 条件に関連するエラー処理の問題を修正しました。

  • 重複したリレーションファイルの存在により、一定期間利用できなくなる可能性がある問題を修正しました。

  • キャッシュされたプランが事前に無効になっている場合に、プランを検証すると、データベースが再起動されることがある不具合を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.6.3、2022 年 6 月 2 日

セキュリティ強化
  • CVE-2022-1552 に対する PostgreSQL コミュニティ修正をバックパッチしました: Autovacuum、REINDEX などでは「セキュリティ制限された操作」が省略されます。詳細については、「CVE-2022-1552」を参照してください。

安定性に関する優先度の高い更新
  • COPYコマンドが Amazon Aurora Serverless v2 で進行中のときにスケール操作がブロックされる場合がある問題を修正しました。

  • Amazon Aurora Serverless v2 でテーブルを削除するか切り捨てると、データベースが再起動する場合がある問題を修正しました。

  • Amazon Aurora Serverless v2 でのスケール操作がブロックされる原因となる apg_prewarm 拡張機能の問題を修正しました。

  • Amazon Aurora Serverless v2 でのスケール操作がブロックされる原因となる共有メモリの動的割り当ての問題を修正しました。

  • Amazon Aurora Serverless v2 で postmaster プロセスの再起動を引き起こす場合がある問題を修正しました。

  • Babelfish for Aurora PostgreSQL の checksum() 関数を参照する SQL ビューがあると、マイナーバージョンアップグレードがブロックされる場合がある問題を修正しました。

  • クエリプラン管理 (QPM) が有効になっていると再起動を引き起こす場合がある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.6.2、2022 年 5 月 12 日

安定性に関する優先度の高い強化
  • Babelfish for Aurora PostgreSQL が有効になっている場合にアップグレードが失敗する問題を修正しました。

  • Aurora Serverless v2 でのスケーリングが失敗する問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • 共有メモリの不適切なロックにより、利用不能となる場合がある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.6.1、2022 年 4 月 27 日

安定性に関する優先度の高い強化
  • AWS コンソールで誤ったWriteIOPSレポートが発生する可能性がある問題を修正しました。

  • クラスターから読み取りノードを削除した後に、利用できなくする場合がある問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • 空きメモリが不足しているときにエンジンを再起動する場合があるバグを修正しました。。

Aurora PostgreSQL 13.6.0、2022 年 3 月 29 日

新機能
  • tds_fdw 拡張機能バージョン 2.0.2 のサポートを追加しました。

安定性に関する優先度の高い強化
  • 読み取りノードが利用不能になるという複数の問題を修正しました。

  • 読み取りノードで WAL をリプレイできなくなり、レプリケーションスロットの削除と再同期が必要になる問題を修正しました。

  • ファイルが適切に閉じられないため、ストレージが過剰に使用される問題を修正しました。

全般的な機能強化
  • commit_ts を設定したときの読み取りノードの小規模なメモリリークを修正しました。

  • Performance Insights に「不明な待機イベント」と表示される問題を修正しました。

  • aws_s3 拡張機能を使用すると Amazon S3 からのインポートが失敗する場合がある問題を修正しました。

  • apg_plan_mgmt の使用時に一定期間の利用不能を起こす場合がある複数の問題を修正しました。

  • QPM が有効になっていると、一定期間の利用不能を起こす場合がある複数の問題を修正しました。

PostgreSQL 13.5 (廃止)

この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 13.5 と互換性があります。PostgreSQL 13.5 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 13.5」を参照してください。

Aurora PostgreSQL 13.5.7、2023 年 8 月 24 日

全般的な機能強化
  • 統計コレクタープロセスが繰り返し再起動する問題を修正しました。

  • 適用フェーズ中に pglogical が競合する行をログに記録できない問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.5.6、2022 年 12 月 16 日

全般的な機能強化
  • ライターインスタンスからレプリカインスタンスにログを送信すると、ネットワークトラフィックが増加する問題を修正しました。

  • モニタリングエージェントが使用できない場合にデータベースアクティビティストリームの不整合が発生する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.5.5、2022 年 10 月 18 日

全般的な機能強化
  • B ツリーのインデックスエントリに一貫性がない場合の診断情報とサポート情報を改善しました。

  • PostGIS 拡張機能をバージョン 3.1.7 に更新。

Aurora PostgreSQL 13.5.4、2022 年 7 月 20 日

セキュリティ強化
  • CVE-2022-1552 に対する PostgreSQL コミュニティ修正をバックパッチしました: Autovacuum、REINDEX などでは「セキュリティ制限された操作」が省略されます。詳細については、「CVE-2022-1552」を参照してください。

重要な機能強化
  • ストレージノードの再起動中に、一定期間利用不能になる場合がある問題を修正しました。

高度な安定性に関する強化
  • 短時間使用できなくなる可能性のある out-of-memory 条件に関連するエラー処理の問題を修正しました。

  • 重複したリレーションファイルの存在により、一定期間利用できなくなる可能性がある問題を修正しました。

  • ファイルが適切に閉じられないため、ストレージが過剰に使用される問題を修正しました。

  • Amazon Aurora Serverless v2 で postmaster プロセスの再起動を引き起こす場合がある問題を修正しました。

  • Performance Insights に「不明な待機イベント」と表示される問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.5.3、2022 年 4 月 13 日

セキュリティ強化
  • 拡張機能の作成時のセキュリティ問題を軽減するための pg_cron 拡張機能に対する追加の変更。この問題は、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で解決されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

全般的な機能強化
  • 空きメモリが不足しているときにエンジンを再起動する場合があるバグを修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.5.1、2022 年 3 月 3 日

セキュリティ強化
  • PostGIS エクステンションをバージョン 3.1.4 から 3.1.5 に更新。この更新には、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で対処された脆弱性に対する PostGIS 修正が含まれています。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

  • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために ip4r エクステンションを変更。この問題は当初、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で公開されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

  • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために pg_bigm エクステンションを変更。この問題は、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で解決されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

  • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために pg_cron エクステンションを変更。この問題は、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で解決されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

Aurora PostgreSQL 13.5.0、2022 年 2 月 25 日

安定性に関する優先度の高い強化
  • 論理レプリケーションがハングし、読み取りノードでリプレイが遅れることがあるバグを修正。インスタンスは最終的に再起動する可能性があります。

その他の改善と機能強化
  • Buffers: shared hit メトリクスを Explain 出力に追加しました。

  • 短時間使用できなくなる可能性があるバッファキャッシュのバグを修正。

  • インデックスベースのプランが適用されていない apg_plan_mgmt エクステンションのバグを修正。

  • NULL 引数の不適切な処理により、短時間の利用不能を起こす場合がある pg_logical 拡張機能のバグを修正しました。

  • 未初期化ページの読み取りにより、短時間使用できなくなる可能性があるバグを修正。

  • 孤立したファイルによってメジャーバージョンアップグレードが失敗する問題を修正。

  • Aurora ストレージデーモンのログ書き込みメトリクスの誤りを修正。

  • WAL リプレイが遅れて最終的にリーダーインスタンスの再起動を起こす場合がある複数のバグを修正しました。

  • 読み取り時の Aurora バッファキャッシュページの検証を改善。

  • Aurora ストレージメタデータの検証を改善。

このバージョンには、次の変更も含まれています。

  • pg_cron エクステンションがバージョン 1.4.1 に更新されています。

拡張機能およびモジュールの詳細については、「Aurora PostgreSQL 13.x でサポートされている拡張機能」を参照してください。

PostgreSQL 13.4 (廃止)

Aurora PostgreSQL のリリースは、PostgreSQL 13.4 と互換性があります。PostgreSQL 13.4 における改善点の詳細については、PostgreSQL リリース 13.4 を参照してください。

Aurora PostgreSQL 13.4.6、2022 年 12 月 19 日

全般的な機能強化
  • モニタリングエージェントが使用できない場合にデータベースアクティビティストリームの不整合が発生する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.4.5、2022 年 10 月 18 日

全般的な機能強化
  • B ツリーのインデックスエントリに一貫性がない場合の診断情報とサポート情報を改善しました。

  • PostGIS 拡張機能をバージョン 3.1.7 に更新。

Aurora PostgreSQL 13.4.4、2022 年 7 月 6 日

セキュリティ強化
  • CVE-2022-1552 に対する PostgreSQL コミュニティ修正をバックパッチしました: Autovacuum、REINDEX などでは「セキュリティ制限された操作」が省略されます。詳細については、「CVE-2022-1552」を参照してください。

全般的な機能強化
  • 短時間使用できなくなる可能性のある out-of-memory 条件に関連するエラー処理の問題を修正しました。

  • ファイルが適切に閉じられないため、ストレージが過剰に使用される問題を修正しました。

  • Amazon Aurora Serverless v2 におけるポストマスタープロセスの再起動の原因となる問題を修正しました。

  • Performance Insights に「不明な待機イベント」と表示される問題を修正しました。

  • 重複したリレーションファイルの存在により、一定期間利用できなくなる可能性がある問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.4.2、2022 年 4 月 12 日

セキュリティ強化
  • 拡張機能の作成時のセキュリティ問題を軽減するための pg_cron 拡張機能に対する追加の変更。この問題は、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で解決されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

全般的な機能強化
  • 短時間使用できなくなる可能性があるバッファキャッシュのバグを修正。

Aurora PostgreSQL 13.4.1

セキュリティ強化
  • PostGIS エクステンションをバージョン 3.1.4 から 3.1.5 に更新。この更新には、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で対処された脆弱性に関する PostGIS 修正が含まれています。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

  • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために ip4r エクステンションを変更。この問題は当初、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で公開されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

  • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために pg_bigm エクステンションを変更。この問題は、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で解決されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

  • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために pg_cron エクステンションを変更。この問題は、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で解決されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

Aurora PostgreSQL 13.4.0

新機能
  • このバージョンがサポートする Babelfish 1.0.0 では、Amazon Aurora PostgreSQL データベースを拡張し、Microsoft SQL Server クライアントからのデータベース接続を受け入れられるようにします。詳細については、「Aurora PostgreSQL 用の Babelfish の使用」を参照してください。

安定性に関する重要な強化
  • 読み取りノードのデータキャッシュが、そのノードの再起動後に不整合をまれに起こす問題を修正しました。

安定性に関する優先度の高い強化
  • プリフェッチによってトリガーされた I/O リソースの枯渇によってクエリが応答しなくなる問題を修正しました。

  • メジャーバージョンのアップデート後に、Aurora が「パニック: 次のトランザクション ID xxxxxxxx のステータスにアクセスできませんでした」というメッセージにより、フラグを設定する場合がある問題を修正しました。

その他の改善と機能強化
  • レプリケーションオリジンキャッシュルックアップの障害により、読み取りノードが再起動する問題を修正しました。

  • 書き込みノードのバキュームにトリガーされる遅延トランケーションの再生中に、読み取りノードで読み取りクエリがタイムアウトすることがある問題を修正しました。

  • Performance Insights がデータベース接続のバックエンドタイプを誤って設定する問題を修正しました。

  • aurora_postgres_replica_status () 関数が古いか、または遅れている CPU 統計を返す問題を修正しました。

  • rds_superuser ロールに pg_stat_statements_reset() 関数を実行するアクセス許可がなかった問題を修正しました。

  • apg_plan_mgmt 拡張機能で、計画時間および実行時間が 0 と報告される問題を修正しました。

  • DES、3DES、RC4 暗号スイートのサポートを削除しました。

  • PostGIS エクステンションをバージョン 3.1.4 に更新。

  • pgrouting エクステンションを 3.1.3 に更新。

  • pglogical エクステンションを 2.4.0 に更新。

  • 以下の SPI モジュール拡張のサポートを追加しました。

    • autoinc version 1.0

    • insert_username version 1.0

    • moddatetime version 1.0

    • refint version 1.0

  • Aurora ストレージデーモンで特定のネットワーク構成を使用している場合に、可用性を短時間失わせることがある複数の問題を修正しました。

  • ライターノードの再起動につながる Aurora ストレージデーモンの out-of-memory クラッシュの問題を修正しました。これにより、システム全体のメモリ消費量も削減されます。

PostgreSQL 13.3 (廃止)

Aurora PostgreSQL のリリースは、PostgreSQL 13.3 と互換性があります。PostgreSQL 13.3 における改善点の詳細については、PostgreSQL リリース 13.3 を参照してください。

Aurora PostgreSQL 13.3.5、2022 年 12 月 30 日

全般的な機能強化
  • モニタリングエージェントが使用できない場合にデータベースアクティビティストリームの不整合が発生する問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.3.4、2022 年 7 月 14 日

セキュリティ強化
  • CVE-2022-1552 に対する PostgreSQL コミュニティ修正をバックパッチしました: Autovacuum、REINDEX などでは「セキュリティ制限された操作」が省略されます。詳細については、「CVE-2022-1552」を参照してください。

安定性に関する優先度の高い強化
  • 短時間使用できなくなる可能性のある out-of-memory 条件に関連するエラー処理の問題を修正しました。

  • ファイルが適切に閉じられないため、ストレージが過剰に使用される問題を修正しました。

  • Performance Insights に「不明な待機イベント」と表示される問題を修正しました。

Aurora PostgreSQL 13.3.3、2022 年 4 月 7 日

セキュリティ強化
  • 拡張機能作成時のセキュリティ問題を軽減するために pg_cron 拡張機能に追加の変更を加えています。この問題は、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で解決されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

Aurora PostgreSQL 13.3.2

セキュリティ強化
  • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために pg_cron エクステンションを変更。この問題は、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で解決されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

  • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために ip4r エクステンションを変更。この問題は当初、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で公開されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

  • postgisPostGIS 3.0.3 にバックパッチしました。これは CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で対処された脆弱性に関する PostGIS の修正です。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

Aurora PostgreSQL 13.3.1

リリースとパッチ
    セキュリティ強化
    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために pg_bigm エクステンションを変更。この問題は、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で解決されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    安定性に関する重要な強化
    • 読み取りノードのデータキャッシュが、そのノードの再起動後に不整合をまれに起こす問題を修正しました。

    安定性に関する優先度の高い強化
    • プリフェッチによってトリガーされた I/O リソースの枯渇によってクエリが応答しなくなる問題を修正しました。

    • メジャーバージョンのアップデート後に、Aurora が「パニック: 次のトランザクション ID xxxxxxxx のステータスにアクセスできませんでした」というメッセージにより、フラグを設定する場合がある問題を修正しました。

    その他の改善と機能強化
    • レプリケーションオリジンキャッシュルックアップの障害により、読み取りノードが再起動する問題を修正しました。

    • apg_plan_mgmt 拡張機能で、計画時間および実行時間が 0 と報告される問題を修正しました。

    • Performance Insights がデータベース接続のバックエンドタイプを誤って設定する問題を修正しました。

    • apg_plan_mgmt 拡張機能で、パーティション化されたテーブルのプランアウトラインがインデックスベースのプランを適用しない問題を修正しました。

    • メジャーバージョンアップグレードの最中または終了後に、孤立したファイルが読み取りコードパスで翻訳の失敗を引き起こす問題を修正しました。

    • Aurora ストレージデーモンで特定のネットワーク構成を使用している場合に、可用性を短時間失わせることがある複数の問題を修正しました。

    • ライターノードの再起動につながる Aurora ストレージデーモンの out-of-memory クラッシュの問題を修正しました。これにより、システム全体のメモリ消費量も削減されます。

    Aurora PostgreSQL 13.3.0

    新機能
    • PostgreSQL 12.4、Aurora PostgreSQL 4.0 (廃止) 以降のバージョンからのメジャーバージョンアップグレードをサポートしています

    • bool_plperl バージョン 1.0 をサポート

    • rds_tools バージョン 1.0 をサポート

    安定性に関する重要な強化
    • 読み取りノードのデータキャッシュが、そのノードの再起動後に不整合をまれに起こす問題を修正しました。

    その他の改善と機能強化
    • PostgreSQL 13.013.113.213.3 のリリースで発表されたいくつかの改善点が含まれています

    • インスタンスタイプ R4 は非推奨になりました。

    • 次の拡張機能を更新しました。

      • hll をバージョン 2.15 に更新。

      • hstore をバージョン 1.7 に更新。

      • intarray をバージョン 1.3 に更新。

      • log_fdw をバージョン 1.2 に更新。

      • ltree をバージョン 1.2 に更新。

      • pg_hint_plan をバージョン 1.3.7 に更新。

      • pg_repack をバージョン 1.4.6 に更新。

      • pg_stat_statements をバージョン 1.8 に更新。

      • pg_trgm をバージョン 1.5 に更新。

      • pgaudit をバージョン 1.5 に更新。

      • pglogical をバージョン 2.3.3 に更新。

      • pgrouting をバージョン 3.1.0 に更新。

      • plcoffee をバージョン 2.3.15 に更新。

      • plls をバージョン 2.3.15 に更新。

      • plv8 をバージョン 2.3.15 に更新。

    PostgreSQL 12.18

    この Aurora PostgreSQL リリースはPostgreSQL 12.18 と互換性があります。PostgreSQL 12.18 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 12.18」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 12.18.1、2024 年 4 月 29 日

    新機能
    • リソース使用状況の概要を に追加しましたpg_dump

    全般的な機能強化
    • ダウンタイムのないパッチ適用による接続の保存を改善するために、複数のマイナーバージョンアップグレードの問題を修正しました。

    • 大量の初期化時間が長くなるため、データベースの起動時間が短縮されました。

    • リレーション拡張ロックの競合を減らし、リレーションをプロアクティブに拡張することで、COPY オペレーションを高速化しました。

    • 特定のログレコードの再生をインテリジェントにスキップして再生負荷を減らすことで、レプリケーションの遅延を軽減するための改善。

    • リードノードでの復旧競合中に、まれに短時間使用できなくなる問題を修正しました。

    • まれに、メジャーバージョンアップグレードパッチ中にデータベースが起動しない問題を修正しました。

    • レプリケーションエラーからの回復を可能にすることで、リードレプリカの可用性が向上しました。

    • ダウンタイムのないパッチ適用がタイムアウトする問題を修正しました。

    • サブトランザクションが同時に中止された場合に、ストレージにスピルした後のカタログ変更の処理に失敗する論理レプリケーションデコードの問題を修正しました。

    • ストレージに書き込まれる前にログレコードの検証が改善されました。

    • ダウンタイムのないパッチ適用イベント後にセッションが ClientRead 待機イベントを誤って報告する問題を修正しました。

    • aws_s3 拡張機能をバージョン 1.1 から 1.2 にアップグレードする際の aws_s3.query_export_to_s3 のあいまいな関数定義を修正しました。

    優先度の高い機能強化
    • 論理レプリケーションスロットの再開に関連する問題を修正しました。まれに、スロットが停止する可能性があります。

    • テーブルスペースにデータベースを作成するときに再起動する問題を修正しました。

    • DB の安定性を向上させるために、論理レプリケーションエラーの処理が正しくない問題を修正しました。

    安定性に関する重要な強化
    • まれに復旧時間が長くなり、可用性に影響するレプリケーションオリジンに関する問題を修正しました。

    • まれに、新しく作成された論理レプリケーションスロットによってトランザクションが部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。詳細については、「論理レプリケーションスロットの作成中の競合状態によるデータ損失の可能性」を参照してください。

    • マイナーバージョンアップグレード中にメモリ要件が変更されると、ダウンタイムのないパッチ適用やエンジンの起動が失敗することがある問題を修正しました。

    その他の改善と機能強化
    • 次の拡張機能を更新しました。

      • pg_tle をバージョン 1.3.4 に拡張しました。

      • PLV8 をバージョン 3.1.10 に拡張しました。

      • RDKit をバージョン Release_2023_09_4 に移行しました。

    • 新しい GUC パラメータが追加されました

      • pgtle.clientauth_databases_to_skip

      • pgtle.clientauth_db_name

      • pgtle.clientauth_num_parallel_workers

      • pgtle.clientauth_users_to_skip

      • pgtle.enable_clientauth

      • pgtle.passcheck_db_name

    PostgreSQL 12.17

    この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 12.17 と互換性があります。PostgreSQL 12.17 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 12.17」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 12.17.3、2024 年 3 月 13 日

    全般的な機能強化
    • PLV8 拡張機能のパフォーマンス低下の問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.17.2、2024 年 2 月 22 日

    全般的な機能強化
    • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドを終了することを許可します。

    優先度の高い機能強化
    • ZDP 中に がマイナーバージョンアップグレードをブロックpg_stat_statementsする問題を修正しました。

    • 厳密すぎるデータ整合性チェックが原因で、論理レプリケーションスロットが変更を出力しなくなる問題を修正しました。

    • 以下の PostgreSQL コミュニティセキュリティの問題に対するバックポートされた修正:

    安定性に関する重要な強化
    • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

    • Aurora Storage のデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

    • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.17.0、2023 年 12 月 21 日

    オープンソースコミュニティによる PostgreSQL データベースの更新に関する発表を受けて、PostgreSQL バージョン 15.5、14.10、13.13、12.17 をサポートするように Amazon Aurora PostgreSQL 互換エディションを更新しました。これらのリリースには、PostgreSQL コミュニティによる製品の改善とバグ修正のほか、Aurora 固有の改善が含まれています。Babelfish for Aurora PostgreSQL バージョン 3.4 の新機能と機能強化も含まれています。

    アップグレードの頻度やアップグレードプロセスをどのように計画するかを決めるには、Aurora バージョンポリシーを参照してください。注意点として、Amazon Aurora PostgreSQL 11 のいずれかのバージョンを実行している場合は、2024 年 2 月 29 日までに新しいメジャーバージョンにアップグレードする必要があります。

    新機能
    • Amazon Bedrock の統合 — Amazon Aurora 機械学習拡張機能を Aurora PostgreSQLDB クラスターで使用することで、Amazon Bedrock の基本 AI モデルを使用できるようになりました

    • 委任された拡張機能のサポート — この機能により、拡張機能の管理を新しい rds_extension ロールを持つ権限の低いユーザーに委任できます。

    • クエリプラン管理 (QPM) の強化 — apg_plan_mgmt.validate_plans()update_plan_hash アクションの一環として、プランの概要が最新のフォーマットバージョンに更新されます。

    • HypoPG 拡張機能バージョン 1.4.0 のサポートを追加しました。

    • h3-pg および h3-postgis 拡張機能バージョン 4.1.3 のサポートを追加しました。

    優先度の高い機能強化
    • WAL 再生中に変更されたページを読み取ると、Aurora レプリカが再起動する場合がある問題を修正しました。

    • 特定のボリュームメタデータがソースクラスターで無効な場合、クローンクラスターでも無効なままになる問題を修正しました。クローンクラスターは新しいボリュームを使用するため、メタデータが再作成されるようになりました。

    • マイナーバージョンまたはパッチバージョンのアップグレード後に、まれにエンジンが使用できなくなることがある問題を修正しました。

    • ダウンタイムなしのパッチ適用 (ZDP) 中にエンジンクラッシュを引き起こす場合があるバグを修正しました。

    • 改善されたメモリ管理機能を有効または無効にするための新しいパラメータとして rds.enable_memory_management を導入しました。

    • 以下の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対してバックポートされた修正プログラム。

    全般的な機能強化
    • ライター DB インスタンスとの再接続中に Aurora レプリカが再起動する場合がある問題を修正しました。

    • rdkit.morgan_fp_size パラメータのサポートを追加しました。

    • 未使用の WAL セグメントが適切に削除されない場合がある問題を修正しました。

    • バイナリ出力形式を使用するときに、pglogical がレプリケーションオリジンデータを正しくパススルーしない問題を修正しました。

    • 無効な接続に伴う dblink 拡張機能と postgres_fdw 拡張機能のクラッシュを修正しました。

    • aws_s3 拡張機能が HTTP エラーレスポンスをテーブルにインポートできる問題を修正しました。

    その他の改善と機能強化
    • 次の拡張機能を更新しました。

      • mysql_fdw をバージョン 2.9.1 に更新

      • Oracle_fdw をバージョン 2.6.0 に更新

      • Orafce をバージョン 4.6.0 に更新

      • pg_cron をバージョン 1.6.0 に更新

      • pg_hint_plan をバージョン 1.3.9 に更新

      • pg_proctab をバージョン 0.0.10 に更新

      • plv8 をバージョン 3.1.8 に更新

      • PostGIS をバージョン 3.4.0 に更新

      • prefix をバージョン 1.2.10 に更新

      • RDKit をバージョン 4.4.0 (Release_2023_09_1) に更新

    拡張機能およびモジュールの詳細については、「Aurora PostgreSQL 12 でサポートされている拡張機能」を参照してください。

    PostgreSQL 12.16

    この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 12.16 と互換性があります。PostgreSQL 12.16 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 12.16」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 12.16.6、2024 年 3 月 13 日

    全般的な機能強化
    • PLV8 拡張機能のパフォーマンス低下の問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.16.5、2024 年 2 月 22 日

    全般的な機能強化
    • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドを終了することを許可します。

    優先度の高い機能強化
    • ZDP 中に がマイナーバージョンアップグレードをブロックpg_stat_statementsする問題を修正しました。

    • 厳密すぎるデータ整合性チェックが原因で、論理レプリケーションスロットが変更を出力しなくなる問題を修正しました。

    • 以下の PostgreSQL コミュニティセキュリティの問題に対するバックポートされた修正:

    安定性に関する重要な強化
    • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

    • Aurora Storage のデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

    • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.16.2、2023 年 12 月 13 日

    安定性に関する重要な強化
    全般的な安定性の強化
    • 論理レプリケーションアクションがテーブル所有者以外によって実行される問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.16.1、2023 年 11 月 9 日

    安定性に関する重要な強化
    • 次のセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

    • pg_cron バックグラウンドワーカープロセスに関する問題を修正しました。

    全般的な機能強化
    • まれにクラッシュを引き起こす場合があるバッファピンロックに関連する問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.16.0、2023 年 10 月 24 日

    新機能
    • mysql_fdw バージョン 2.9.0 のサポートを追加しました。

    • カスタマーマネージド KMS キーで暗号化された S3 バケットへのエクスポートに対するサポートを aws_s3 拡張機能に追加しました。

    • グローバル DB セカンダリクラスターでの Aurora レプリカの可用性を改善しました。

    • Aurora レプリカでのクエリプランキャプチャのサポートを追加しました。

    • 特定のコストしきい値を下回るクエリプランをキャプチャできないようにしました。

    全般的な機能強化
    • aws_s3 拡張機能で、エクスポートされた行の合計数が 20 億を超えると、エクスポート行数が誤って報告される問題を修正しました。

    • aws_s3 拡張機能でタイムアウトを設定するオプションを提供しました。以下のパラメータ (GUC) を設定することで、S3 からのインポートのタイムアウトしきい値を変更できるようになりました。

      • aws_s3.curlopt_low_speed_limit

      • aws_s3.curlopt_low_speed_time

    • Aurora レプリカでのコミットトランザクション操作のリプレイのパフォーマンスが向上しました

    • aws_s3 拡張機能からのインポートがまれに完了しないことがある問題を修正しました。

    • PostGIS の GEOS ライブラリをバージョン 3.12.0 に更新しました。

    • クラスターキャッシュマネージャー送信者の待機時間を示す WAIT_EVENT_Aurora_CLUSTER_CACHE_MANAGER_SENDER 待機イベントを追加しました。

    • Aurora Serverless リソースのモニタリングの待機時間を示す WAIT_EVENT_Aurora_SERVERLESS_MONITORING_MAIN 待機イベントを追加しました。

    • 論理レプリケーションスロットの開始時にデータベースがクラッシュすることがある問題を修正しました。

    • pg_cron cron.max_running_jobs パラメータの制限を 100 から 1000 に引き上げました。

    その他の改善と機能強化
    • 次の拡張機能を更新しました。

      • orafce をバージョン 4.3.0 に更新

      • pg_logical をバージョン 2.4.3 に更新

      • pgvector をバージョン 0.5.0 に更新

      • plv8 をバージョン 3.1.6 に更新

      • PostGIS をバージョン 3.3.3 に更新

      • RDKit をバージョン 4.3 に更新

    拡張機能およびモジュールの詳細については、「Aurora PostgreSQL 12 でサポートされている拡張機能」を参照してください。

    PostgreSQL 12.15

    この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 12.15 と互換性があります。PostgreSQL 12.15 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 12.15」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 12.15.5、2024 年 3 月 13 日

    全般的な機能強化
    • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドを終了することを許可します。

    優先度の高い機能強化
    • サブトランザクションと DDL が中止された場合に、論理レプリケーションスロットが一時的にエラーになる問題を修正しました。

    • 以下の PostgreSQL コミュニティセキュリティの問題に対するバックポートされた修正:

    安定性に関する重要な強化
    • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

    • Aurora Storage のデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

    • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.15.4、2023 年 12 月 14 日

    安定性に関する重要な強化
    全般的な安定性の強化
    • 論理レプリケーションアクションがテーブル所有者以外によって実行される問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.15.3、2023 年 11 月 14 日

    安定性に関する重要な強化
    • 次のセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

    • pg_cron バックグラウンドワーカープロセスに関する問題を修正しました。

    全般的な機能強化
    • メタデータが古いためにリードレプリカが遅延する場合がある問題を修正しました。

    • まれにクラッシュを引き起こす場合があるバッファピンロックに関連する問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.15.2、2023 年 10 月 4 日

    安定性に関する優先度の高い強化
    • 次の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対する修正をバックポートしました。

    優先度の高い機能強化
    • I/O を多用する読み取りワークロードの実行中に、データベースインスタンスが再起動する場合がある問題を修正しました。

    • Aurora レプリカの再起動後にバキューム操作がブロックされる場合がある問題を修正しました。

    • COPY FROM コマンドの実行時にクラッシュが発生する問題を修正しました。

    • CPU 使用率が高くなり、新しい接続ができなくなる問題を修正しました。

    • 外部キーを含むテーブルからの UPDATE および DELETE が、「エラー: 40001: シリアル化可能なスナップショットの使用時に同時更新が原因でアクセスをシリアル化できませんでした」というエラーで予期せず失敗する場合がある問題を修正しました。

    全般的な機能強化
    • I/O で使用する一時的なメタデータの診断機能を導入しました。

    • plv8pllplcoffee の各拡張機能をバージョン 2.3.15 に更新しました。

    • Aurora PostgreSQL 15.3 の特定のシナリオにおいて、改善されたメモリ管理を有効にできない問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.15.0、2023 年 7 月 13 日

    オープンソースコミュニティによる PostgreSQL データベースの更新に関する発表を受けて、PostgreSQL バージョン 15.3、14.8、13.11、12.15、および 11.20 をサポートするように Amazon Aurora PostgreSQL 互換エディションを更新しました。これらのリリースには、PostgreSQL コミュニティによる製品の改善とバグ修正のほか、Aurora 固有の改善が含まれています。さらに、Babelfish for Aurora PostgreSQL バージョン 3.2 の新機能や改善点、および AWS Database Migration Service のサポートの改善も含まれています。アップグレードの頻度やアップグレードプロセスをどのように計画するかを決めるには、「Amazon Aurora バージョン」を参照してください。注意点として、Amazon Aurora PostgreSQL 11 のいずれかのバージョンを実行している場合は、2024 年 2 月 29 日までに新しいメジャーバージョンにアップグレードする必要があります。

    新機能
    • このリリースには、メモリ管理の改善が含まれており、メモリ不足による問題を事前に防ぐことで、データベースの安定性と可用性を高めます。詳細については、「Aurora PostgreSQL のメモリ管理が改善されました」を参照してください。

    • pgvector 拡張機能バージョン 0.4.1 のサポートを追加しました。

    優先度の高い機能強化
    • 存続可能なリーダー再接続を実行する際のサブトランザクションのメタデータの処理に伴う問題を修正しました。

    • 拡張環境変数に関連する ZDP 中の問題を修正しました。

    • プロセスが予期しないページを検出したと誤解する原因となっていた論理レプリケーション中の一時的なエラーに対処しました。

    • レプリケーション元の状態ファイルの部分的な作成により、一定期間利用不能になる問題を修正しました。

    全般的な機能強化
    • Postgres のメモリコンテキストレベルでバックエンドのメモリ使用量の内訳を表示する新しい関数 aurora_stat_memctx_usage() を追加しました。

    • aws_lambda 拡張機能内のタイムアウトを設定するオプションを提供しました。次のパラメータ (GUCsを設定することで、 AWS Lambda 統合の接続タイムアウトとリクエストタイムアウトを変更できるようになりました。

      • aws_lambda.connect_timeout_ms.

      • aws_lambda.request_timeout_ms.

    • AuroraReplicaLag メトリクスの計算に関する問題を修正しました。

    • aws_s3 拡張機能が、まれに、名前にドットを含む Amazon S3 バケットからのインポートに失敗する問題を修正しました。

    • ZDP 中のデータベースのダウンタイムをさらに短縮しました。

    • ZDP 中に利用不能な状態を生じるバグを修正しました。

    • pg_ls_waldir() が「エラー:ファイルを統計できませんでした」を返す問題を修正しました。

    • TLS_AES_128_GCM_SHA256 と TLS_AES_256_GCM_SHA384 の暗号を使用した TLS 1.3 のサポートを追加しました。

    • RDS for PostgreSQL DB インスタンスの Aurora レプリカでメジャーバージョンのアップグレードをブロックしていた問題に対処しました。

    • pg_vector 拡張機能において、まれに、インデックス作成中に無限値または NAN 値によってクラッシュが発生する問題を修正しました。

    • GEOS をバージョン 3.11.2 にアップグレードしました

    • pg_cron をバージョン 1.5 にアップグレードしました

    • pg_partman をバージョン 4.7.3 にアップグレードしました。

    • tds_fdw を 2.0.3 にアップグレードしました

    PostgreSQL 12.14

    この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 12.14 と互換性があります。PostgreSQL 12.14 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 12.14」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 12.14.7、2024 年 3 月 13 日

    全般的な機能強化
    • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドを終了することを許可します。

    優先度の高い機能強化
    • サブトランザクションと DDL が中止された場合に、論理レプリケーションスロットが一時的にエラーになる問題を修正しました。

    • 以下の PostgreSQL コミュニティセキュリティの問題に対するバックポートされた修正:

    安定性に関する重要な強化
    • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

    • Aurora Storage のデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

    • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.14.6、2023 年 12 月 15 日

    安定性に関する重要な強化
    全般的な安定性の強化
    • 論理レプリケーションアクションがテーブル所有者以外によって実行される問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.14.5、2023 年 11 月 14 日

    安定性に関する重要な強化
    • 次のセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

    • pg_cron バックグラウンドワーカープロセスに関する問題を修正しました。

    全般的な機能強化
    • メタデータが古いためにリードレプリカが遅延する場合がある問題を修正しました。

    • まれにクラッシュを引き起こす場合があるバッファピンロックに関連する問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.14.4、2023 年 10 月 5 日

    安定性に関する優先度の高い強化
    • 次の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対する修正をバックポートしました。

    優先度の高い機能強化
    • I/O を多用する読み取りワークロードの実行中に、データベースインスタンスが再起動する場合がある問題を修正しました。

    • Aurora レプリカの再起動後にバキューム操作がブロックされる場合がある問題を修正しました。

    • CPU 使用率が高くなり、新しい接続ができなくなる問題を修正しました。

    全般的な機能強化
    • I/O で使用する一時的なメタデータの診断機能を導入しました。

    • plv8pllplcoffee の各拡張機能をバージョン 2.3.15 に更新しました。

    Aurora PostgreSQL 12.14.3、2023 年 7 月 24 日

    全般的な機能強化
    • AuroraReplicaLag メトリクスの計算に関する問題を修正しました。

    • ZDP 中に利用不能な状態を生じるバグを修正しました。

    • トランザクションコミット時にストレージを再利用できなくなる問題を修正しました

    • 適用フェーズ中に pglogical が競合する行をログに記録できない問題を修正しました。

    • Aurora Serverless v2 スケーリングの機能強化を追加しました。

    • aws_s3 拡張機能が、まれに、名前にドットを含む Amazon S3 バケットからのインポートに失敗する問題を修正しました。

    • aws_lambda 拡張機能内のタイムアウトを設定するオプションを提供しました。次のパラメータ (GUCsを設定することで、 AWS Lambda 統合の接続タイムアウトとリクエストタイムアウトを変更できるようになりました。

      • aws_lambda.connect_timeout_ms.

      • aws_lambda.request_timeout_ms.

    • ライターインスタンスに再接続すると、読み取り可用性機能が向上した Aurora レプリカが再起動する場合がある複数の問題を修正しました。

    • 存続可能なリーダーが再接続できない問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.14.2、2023 年 5 月 10 日

    全般的な機能強化
    • test_decoding プラグインを pg_create_logical_replication_slot にロードする際のエラーを修正しました。

    • oracle_fdw 拡張機能で使用する Oracle クライアントをバージョン 21.9.0.0.0 に更新しました。

    Aurora PostgreSQL 12.14.1、2023 年 4 月 5 日

    新機能
    • マルチスキーマをサポートするための新しい QPM プランハッシュ計算を導入しました。マルチスキーマ環境で QPM を使用する場合は、apg_plan_mgmt.plan_hash バージョンを 2 に設定して apg_plan_mgmt.validate_plans('update_plan_hash') を呼び出すことができます。

    全般的な機能強化
    • PROJ サポートをバージョン 9.1.0 にアップグレードしました。

    • PostGISGDAL ライブラリをバージョン 3.5.3 にアップグレードしました。

    • TCN 拡張機能と SEG 拡張機能のサポートを追加

    • 論理レプリケーションが有効になっている場合、データベースによる起動時の回復作業量が増えることがある問題を修正しました。

    • Aurora レプリカの B ツリーおよびハッシュインデックスからの削除のパフォーマンスを改善しました。

    • EXPLAIN で I/O タイミングメトリクスが正しくなかった問題を修正しました。

    • EXPLAIN でバッファヒットカウントが不正確になる問題を修正しました。

    • 特に多数のオブジェクトを含む大規模なインスタンスで、エンジンの起動時間を改善しました。

    • Aurora 関数 aurora_stat_logical_wal_cache() がすべてのユーザーに表示されるようになりました。

    • プリペアドステートメントからプランを適用すると、利用不能な状態を起こす場合がある QPM の問題を修正しました。

    その他の改善と機能強化
    • 次の拡張機能を更新しました。

      • hll をバージョン 2.17 に更新

      • Oracle_fdw をバージョン 2.5.0 に更新

      • orafce をバージョン 4.0.0 に更新

      • pg_cron をバージョン 1.4.2 に更新

      • pg_hint_plan をバージョン 1.3.8 に更新

      • pg_logical をバージョン 2.4.2 に更新

      • pg_trgm をバージョン 1.4 に更新

      • pgrouting をバージョン 3.4.1 に更新

      • PostGIS をバージョン 3.3.2 に更新

      • SEG をバージョン 1.0 に更新

      • TCN をバージョン 1.0 に更新

      • wal2json をバージョン 2.5 に更新

    PostgreSQL 12.13

    この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 12.13 と互換性があります。PostgreSQL 12.13 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 12.13」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 12.13.8、2024 年 3 月 13 日

    全般的な機能強化
    • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドを終了することを許可します。

    優先度の高い機能強化
    • 以下の PostgreSQL コミュニティセキュリティの問題に対するバックポートされた修正:

    安定性に関する重要な強化
    • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

    • Aurora Storage のデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

    • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.13.7、2023 年 12 月 15 日

    安定性に関する重要な強化
    全般的な安定性の強化
    • 論理レプリケーションアクションがテーブル所有者以外によって実行される問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.13.6、2023 年 11 月 17 日

    安定性に関する重要な強化
    • 次のセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

    • pg_cron バックグラウンドワーカープロセスに関する問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.13.5、2023 年 10 月 4 日

    安定性に関する優先度の高い強化
    • 大量の IO 読み取りワークロードの実行中に、データベースインスタンスが再起動する場合がある問題を修正しました。

    • CPU 使用率が高くなり、新しい接続ができなくなる問題を修正しました。

    全般的な機能強化
    • I/O で使用する一時的なメタデータの診断機能を導入しました。

    Aurora PostgreSQL 12.13.4、2023 年 9 月 13 日

    全般的な機能強化
    • Aurora Serverless v2 スケーリングの機能強化を追加しました。

    • Aurora Serverless v2 でのスケールリングを妨げる場合がある pg_cron の問題を修正しました。

    • AuroraReplicaLag メトリクスの計算に関する問題を修正しました。

    • ZDP 中に利用不能な状態を生じるバグを修正しました。

    • 適用フェーズ中に pglogical が競合する行をログに記録できない問題を修正しました。

    • aws_s3 拡張機能が、まれに、名前にドットを含む Amazon S3 バケットからのインポートに失敗する問題を修正しました。

    • aws_lambda 拡張機能内のタイムアウトを設定するオプションを提供しました。次のパラメータを設定することで、 AWS Lambda 統合の接続タイムアウトとリクエストタイムアウトを変更できるようになりました。

      • aws_lambda.connect_timeout_ms.

      • aws_lambda.request_timeout_ms.

    • plv8pllsplcoffee の各拡張機能をバージョン 2.3.15 に更新しました。

    Aurora PostgreSQL 12.13.2、2023 年 3 月 3 日

    全般的な安定性の強化
    • PostGISGDAL データが読み込まれていなかった問題を修正しました。

    • 論理レプリケーションが有効になっている場合、起動時の回復作業量が増える問題を修正しました。

    • パラメータの数が多いプロシージャのエラー処理を改善するために問題を修正しました。

    • 大量のレコードをロードするとタイムアウトになるという aws_s3 拡張機能の問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.13.0、2023 年 1 月 20 日

    安定性に関する優先度の高い強化
    • 最も古い MultiXactId が誤って更新されてアップグレードが失敗する問題を修正しました。

    • コミットのレイテンシーメトリクスが更新されない問題を修正しました。

    • 短時間の利用不能状態を起こす場合がある問題を修正しました。

    全般的な安定性の強化
    • DB インスタンスの移行エラーを生じていた問題を修正しました。

    • メタデータの不整合が原因で DB が起動しない問題を修正しました。

    • エラー処理と診断能力を改善しました。

    • RDKit 拡張機能をバージョン 4.2 にアップグレードしました。

    • GDAL ライブラリをバージョン 3.4.3 にアップグレードしました。

    • apg_plan_mgmt.copy_outline 関数が environment_variables をコピーするようになりました。

    • クリーンシャットダウン中に特定のプロセスが一貫性のない状態のままになることがある問題を修正しました。

    • pg_repack 拡張機能に関する問題を修正しました。

    • 新しい独立したデフォルト照合ライブラリにより、照合ライブラリ (glibc) の処理を改善しました。

    PostgreSQL 12.12

    この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 12.12 と互換性があります。PostgreSQL 12.12 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 12.12」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 12.12.6、2024 年 3 月 13 日

    全般的な機能強化
    • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドを終了することを許可します。

    優先度の高い機能強化
    • 以下の PostgreSQL コミュニティセキュリティの問題に対するバックポートされた修正:

    安定性に関する重要な強化
    • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

    • Aurora Storage のデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

    • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.12.5、2023 年 12 月 18 日

    安定性に関する重要な強化
    全般的な安定性の強化
    • 論理レプリケーションアクションがテーブル所有者以外によって実行される問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.12.4、2023 年 11 月 17 日

    安定性に関する重要な強化
    • 次のセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

    • pg_cron バックグラウンドワーカープロセスに関する問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.12.3、2023 年 10 月 17 日

    安定性に関する優先度の高い強化
    優先度の高い機能強化
    • Aurora レプリカの再起動後にバキューム操作がブロックされる問題を修正しました。

    • CPU 使用率が高くなり、新しい接続ができなくなる問題を修正しました。

    全般的な安定性の強化
    • 統計コレクタープロセスが繰り返し再起動する問題を修正しました。

    • Aurora Serverless v2 のスケール時間を改善しました。

    • ZDP 中に利用不能な状態を生じるバグを修正しました。

    • 適用フェーズ中に pglogical が競合する行をログに記録できない問題を修正しました。

    • aws_s3 拡張機能が、まれに、名前にドットを含む S3 バケットからのインポートに失敗する場合がある問題を修正しました。

    • aws_lambda 拡張機能内のタイムアウトを設定するオプションを提供しました。次のパラメータを設定することで、 AWS Lambda 統合の接続タイムアウトとリクエストタイムアウトを変更できるようになりました。

      • aws_lambda.connect_timeout_ms.

      • aws_lambda.request_timeout_ms.

    • I/O を多用する読み取りワークロードの実行中に、データベースインスタンスが再起動する場合がある問題を修正しました。

    • plv8pllplcoffee の各拡張機能をバージョン 2.3.15 に更新しました。

    Aurora PostgreSQL 12.12.2、2023 年 3 月 2 日

    全般的な安定性の強化
    • 論理レプリケーションが有効になっている場合、起動時の回復作業量が増える問題を修正しました。

    • パラメータの数が多いプロシージャのエラー処理を改善するために問題を修正しました。

    • 大量のレコードをロードするとタイムアウトになるという aws_s3 拡張機能の問題を修正しました。

    • pg_cron のタスクの並列実行に関する問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.12.1、2022 年 12 月 13 日

    全般的な安定性の強化
    • ライターインスタンスからレプリカインスタンスにログを送信すると、ネットワークトラフィックが増加する問題を修正しました。

    • データベースのマイナーリリースとパッチリリースのアップグレード中に生じるエンジンの安定性の問題を修正しました。

    • レプリケーション中にデータの不整合が生じる場合がある問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.12.0、2022 年 11 月 9 日

    全般的な安定性の強化
    • CREATE OPERATOR CLASSREATE OPERATOR FAMILYALTER OPERATOR FAMILY を実行するための rds_superuser のサポートを追加しました。これらは、上位バージョンで利用できます。

    • バッファキャッシュに負荷がかかっているときのバッファキャッシュ清掃を改善しました。

    • メモリの大量消費につながるデータベースアクティビティストリームの問題を修正しました。

    • DB インスタンスが再起動する原因となっていたバグを修正しました。

    • クラッシュ時のモニタリングメトリクスの生成中に DB インスタンスが再帰的に再起動する問題を修正しました。

    • パフォーマンスメトリクスの収集中に DB インスタンスが再起動する問題を修正しました。

    • データベースに接続しようとすると、SSLV3_ALERT_CERTIFICATE_UNKNOWN で失敗する問題を修正しました。

    • 無効なヒントビットの設定に関する診断ログを改善しました。

    • autovacuum がテーブルを誤ってスキップする問題を修正しました。

    • 論理レプリケーションのプリフェッチを改善しました。

    • GIN インデックスの耐久性に関する問題を修正しました。

    • 停止中のメジャーバージョンアップグレードを検出してキャンセルするように問題を修正しました。

    • メモリ消費量の増加につながる場合があるハッシュ結合の問題を修正しました。

    • 論理レプリケーションのパフォーマンスを改善しました。

    • モニタリングエージェントが使用できない場合にデータベースアクティビティストリームの不整合が発生する問題を修正しました。

    • GEOS バージョンを 3.10.3 にアップグレードしました。

    • PostGIS 拡張機能をバージョン 3.2.3 に更新しました。

    • st_orientedenvelope が 1 次元入力でループして 0 を返す問題を修正しました。

    • tds_fdw を使用した SQL Server への接続が失敗する問題を修正しました。

    PostgreSQL 12.11

    この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 12.11 と互換性があります。PostgreSQL 12.11 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 12.11」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 12.11.9、2024 年 3 月 13 日

    全般的な機能強化
    • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドを終了することを許可します。

    優先度の高い機能強化
    • 以下の PostgreSQL コミュニティセキュリティの問題に対するバックポートされた修正:

    安定性に関する重要な強化
    • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

    • Aurora Storage のデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

    • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.11.8、2023 年 12 月 22 日

    安定性に関する重要な強化
    全般的な安定性の強化
    • 論理レプリケーションアクションがテーブル所有者以外によって実行される問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.11.7、2023 年 11 月 17 日

    安定性に関する重要な強化
    • 次のセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

    • pg_cron バックグラウンドワーカープロセスに関する問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.11.6、2023 年 10 月 19 日

    安定性に関する優先度の高い強化
    優先度の高い機能強化
    • Aurora レプリカの再起動後にバキューム操作がブロックされる問題を修正しました。

    • CPU 使用率が高くなり、新しい接続ができなくなる問題を修正しました。

    全般的な安定性の強化
    • 統計コレクタープロセスが繰り返し再起動する問題を修正しました。

    • Aurora Serverless v2 のスケール時間を改善しました。

    • ZDP 中に利用不能な状態を生じるバグを修正しました。

    • 適用フェーズ中に pglogical が競合する行をログに記録できない問題を修正しました。

    • aws_s3 拡張機能が、まれに、名前にドットを含む S3 バケットからのインポートに失敗する場合がある問題を修正しました。

    • aws_lambda 拡張機能内のタイムアウトを設定するオプションを提供しました。次のパラメータを設定することで、 AWS Lambda 統合の接続タイムアウトとリクエストタイムアウトを変更できるようになりました。

      • aws_lambda.connect_timeout_ms.

      • aws_lambda.request_timeout_ms.

    • plv8pllplcoffee の各拡張機能をバージョン 2.3.15 に更新しました。

    Aurora PostgreSQL 12.11.5、2022 年 12 月 14 日

    全般的な安定性の強化
    • データベースのマイナーリリースとパッチリリースのアップグレード中に生じるエンジンの安定性の問題を修正しました。

    • モニタリングエージェントが使用できない場合にデータベースアクティビティストリームの不整合が発生する問題を修正しました。

    • レプリケーション中にデータの不整合が生じる場合がある問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.11.4、2022 年 11 月 17 日

    安定性に関する優先度の高い強化
    • ライターインスタンスからレプリカインスタンスにログを送信すると、ネットワークトラフィックが増加する問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.11.3、2022 年 10 月 13 日

    安定性に関する優先度の高い強化
    • ベースパラメータがメモリに正しく読み込まれない PLV8 問題を修正しました。

    全般的な安定性の強化
    • Aurora PostgreSQL が relfilenode をファイリングできないバグを修正しました。

    • 現在のスケーリングイベントがタイムアウトすると、スケーリングが停止する問題を修正しました。

    • PostGIS 拡張機能をバージョン 3.1.7 にアップグレードしました。

    • ダウンタイムなしのパッチ適用 (ZDP) 中に拡張クエリのメッセージが失われ、ZDP の完了後に拡張クエリがハングする場合がある問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.11.1、2022 年 7 月 6 日

    安定性に関する重要な強化
    • ストレージノードの再起動中に、一定期間利用不能になる場合がある問題を修正しました。

    安定性に関する優先度の高い強化
    • 短時間使用できなくなる可能性のある out-of-memory 条件に関連するエラー処理の問題を修正しました。

    • TDS_FDW 拡張機能を使用して外部テーブルをクエリすると、SQL Server への接続に失敗する問題を修正しました。

    • 指定したルート証明書を使用した接続が失敗する問題を修正しました。

    • B ツリーのインデックスエントリに一貫性がない場合の診断情報とサポート情報を改善しました。

    Aurora PostgreSQL 12.11.0、2022 年 6 月 9 日

    新機能
    重要な更新
    • LSN の不一致によるリプレイのクラッシュを修正しました。

    • 無効なリージョンの挿入を防ぐように aws_s3 拡張機能を修正しました。

    高度な安定性に関する更新
    • 短時間利用できなくなる可能性のある out-of-memory 条件に関連する複数の問題を修正しました。

    全般的な安定性に関する更新
    • Aurora Serverless v1 スケーリングイベント中のロック競合クラッシュを修正しました。

    • 再起動後に論理レプリケーションが停止する問題を修正しました。

    • 短時間の利用不能状態を生じる場合がある複数の問題を修正しました。

    • タスクがまだ実行中であるがスケジュールされていないために、pg_cron でクラッシュする問題を修正しました。

    • やり直し中に、GENERIC_XLOG_FULL_PAGE_DATA の Generic Redo で無効なページがヒットする問題を修正しました。これは、ログレコードを生成してからレコードのメタデータを RW ノードに書き込むまでの間にタイミングホールがあり、その間に RO ノードがリプレイすることが原因です。

    • 並列ワーカーをサポートすることで、クエリのパフォーマンスを向上させました。

    • プラグイン wal2json バージョンを 2.4 にアップグレードしました。

    • pglogical 拡張機能をバージョン 2.4.1 にアップグレードしました。

    PostgreSQL 12.10 (廃止)

    この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 12.10 と互換性があります。PostgreSQL 12.10 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 12.10」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 12.10.6、2022 年 12 月 16 日

    全般的な機能強化
    • ライターインスタンスからレプリカインスタンスにログを送信すると、ネットワークトラフィックが増加する問題を修正しました。

    • モニタリングエージェントが使用できない場合にデータベースアクティビティストリームの不整合が発生する問題を修正しました。

    • PostGIS 拡張機能をバージョン 3.1.7 に更新。

    Aurora PostgreSQL 12.10.4、2022 年 7 月 18 日

    セキュリティ強化
    • CVE-2022-1552 に対する PostgreSQL コミュニティ修正をバックパッチしました: Autovacuum、REINDEX などでは「セキュリティ制限された操作」が省略されます。詳細については、「CVE-2022-1552」を参照してください。

    重要な機能強化
    • ストレージノードの再起動中に、一定期間利用不能になる場合がある問題を修正しました。

    高度な安定性に関する強化
    • 短時間使用できなくなる可能性のある out-of-memory 条件に関連するエラー処理の問題を修正しました。

    • 重複したリレーションファイルの存在により、一定期間利用できなくなる可能性がある問題を修正しました。

    • キャッシュされたプランが事前に無効になっている場合に、プランを検証すると、データベースが再起動されることがある不具合を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.10.1、2022 年 4 月 27 日

    安定性に関する優先度の高い強化
    • AWS コンソールで誤ったWriteIOPSレポートが発生する可能性がある問題を修正しました。

    • クラスターから読み取りノードを削除した後に、利用できなくする場合がある問題を修正しました。

    全般的な機能強化
    • 空きメモリが不足しているときにエンジンを再起動する場合があるバグを修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.10.0、2022 年 3 月 29 日

    安定性に関する優先度の高い強化
    • 読み取りノードが利用不能になるという複数の問題を修正しました。

    • 読み取りノードで WAL をリプレイできなくなり、レプリケーションスロットの削除と再同期が必要になる問題を修正しました。

    • ファイルが適切に閉じられないため、ストレージが過剰に使用される問題を修正しました。

    全般的な機能強化
    • commit_ts を設定したときの読み取りノードの小規模なメモリリークを修正しました。

    • Performance Insights に「不明な待機イベント」と表示される問題を修正しました。

    • aws_s3 拡張機能を使用すると、Amazon S3 からのインポートが失敗する場合がある問題を修正しました。

    • apg_plan_mgmt を使用すると、一定期間利用不能となる場合がある複数の問題を修正しました。

    • QPM を有効にすると、一定期間利用不能となる場合がある複数の問題を修正しました。

    PostgreSQL 12.9

    Aurora PostgreSQL のこのリリースは、PostgreSQL 12.9 と互換性があります。PostgreSQL 12.9 での改善の詳細については、PostgreSQL リリース 12.9 を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 12.9.11、2024 年 3 月 13 日

    全般的な安定性の強化
    • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドを終了することを許可します。

    • PLV8 拡張機能をバージョン 2.3.15 にアップグレードしました。

    安定性に関する優先度の高い強化
    • 以下の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対してバックポートされた修正プログラム。

    安定性に関する重要な強化
    • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

    • スロット作成中のアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

    • Aurora ストレージのデッドロックの問題を修正しました。これにより、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性があります。

    Aurora PostgreSQL 12.9.10、2023 年 12 月 27 日

    安定性に関する重要な強化
    全般的な安定性の強化
    • 論理レプリケーションアクションがテーブル所有者以外によって実行される問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.9.9、2023 年 11 月 17 日

    安定性に関する重要な強化
    • 次のセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

    • pg_cron バックグラウンドワーカープロセスに関する問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.9.8、2023 年 10 月 19 日

    安定性に関する優先度の高い強化

    Aurora PostgreSQL 12.9.7、2023 年 8 月 24 日

    全般的な機能強化
    • 統計コレクタープロセスが繰り返し再起動する問題を修正しました。

    • 適用フェーズ中に pglogical が競合する行をログに記録できない問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.9.6、2022 年 12 月 16 日

    全般的な機能強化
    • ライターインスタンスからレプリカインスタンスにログを送信すると、ネットワークトラフィックが増加する問題を修正しました。

    • モニタリングエージェントが使用できない場合にデータベースアクティビティストリームの不整合が発生する問題を修正しました。

    • PostGIS 拡張機能をバージョン 3.1.7 に更新。

    Aurora PostgreSQL 12.9.4、2022 年 7 月 20 日

    セキュリティ強化
    • CVE-2022-1552 に対する PostgreSQL コミュニティ修正をバックパッチしました: Autovacuum、REINDEX などでは「セキュリティ制限された操作」が省略されます。詳細については、「CVE-2022-1552」を参照してください。

    重要な機能強化
    • ストレージノードの再起動中に、一定期間利用不能になる場合がある問題を修正しました。

    高度な安定性に関する強化
    • 短時間使用できなくなる可能性のある out-of-memory 条件に関連するエラー処理の問題を修正しました。

    • 重複したリレーションファイルの存在により、一定期間利用できなくなる可能性がある問題を修正しました。

    • ファイルが適切に閉じられないため、ストレージが過剰に使用される問題を修正しました。

    • Performance Insights に「不明な待機イベント」と表示される問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.9.3、2022 年 4 月 13 日

    セキュリティ強化
    • 拡張機能の作成時のセキュリティ問題を軽減するための pg_cron 拡張機能に対する追加の変更。この問題は、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で解決されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    全般的な機能強化
    • 空きメモリが不足しているときにエンジンを再起動する場合があるバグを修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.9.1

    セキュリティ強化
    • PostGIS エクステンションをバージョン 3.1.4 から 3.1.5 に更新。この更新には、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で対処された脆弱性に関する PostGIS 修正が含まれています。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために ip4r エクステンションを変更。この問題は当初、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で公開されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために pg_bigm エクステンションを変更。この問題は、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で解決されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために pg_cron エクステンションを変更。この問題は、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で解決されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 12.9.0

    安定性に関する重要な強化
    • 論理レプリケーションがハングし、読み取りノードでリプレイが遅れることがあるバグを修正。インスタンスは最終的に再起動する可能性があります。

    その他の改善と機能強化
    • 短時間使用できなくなる可能性があるバッファキャッシュのバグを修正。

    • インデックスベースのプランが適用されていない apg_plan_mgmt エクステンションのバグを修正。

    • NULL 引数の不適切な処理により、短時間使用できなくなる可能性がある pg_logical エクステンションのバグを修正。

    • 孤立したファイルによってメジャーバージョンアップグレードが失敗する問題を修正。

    • Aurora ストレージデーモンのログ書き込みメトリクスの誤りを修正。

    • WAL リプレイが遅れて最終的にリーダーインスタンスが再起動する可能性がある複数のバグを修正。

    • 読み取り時の Aurora バッファキャッシュページの検証を改善。

    • Aurora ストレージメタデータの検証を改善。

    • pg_cron 拡張機能を v1.4 に更新。

    • pg_hint_pan 拡張機能を v1.3.7 に更新。

    PostgreSQL 12.8 (廃止)

    Aurora PostgreSQL のリリースは、PostgreSQL 12.8 と互換性があります。PostgreSQL 12.8 における改善点の詳細については、PostgreSQL リリース 12.8 を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 12.8.6、2022 年 12 月 19 日

    全般的な機能強化
    • モニタリングエージェントが使用できない場合にデータベースアクティビティストリームの不整合が発生する問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.8.4、2022 年 7 月 6 日

    セキュリティ強化
    • CVE-2022-1552 に対する PostgreSQL コミュニティ修正をバックパッチしました: Autovacuum、REINDEX などでは「セキュリティ制限された操作」が省略されます。詳細については、「CVE-2022-1552」を参照してください。

    全般的な機能強化
    • 短時間使用できなくなる可能性のある out-of-memory 条件に関連するエラー処理の問題を修正しました。

    • ファイルが適切に閉じられないため、ストレージが過剰に使用される問題を修正しました。

    • Performance Insights に「不明な待機イベント」と表示される問題を修正しました。

    • 重複したリレーションファイルの存在により、一定期間利用できなくなる可能性がある問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.8.2、2022 年 4 月 12 日

    セキュリティ強化
    • 拡張機能の作成時のセキュリティ問題を軽減するための pg_cron 拡張機能に対する追加の変更。この問題は、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で解決されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    全般的な機能強化
    • 短時間使用できなくなる可能性があるバッファキャッシュのバグを修正。

    Aurora PostgreSQL 12.8.1

    セキュリティ強化
    • PostGIS エクステンションをバージョン 3.1.4 から 3.1.5 に更新。この更新には、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で対処された脆弱性に関する PostGIS 修正が含まれています。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために ip4r エクステンションを変更。この問題は当初、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で公開されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために pg_bigm エクステンションを変更。この問題は、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で解決されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために pg_cron エクステンションを変更。この問題は、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で解決されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 12.8.0

    安定性に関する重要な強化
    • 読み取りノードのデータキャッシュが、そのノードの再起動後に不整合をまれに起こす問題を修正しました。

    安定性に関する優先度の高い強化
    • プリフェッチによってトリガーされた I/O リソースの枯渇によってクエリが応答しなくなる問題を修正しました。

    • メジャーバージョンのアップデート後に、Aurora が「パニック: 次のトランザクション ID xxxxxxxx のステータスにアクセスできませんでした」というメッセージにより、フラグを設定する場合がある問題を修正しました。

    その他の改善と機能強化
    • レプリケーションオリジンキャッシュルックアップの障害により、読み取りノードが再起動する問題を修正しました。

    • 書き込みノードのバキュームにトリガーされる遅延トランケーションの再生中に、読み取りノードで読み取りクエリがタイムアウトすることがある問題を修正しました。

    • Performance Insights がデータベース接続のバックエンドタイプを誤って設定する問題を修正しました。

    • aurora_postgres_replica_status () 関数が古いか、または遅れている CPU 統計を返す問題を修正しました。

    • rds_superuser ロールに pg_stat_statements_reset() 関数を実行するアクセス許可がなかった問題を修正しました。

    • apg_plan_mgmt 拡張機能で、計画時間および実行時間が 0 と報告される問題を修正しました。

    • DES、3DES、RC4 暗号スイートのサポートを削除しました。

    • PostGIS 拡張機能をバージョン 3.1.4 に更新。

    PostgreSQL 12.7、Aurora PostgreSQL リリース 4.2 (廃止)

    この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 12.7 と互換性があります。PostgreSQL 12.7 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 12.7」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 12.7.5、2022 年 12 月 30 日

    全般的な機能強化
    • モニタリングエージェントが使用できない場合にデータベースアクティビティストリームの不整合が発生する問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 12.7.4、2022 年 7 月 14 日

    セキュリティ強化
    • CVE-2022-1552 に対する PostgreSQL コミュニティ修正をバックパッチしました: Autovacuum、REINDEX などでは「セキュリティ制限された操作」が省略されます。詳細については、「CVE-2022-1552」を参照してください。

    安定性に関する優先度の高い強化
    • 短時間使用できなくなる可能性のある out-of-memory 条件に関連するエラー処理の問題を修正しました。

    • ファイルが適切に閉じられないため、ストレージが過剰に使用される問題を修正しました。

    • Performance Insights に「不明な待機イベント」と表示される問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 4.2.3、2022 年 4 月 7 日

    セキュリティ強化
    • 拡張機能の作成時のセキュリティ問題を軽減するための pg_cron 拡張機能に対する追加の変更。この問題は、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で解決されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 4.2.2

    セキュリティ強化
    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために pg_cron エクステンションを変更。この問題は、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で解決されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために pg_bigm エクステンションを変更。この問題は、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で解決されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために ip4r エクステンションを変更。この問題は当初、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で公開されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • CVE-2021-3677 の PostgreSQL コミュニティの修正プログラム「特定のクエリでのメモリ開示」をバックパッチ。詳細については、CVE-2021-3677 を参照してください

    • postgis を PostGIS 3.0.3 にバックパッチ。これは CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で対処された脆弱性に対する PostGIS の修正です。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 4.2.1

    安定性に関する重要な強化
    • 読み取りノードのデータキャッシュが、そのノードの再起動後に不整合をまれに起こす問題を修正しました。

    安定性に関する優先度の高い強化
    • プリフェッチによってトリガーされた I/O リソースの枯渇によってクエリが応答しなくなる問題を修正しました。

    • メジャーバージョンのアップデート後に、Aurora が「パニック: 次のトランザクション ID xxxxxxxx のステータスにアクセスできませんでした」というメッセージにより、フラグを設定する場合がある問題を修正しました。

    その他の改善と機能強化
    • レプリケーションオリジンキャッシュルックアップの障害により、読み取りノードが再起動する問題を修正しました。

    • apg_plan_mgmt 拡張機能で、計画時間および実行時間が 0 と報告される問題を修正しました。

    • Performance Insights がデータベース接続のバックエンドタイプを誤って設定する問題を修正しました。

    • apg_plan_mgmt 拡張機能で、パーティション化されたテーブルのプランアウトラインがインデックスベースのプランを適用しない問題を修正しました。

    • メジャーバージョンアップグレードの最中または終了後に、孤立したファイルによって読み取りコードパスが翻訳の失敗を引き起こす問題を修正しました。

    • Aurora ストレージデーモンで特定のネットワーク構成を使用している場合に、可用性を短時間失わせることがある複数の問題を修正しました。

    • ライターノードの再起動につながる Aurora ストレージデーモンの out-of-memory クラッシュの問題を修正しました。これにより、システム全体のメモリ消費量も削減されます。

    Aurora PostgreSQL 4.2.0

    新機能
    • oracle_fdw エクステンションバージョン 2.3.0 のサポートを追加。

    安定性に関する優先度の高い強化
    • テーブルスペースを持つ既存のテンプレートデータベースからデータベースを作成すると、メッセージ ERROR: could not open file pg_tblspc/...: No such file or directory のエラーが発生する問題を修正しました。

    • 多数の PostgreSQL サブトランザクション (SQL セーブポイントなど) が使用されていると、まれに Aurora レプリカが起動できない問題を修正しました。

    • まれに、レプリカノードの繰り返しの読み取りリクエストで読み取り結果が矛盾する問題を修正しました。

    その他の改善と機能強化
    • OpenSSL を 1.1.1k にアップグレードしました。

    • 一部のワークロードの Aurora レプリカで、WAL 適用プロセスの CPU 使用量とメモリ消費量を削減しました。

    • メタデータへの不正な書き込みを検出することで、書き込みパスの安全性チェックを改善しました。

    • SSL/TLS 接続の 3DES やその他の古い暗号を削除することにより、セキュリティを強化しました。

    • 重複するファイルエントリにより Aurora PostgreSQL エンジンが起動できなくなる問題を修正しました。

    • ワークロードが高い場合に一時的に使用できなくなる問題を修正しました。

    • S3 インポート中に Amazon S3 パスで先頭のスラッシュを使用する機能を追加しました。

    • oracle_fdw エクステンションバージョン 2.3.0 に、Graviton のサポートを追加。

    • 次のエクステンションを変更しました。

      • orafce エクステンションをバージョン 3.16 に更新しました。

      • pg_partman エクステンションをバージョン 4.5.1 に更新しました。

      • pg_cron エクステンションをバージョン 1.3.1 に更新しました。

      • postgis エクステンションをバージョン 3.0.3 に更新しました。

    PostgreSQL 12.6、Aurora PostgreSQL 4.1 (廃止)

    Aurora PostgreSQL のリリースは、PostgreSQL 12.6 と互換性があります。PostgreSQL 12.6 での改善の詳細については、PostgreSQL リリース 12.6 を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 4.1.2、2022 年 4 月 7 日

    セキュリティ強化
    • 拡張機能の作成時のセキュリティ問題を軽減するための pg_cron 拡張機能に対する追加の変更。この問題は、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で解決されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 4.1.1

    セキュリティ強化
    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために pg_cron エクステンションを変更。この問題は、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で解決されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために pg_bigm エクステンションを変更。この問題は、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で解決されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために ip4r エクステンションを変更。この問題は当初、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で公開されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • CVE-2021-3677 の PostgreSQL コミュニティの修正プログラム「特定のクエリでのメモリ開示」をバックパッチ。詳細については、CVE-2021-3677 を参照してください

    • pg_partman を 4.4.0 にバックパッチ。これは CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で対処された脆弱性に関する pg_partman の修正です。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • postgisPostGIS 3.0.2 にバックパッチ。これは CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で対処された脆弱性に関する PostGIS の修正です。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • log_fdw 拡張関数のパラメータで入力検証エラーにバックパッチを適用しました。

    Aurora PostgreSQL 4.1.1

    新機能
    安定性に関する優先度の高い強化
    • pglogical エクステンションで、インバウンドレプリケーションにおいてデータの整合性が損なわれる可能性があるバグを修正しました。

    • サブトランザクションが 64 を超えるトランザクションの処理中にリーダーを再起動した場合、まれに整合性がない結果が返されるというバグを修正しました。

    • 以下の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対してバックポートされた修正プログラム。

    その他の改善と機能強化
    • メモリに制約のある環境で多くの関係性を設定すると、データベースを起動できなくなるという不具合を修正しました。

    • apg_plan_mgmt エクステンションで、内部バッファオーバフローにより、短時間だけ可用性が失われる可能性があるバグを修正しました。

    • WAL リプレイ中に、短時間だけ可用性を失わせる可能性のあるリーダーノードのバグを修正しました。

    • rds_activity_stream エクステンションで、監査イベントのログ記録を試みている際に起動させると、エラーが発生するバグを修正しました。

    • aurora_replica_status 関数において、一部の行でリプレイのレイテンシーや CPU 使用率などの値が、常に 0 として記述される場合があるバグを修正しました。

    • データベースエンジンがインスタンスの合計メモリよりも大きい共有メモリセグメントを作成しようとし、繰り返し失敗するバグを修正しました。例えば、db.r5.large インスタンスで 128 GiB の共有バッファの作成を試みて失敗します。この変更により、割り当てる共有メモリの全体がインスタンスメモリよりも大きい場合は、そのインスタンスに互換性のないパラメータで設定することが許可されました。

    • データベース起動時に、不要な pg_wal テンポラリファイルをクリーンアップするためのロジックが追加されました。

    • メジャーバージョンアップグレード後の、アウトバウンドレプリケーションの同期エラーにつながる可能性があるバグを修正しました。

    • rds_activity_stream エクステンションの作成を試みた際に、ERROR: rds_activity_stream stack item 2 not found on top - cannot pop と表示されるバグを修正しました。

    • EXISTS サブクエリの下の関連サブクエリ IN で、failed to build any 3-way joins というエラーを発生させる可能性のあるバグを修正しました。

    • PostgreSQL コミュニティから、パフォーマンス向上のために次のバックポートを行いました: pg_stat_statements: add missing check for pgss_enabled()

    • Aurora PostgreSQL 12.x へのアップグレードにおいて、pg_control ファイルが開けないことが原因で失敗する可能性があるバグを修正しました。

    • pgAudit を有効化して postgis エクステンションを作成する際に、メモリが不足して、短時間の可用性の喪失につながるバグを修正しました。

    • PostgreSQL コミュニティから次のバグ修正をバックポートしました: AfterTriggersTableData.storeslot の use-after-free バグを修正しました。

    • アウトバウンド論理的なレプリケーションを使用して、別のデータベースとの間で変更を同期する際に、ERROR: could not map filenode "base/16395/228486645" to relation OID のようなエラーメッセージが表示されて失敗することがあるバグが修正されました。

    • トランザクションのキャンセル時に短時間の利用不能状態を起こす場合があるバグを修正しました。

    • 新しい Aurora PostgreSQL 12.x インスタンスを作成した後、pg_collation カタログテーブル内に、ICU の照合結果が表示されなくなるバグを修正しました。この問題には、古いバージョンからのアップグレードに対する影響はありません。

    • Microsoft Active Directory 認証をサポートしていないバージョンの Aurora PostgreSQL からアップグレードした場合に、rds_ad ロールが作成されないバグを修正しました。

    • タプルのメタデータの不整合を検出するための BTree ページチェック機能が追加されました。

    • WAL 再生中に、リーダーノードでの可用性の短時間の喪失につながる、非同期バッファ読み取りのバグを修正しました。

    • ディスクから TOAST 値を読み取た際、短時間、可用性が損なわれる可能性があるバグを修正しました。

    • タプルからのフェッチ、およびインデックススキャンを試みた際に、短時間、可用性が損なわれるバグを修正しました。

    PostgreSQL 12.4、Aurora PostgreSQL 4.0 (廃止)

    Aurora PostgreSQL のリリースは、PostgreSQL 12.4 と互換性があります。PostgreSQL 12.4 での改善の詳細については、PostgreSQL リリース 12.4 を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 4.0.5

    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために ip4r エクステンションを変更。この問題は当初、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で公開されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • CVE-2021-3677 の PostgreSQL コミュニティの修正プログラム「特定のクエリでのメモリ開示」をバックパッチ。詳細については、CVE-2021-3677 を参照してください

    • postgisPostGIS 3.0.2 にバックパッチ。これは CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で対処された脆弱性に関する PostGIS の修正です。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • log_fdw 拡張関数のパラメータで入力検証エラーにバックパッチを適用しました。

    Aurora PostgreSQL 4.0.2

    安定性に関する優先度の高い強化
    • ライターノードが 64 を超えるサブトランザクションを含む長いトランザクションを処理している間にリーダーを再起動すると、リーダーノードが余分な行または欠落した行をレンダリングすることがあるというバグを修正しました。

    • GIST インデックスでバキュームによるブロックを引き起こし得るバグを修正しました。

    • PostgreSQL 12 へのアップグレード後、システムテーブル pg_catalog.pg_shdescription でバキュームが次のエラーで失敗することがあるというバグを修正しました。エラー: relfrozenxid の前から xmin 484 が見つかりました

    その他の改善と機能強化
    • ストレージノードからの応答を処理する際、競合状態を原因として、断続的な利用不能状態を発生させ得るバグを修正しました。

    • ネットワーク暗号化キーのローテーションを原因として、断続的な利用不能状態を発生させ得るバグを修正しました。

    • 基盤となるストレージセグメントの熱管理を原因として、断続的な利用不能状態を発生させ得るバグを修正しました。

    • 数千のクライアントを含む大規模な Amazon S3 インポートにより、1 つまたは複数のインポートクライアントの応答停止状態を起こす場合があるバグを修正しました。

    • brazil を含む設定可変の文字列の設定を妨げていた制限をなくしました。

    • ライターノードが同じすべてのテーブルで排他ロックを取得している間に、リーダーノードで多数のテーブルにアクセスするクエリを実行する場合に、断続的な利用不能状態を発生させ得るバグを修正しました。

    Aurora PostgreSQL 4.0.1

    新機能
    安定性に関する重要な強化
    • まれにリードレプリカが繰り返し再起動できないバグを修正しました。

    • 16 を超えるリードレプリカまたは Aurora Global Database のセカンダリ AWS リージョンを作成しようとすると、クラスターが使用できなくなるバグを修正しました。新しいリードレプリカまたはセカンダリが削除されると、クラスター AWS リージョン が再び利用可能になりました。

    その他の改善と機能強化
    • 負荷が高いときに、スナップショットのインポート、COPY のインポート、または Amazon S3 インポートがまれに応答しなくなるバグを修正しました。

    • ライターの書き込み集中型のワークロードの使用率が非常に高いときに、リードレプリカがクラスターに参加しないことがあるバグを修正しました。

    • 大量の Amazon S3 インポートが実行されているときに、クラスターが一時的に利用できなくなるバグを修正しました。

    • 数多くの複雑なトランザクションの処理中に論理的なレプリケーションストリーミングが終了すると、クラスターの再起動に数分かかるバグを修正しました。

    • Aurora PostgreSQL 4.0.0 でデフォルトで誤って有効化されたジャストインタイム (JIT) コンパイルを修正しました。

    • 同じユーザーに AWS Identity and Access Management (IAM) 認証と Kerberos 認証の両方を使用することは許可されていません。

    Aurora PostgreSQL 4.0.0

    新機能
    その他の改善と機能強化
    • PostgreSQL 12.012.112.212.312.4 のリリースで発表されたいくつかの改善点が含まれています。

    • PostgreSQL 11.9、Aurora PostgreSQL 3.4 のすべての修正、機能、および改善が含まれています。

    • 以下の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対してバックポートされた修正プログラム:

    • 次の拡張を更新しました。

      • address_standardizer をバージョン 3.0.2 に更新

      • address_standardizer_data_us をバージョン 3.0.2 に更新

      • amcheck をバージョン 1.2 に更新

      • citext をバージョン 1.6 に更新

      • hll をバージョン 2.14 に更新

      • hstore をバージョン 1.6 に更新

      • ip4r をバージョン 2.4 に更新

      • pg_repack をバージョン 1.4.5 に更新

      • pg_stat_statements をバージョン 1.7 に更新

      • pgaudit をバージョン 1.4 に更新

      • pglogical をバージョン 2.3.2 に更新

      • pgrouting をバージョン 3.0.3 に更新

      • plv8 をバージョン 2.3.14 に更新

      • postGIS をバージョン 3.0.2 に更新

      • postgis_tiger_geocoder をバージョン 3.0.2 に更新

      • postgis_topology をバージョン 3.0.2 に更新

    PostgreSQL 11.21

    この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 11.21 と互換性があります。PostgreSQL 11.21 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 11.21」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 11.21.6、2024 年 3 月 13 日

    全般的な機能強化
    • PLV8 拡張機能のパフォーマンス低下の問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 11.21.5、2024 年 2 月 22 日

    全般的な機能強化
    • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドの終了を に許可します。

    優先度の高い機能強化
    • ZDP 中に がマイナーバージョンアップグレードをブロックpg_stat_statementsする問題を修正しました。

    • 厳密すぎるデータ整合性チェックが原因で、論理レプリケーションスロットが変更を出力しなくなる問題を修正しました。

    • 以下の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

    安定性に関する重要な強化
    • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

    • Aurora ストレージのデッドロックの問題を修正し、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性がある問題を修正しました。

    • 論理レプリケーションスロットの作成中にアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 11.21.2、2023 年 12 月 13 日

    安定性に関する重要な強化
    全般的な安定性の強化
    • 論理レプリケーションアクションがテーブル所有者以外によって実行される問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 11.21.1、2023 年 11 月 9 日

    安定性に関する重要な強化
    • 次のセキュリティ問題の修正をバックポートしました。

    Aurora PostgreSQL 11.21.0、2023 年 10 月 24 日

    新機能
    • カスタマーマネージド KMS キーで暗号化された S3 バケットへのエクスポートに対するサポートを aws_s3 拡張機能に追加しました。

    全般的な機能強化
    • aws_s3 拡張機能で、エクスポートされた行の合計数が 20 億を超えると、エクスポート行数が誤って報告される問題を修正しました。

    • aws_s3 拡張機能でタイムアウトを設定するオプションを提供しました。以下のパラメータ (GUC) を設定することで、S3 からのインポートのタイムアウトしきい値を変更できるようになりました。

      • aws_s3.curlopt_low_speed_limit

      • aws_s3.curlopt_low_speed_time

    • Aurora レプリカでのコミットトランザクション操作のリプレイのパフォーマンスが向上しました

    • aws_s3 拡張機能からのインポートがまれに完了しないことがある問題を修正しました。

    • PostGIS の GEOS ライブラリをバージョン 3.12.0 に更新しました。

    • クラスターキャッシュマネージャー送信者の待機時間を示す WAIT_EVENT_Aurora_CLUSTER_CACHE_MANAGER_SENDER 待機イベントを追加しました。

    • Aurora Serverless リソースのモニタリングの待機時間を示す WAIT_EVENT_Aurora_SERVERLESS_MONITORING_MAIN 待機イベントを追加しました。

    • 論理レプリケーションスロットの開始時にデータベースがクラッシュすることがある問題を修正しました。

    その他の改善と機能強化
    • 次の拡張機能を更新しました。

      • orafce をバージョン 4.3.0 に更新

      • pg_logical をバージョン 2.4.3 に更新

      • plv8 をバージョン 3.1.6 に更新

      • PostGIS をバージョン 3.3.3 に更新

      • RDKit をバージョン 4.3 に更新

    拡張機能およびモジュールの詳細については、「Aurora PostgreSQL 11 でサポートされている拡張機能」を参照してください。

    PostgreSQL 11.20 (廃止)

    この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 11.20 と互換性があります。PostgreSQL 11.20 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 11.20」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 11.20.2、2023 年 10 月 4 日

    安定性に関する優先度の高い強化
    • 次の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対する修正をバックポートしました。

    優先度の高い機能強化
    • I/O を多用する読み取りワークロードの実行中に、データベースインスタンスが再起動する場合がある問題を修正しました。

    • Aurora レプリカの再起動後にバキューム操作がブロックされる場合がある問題を修正しました。

    • COPY FROM コマンドの実行時にクラッシュが発生する問題を修正しました。

    • CPU 使用率が高くなり、新しい接続ができなくなる問題を修正しました。

    • 外部キーを含むテーブルからの UPDATE および DELETE が、「エラー: 40001: シリアル化可能なスナップショットの使用時に同時更新が原因でアクセスをシリアル化できませんでした」というエラーで予期せず失敗する場合がある問題を修正しました。

    全般的な機能強化
    • I/O で使用する一時的なメタデータの診断機能を導入しました。

    • plv8pllplcoffee の各拡張機能をバージョン 2.3.15 に更新しました。

    • Aurora PostgreSQL 15.3 の特定のシナリオにおいて、改善されたメモリ管理を有効にできない問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 11.20.0、2023 年 7 月 13 日

    オープンソースコミュニティによる PostgreSQL データベースの更新に関する発表を受けて、PostgreSQL バージョン 15.3、14.8、13.11、12.15、および 11.20 をサポートするように Amazon Aurora PostgreSQL 互換エディションを更新しました。これらのリリースには、PostgreSQL コミュニティによる製品の改善とバグ修正のほか、Aurora 固有の改善が含まれています。さらに、Babelfish for Aurora PostgreSQL バージョン 3.2 の新機能や改善点、および AWS Database Migration Service のサポートの改善も含まれています。アップグレードの頻度やアップグレードプロセスをどのように計画するかを決めるには、「Amazon Aurora バージョン」を参照してください。注意点として、Amazon Aurora PostgreSQL 11 のいずれかのバージョンを実行している場合は、2024 年 2 月 29 日までに新しいメジャーバージョンにアップグレードする必要があります。

    新機能
    • このリリースには、メモリ管理の改善が含まれており、メモリ不足による問題を事前に防ぐことで、データベースの安定性と可用性を高めます。詳細については、「Aurora PostgreSQL のメモリ管理が改善されました」を参照してください。

    優先度の高い機能強化
    • 拡張環境変数に関連する ZDP 中の問題を修正しました。

    • プロセスが予期しないページを検出したと誤解する原因となっていた論理レプリケーション中の一時的なエラーに対処しました。

    • レプリケーション元の状態ファイルの部分的な作成により、一定期間利用不能になる問題を修正しました。

    全般的な機能強化
    • Postgres のメモリコンテキストレベルでバックエンドのメモリ使用量の内訳を表示する新しい関数 aurora_stat_memctx_usage() を追加しました。

    • aws_lambda 拡張機能内のタイムアウトを設定するオプションを提供しました。次のパラメータ (GUCsを設定することで、 AWS Lambda 統合の接続タイムアウトとリクエストタイムアウトを変更できるようになりました。

      • aws_lambda.connect_timeout_ms.

      • aws_lambda.request_timeout_ms.

    • AuroraReplicaLag メトリクスの計算に関する問題を修正しました。

    • aws_s3 拡張機能が、まれに、名前にドットを含む Amazon S3 バケットからのインポートに失敗する問題を修正しました。

    • ZDP 中のデータベースのダウンタイムをさらに短縮しました。

    • ZDP 中に利用不能な状態を生じるバグを修正しました。

    • pg_ls_waldir() が「エラー:ファイルを統計できませんでした」を返す問題を修正しました。

    • TLS_AES_128_GCM_SHA256 と TLS_AES_256_GCM_SHA384 の暗号を使用した TLS 1.3 のサポートを追加しました。

    • RDS for PostgreSQL DB インスタンスの Aurora レプリカでメジャーバージョンのアップグレードをブロックしていた問題に対処しました。

    • GEOS をバージョン 3.11.2 にアップグレードしました。

    • tds_fdw を 2.0.3 にアップグレードしました。

    PostgreSQL 11.19 (廃止)

    この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 11.19 と互換性があります。PostgreSQL 11.19 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 11.19」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 11.19.4、2023 年 10 月 5 日

    安定性に関する優先度の高い強化
    • 次の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対する修正をバックポートしました。

    優先度の高い機能強化
    • I/O を多用する読み取りワークロードの実行中に、データベースインスタンスが再起動する場合がある問題を修正しました。

    • Aurora レプリカの再起動後にバキューム操作がブロックされる場合がある問題を修正しました。

    • CPU 使用率が高くなり、新しい接続ができなくなる問題を修正しました。

    全般的な機能強化
    • I/O で使用する一時的なメタデータの診断機能を導入しました。

    • plv8pllplcoffee の各拡張機能をバージョン 2.3.15 に更新しました。

    Aurora PostgreSQL 11.19.3、2023 年 7 月 24 日

    全般的な機能強化
    • AuroraReplicaLag メトリクスの計算に関する問題を修正しました。

    • ZDP 中に利用不能な状態を生じるバグを修正しました。

    • トランザクションコミット時にストレージを再利用できなくなる問題を修正しました

    • 適用フェーズ中に pglogical が競合する行をログに記録できない問題を修正しました。

    • Aurora Serverless v2 スケーリングの機能強化を追加しました。

    • aws_s3 拡張機能が、まれに、名前にドットを含む Amazon S3 バケットからのインポートに失敗する問題を修正しました。

    • aws_lambda 拡張機能内のタイムアウトを設定するオプションを提供しました。次のパラメータ (GUCsを設定することで、 AWS Lambda 統合の接続タイムアウトとリクエストタイムアウトを変更できるようになりました。

      • aws_lambda.connect_timeout_ms.

      • aws_lambda.request_timeout_ms.

    • ライターインスタンスに再接続すると、読み取り可用性機能が向上した Aurora レプリカが再起動する場合がある複数の問題を修正しました。

    • 存続可能なリーダーが再接続できない問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 11.19.2、2023 年 5 月 10 日

    全般的な機能強化
    • test_decoding プラグインを pg_create_logical_replication_slot にロードする際のエラーを修正しました。

    Aurora PostgreSQL 11.19.1、2023 年 4 月 5 日

    全般的な機能強化
    • PROJ サポートをバージョン 9.1.0 にアップグレードしました。

    • PostGISGDAL ライブラリをバージョン 3.5.3 にアップグレードしました。

    • TCN 拡張機能と SEG 拡張機能のサポートを追加

    • 論理レプリケーションが有効になっている場合、データベースによる起動時の回復作業量が増えることがある問題を修正しました。

    • EXPLAIN で I/O タイミングメトリクスが正しくなかった問題を修正しました。

    • EXPLAIN でバッファヒットカウントが不正確になる問題を修正しました。

    • 特に多数のオブジェクトを含む大規模なインスタンスで、エンジンの起動時間を改善しました。

    • Aurora 関数 aurora_stat_logical_wal_cache() がすべてのユーザーに表示されるようになりました。

    その他の改善と機能強化
    • 次の拡張機能を更新しました。

      • hll をバージョン 2.17 に更新

      • orafce をバージョン 4.0.0 に更新

      • pg_hint_plan をバージョン 1.3.8 に更新

      • pg_logical をバージョン 2.4.2 に更新

      • pg_trgm をバージョン 1.4 に更新

      • pgrouting をバージョン 3.4.1 に更新

      • PostGIS をバージョン 3.3.2 に更新

      • SEG をバージョン 1.0 に更新

      • TCN をバージョン 1.0 に更新

      • wal2json をバージョン 2.5 に更新

    PostgreSQL 11.18 (廃止)

    この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 11.18 と互換性があります。PostgreSQL 11.18 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 11.18」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 11.18.5、2023 年 10 月 4 日

    安定性に関する優先度の高い強化
    • 大量の IO 読み取りワークロードの実行中に、データベースインスタンスが再起動する場合がある問題を修正しました。

    • CPU 使用率が高くなり、新しい接続ができなくなる問題を修正しました。

    全般的な機能強化
    • I/O で使用する一時的なメタデータの診断機能を導入しました。

    Aurora PostgreSQL 11.18.4、2023 年 9 月 13 日

    全般的な機能強化
    • Aurora Serverless v2 スケーリングの機能強化を追加しました。

    • AuroraReplicaLag メトリクスの計算に関する問題を修正しました。

    • ZDP 中に利用不能な状態を生じるバグを修正しました。

    • 適用フェーズ中に pglogical が競合する行をログに記録できない問題を修正しました。

    • aws_s3 拡張機能が、まれに、名前にドットを含む Amazon S3 バケットからのインポートに失敗する問題を修正しました。

    • aws_lambda 拡張機能内のタイムアウトを設定するオプションを提供しました。次のパラメータを設定することで、 AWS Lambda 統合の接続タイムアウトとリクエストタイムアウトを変更できるようになりました。

      • aws_lambda.connect_timeout_ms.

      • aws_lambda.request_timeout_ms.

    • plv8pllsplcoffee の各拡張機能をバージョン 2.3.15 に更新しました。

    Aurora PostgreSQL 11.18.2、2023 年 3 月 3 日

    全般的な安定性の強化
    • PostGISGDAL データが読み込まれていなかった問題を修正しました。

    • 論理レプリケーションが有効になっている場合、起動時の回復作業量が増える問題を修正しました。

    • パラメータの数が多いプロシージャのエラー処理を改善するために問題を修正しました。

    • 大量のレコードをロードするとタイムアウトになるという aws_s3 拡張機能の問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 11.18.0、2023 年 1 月 20 日

    安定性に関する優先度の高い強化
    • 最も古い MultiXactId が誤って更新されてアップグレードが失敗する問題を修正しました。

    • コミットのレイテンシーメトリクスが更新されない問題を修正しました。

    • 短時間の利用不能状態を起こす場合がある問題を修正しました。

    全般的な安定性の強化
    • DB インスタンスの移行エラーを生じていた問題を修正しました。

    • メタデータの不整合が原因で DB が起動しない問題を修正しました。

    • エラー処理と診断能力を改善しました。

    • RDKit 拡張機能をバージョン 4.2 にアップグレードしました。

    • GDAL ライブラリをバージョン 3.4.3 にアップグレードしました。

    • pg_repack 拡張機能に関する問題を修正しました。

    • 新しい独立したデフォルト照合ライブラリにより、照合ライブラリ (glibc) の処理を改善しました。

    PostgreSQL 11.17 (廃止)

    この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 11.17 と互換性があります。PostgreSQL 11.17 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 11.17」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 11.17.3、2023 年 10 月 17 日

    安定性に関する優先度の高い強化
    優先度の高い機能強化
    • Aurora レプリカの再起動後にバキューム操作がブロックされる問題を修正しました。

    • CPU 使用率が高くなり、新しい接続ができなくなる問題を修正しました。

    全般的な安定性の強化
    • 統計コレクタープロセスが繰り返し再起動する問題を修正しました。

    • Aurora Serverless v2 のスケール時間を改善しました。

    • ZDP 中に利用不能な状態を生じるバグを修正しました。

    • 適用フェーズ中に pglogical が競合する行をログに記録できない問題を修正しました。

    • aws_s3 拡張機能が、まれに、名前にドットを含む S3 バケットからのインポートに失敗する場合がある問題を修正しました。

    • aws_lambda 拡張機能内のタイムアウトを設定するオプションを提供しました。次のパラメータを設定することで、 AWS Lambda 統合の接続タイムアウトとリクエストタイムアウトを変更できるようになりました。

      • aws_lambda.connect_timeout_ms.

      • aws_lambda.request_timeout_ms.

    • I/O を多用する読み取りワークロードの実行中に、データベースインスタンスが再起動する場合がある問題を修正しました。

    • plv8pllplcoffee の各拡張機能をバージョン 2.3.15 に更新しました。

    Aurora PostgreSQL 11.17.2、2023 年 3 月 2 日

    全般的な安定性の強化
    • 論理レプリケーションが有効になっている場合、起動時の回復作業量が増える問題を修正しました。

    • パラメータの数が多いプロシージャのエラー処理を改善するために問題を修正しました。

    • 大量のレコードをロードするとタイムアウトになるという aws_s3 拡張機能の問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 11.17.1、2022 年 12 月 13 日

    全般的な安定性の強化
    • ライターインスタンスからレプリカインスタンスにログを送信すると、ネットワークトラフィックが増加する問題を修正しました。

    • データベースのマイナーリリースとパッチリリースのアップグレード中に生じるエンジンの安定性の問題を修正しました。

    • レプリケーション中にデータの不整合が生じる場合がある問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 11.17.0、2022 年 11 月 9 日

    全般的な安定性の強化
    • バッファキャッシュに負荷がかかっているときのバッファキャッシュ清掃を改善しました。

    • メモリの大量消費につながるデータベースアクティビティストリームの問題を修正しました。

    • DB インスタンスが再起動する原因となっていたバグを修正しました。

    • クラッシュ時のモニタリングメトリクスの生成中に DB インスタンスが再帰的に再起動する問題を修正しました。

    • パフォーマンスメトリクスの収集中に DB インスタンスが再起動する問題を修正しました。

    • データベースに接続しようとすると、SSLV3_ALERT_CERTIFICATE_UNKNOWN で失敗する問題を修正しました。

    • 無効なヒントビットの設定に関する診断ログを改善しました。

    • autovacuum がテーブルを誤ってスキップする問題を修正しました。

    • 論理レプリケーションのプリフェッチを改善しました。

    • GIN インデックスの耐久性に関する問題を修正しました。

    • 停止中のメジャーバージョンアップグレードを検出してキャンセルするように問題を修正しました。

    • メモリ消費量の増加につながる場合があるハッシュ結合の問題を修正しました。

    • 論理レプリケーションのパフォーマンスを改善しました。

    • モニタリングエージェントが使用できない場合にデータベースアクティビティストリームの不整合が発生する問題を修正しました。

    • GEOS バージョンを 3.10.3 にアップグレードしました。

    • PostGIS 拡張機能をバージョン 3.2.3 に更新しました。

    • st_orientedenvelope が 1 次元入力でループして 0 を返す問題を修正しました。

    • tds_fdw を使用した SQL Server への接続が失敗する問題を修正しました。

    PostgreSQL 11.16 (廃止)

    この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 11.16 と互換性があります。PostgreSQL 11.16 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 11.16」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 11.16.6、2023 年 10 月 19 日

    安定性に関する優先度の高い強化
    優先度の高い機能強化
    • Aurora レプリカの再起動後にバキューム操作がブロックされる問題を修正しました。

    • CPU 使用率が高くなり、新しい接続ができなくなる問題を修正しました。

    全般的な安定性の強化
    • 統計コレクタープロセスが繰り返し再起動する問題を修正しました。

    • Aurora Serverless v2 のスケール時間を改善しました。

    • ZDP 中に利用不能な状態を生じるバグを修正しました。

    • 適用フェーズ中に pglogical が競合する行をログに記録できない問題を修正しました。

    • aws_s3 拡張機能が、まれに、名前にドットを含む S3 バケットからのインポートに失敗する場合がある問題を修正しました。

    • aws_lambda 拡張機能内のタイムアウトを設定するオプションを提供しました。次のパラメータを設定することで、 AWS Lambda 統合の接続タイムアウトとリクエストタイムアウトを変更できるようになりました。

      • aws_lambda.connect_timeout_ms.

      • aws_lambda.request_timeout_ms.

    • plv8pllplcoffee の各拡張機能をバージョン 2.3.15 に更新しました。

    • I/O で使用する一時的なメタデータの診断機能を導入しました。

    Aurora PostgreSQL 11.16.5、2022 年 12 月 14 日

    全般的な安定性の強化
    • データベースのマイナーリリースとパッチリリースのアップグレード中に生じるエンジンの安定性の問題を修正しました。

    • モニタリングエージェントが使用できない場合にデータベースアクティビティストリームの不整合が発生する問題を修正しました。

    • レプリケーション中にデータの不整合が生じる場合がある問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 11.16.4、2022 年 11 月 17 日

    安定性に関する優先度の高い強化
    • ライターインスタンスからレプリカインスタンスにログを送信すると、ネットワークトラフィックが増加する問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 11.16.3、2022 年 10 月 13 日

    安定性に関する優先度の高い強化
    • ベースパラメータがメモリに正しく読み込まれない PLV8 問題を修正しました。

    全般的な安定性の強化
    • Aurora PostgreSQL が relfilenode をファイリングできないバグを修正しました。

    • 現在のスケーリングイベントがタイムアウトすると、スケーリングが停止する問題を修正しました。

    • PostGIS 拡張機能をバージョン 3.1.7 にアップグレードしました。

    • ダウンタイムなしのパッチ適用 (ZDP) 中に拡張クエリのメッセージが失われ、ZDP の完了後に拡張クエリがハングする場合がある問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 11.16.1、2022 年 7 月 6 日

    安定性に関する重要な強化
    • ストレージノードの再起動中に、一定期間利用不能になる場合がある問題を修正しました。

    安定性に関する優先度の高い強化
    • 短時間使用できなくなる可能性のある out-of-memory 条件に関連するエラー処理の問題を修正しました。

    • TDS_FDW 拡張機能を使用して外部テーブルをクエリすると、SQL Server への接続に失敗する問題を修正しました。

    • 指定したルート証明書を使用した接続が失敗する問題を修正しました。

    • B ツリーのインデックスエントリに一貫性がない場合の診断情報とサポート情報を改善しました。

    Aurora PostgreSQL 11.16.0、2022 年 6 月 9 日

    新機能
    重要な更新
    • LSN の不一致によるリプレイのクラッシュを修正しました。

    • 無効なリージョンの挿入を防ぐように aws_s3 拡張機能を修正しました。

    高度な安定性に関する更新
    • 短時間利用できなくなる可能性のある out-of-memory 条件に関連する複数の問題を修正しました。

    全般的な安定性に関する更新
    • Aurora Serverless v1 スケーリングイベント中のロック競合クラッシュを修正しました。

    • 再起動後に論理レプリケーションが停止する問題を修正しました。

    • 短時間の利用不能状態を生じる場合がある複数の問題を修正しました。

    • やり直し中に、GENERIC_XLOG_FULL_PAGE_DATA の Generic Redo で無効なページがヒットする問題を修正しました。これは、ログレコードを生成してからレコードのメタデータを RW ノードに書き込むまでの間にタイミングホールがあり、その間に RO ノードがリプレイすることが原因です。

    • 並列ワーカーをサポートすることで、クエリのパフォーマンスを向上させました。

    • プラグイン wal2json バージョンを 2.4 にアップグレードしました。

    • pglogical 拡張機能をバージョン 2.4.1 にアップグレードしました。

    PostgreSQL 11.15 (廃止)

    この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 11.15 と互換性があります。PostgreSQL 11.15 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 11.15」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 11.15.6、2022 年 12 月 16 日

    全般的な機能強化
    • ライターインスタンスからレプリカインスタンスにログを送信すると、ネットワークトラフィックが増加する問題を修正しました。

    • モニタリングエージェントが使用できない場合にデータベースアクティビティストリームの不整合が発生する問題を修正しました。

    • PostGIS 拡張機能をバージョン 3.1.7 に更新。

    Aurora PostgreSQL 11.15.4、2022 年 7 月 18 日

    セキュリティ強化
    • CVE-2022-1552 に対する PostgreSQL コミュニティ修正をバックパッチしました: Autovacuum、REINDEX などでは「セキュリティ制限された操作」が省略されます。詳細については、「CVE-2022-1552」を参照してください。

    重要な機能強化
    • ストレージノードの再起動中に、一定期間利用不能になる場合がある問題を修正しました。

    高度な安定性に関する強化
    • 短時間使用できなくなる可能性のある out-of-memory 条件に関連するエラー処理の問題を修正しました。

    • 重複したリレーションファイルの存在により、一定期間利用できなくなる可能性がある問題を修正しました。

    • キャッシュされたプランが事前に無効になっている場合に、プランを検証すると、データベースが再起動されることがある不具合を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 11.15.1、2022 年 4 月 27 日

    安定性に関する優先度の高い強化
    • AWS コンソールで誤ったWriteIOPSレポートが発生する可能性がある問題を修正しました。

    • クラスターから読み取りノードを削除した後に、利用できなくする場合がある問題を修正しました。

    全般的な機能強化
    • 空きメモリが不足しているときにエンジンを再起動する場合があるバグを修正しました。

    Aurora PostgreSQL 11.15.0、2022 年 3 月 29 日

    安定性に関する優先度の高い強化
    • 読み取りノードが利用不能になるという複数の問題を修正しました。

    • 読み取りノードで WAL をリプレイできなくなり、レプリケーションスロットの削除と再同期が必要になる問題を修正しました。

    • ファイルが適切に閉じられないため、ストレージが過剰に使用される問題を修正しました。

    全般的な機能強化
    • commit_ts を設定したときの読み取りノードの小規模なメモリリークを修正しました。

    • Performance Insights に「不明な待機イベント」と表示される問題を修正しました。

    • aws_s3 拡張機能を使用すると、Amazon S3 からのインポートが失敗する場合がある問題を修正しました。

    • apg_plan_mgmt を使用すると、一定期間利用不能となる場合がある複数の問題を修正しました。

    • QPM を有効にすると、一定期間利用不能となる場合がある複数の問題を修正しました。

    PostgreSQL 11.14 (廃止)

    この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 11.14 と互換性があります。PostgreSQL 11.14 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 11.14」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 11.14.7、2023 年 8 月 24 日

    全般的な機能強化
    • 統計コレクタープロセスが繰り返し再起動する問題を修正しました。

    • 適用フェーズ中に pglogical が競合する行をログに記録できない問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 11.14.6、2022 年 12 月 16 日

    全般的な機能強化
    • ライターインスタンスからレプリカインスタンスにログを送信すると、ネットワークトラフィックが増加する問題を修正しました。

    • モニタリングエージェントが使用できない場合にデータベースアクティビティストリームの不整合が発生する問題を修正しました。

    • PostGIS 拡張機能をバージョン 3.1.7 に更新。

    Aurora PostgreSQL 11.14.4、2022 年 7 月 20 日

    セキュリティ強化
    • CVE-2022-1552 に対する PostgreSQL コミュニティ修正をバックパッチしました: Autovacuum、REINDEX などでは「セキュリティ制限された操作」が省略されます。詳細については、「CVE-2022-1552」を参照してください。

    重要な機能強化
    • ストレージノードの再起動中に、一定期間利用不能になる場合がある問題を修正しました。

    高度な安定性に関する強化
    • 短時間使用できなくなる可能性のある out-of-memory 条件に関連するエラー処理の問題を修正しました。

    • 重複したリレーションファイルの存在により、一定期間利用できなくなる可能性がある問題を修正しました。

    • ファイルが適切に閉じられないため、ストレージが過剰に使用される問題を修正しました。

    • Performance Insights に「不明な待機イベント」と表示される問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 11.14.3、2022 年 4 月 13 日

    全般的な機能強化
    • 空きメモリが不足しているときにエンジンを再起動する場合があるバグを修正しました。

    Aurora PostgreSQL 11.14.1

    セキュリティ強化
    • PostGIS エクステンションをバージョン 3.1.4 から 3.1.5 に更新。この更新には、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で対処された脆弱性に関する PostGIS 修正が含まれています。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために ip4r エクステンションを変更。この問題は当初、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で公開されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために pg_bigm エクステンションを変更。この問題は、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で解決されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 11.14.0

    安定性に関する重要な強化
    • 論理レプリケーションがハングし、読み取りノードでリプレイが遅れることがあるバグを修正。インスタンスは最終的に再起動する可能性があります。

    その他の改善と機能強化
    • 短時間使用できなくなる可能性があるバッファキャッシュのバグを修正。

    • インデックスベースのプランが適用されていない apg_plan_mgmt エクステンションのバグを修正。

    • NULL 引数の不適切な処理により、短時間使用できなくなる可能性がある pg_logical エクステンションのバグを修正。

    • 孤立したファイルによってメジャーバージョンアップグレードが失敗する問題を修正。

    • Aurora ストレージデーモンのログ書き込みメトリクスの誤りを修正。

    • WAL リプレイが遅れて最終的にリーダーインスタンスが再起動する可能性がある複数のバグを修正。

    • 読み取り時の Aurora バッファキャッシュページの検証を改善。

    • Aurora ストレージメタデータの検証を改善。

    • pg_hint_pan エクステンションを v1.3.7 に更新。

    PostgreSQL 11.13 (廃止)

    Aurora PostgreSQL のリリースは、PostgreSQL 11.13 と互換性があります。PostgreSQL 11.13 における改善点の詳細については、PostgreSQL リリース 11.13 を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 11.13.6、2022 年 12 月 19 日

    全般的な機能強化
    • モニタリングエージェントが使用できない場合にデータベースアクティビティストリームの不整合が発生する問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 11.13.4、2022 年 7 月 6 日

    セキュリティ強化
    • CVE-2022-1552 に対する PostgreSQL コミュニティ修正をバックパッチしました: Autovacuum、REINDEX などでは「セキュリティ制限された操作」が省略されます。詳細については、「CVE-2022-1552」を参照してください。

    全般的な機能強化
    • 短時間使用できなくなる可能性のある out-of-memory 条件に関連するエラー処理の問題を修正しました。

    • ファイルが適切に閉じられないため、ストレージが過剰に使用される問題を修正しました。

    • Performance Insights に「不明な待機イベント」と表示される問題を修正しました。

    • 重複したリレーションファイルの存在により、一定期間利用できなくなる可能性がある問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 11.13.3、2022 年 6 月 6 日

    セキュリティ強化
    • CVE-2022-1552 に対する PostgreSQL コミュニティ修正をバックパッチしました: Autovacuum、REINDEX などでは「セキュリティ制限された操作」が省略されます。詳細については、「CVE-2022-1552」を参照してください。

    安定性に関する優先度の高い更新
    • Amazon Aurora Serverless v1 で postmaster プロセスの再起動を引き起こす場合がある問題を修正しました。

    • Amazon Aurora Serverless v1 で Aurora Runtime プロセスの再起動を引き起こす場合がある問題を修正しました。

    全般的な機能強化
    • Aurora ランタイムのメモリリークにより、 out-of-memory 状態が発生する可能性がある問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 11.13.2、2022 年 4 月 12 日

    全般的な機能強化
    • 短時間使用できなくなる可能性があるバッファキャッシュのバグを修正。

    Aurora PostgreSQL 11.13.1

    セキュリティ強化
    • PostGIS エクステンションをバージョン 3.1.4 から 3.1.5 に更新。この更新には、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で対処された脆弱性に関する PostGIS 修正が含まれています。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために ip4r エクステンションを変更。この問題は当初、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で公開されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために pg_bigm エクステンションを変更。この問題は、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で解決されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 11.13.0

    安定性に関する重要な強化
    • 読み取りノードのデータキャッシュが、そのノードの再起動後に不整合をまれに起こす問題を修正しました。

    安定性に関する優先度の高い強化
    • プリフェッチによってトリガーされた I/O リソースの枯渇によってクエリが応答しなくなる問題を修正しました。

    • メジャーバージョンのアップデート後に、Aurora が「パニック: 次のトランザクション ID xxxxxxxx のステータスにアクセスできませんでした」というメッセージにより、フラグを設定する場合がある問題を修正しました。

    その他の改善と機能強化
    • レプリケーションオリジンキャッシュルックアップの障害により、読み取りノードが再起動する問題を修正しました。

    • 書き込みノードのバキュームにトリガーされる遅延トランケーションの再生中に、読み取りノードで読み取りクエリがタイムアウトすることがある問題を修正しました。

    • Performance Insights がデータベース接続のバックエンドタイプを誤って設定する問題を修正しました。

    • aurora_postgres_replica_status 関数が古いまたは遅れている CPU 統計を返す問題を修正しました。

    • まれに、ログ適用プロセスの停止により Aurora Global Database セカンダリミラークラスタが再起動することがある問題を修正しました。

    • apg_plan_mgmt 拡張機能で、計画時間および実行時間が 0 と報告される問題を修正しました。

    • DES、3DES、RC4 暗号スイートのサポートを削除しました。

    • PostGIS 拡張機能をバージョン 3.1.4 に更新。

    • postgis_raster 拡張機能バージョン 3.1.4 のサポートを追加。

    PostgreSQL 11.12、Aurora PostgreSQL 3.6 (廃止)

    この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 11.12 と互換性があります。PostgreSQL 11.12 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 11.12」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 11.12.5、2022 年 12 月 30 日

    全般的な機能強化
    • モニタリングエージェントが使用できない場合にデータベースアクティビティストリームの不整合が発生する問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 11.12.4、2022 年 7 月 14 日

    セキュリティ強化
    • CVE-2022-1552 に対する PostgreSQL コミュニティ修正をバックパッチしました: Autovacuum、REINDEX などでは「セキュリティ制限された操作」が省略されます。詳細については、「CVE-2022-1552」を参照してください。

    安定性に関する優先度の高い強化
    • 短時間使用できなくなる可能性のある out-of-memory 条件に関連するエラー処理の問題を修正しました。

    • ファイルが適切に閉じられないため、ストレージが過剰に使用される問題を修正しました。

    • Performance Insights に「不明な待機イベント」と表示される問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 3.6.2

    セキュリティ強化
    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために pg_bigm エクステンションを変更。この問題は、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で解決されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために ip4r エクステンションを変更。この問題は当初、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で公開されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • CVE-2021-3677 の PostgreSQL コミュニティの修正プログラム「特定のクエリでのメモリ開示」をバックパッチ。CVE-2020-14350

    • postgis を PostGIS 2.5.2 にバックパッチ。これは CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で対処された脆弱性に対する PostGIS の修正です。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 3.6.1

    安定性に関する重要な強化
    • 読み取りノードのデータキャッシュが、そのノードの再起動後に不整合をまれに起こす問題を修正しました。

    安定性に関する優先度の高い強化
    • プリフェッチによってトリガーされた I/O リソースの枯渇によってクエリが応答しなくなる問題を修正しました。

    • メジャーバージョンのアップデート後に、Aurora が「パニック: 次のトランザクション ID xxxxxxxx のステータスにアクセスできませんでした」というメッセージにより、フラグを設定する場合がある問題を修正しました。

    • Aurora ストレージデーモンで特定のネットワーク構成を使用している場合に、可用性を短時間失わせることがある複数の問題を修正しました。

    • ライターノードの再起動につながる Aurora ストレージデーモンの out-of-memory クラッシュの問題を修正しました。これにより、システム全体のメモリ消費量も削減されます。

    その他の改善と機能強化
    • レプリケーションオリジンキャッシュルックアップの障害により、読み取りノードが再起動する問題を修正しました。

    • apg_plan_mgmt 拡張機能で、計画時間および実行時間が 0 と報告される問題を修正しました。

    • Performance Insights がデータベース接続のバックエンドタイプを誤って設定する問題を修正しました。

    • まれに、ログ適用プロセスの停止により Aurora Global Database セカンダリミラークラスタが再起動することがある問題を修正しました。

    • メジャーバージョンアップグレードの最中または終了後に、孤立したファイルによって読み取りコードパスが翻訳の失敗を引き起こす問題を修正しました。

    • Aurora ストレージデーモンで特定のネットワーク構成を使用している場合に、可用性を短時間失わせることがある複数の問題を修正しました。

    • ライターノードの再起動につながる Aurora ストレージデーモンの out-of-memory クラッシュの問題を修正しました。これにより、システム全体のメモリ消費量も削減されます。

    Aurora PostgreSQL 3.6.0

    安定性に関する優先度の高い強化
    • テーブルスペースを持つ既存のテンプレートデータベースからデータベースを作成すると、メッセージ ERROR: could not open file pg_tblspc/...: No such file or directory のエラーが発生する問題を修正しました。

    • 多数の PostgreSQL サブトランザクション (SQL セーブポイントなど) が使用されていると、まれに Aurora レプリカが起動できない問題を修正しました。

    • まれに、レプリカノードの繰り返しの読み取りリクエストで読み取り結果が矛盾する問題を修正しました。

    その他の改善と機能強化
    • OpenSSL を 1.1.1k にアップグレードしました。

    • 一部のワークロードの Aurora レプリカで、WAL 適用プロセスの CPU 使用量とメモリ消費量を削減しました。

    • 偶発的な消去からのメタデータの保護を強化しました。

    • メタデータへの不正な書き込みを検出することで、書き込みパスの安全性チェックを改善しました。

    • SSL/TLS 接続の 3DES やその他の古い暗号を削除することにより、セキュリティを強化しました。

    • 重複するファイルエントリにより Aurora PostgreSQL エンジンが起動できなくなる問題を修正しました。

    • ワークロードが高い場合に一時的に使用できなくなる問題を修正しました。

    • S3 インポート中に Amazon S3 パスで先頭のスラッシュを使用する機能を追加しました。

    • orafce エクステンションをバージョン 3.16 に更新しました。

    PostgreSQL 11.11、Aurora PostgreSQL 3.5 (廃止)

    Aurora PostgreSQL のリリースは、PostgreSQL 11.11 と互換性があります。PostgreSQL 11.11 での改善の詳細については、PostgreSQL リリース 11.11 を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 3.5.1

    セキュリティ強化
    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために pg_bigm エクステンションを変更。この問題は、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で解決されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために ip4r エクステンションを変更。この問題は当初、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で公開されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • CVE-2021-3677 の PostgreSQL コミュニティの修正プログラム「特定のクエリでのメモリ開示」をバックパッチ。詳細については、CVE-2021-3677 を参照してください

    • postgis を PostGIS 2.5.2 にバックパッチ。これは CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で対処された脆弱性に対する PostGIS の修正です。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • log_fdw 拡張関数のパラメータで入力検証エラーにバックパッチを適用しました。

    Aurora PostgreSQL 3.5.0

    新機能
    • 以下の拡張機能のサポートを追加しました。

      • pg_proctab エクステンションバージョン 0.0.9

      • pg_bigm エクステンションバージョン 1.2

    安定性に関する優先度の高い強化
    • サブトランザクションが 64 を超えるトランザクションの処理中にリーダーを再起動した場合、まれに整合性がない結果が返されるというバグを修正しました。

    • 以下の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対してバックポートされた修正プログラム。

    その他の改善と機能強化
    • メモリに制約のある環境で多くの関係性を設定すると、データベースを起動できなくなるという不具合を修正しました。

    • apg_plan_mgmt エクステンションで、内部バッファオーバフローにより、短時間だけ可用性が失われる可能性があるバグを修正しました。

    • WAL リプレイ中に、短時間だけ可用性を失わせる可能性のあるリーダーノードのバグを修正しました。

    • rds_activity_stream エクステンションで、監査イベントのログ記録を試みている際に起動させると、エラーが発生するバグを修正しました。

    • aurora_replica_status 関数において、一部の行でリプレイのレイテンシーや CPU 使用率などの値が、常に 0 として記述される場合があるバグを修正しました。

    • データベースエンジンがインスタンスの合計メモリよりも大きい共有メモリセグメントを作成しようとし、繰り返し失敗するバグを修正しました。例えば、db.r5.large インスタンスで 128 GiB の共有バッファの作成を試みて失敗します。この変更により、割り当てる共有メモリの全体がインスタンスメモリよりも大きい場合は、そのインスタンスに互換性のないパラメータで設定することが許可されました。

    • データベース起動時に、不要な pg_wal テンポラリファイルをクリーンアップするためのロジックが追加されました。

    • rds_activity_stream エクステンションの作成を試みた際に、ERROR: rds_activity_stream stack item 2 not found on top - cannot pop と表示されるバグを修正しました。

    • EXISTS サブクエリの下の関連サブクエリ IN で、failed to build any 3-way joins というエラーを発生させる可能性のあるバグを修正しました。

    • PostgreSQL コミュニティから、パフォーマンス向上のために次のバックポートを行いました: pg_stat_statements: add missing check for pgss_enabled()

    • pgAudit を有効化して postgis エクステンションを作成する際に、メモリが不足して、短時間の可用性の喪失につながるバグを修正しました。

    • アウトバウンド論理的なレプリケーションを使用して、別のデータベースとの間で変更を同期する際に、ERROR: could not map filenode "base/16395/228486645" to relation OID のようなエラーメッセージが表示されて失敗することがあるバグが修正されました。

    • トランザクションのキャンセル時に短時間の利用不能状態を起こす場合があるバグを修正しました。

    • Microsoft Active Directory 認証をサポートしていないバージョンの Aurora PostgreSQL からアップグレードした場合に、rds_ad ロールが作成されないバグを修正しました。

    • タプルのメタデータの不整合を検出するための BTree ページチェック機能が追加されました。

    • WAL 再生中に、リーダーノードでの可用性の短時間の喪失につながる、非同期バッファ読み取りのバグを修正しました。

    PostgreSQL 11.9、Aurora PostgreSQL 3.4

    Aurora PostgreSQL のリリースは、PostgreSQL 11.9 と互換性があります。PostgreSQL 11.9 での改善の詳細については、PostgreSQL リリース 11.9 を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 11.9.11、2024 年 3 月 13 日

    全般的な安定性の強化
    • ロールrds_superuserに明示的に関連付けられていないバックエンドの終了を に許可します。

    • PLV8 拡張機能をバージョン 2.3.15 にアップグレードしました。

    安定性に関する優先度の高い強化
    • 以下の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対してバックポートされた修正プログラム。

    安定性に関する重要な強化
    • に関連する問題を修正しましたapg_plan_mgmt

    • スロット作成中のアクティブなトランザクションがスロットによって部分的にレプリケートされることがある問題を修正しました。

    • Aurora ストレージのデッドロックの問題を修正しました。これにより、ライターのフェイルオーバーが発生する可能性があります。

    Aurora PostgreSQL 11.9.9、2023 年 12 月 27 日

    安定性に関する重要な強化
    全般的な安定性の強化
    • 論理レプリケーションアクションがテーブル所有者以外によって実行される問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 3.4.8、2023 年 10 月 10 日

    安定性に関する優先度の高い強化

    Aurora PostgreSQL 3.4.7、2022 年 12 月 22 日

    全般的な機能強化
    • モニタリングエージェントが使用できない場合にデータベースアクティビティストリームの不整合が発生する問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 3.4.6、2022 年 7 月 8 日

    セキュリティ強化
    • CVE-2022-1552 に対する PostgreSQL コミュニティ修正をバックパッチしました: Autovacuum、REINDEX などでは「セキュリティ制限された操作」が省略されます。詳細については、「CVE-2022-1552」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 3.4.5

    セキュリティ強化
    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために ip4r エクステンションを変更。この問題は当初、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で公開されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • CVE-2021-3677 の PostgreSQL コミュニティの修正プログラム「特定のクエリでのメモリ開示」をバックパッチ。詳細については、CVE-2021-3677 を参照してください

    • CVE-2021-3393 の PostgreSQL コミュニティの修正プログラム「パーティション制約違反エラーの拒否された列のリーク値」をバックパッチ。詳細については、CVE-2021-3393 を参照してください

    • postgis を PostGIS 2.5.2 にバックパッチ。これは CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で対処された脆弱性に対する PostGIS の修正です。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • log_fdw 拡張関数のパラメータで入力検証エラーにバックパッチを適用しました。

    Aurora PostgreSQL 3.4.3

    安定性に関する優先度の高い強化
    • PostgreSQL コミュニティのセキュリティに関する問題 (CVE-2021-32027、CVE-2021-32028、CVE-2021-32029) のためのパッチ修正を行いました。

    その他の改善と機能強化
    • aws_s3 拡張機能で、オブジェクト識別子の先頭にスラッシュがあるオブジェクトをインポートしてしまうバグを修正しました。

    • rds_activity_stream エクステンションで、監査イベントのログ記録を試みている際に起動させると、エラーが発生するバグを修正しました。

    • rds_activity_stream エクステンションの作成を試みた際に、ERROR が返されるというバグを修正しました。

    • pgAudit を有効化して postgis エクステンションを作成する際に、メモリが不足して、短時間の可用性の喪失につながるバグを修正しました。

    • Aurora ストレージデーモンで特定のネットワーク構成を使用している場合に、可用性を短時間失わせることがある複数の問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 3.4.2

    安定性に関する優先度の高い強化
    • サブトランザクションが 64 を超えるトランザクションの処理中にリーダーを再起動した場合、まれに整合性がない結果が返されるというバグを修正しました。

    その他の改善と機能強化
    • ストレージノードからの応答を処理する際、競合状態を原因として、断続的な利用不能状態を発生させ得るバグを修正しました。

    • ネットワーク暗号化キーのローテーションを原因として、断続的な利用不能状態を発生させ得るバグを修正しました。

    • 基盤となるストレージセグメントの熱管理を原因として、断続的な利用不能状態を発生させ得るバグを修正しました。

    • 数千のクライアントを含む大規模な S3 インポートにより、1 つまたは複数のインポートクライアントの応答停止状態を発生させ得るバグを修正しました。

    • brazil を含む設定可変の文字列の設定を妨げていた制限をなくしました。

    • ライターノードが同じすべてのテーブルで排他ロックを取得している間に、リーダーノードで多数のテーブルにアクセスするクエリを実行する場合に、断続的な利用不能状態を発生させ得るバグを修正しました。

    Aurora PostgreSQL 3.4.1

    安定性に関する重要な強化
    • まれにリードレプリカが繰り返し再起動できないバグを修正しました。

    • 16 を超えるリードレプリカまたは Aurora Global Database のセカンダリ AWS リージョンを作成しようとすると、クラスターが使用できなくなるバグを修正しました。新しいリードレプリカまたはセカンダリが削除されると、クラスター AWS リージョン が再び利用可能になりました。

    その他の改善と機能強化
    • 負荷が高いときに、スナップショットのインポート、COPY のインポート、または S3 インポートがまれに応答しなくなるバグを修正しました。

    • ライターの書き込み集中型のワークロードの使用率が非常に高いときに、リードレプリカがクラスターに参加しないことがあるバグを修正しました。

    • 大量の S3 インポートが実行されているときに、クラスターが一時的に利用できなくなるバグを修正しました。

    • 数多くの複雑なトランザクションの処理中に論理的なレプリケーションストリーミングが終了すると、クラスターの再起動に数分かかるバグを修正しました。

    • 同じユーザーに対して IAM 認証と Kerberos 認証の両方を使用することを禁止しました。

    Aurora PostgreSQL 3.4.0

    新機能
    安定性に関する重要な強化
    • なし

    安定性に関する優先度の高い強化
    • エラーメッセージ「ERROR: MultiXactId nnnn has not been created yet -- apparent wraparound」を生じる場合がある Aurora PostgreSQL レプリケーションのバグを修正しました。

    • 論理的なレプリケーションが有効になっている DB クラスターで、切り詰められた WAL セグメントファイルがストレージから削除されない一部ケースのバグを修正しました。これにより、ボリュームサイズが増えました。

    • 以下の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対してバックポートされた修正プログラム。

    • 過剰な CPU 消費の原因となる pg_stat_statements エクステンションでのバグを修正しました。

    その他の改善と機能強化
    • これで、pg_replication_slot_advance を使用して、rds_replicationrds_superuser のロールのための論理的なレプリケーションスロットを先に進めることができます。

    • データベースアクティビティストリーミングの非同期モードのパフォーマンスを改良しました。

    • Aurora グローバルデータベースクラスターの CloudWatch rpo_lag_in_msecメトリクスに発行する際の遅延を短縮しました。

    • バックエンドがデータベースクライアントへの書き込みをブロックしたときに、Aurora PostgreSQL が読み取りノードで遅れることがなくなりました。

    • ストレージボリュームが増加したときに、まれにリードレプリカで短時間使用できなくなるケースのバグを修正しました。

    • 以下が返されるデータベース作成時のバグを修正しました: ERROR: could not create directory on local disk

    • ST_Transform エクステンションの PostGIS メソッドによるエラーまたは不正な変換結果を修正する、データグリッドファイルを更新しました。

    • Aurora リーダーインスタンスで XLOG_BTREE_REUSE_PAGE レコードを再生すると不要なリプレイラグが生じる一部ケースのバグを修正しました。

    • メモリ不足状態の原因となる B ツリーインデックスの小規模なメモリリークを修正しました。

    • Aurora リードレプリカの昇格後にメモリ不足状態の原因になる可能性のある GiST インデックスのバグを修正しました。

    • S3 のサブフォルダ内のファイルからデータをインポートする際に、ERROR: HTTP 403。Permission denied と表示される、S3 のインポートに関するバグを修正しました。

    • ピリオド (.) を含む S3 バケット名はサポートされない、というエラーメッセージが表示される可能性のある、署名付き URL 処理の aws_s3 エクステンションにおけるバグを修正しました。

    • オペレーションのスタート前にリレーションで排他的ロックを行った場合、インポートが無限にブロックされる aws_s3 エクステンションのバグを修正しました。

    • Aurora PostgreSQL が、GiST インデックスを使用する RDS for PostgreSQL インスタンスの物理レプリカとして動作している場合のレプリケーションに関連するバグを修正しました。このバグが原因で、Aurora クラスターの昇格後に、まれに短時間使用できなくなるケースがありました。

    • お客様に停止の終了が通知されないデータベースアクティビティストリーミングのバグを修正しました。

    • pg_audit エクステンションをバージョン 1.3.1 に更新しました。

    PostgreSQL 11.8、Aurora PostgreSQL 3.3 (廃止)

    この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 11.8 と互換性があります。PostgreSQL 11.8 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 11.8」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL リリース 3.3.2

    安定性に関する重要な強化
    • なし

    安定性に関する優先度の高い強化
    • エラーメッセージ「ERROR: MultiXactId nnnn has not been created yet -- apparent wraparound」を生じる場合がある Aurora PostgreSQL レプリケーションのバグを修正しました。

    • 論理的なレプリケーションが有効になっている DB クラスターで、切り詰められた WAL セグメントファイルがストレージから削除されない一部ケースのバグを修正しました。これにより、ボリュームサイズが増えました。

    • セカンダリリージョンにグローバルデータベースクラスターを作成する際の問題を修正しました。

    • 以下の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対してバックポートされた修正プログラム。

    • 過剰な CPU 消費の原因となる pg_stat_statements エクステンションでのバグを修正しました。

    その他の改善と機能強化
    • バックエンドがデータベースクライアントへの書き込みをブロックしたときに、Aurora PostgreSQL が読み取りノードで遅れることがなくなりました。

    • Aurora グローバルデータベースクラスターの CloudWatch rpo_lag_in_msecメトリクスに発行する際の遅延を短縮しました。

    • DROP DATABASE ステートメントでリレーションファイルが削除されないバグを修正しました。

    • Aurora リーダーインスタンスで XLOG_BTREE_REUSE_PAGE レコードを再生すると不要なリプレイラグが生じる一部ケースのバグを修正しました。

    • メモリ不足状態の原因となる B ツリーインデックスの小規模なメモリリークを修正しました。

    • aurora_replica_status() フィールドが切り捨てられることがある server_id 関数のバグを修正しました。

    • ログレコードが誤って処理され、Aurora レプリカがクラッシュするバグを修正しました。

    • S3 のサブフォルダ内のファイルからデータをインポートする際に、ERROR: HTTP 403。Permission denied と表示される、S3 のインポートに関するバグを修正しました。

    • これで、pg_replication_slot_advance を使用して、rds_replicationrds_superuser のロールのための論理的なレプリケーションスロットを先に進めることができます。

    • データベースアクティビティストリーミングの非同期モードのパフォーマンスを改良しました。

    • ピリオド (.) が付いた S3 バケット名はサポートされないというエラーメッセージが表示される可能性がある aws_s3 エクステンションのバグを修正しました。

    • 有効なインポートが断続的に失敗する原因となる競合状態を修正しました。

    • Aurora PostgreSQL が、GiST インデックスを使用する RDS for PostgreSQL インスタンスの物理レプリカとして動作している場合のレプリケーションに関連するバグを修正しました。このバグが原因で、Aurora DB クラスターの昇格後に、まれに短時間使用できなくなるケースがありました。

    • オペレーションのスタート前にリレーションで排他的ロックを行った場合、インポートが無限にブロックされる aws_s3 エクステンションのバグを修正しました。

    Aurora PostgreSQL 3.3.1

    このリリースで次の改善を確認できます。

    安定性に関する重要な強化
    1. 以下に示すような、通常ではない状況が存在する場合にだけ、NOT EXISTS 演算子から誤った TRUE が返されるというバグを修正しました。

      • クエリで、NOT EXISTS 演算子を使用している。

      • NOT EXISTS サブクエリ内の外部クエリに、NULL 値が含まれているかどうかが、1 つ以上の列で検証されている。

      • そのサブクエリ内に、NULL 値に関する検証の必要性を除外するための他の述部が存在しない。

      • そのサブクエリで使用されるフィルターで、実行のためにインデックス検索が指定されていない。

      • 演算子の結合のために、クエリオプティマイザによる変換が行われていない。

    Aurora PostgreSQL 3.3.0

    新機能
    • RDKit エクステンションバージョン 3.8 のサポートを追加しました。

      RDKit 拡張は、ケモインインフォマティクスのモデリング機能を提供します。ケモインフォマティクスとは、化合物に関する情報を保存、インデックス化、検索、取得、適用することです。例えば、RDKit エクステンションを使用すると、分子モデルの構築、分子構造の検索、およびさまざまな表記での分子の読み取りや作成を行うことができます。また、ChEMBL ウェブサイトや SMILES ファイルから読み込まれたデータの調査を行うこともできます。簡易分子入力ライン入力システム (SMILES) は、分子や反応を表すための文字表記です。詳細については、RDKit のドキュメントの「The RDKit database cartridge」を参照してください。

    • 最小 TLS バージョンのサポートを追加

      Transport Layer Security (TLS) の最小バージョンのサポートは、PostgreSQL 12 からバックポートされました。これにより、Aurora PostgreSQL サーバーは、クライアントが 2 つの新しい PostgreSQL パラメータを介して接続できる TLS プロトコルを制限することができます。これらのパラメータには、ssl_min_protocol_versionssl_max_protocol_version が含まれます。例えば、Aurora PostgreSQL サーバーへのクライアント接続を TLS 1.2 プロトコルバージョン以降に制限するには、ssl_min_protocol_versionTLSv1.2 に設定します。

    • pglogical エクステンションバージョン 2.2.2 のサポートを追加しました。

      pglogical エクステンションは、論理的なストリーミングレプリケーションシステムであり、PostgreSQL ネイティブの論理レプリケーションの機能よりも高度な処理が可能です。例えば、競合処理、行フィルタリング、DDL/シーケンスレプリケーション、遅延適用が可能です。pglogical 拡張機能を使用して、Aurora PostgreSQL クラスター間のレプリケーション、RDS for PostgreSQL と Aurora PostgreSQL 間のレプリケーション、RDS の外部で実行されている PostgreSQL データベースのレプリケーションを設定できます。

    • Aurora は、クラスターのストレージ領域のサイズを動的に変更します。動的サイズ変更では、Aurora DB クラスターからデータを削除すると、DB クラスターのストレージ領域が自動的に減少します。詳細については、「Amazon Aurora ユーザーガイド」の「ストレージのスケーリング」を参照してください。

      注記

      動的サイズ変更機能は、Aurora AWS リージョン が利用可能な に段階的にデプロイされています。クラスターを使用するリージョンによっては、この機能はまだ利用できない場合があります。詳細については、新しい発表を参照してください。

    安定性に関する重要な強化
    • まれに復旧時間が長くなり可用性に影響を与える、ヒープページ拡張に関連するバグを修正しました。

    安定性に関する優先度の高い強化
    • セカンダリ のデータベースエンジンのアップグレードに遅延が発生する可能性がある Aurora Global Database のバグを修正しました AWS リージョン。詳細については、「Amazon Aurora ユーザーガイド」の「Amazon Aurora Global Database の使用」を参照してください。

    • データベースをエンジンバージョン 11.8 にアップグレードするときにまれに遅延が発生するバグを修正しました。

    その他の改善と機能強化
    • ライターインスタンスで重いサブトランザクションを持つワークロードが作成されると、Aurora レプリカがクラッシュするバグを修正しました。

    • メモリリークとアクティブなトランザクションの追跡に使用されるメモリの減少により、ライターインスタンスがクラッシュするバグを修正しました。

    • PostgreSQL バックエンドの起動中に利用可能な空きメモリがない場合、不適切な初期化によりクラッシュにつながるバグを修正しました。

    • Aurora PostgreSQL サーバーレス DB クラスターによってスケーリングイベント後に「ERROR: prepared statement "S_6" already exists」エラーが返されることがあるバグを修正しました。

    • データベースアクティビティストリームが有効になっているときに PostGIS でCREATE EXTENSIONコマンドを発行する際の out-of-memory 問題を修正しました。

    • SELECT クエリによって「Attempting to read past EOF of relation rrrr. blockno=bbb nblocks=nnn」エラーが誤って返されることがあるバグを修正しました。

    • データベースストレージの増加時のエラー処理が原因でデータベースが一時的に利用できなくなることがあるバグを修正しました。

    • 以前にアイドル状態の接続で実行されたクエリが、スケーリングオペレーションが完了するまで遅延する、Aurora PostgreSQL サーバーレスのバグを修正しました。

    • データベースアクティビティストリーミングが有効になっている Aurora PostgreSQL DB クラスターで、アクティビティレコードのウィンドウ損失スタートの可能性が報告されるが、接続の復元は報告されないことがあるバグを修正しました。

    • S3 からの aws_s3.table_import_from_s3 がエラー「HTTP エラーコード: 248」で失敗する COPY 関数のバグを修正しました。詳細については、「Amazon Aurora ユーザーガイド」の「aws_s3.table_import_from_s3」を参照してください。

    PostgreSQL 11.7、Aurora PostgreSQL 3.2 (廃止)

    この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 11.7 と互換性があります。PostgreSQL 11.7 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 11.7」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 3.2.7

    このリリースで次の改善を確認できます。

    安定性に関する重要な強化
    • なし

    安定性に関する優先度の高い強化
    その他の改善と機能強化
    • なし

    Aurora PostgreSQL 3.2.6

    このリリースで次の改善を確認できます。

    安定性に関する重要な強化
    • なし

    安定性に関する優先度の高い強化
    • エラーメッセージ「ERROR: MultiXactId nnnn has not been created yet -- apparent wraparound」を生じる場合がある Aurora PostgreSQL レプリケーションのバグを修正しました。

    その他の改善と機能強化
    • ストレージボリュームが増えたときに、まれにリードレプリカが短時間使用できなくなるケースのバグを修正しました。

    • Aurora PostgreSQL サーバーレスが、スケールイベント中の、すべての接続へのクエリ実行のサポートをスタートしました。

    • リークされたロックが原因でスケールイベントが長時間発生する Aurora PostgreSQL サーバーレスのバグを修正しました。

    • aurora_replica_status 関数が切り詰められたサーバー識別子を表示するバグを修正しました。

    • スケールイベント中に接続が移行されると「ERROR: could not open relation with OID ...」というメッセージと共に接続が切断される、Aurora PostgreSQL サーバーレスのバグを修正しました。

    • メモリ不足状態の原因となる B ツリーインデックスの小規模なメモリリークを修正しました。

    • Aurora リードレプリカの昇格後に out-of-memory条件が発生する可能性がある GiST インデックスのバグを修正しました。

    • データベースアクティビティストリーミングのパフォーマンスを改良しました。

    • お客様に停止が終了したことが通知されないデータベースアクティビティストリーミングのバグを修正しました。

    • ピリオド (.) を含む S3 バケット名はサポートされないというエラーメッセージが表示される可能性がある、署名付き URL 処理の aws_s3 エクステンションにおけるバグを修正しました。

    • 誤ったエラー処理により、インポート処理中にエラーが生じる可能性のある aws_s3 エクステンションのバグを修正しました。

    • オペレーションのスタート前にリレーションで排他的ロックを行った場合、インポートが無限にブロックされる aws_s3 エクステンションのバグを修正しました。

    Aurora PostgreSQL 3.2.4

    このリリースで次の改善を確認できます。

    安定性に関する重要な強化
    1. 以下に示すような、通常ではない状況が存在する場合にだけ、NOT EXISTS 演算子から誤った TRUE が返されるというバグを修正しました。

      • クエリで、NOT EXISTS 演算子を使用している。

      • NOT EXISTS サブクエリ内の外部クエリに、NULL 値が含まれているかどうかが、1 つ以上の列で検証されている。

      • そのサブクエリ内に、NULL 値に関する検証の必要性を除外するための他の述部が存在しない。

      • そのサブクエリで使用されるフィルターで、実行のためにインデックス検索が指定されていない。

      • 演算子の結合のために、クエリオプティマイザによる変換が行われていない。

    Aurora PostgreSQL 3.2.3

    このリリースで次の改善を確認できます。

    安定性に関する重要な強化
    • なし

    安定性に関する優先度の高い強化
    • なし

    その他の改善と機能強化
    • 以前にアイドル状態の接続で実行されたクエリが、スケーリングオペレーションが完了するまで遅延する、Aurora PostgreSQL サーバーレスのバグを修正しました。

    • 複数のリーダーインスタンスが再起動したり、クラスターに再参加したりすると、サブトランザクションの重いワークロードのため短時間使用できなくなることがあるバグを修正しました。

    Aurora PostgreSQL 3.2.2

    このリリースで次の改善を確認できます。

    安定性に関する重要な強化
    • まれに復旧時間が長くなり可用性に影響を与える、ヒープページ拡張に関連するバグを修正しました。

    安定性に関する優先度の高い強化
    • セカンダリリージョンのデータベースエンジンをアップグレードするときに遅延が発生する原因となることがある Aurora Global Database のバグを修正しました。詳細については、「Amazon Aurora ユーザーガイド」の「Amazon Aurora Global Database の使用」を参照してください。

    • データベースをエンジンバージョン 11.7 にアップグレードするときにまれに遅延が発生するバグを修正しました。

    その他の改善と機能強化
    • データベースストレージの増加時のエラー処理が原因でデータベースが一時的に利用できなくなることがあるバグを修正しました。

    • SELECT クエリによって「Attempting to read past EOF of relation rrrr. blockno=bbb nblocks=nnn」エラーが誤って返されることがあるバグを修正しました。

    • Aurora PostgreSQL サーバーレス DB クラスターによってスケーリングイベント後に「ERROR: prepared statement "S_6" already exists」エラーが返されることがあるバグを修正しました。

    Aurora PostgreSQL 3.2.1

    新機能

    このリリースで次の改善を確認できます。

    安定性に関する重要な強化

    なし。

    安定性に関する優先度の高い強化
    • DROP TABLE オペレーションおよび TRUNCATE TABLE オペレーションを適用するときの読み取りインスタンスのパフォーマンスと可用性が向上しました。

    • DB インスタンスタイプが小さい場合に out-of-memory 状態を引き起こす可能性がある診断モジュールの小さいが継続的なメモリリークを修正しました。

    • データベースの再起動につながる可能性のある PostGIS エクステンションのバグを修正しました。これは、PostGIS コミュニティに として報告されていますhttps://trac.osgeo.org/postgis/ticket/4646

    • ストレージエンジンでのエラー処理が正しくないために読み取りリクエストが停止する可能性のあるバグを修正しました。

    • 一部のクエリで失敗し、エラー: relfrozenxid yyyyyyy より前から xmin xxxxxx が検出されましたというメッセージが表示されるバグを修正しました。これは、読み取りインスタンスが書き込みインスタンスに昇格された後に発生する可能性があります。

    • スケール試行のロールバック中に Aurora サーバーレス DB クラスターがクラッシュするバグを修正しました。

    その他の改善と機能強化
    • ストレージから多くの行を読み取るクエリのパフォーマンスが向上しました。

    • 読み取りワークロードの負荷が高い場合のリーダー DB インスタンスのパフォーマンスと可用性が向上しました。

    • 可能であれば、相関した IN サブクエリと NOT IN サブクエリを結合に変換できるようにしました。

    • 複数列統計またはインデックスが使用可能な場合、セミジョインフィルタプッシュダウンのフィルタリング推定が改善されました。

    • pg_prewarm エクステンションの読み取りパフォーマンスが向上しました。

    • Aurora サーバーレス DB クラスターがスケールイベントの後に、エラー: bind パラメータの誤ったバイナリデータ形式というメッセージをレポートするバグを修正しました。

    • サーバーレス DB クラスターが、スケールイベントの後に、エラー: メッセージに残っているデータが不足しているというメッセージを報告するバグを修正しました。

    • Aurora サーバーレス DB クラスターでスケール試行が長時間かかったり、失敗する場合があるバグを修正しました。

    • ERROR: could not create file "base/xxxxxx/yyyyyyy" as a previous version still exists on disk: Success. というメッセージが表示されるバグを修正しました。 AWS カスタマーサポートにお問い合わせください。これは、PostgreSQL の 32 ビットオブジェクト識別子がラップされた後のオブジェクトの作成中に発生する可能性があります。

    • wal_level 値を から に変更したときにPostgreSQL 論理レプリケーションの write-ahead-log (WAL) セグメントファイルが削除されないバグlogicalを修正しましたreplica

    • pg_hint_plan エクステンションのバグを修正しました。このバグでは、enable_hint_table が有効な場合に複数ステートメントのクエリがクラッシュする可能性があります。これは、PostgreSQL コミュニティで https://github.com/ossc-db/pg_hint_plan/issues/25 として追跡されています。

    • Aurora サーバーレス DB クラスターのスケールイベントの後に、JDBC クライアントが java.io.IOException: 予期しないパケットタイプ: 75 というメッセージを報告するバグを修正しました。

    • PostgreSQL 論理レプリケーションで、「ERROR: snapshot reference is not owned by resource owner TopTransaction」というメッセージが表示されるバグを修正しました。

    • 次のエクステンションを変更しました。

      • orafce をバージョン 3.8 に更新しました。

      • pgTAP をバージョン 1.1 に更新しました。

    • 障害挿入クエリのサポートが提供されました。

    PostgreSQL 11.6、Aurora PostgreSQL 3.1 (廃止)

    Aurora PostgreSQL のリリースは、PostgreSQL 11.6 と互換性があります。PostgreSQL 11.6 での改善の詳細については、PostgreSQL リリース 11.6 を参照してください。

    このリリースには、複数の重要な安定性の強化が含まれています。古い PostgreSQL 11 エンジンを使用している Aurora PostgreSQL クラスターをこのリリースにアップグレードすることを強くお勧めします。

    Aurora PostgreSQL 3.1.4

    このリリースで次の改善を確認できます。

    安定性に関する重要な強化
    • なし

    安定性に関する優先度の高い強化
    その他の改善と機能強化
    • なし

    Aurora PostgreSQL 3.1.3

    新機能
    • Aurora PostgreSQL は、PostgreSQL の vacuum_truncate ストレージパラメータのサポートをスタートしました。特定のテーブルのバキューム切り詰めを管理できます。テーブルでこのストレージパラメータ を false に設定することで、VACUUM SQL コマンドがテーブル末尾の空ページを切り詰めることを防ぎます。

    安定性に関する重要な強化
    • なし

    安定性に関する優先度の高い強化
    • エラー処理が正しくないためにストレージからの読み取りでレスポンスがなくなることがあるバグを修正しました。

    その他の改善と機能強化
    • なし

    Aurora PostgreSQL 3.1.2

    このリリースには、安定性に関する重要な機能拡張が含まれています。Aurora PostgreSQL 11 互換の古いクラスターは、このリリースに更新することを強くお勧めします。

    安定性に関する重要な強化
    • リーダー DB インスタンスがテンポラリ古いデータを使用する可能性があるバグを修正しました。これにより、行数が少なすぎたり多すぎたりするなど、不正な結果になる可能性があります。このエラーは、ストレージに保持されることはなく、その行を含むデータベースページがキャッシュから削除されたときにクリアされます。これが発生する可能性があるのは、単一のトランザクション内に 64 個を超えるサブトランザクションがあるために、プライマリ DB インスタンスでトランザクションスナップショットオーバーフローが発生した場合です。このバグの影響を受けやすいアプリケーションとして、上位トランザクション内に 64 個を超えるサブトランザクションがある SQL セーブポイントや PostgreSQL 例外ハンドラーを使用するアプリケーションがあります。

    安定性に関する優先度の高い強化
    • DB クラスターに参加しようとしたときに、リーダー DB インスタンスをクラッシュさせて使用不能にするようなバグを修正しました。このエラーは、サブトランザクション数が多すぎてプライマリ DB インスタンスでトランザクションスナップショットオーバーフローが発生した場合に起きることがあります。この場合、スナップショットオーバーフローが解消されるまで、リーダー DB インスタンスは参加できません。

    その他の改善と機能強化
    • 実行中のステートメントのクエリ ID を Performance Insights で判断できないというバグを修正しました。

    Aurora PostgreSQL 3.1.1

    このリリースで次の改善を確認できます。

    安定性に関する重要な強化
    • 基盤となるストレージの自己修復機能が原因で、DB インスタンスが一時的に使用不能になるというバグを修正しました。

    安定性に関する優先度の高い強化
    • データベースエンジンをクラッシュさせて使用不能にするようなバグを修正しました。このエラーは、B-Tree インデックスの非キー付加列をスキャン中に発生しました。これは、PostgreSQL 11 の「付加列」インデックスにのみ適用されます。

    • データベースエンジンをクラッシュさせて使用不能にするようなバグを修正しました。このエラーは、新しく確立したデータベース接続で、正常な認証後の初期化時にリソース消費に関連するエラーが発生した場合に生じました。

    その他の改善と機能強化
    • データベースエンジンをクラッシュさせて使用不能にするような pg_hint_plan エクステンションの問題を修正しました。オープンソースの問題は、 で追跡できますhttps://github.com/ossc-db/pg_hint_plan/pull/45

    • ALTER FUNCTION ... OWNER TO ... 形式の SQL が誤って ERROR: improper qualified name (too many dotted names) を報告したというバグを修正しました。

    • プリフェッチによる GIN インデックスバキュームのパフォーマンスを改善しました。

    • データベースエンジンをクラッシュさせて使用不能にするような、オープンソース PostgreSQL のバグを修正しました。これは、B-Tree インデックスのパラレルスキャン中に発生しました。この問題は PostgreSQL コミュニティに報告済みです。

    • B-Tree インデックスのメモリ内スキャンのパフォーマンスを改善しました。

    Aurora PostgreSQL 3.1.0

    このエンジンのバージョンには、次の新機能と改善が含まれています。

    新機能
    1. データの Amazon S3 へのエクスポートのサポート。詳細については、「Amazon Aurora ユーザーガイド」の「Aurora PostgreSQL DB クラスターから Amazon S3 へのデータのエクスポート」を参照してください。

    2. Amazon Aurora Machine Learning のサポート。詳細については、「Amazon Aurora ユーザーガイド」の「Aurora PostgreSQL で Amazon Aurora 機械学習を使用する」を参照してください。

    3. SQL 処理の機能強化には、以下が含まれます。

      • NOT IN パラメータを使用した apg_enable_not_in_transform の最適化。

      • apg_enable_semijoin_push_down パラメータを使用した、ハッシュ結合に対する半結合フィルターのプッシュダウンの機能拡張。

      • apg_enable_remove_redundant_inner_joins パラメータを使用した冗長内部結合の削除の最適化。

      • ansi_constraint_trigger_orderingansi_force_foreign_key_checks、および ansi_qualified_update_set_target パラメータを使用した ANSI 互換性オプションの改善。

      詳細については、「Amazon Aurora ユーザーガイド」の「Amazon Aurora PostgreSQL のパラメータ」を参照してください。

    4. 新規および更新された PostgreSQL のエクステンションには、以下が含まれます。

    安定性に関する重要な強化
    1. テンポラリテーブルに B ツリーインデックスを作成する際に、まれに復旧時間が長くなり、可用性に影響が及ぶ場合があることに関するバグを修正しました。

    2. Aurora PostgreSQL が RDS for PostgreSQL インスタンスの物理レプリカとして動作している場合のレプリケーションに関連するバグを修正しました。まれに、このバグによってログの書き込みに失敗し、復旧時間が長くなり、可用性に影響が及ぶ場合があります。

    3. 高 I/O レイテンシーの読み取りを処理する際に、まれに復旧時間が長くなり、可用性に影響が及ぶ場合があることに関するバグを修正しました。

    安定性に関する優先度の高い強化
    1. wal セグメントがストレージから適切に削除されない、論理的なレプリケーションに関するバグを修正しました。これにより、ストレージが膨張する可能性があります。これをモニタリングするには、 TransactionLogDiskUsage パラメータを表示します。

    2. Btree インデックスのプリフェッチオペレーション中に Aurora がクラッシュする複数のバグを修正しました。

    3. 論理的なレプリケーションの使用時に Aurora の再起動がタイムアウトする場合があるバグを修正しました。

    4. バッファキャッシュ内のデータブロックに対して実行する検証チェックを強化しました。これにより、Aurora による不整合の検出機能が向上します。

    その他の改善と機能強化
    1. クエリプラン管理エクステンション apg_plan_mgmt において、高度にパーティション化されたテーブルのプラン生成を管理するためのアルゴリズムを改善しました。

    2. バッファキャッシュ復旧アルゴリズムの改善により、大きなキャッシュを持つインスタンスの起動時間が短縮されました。

    3. PostgreSQL のLWLock優先順位付けの変更を使用して、トランザクションレートの高いワークロードにおける read-node-apply プロセスのパフォーマンスを改善しました。これらの変更により、PostgreSQL の競合が激しくなる間ProcArray、 read-node-apply プロセスの枯渇を防ぐことができます。

    4. バキュームスキャン、テーブルスキャン、およびインデックススキャン中のバッチ読み取り処理を改善しました。これにより、スループットが向上し、CPU 使用率が低下します。

    5. PostgreSQL SLRU-truncate オペレーションのリプレイ中に読み取りノードがクラッシュすることがあるバグを修正しました。

    6. まれに、Aurora ログレコードの 6 つのコピーのうちのいずれかが返すエラーにより、データベース書き込みが停止することがあるバグを修正しました。

    7. サイズが 1 GB を超える個々のトランザクションでエンジンがクラッシュすることがある、論理的なレプリケーションに関するバグを修正しました。

    8. クラスターキャッシュ管理が有効な場合の読み取りノードのメモリリークを修正しました。

    9. ソーススナップショットにログに記録されていないリレーションが多数含まれている場合、RDS for PostgreSQL スナップショットのインポートが応答を停止する可能性があるバグを修正しました。

    10. 重度の I/O 負荷下で Aurora ストレージデーモンがクラッシュすることがあるバグを修正しました。

    11. 読み取りノードが不正なトランザクション ID エポックを書き込みノードに報告することがある、読み取りノードの hot_standby_feedback に関するバグを修正しました。これにより、書き込みノードが hot_standby_feedback を無視し、読み取りノード上のスナップショットを無効にする可能性があります。

    12. CREATE DATABASE ステートメント中に発生するストレージエラーが適切に処理されないバグを修正しました。このバグにより、結果のデータベースにアクセスできなくなりました。正しい動作は、データベースの作成に失敗し、適切なエラーをユーザーに返すことです。

    13. 読み取りノードが書き込みノードに接続しようとしたときの PostgreSQL スナップショットのオーバーフロー処理を改善しました。この変更以前は、書き込みノードがスナップショットのオーバーフロー状態であった場合、読み取りノードは結合できませんでした。PostgreSQL ログファイルには、メッセージが DEBUG: recovery snapshot waiting for non-overflowed snapshot or until oldest active xid on standby is at least xxxxxxx (now yyyyyyy) という形式で表示されました。スナップショットオーバーフローは、個々のトランザクションが 64 を超えるサブトランザクションを作成した場合に発生します。

    14. NOT IN クラスが CTE に存在するとエラーが誤って発生する、共通テーブル表現に関するバグを修正しました。エラーは CTE with NOT IN fails with ERROR: could not find CTE CTE-Name です。

    15. last_error_timestamp テーブル内の誤った aurora_replica_status 値に関するバグを修正しました。

    16. テンポラリオブジェクトに属するブロックが共有バッファに入力されるのを回避するために、バグを修正しました。これらのブロックは、PostgreSQL バックエンドのローカルバッファに正しく存在します。

    17. 次のエクステンションを変更しました。

      • pg_hint_plan をバージョン 1.3.4 に更新しました。

      • plprofiler バージョン 4.1 を追加しました。

      • pgTAP バージョン 1.0.0 を追加しました。

    PostgreSQL 11.4、Aurora PostgreSQL 3.0 (廃止)

    注記

    Aurora PostgreSQL 3.0 を搭載した PostgreSQL エンジンバージョン 11.4 はサポートされなくなりました。アップグレードするには、「Amazon Aurora ユーザーガイド」の「Aurora PostgreSQL の PostgreSQL DB エンジンのアップグレード」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL のリリースは、PostgreSQL 11.4 と互換性があります。PostgreSQL 11.4 での改善の詳細については、PostgreSQL リリース 11.4 を参照してください。

    このリリースで次の改善を確認できます。

    改善点
    1. このリリースには、Aurora PostgreSQL 2.3.5 のすべての修正、機能、および改善が含まれています。

    2. パーティショニング - パーティショニングの改善点には、ハッシュパーティショニングのサポート、デフォルトパーティションの作成、およびキー列の更新に基づく別のパーティションへの動的な行の移行などがあります。

    3. パフォーマンス - パフォーマンスの向上には、インデックスの作成中のパラレル処理、マテリアライズドビュー、ハッシュ結合、およびシーケンシャルスキャンによるオペレーションのパフォーマンス向上などがあります。

    4. ストアドプロシージャ - SQL ストアドプロシージャで、組み込みトランザクションのサポートを追加しました。

    5. autovacuum の改善点 - autovacuum のログ記録を指定するために、パラメータ rds.force_autovacuum_logging はデフォルトでオンになっており、log_autovacuum_min_duration パラメータは 10 秒に設定されています。autovacuum の有効性を高めるために、autovacuum_max_workers および autovacuum_vacuum_cost_limit パラメータの値は、デフォルト値が大きくなるように、ホストメモリの容量に基づいて計算されます。

    6. トランザクションタイムアウト値の増加 - パラメータ idle_in_transaction_session_timeout を 24 時間に設定しました。アイドル状態のまま 24 時間以上経過したセッションはすべて終了されます。

    7. tsearch2 モジュールのサポートを終了 - アプリケーションで tsearch2 関数を使用している場合は、主要な PostgreSQL エンジンで提供されている同等の機能を使用するように変更します。tsearch2 モジュールの詳細については、「PostgreSQL tsearch2」を参照してください。

    8. chkpass モジュールのサポートを終了 - chkpass モジュールの詳細については、「PostgreSQL chkpass」を参照してください。

    9. 次の拡張を更新しました。

      • address_standardizer をバージョン 2.5.1 に更新

      • address_standardizer_data_us をバージョン 2.5.1 に更新

      • btree_gin をバージョン 1.3 に更新

      • citext をバージョン 1.5 に更新

      • cube をバージョン 1.4 に更新

      • hstore をバージョン 1.5 に更新

      • ip4r をバージョン 2.2 に更新

      • isn をバージョン 1.2 に更新

      • orafce をバージョン 3.7 に更新

      • pg_hint_plan をバージョン 1.3.4 に更新

      • pg_prewarm をバージョン 1.2 に更新

      • pg_repack をバージョン 1.4.4 に更新

      • pg_trgm をバージョン 1.4 に更新

      • pgaudit をバージョン 1.3 に更新

      • pgrouting をバージョン 2.6.1 に更新

      • pgtap をバージョン 1.0.0 に更新

      • plcoffee をバージョン 2.3.8 に更新

      • plls をバージョン 2.3.8 に更新

      • plv8 をバージョン 2.3.8 に更新

      • postgis をバージョン 2.5.1 に更新

      • postgis_tiger_geocoder をバージョン 2.5.1 に更新

      • postgis_topology をバージョン 2.5.1 に更新

      • rds_activity_stream をバージョン 1.3 に更新

    PostgreSQL 10.21 (廃止)

    この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 10.21 と互換性があります。PostgreSQL 10.21 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 10.21」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 10.21.5、2022 年 12 月 14 日

    全般的な安定性の強化
    • エンジンに安定性の問題が発生する問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 10.21.4、2022 年 11 月 17 日

    安定性に関する優先度の高い強化
    • ライターインスタンスからレプリカインスタンスにログを送信すると、ネットワークトラフィックが増加する問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 10.21.3、2022 年 10 月 13 日

    安定性に関する優先度の高い強化
    • ベースパラメータがメモリに正しく読み込まれない PLV8 問題を修正しました。

    全般的な安定性の強化
    • Aurora PostgreSQL が relfilenode をファイリングできないバグを修正しました。

    • 現在のスケーリングイベントがタイムアウトすると、スケーリングが停止する問題を修正しました。

    • PostGIS 拡張機能をバージョン 3.1.7 にアップグレードしました。

    • ダウンタイムなしのパッチ適用 (ZDP) 中に拡張クエリのメッセージが失われ、ZDP の完了後に拡張クエリがハングする場合がある問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 10.21.1、2022 年 7 月 6 日

    安定性に関する重要な強化
    • ストレージノードの再起動中に、一定期間利用不能になる場合がある問題を修正しました。

    安定性に関する優先度の高い強化
    • 短時間使用できなくなる可能性のある out-of-memory 条件に関連するエラー処理の問題を修正しました。

    • TDS_FDW 拡張機能を使用して外部テーブルをクエリすると、SQL Server への接続に失敗する問題を修正しました。

    • 指定したルート証明書を使用した接続が失敗する問題を修正しました。

    • B ツリーのインデックスエントリに一貫性がない場合の診断情報とサポート情報を改善しました。

    Aurora PostgreSQL 10.21.0、2022 年 6 月 9 日

    新機能
    重要な更新
    • LSN の不一致によるリプレイのクラッシュを修正しました。

    • 無効なリージョンの挿入を防ぐように aws_s3 拡張機能を修正しました。

    高度な安定性に関する更新
    • 短時間利用できなくなる可能性のある out-of-memory 条件に関連する複数の問題を修正しました。

    全般的な安定性に関する更新
    • Aurora Serverless v1 スケーリングイベント中のロック競合クラッシュを修正しました。

    • 再起動後に論理レプリケーションが停止する問題を修正しました。

    • 短時間の利用不能状態を生じる場合がある複数の問題を修正しました。

    • やり直し中に、GENERIC_XLOG_FULL_PAGE_DATA の Generic Redo で無効なページがヒットする問題を修正しました。これは、ログレコードを生成してからレコードのメタデータを RW ノードに書き込むまでの間にタイミングホールがあり、その間に RO ノードがリプレイすることが原因です。

    • 並列ワーカーをサポートすることで、クエリのパフォーマンスを向上させました。

    • プラグイン wal2json バージョンを 2.4 にアップグレードしました。

    • pglogical 拡張機能をバージョン 2.4.1 にアップグレードしました。

    PostgreSQL 10.20 (廃止)

    この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 10.20 と互換性があります。PostgreSQL 10.20 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 10.20」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 10.20.6、2022 年 12 月 16 日

    全般的な機能強化
    • ライターインスタンスからレプリカインスタンスにログを送信すると、ネットワークトラフィックが増加する問題を修正しました。

    • PostGIS 拡張機能をバージョン 3.1.7 に更新。

    Aurora PostgreSQL 10.20.4、2022 年 7 月 18 日

    セキュリティ強化
    • CVE-2022-1552 に対する PostgreSQL コミュニティ修正をバックパッチしました: Autovacuum、REINDEX などでは「セキュリティ制限された操作」が省略されます。詳細については、「CVE-2022-1552」を参照してください。

    重要な機能強化
    • ストレージノードの再起動中に、一定期間利用不能になる場合がある問題を修正しました。

    高度な安定性に関する強化
    • 短時間使用できなくなる可能性のある out-of-memory 条件に関連するエラー処理の問題を修正しました。

    • 重複したリレーションファイルの存在により、一定期間利用できなくなる可能性がある問題を修正しました。

    • キャッシュされたプランが事前に無効になっている場合に、プランを検証すると、データベースが再起動されることがある不具合を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 10.20.1、2022 年 4 月 27 日

    安定性に関する優先度の高い強化
    • AWS コンソールで誤ったWriteIOPSレポートが発生する可能性がある問題を修正しました。

    • クラスターから読み取りノードを削除した後に、利用できなくする場合がある問題を修正しました。

    全般的な機能強化
    • 空きメモリが不足しているときにエンジンを再起動する場合があるバグを修正しました。

    Aurora PostgreSQL 10.20.0、2022 年 3 月 29 日

    安定性に関する優先度の高い強化
    • 読み取りノードが利用不能になるという複数の問題を修正しました。

    • 読み取りノードで WAL をリプレイできなくなり、レプリケーションスロットの削除と再同期が必要になる問題を修正しました。

    • ファイルが適切に閉じられないため、ストレージが過剰に使用される問題を修正しました。

    全般的な機能強化
    • commit_ts を設定したときの読み取りノードの小規模なメモリリークを修正しました。

    • Performance Insights に「不明な待機イベント」と表示される問題を修正しました。

    • aws_s3 拡張機能を使用すると S3 からのインポートが失敗する問題を修正しました。

    • apg_plan_mgmt を使用すると、一定期間利用不能となる場合がある複数の問題を修正しました。

    • QPM を有効にすると、一定期間利用不能となる場合がある複数の問題を修正しました。

    PostgreSQL 10.19 (廃止)

    この Aurora PostgreSQL リリースは、PostgreSQL 10.19 と互換性があります。PostgreSQL 10.19 の改善点の詳細については、「PostgreSQL リリース 10.19」を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 10.19.6、2022 年 12 月 16 日

    全般的な機能強化
    • ライターインスタンスからレプリカインスタンスにログを送信すると、ネットワークトラフィックが増加する問題を修正しました。

    • モニタリングエージェントが使用できない場合にデータベースアクティビティストリームの不整合が発生する問題を修正しました。

    • PostGIS 拡張機能をバージョン 3.1.7 に更新。

    Aurora PostgreSQL 10.19.4、2022 年 7 月 20 日

    セキュリティ強化
    • CVE-2022-1552 に対する PostgreSQL コミュニティ修正をバックパッチしました: Autovacuum、REINDEX などでは「セキュリティ制限された操作」が省略されます。詳細については、「CVE-2022-1552」を参照してください。

    重要な機能強化
    • ストレージノードの再起動中に、一定期間利用不能になる場合がある問題を修正しました。

    高度な安定性に関する強化
    • 短時間使用できなくなる可能性のある out-of-memory 条件に関連するエラー処理の問題を修正しました。

    • 重複したリレーションファイルの存在により、一定期間利用できなくなる可能性がある問題を修正しました。

    • ファイルが適切に閉じられないため、ストレージが過剰に使用される問題を修正しました。

    • Performance Insights に「不明な待機イベント」と表示される問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 10.19.3、2022 年 4 月 13 日

    全般的な機能強化
    • 空きメモリが不足しているときにエンジンを再起動する場合があるバグを修正しました。

    Aurora PostgreSQL 10.19.1

    セキュリティ強化
    • PostGIS エクステンションをバージョン 3.1.4 から 3.1.5 に更新。この更新には、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で対処された脆弱性に対する PostGIS 修正が含まれています。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために ip4r エクステンションを変更。この問題は当初、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で公開されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 10.19.0

    安定性に関する重要な強化
    • 論理レプリケーションがハングし、読み取りノードでリプレイが遅れることがあるバグを修正。インスタンスは最終的に再起動する可能性があります。

    その他の改善と機能強化
    • 短時間使用できなくなる可能性があるバッファキャッシュのバグを修正。

    • インデックスベースのプランが適用されていない apg_plan_mgmt エクステンションのバグを修正。

    • NULL 引数の不適切な処理により、短時間使用できなくなる可能性がある pg_logical エクステンションのバグを修正。

    • 孤立したファイルによってメジャーバージョンアップグレードが失敗する問題を修正。

    • Aurora ストレージデーモンのログ書き込みメトリクスの誤りを修正。

    • WAL リプレイが遅れて最終的にリーダーインスタンスが再起動する可能性がある複数のバグを修正。

    • 読み取り時の Aurora バッファキャッシュページの検証を改善。

    • Aurora ストレージメタデータの検証を改善。

    • pg_hint_pan エクステンションを v1.3.6 に更新。

    PostgreSQL 10.18 (廃止)

    Aurora PostgreSQL のリリースは、PostgreSQL 10.18 と互換性があります。PostgreSQL 10.18 における改善点の詳細については、PostgreSQL リリース 10.18 を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 10.18.6、2022 年 12 月 19 日

    全般的な機能強化
    • モニタリングエージェントが使用できない場合にデータベースアクティビティストリームの不整合が発生する問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 10.18.4、2022 年 7 月 6 日

    セキュリティ強化
    • CVE-2022-1552 に対する PostgreSQL コミュニティ修正をバックパッチしました: Autovacuum、REINDEX などでは「セキュリティ制限された操作」が省略されます。詳細については、「CVE-2022-1552」を参照してください。

    全般的な機能強化
    • 短時間使用できなくなる可能性のある out-of-memory 条件に関連するエラー処理の問題を修正しました。

    • ファイルが適切に閉じられないため、ストレージが過剰に使用される問題を修正しました。

    • Performance Insights に「不明な待機イベント」と表示される問題を修正しました。

    • 重複したリレーションファイルの存在により、一定期間利用できなくなる可能性がある問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 10.18.3、2022 年 6 月 6 日

    セキュリティ強化
    • CVE-2022-1552 に対する PostgreSQL コミュニティ修正をバックパッチしました: Autovacuum、REINDEX などでは「セキュリティ制限された操作」が省略されます。詳細については、「CVE-2022-1552」を参照してください。

    安定性に関する優先度の高い更新
    • Amazon Aurora Serverless v1 で postmaster プロセスの再起動を引き起こす場合がある問題を修正しました。

    • Amazon Aurora Serverless v1 で Aurora Runtime プロセスの再起動を引き起こす場合がある問題を修正しました。

    全般的な機能強化
    • Aurora ランタイムのメモリリークにより、 out-of-memory 状態が発生する可能性がある問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 10.18.2、2022 年 4 月 12 日

    全般的な更新
    • 短時間使用できなくなる可能性があるバッファキャッシュのバグを修正。

    Aurora PostgreSQL 10.18.1

    セキュリティ強化
    • PostGIS エクステンションをバージョン 3.1.4 から 3.1.5 に更新。この更新には、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で対処された脆弱性に対する PostGIS 修正が含まれています。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために ip4r エクステンションを変更。この問題は当初、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で公開されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 10.18.0

    安定性に関する重要な更新
    • 読み取りノードのデータキャッシュが、そのノードの再起動後に不整合をまれに起こす問題を修正しました。

    安定性に関する優先度の高い更新
    • プリフェッチによってトリガーされた I/O リソースの枯渇によってクエリが応答しなくなる問題を修正しました。

    • メジャーバージョンのアップデート後に、Aurora が「パニック: 次のトランザクション ID xxxxxxxx のステータスにアクセスできませんでした」というメッセージにより、フラグを設定する場合がある問題を修正しました。

    その他の改善と機能強化
    • レプリケーションオリジンキャッシュルックアップの障害により、読み取りノードが再起動する問題を修正しました。

    • 書き込みノードのバキュームにトリガーされる遅延トランケーションの再生中に、読み取りノードで読み取りクエリがタイムアウトすることがある問題を修正しました。

    • Performance Insights がデータベース接続のバックエンドタイプを誤って設定する問題を修正しました。

    • aurora_postgres_replica_status () 関数が古いか、または遅れている CPU 統計を返す問題を修正しました。

    • まれに、ログ適用プロセスの停止により Aurora Global Database セカンダリミラークラスタが再起動することがある問題を修正しました。

    • DES、3DES、RC4 暗号スイートのサポートを削除しました。

    • PostGIS 拡張機能をバージョン 3.1.4 に更新。

    • postgis_raster 拡張機能バージョン 3.1.4 のサポートを追加。

    PostgreSQL 10.17、Aurora PostgreSQL 2.9 (廃止)

    Aurora PostgreSQL のリリースは、PostgreSQL 10.17 と互換性があります。PostgreSQL 10.17 における改善点の詳細については、PostgreSQL リリース 10.17 を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 10.17.5、2022 年 12 月 30 日

    全般的な機能強化
    • Amazon Aurora PostgreSQL バージョン 10.17.5 は、一般的な機能強化を加えてリリースされました。

    Aurora PostgreSQL 10.17.4、2022 年 7 月 14 日

    セキュリティ強化
    • CVE-2022-1552 に対する PostgreSQL コミュニティ修正をバックパッチしました: Autovacuum、REINDEX などでは「セキュリティ制限された操作」が省略されます。詳細については、「CVE-2022-1552」を参照してください。

    安定性に関する優先度の高い強化
    • 短時間使用できなくなる可能性のある out-of-memory 条件に関連するエラー処理の問題を修正しました。

    • ファイルが適切に閉じられないため、ストレージが過剰に使用される問題を修正しました。

    • Performance Insights に「不明な待機イベント」と表示される問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 2.9.2

    セキュリティ強化
    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために ip4r エクステンションを変更。この問題は当初、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で公開されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために ip4r エクステンションを変更。この問題は当初、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で公開されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • postgisPostGIS 2.4.7 にバックパッチしました。これは CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で対処された脆弱性に関する PostGIS の修正です。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 2.9.1

    安定性に関する重要な更新
    • 読み取りノードのデータキャッシュが、そのノードの再起動後に不整合をまれに起こす問題を修正しました。

    安定性に関する優先度の高い更新
    • プリフェッチによってトリガーされた I/O リソースの枯渇によってクエリが応答しなくなる問題を修正しました。

    • メジャーバージョンのアップデート後に、Aurora が「パニック: 次のトランザクション ID xxxxxxxx のステータスにアクセスできませんでした」というメッセージにより、フラグを設定する場合がある問題を修正しました。

    その他の改善と機能強化
    • レプリケーションオリジンキャッシュルックアップの障害により、読み取りノードが再起動する問題を修正しました。

    • まれに、ログ適用プロセスの停止により Aurora Global Database セカンダリミラークラスタが再起動することがある問題を修正しました。

    • Performance Insights がデータベース接続のバックエンドタイプを誤って設定する問題を修正しました。

    • メジャーバージョンアップグレードの最中または終了後に、孤立したファイルによって読み取りコードパスが翻訳の失敗を引き起こす問題を修正しました。

    • Aurora ストレージデーモンで特定のネットワーク構成を使用している場合に、可用性を短時間失わせることがある複数の問題を修正しました。

    • ライターノードの再起動につながる Aurora ストレージデーモンの out-of-memory クラッシュの問題を修正しました。これにより、システム全体のメモリ消費量も削減されます。

    Aurora PostgreSQL 2.9

    安定性に関する優先度の高い更新
    1. テーブルスペースを持つ既存のテンプレートデータベースからデータベースを作成すると、メッセージ ERROR: could not open file pg_tblspc/...: No such file or directory のエラーが発生する問題を修正しました。

    2. 多数の PostgreSQL サブトランザクション (SQL セーブポイントなど) が使用されていると、まれに Aurora レプリカが起動できない問題を修正しました。

    3. まれに、レプリカノードの繰り返しの読み取りリクエストで読み取り結果が矛盾する問題を修正しました。

    その他の改善と機能強化
    1. OpenSSL を 1.1.1k にアップグレードしました。

    2. 一部のワークロードの Aurora レプリカで、WAL 適用プロセスの CPU 使用量とメモリ消費量を削減しました。

    3. メタデータへの不正な書き込みを検出することで、書き込みパスの安全性チェックを改善しました。

    4. SSL/TLS 接続の 3DES やその他の古い暗号を削除することにより、セキュリティを強化しました。

    5. 重複するファイルエントリにより Aurora PostgreSQL エンジンが起動できなくなる問題を修正しました。

    6. ワークロードが高い場合に一時的に使用できなくなる問題を修正しました。

    7. S3 インポート中に S3 パスで先頭のスラッシュを使用する機能を追加しました。

    8. orafce エクステンションをバージョン 3.16 に更新しました。

    9. PostGIS 拡張機能をバージョン 2.4.7 に更新。

    PostgreSQL 10.16、Aurora PostgreSQL 2.8 (廃止)

    Aurora PostgreSQL のリリースは、PostgreSQL 10.16 と互換性があります。PostgreSQL 10.16 での改善の詳細については、PostgreSQL リリース 10.16 を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 2.8.1

    セキュリティ強化
    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために ip4r エクステンションを変更。この問題は当初、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で公開されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • postgisPostGIS 2.4.4 にバックパッチしました。これは CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で対処された脆弱性に関する PostGIS の修正です。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • log_fdw 拡張関数のパラメータで入力検証エラーにバックパッチを適用しました。

    Aurora PostgreSQL 2.8.0

    安定性に関する優先度の高い更新
    1. サブトランザクションが 64 を超えるトランザクションの処理中にリーダーを再起動した場合、まれに整合性がない結果が返されるというバグを修正しました。

    2. 以下の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対してバックポートされた修正プログラム。

    その他の改善と機能強化
    1. メモリに制約のある環境で多くの関係性を設定すると、データベースを起動できなくなるという不具合を修正しました。

    2. apg_plan_mgmt エクステンションで、内部バッファオーバフローにより、短時間だけ可用性が失われる可能性があるバグを修正しました。

    3. WAL リプレイ中に、短時間だけ可用性を失わせる可能性のあるリーダーノードのバグを修正しました。

    4. rds_activity_stream エクステンションで、監査イベントのログ記録を試みている際に起動させると、エラーが発生するバグを修正しました。

    5. Aurora Global Database クラスターのマイナーバージョンアップデートができないバグを修正しました。

    6. aurora_replica_status 関数において、一部の行でリプレイのレイテンシーや CPU 使用率などの値が、常に 0 として記述される場合があるバグを修正しました。

    7. データベースエンジンがインスタンスの合計メモリよりも大きい共有メモリセグメントを作成しようとし、繰り返し失敗するバグを修正しました。例えば、db.r5.large インスタンスで 128 GiB の共有バッファの作成を試みて失敗します。この変更により、割り当てる共有メモリの全体がインスタンスメモリよりも大きい場合は、そのインスタンスに互換性のないパラメータで設定することが許可されました。

    8. データベース起動時に、不要な pg_wal テンポラリファイルをクリーンアップするためのロジックが追加されました。

    9. rds_activity_stream エクステンションの作成を試みた際に、ERROR: rds_activity_stream stack item 2 not found on top - cannot pop と表示されるバグを修正しました。

    10. EXISTS サブクエリの下の関連サブクエリ IN で、failed to build any 3-way joins というエラーを発生させる可能性のあるバグを修正しました。

    11. pgAudit を有効化して postgis エクステンションを作成する際に、メモリが不足して、短時間の可用性の喪失につながるバグを修正しました。

    12. アウトバウンド論理的なレプリケーションを使用して、別のデータベースとの間で変更を同期する際に、ERROR: could not map filenode "base/16395/228486645" to relation OID のようなエラーメッセージが表示されて失敗することがあるバグが修正されました。

    13. Microsoft Active Directory 認証をサポートしていないバージョンの Aurora PostgreSQL からアップグレードした場合に、rds_ad ロールが作成されないバグを修正しました。

    14. タプルのメタデータの不整合を検出するための BTree ページチェック機能が追加されました。

    15. WAL 再生中に、リーダーノードでの可用性の短時間の喪失につながる、非同期バッファ読み取りのバグを修正しました。

    PostgreSQL 10.14、Aurora PostgreSQL 2.7 (廃止)

    Aurora PostgreSQL のリリースは、PostgreSQL 10.14 と互換性があります。PostgreSQL 10.14 での改善の詳細については、PostgreSQL リリース 10.14 を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 2.7.5

    セキュリティ強化
    • エクステンション作成時のセキュリティ上の問題を軽減するために ip4r エクステンションを変更。この問題は当初、CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で公開されました。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • postgis を PostGIS 2.4.4 にバックパッチ。これは CVE-2020-14350 によってコア PostgreSQL で対処された脆弱性に対する PostGIS の修正です。詳細については、CVE-2020-14350 を参照してください。

    • log_fdw 拡張関数のパラメータで入力検証エラーにバックパッチを適用しました。

    Aurora PostgreSQL 2.7.3

    安定性に関する優先度の高い更新
    1. PostgreSQL コミュニティのセキュリティに関する問題 (CVE-2021-32027、CVE-2021-32028、CVE-2021-32029) のためのパッチ修正を行いました。

    その他の改善と機能強化
    1. aws_s3 拡張機能で、オブジェクト識別子の先頭にスラッシュがあるオブジェクトをインポートしてしまうバグを修正しました。

    2. rds_activity_stream エクステンションで、監査イベントのログ記録を試みている際に起動させると、エラーが発生するバグを修正しました。

    3. rds_activity_stream エクステンションの作成を試みた際に、ERROR が返されるというバグを修正しました。

    4. pgAudit を有効化して postgis エクステンションを作成する際に、メモリが不足して、短時間の可用性の喪失につながるバグを修正しました。

    5. Aurora ストレージデーモンで特定のネットワーク構成を使用している場合に、可用性を短時間失わせることがある複数の問題を修正しました。

    Aurora PostgreSQL 2.7.2

    安定性に関する優先度の高い更新
    1. ライターノードが 64 を超えるサブトランザクションを含む長いトランザクションを処理している間にリーダーを再起動すると、リーダーノードが余分な行または欠落した行をレンダリングすることがあるというバグを修正しました。

    その他の改善と機能強化
    1. ネットワーク暗号化キーのローテーションを原因として、断続的な利用不能状態を発生させ得るバグを修正しました。

    2. 数千のクライアントを含む大規模な S3 インポートにより、1 つまたは複数のインポートクライアントの応答停止状態を発生させ得るバグを修正しました。

    Aurora PostgreSQL 2.7.1

    安定性に関する重要な更新
    1. まれにリードレプリカが繰り返し再起動できないバグを修正しました。

    2. 16 を超えるリードレプリカまたは Aurora Global Database のセカンダリ AWS リージョンを作成しようとすると、クラスターが使用できなくなるバグを修正しました。新しいリードレプリカまたはセカンダリが削除されると、クラスター AWS リージョン が再び利用可能になりました。

    その他の改善と機能強化
    1. 負荷が高いときに、スナップショットのインポート、COPY のインポート、または S3 インポートがまれに応答しなくなるバグを修正しました。

    2. ライターの書き込み集中型のワークロードの使用率が非常に高いときに、リードレプリカがクラスターに参加しないことがあるバグを修正しました。

    3. 数多くの複雑なトランザクションの処理中に論理的なレプリケーションストリーミングが終了すると、クラスターの再起動に数分かかるバグを修正しました。

    4. 同じユーザーに対して IAM 認証と Kerberos 認証の両方を使用することを禁止しました。

    Aurora PostgreSQL 2.7.0

    安定性に関する重要な更新
    • なし

    安定性に関する優先度の高い更新
    1. 以下の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対してバックポートされた修正プログラム:

    2. エラーメッセージ「ERROR: MultiXactId nnnn has not been created yet -- apparent wraparound」を生じる場合がある Aurora PostgreSQL レプリケーションのバグを修正しました。

    3. 論理的なレプリケーションが有効になっている DB クラスターで、切り詰められた WAL セグメントファイルがストレージから削除されない一部ケースのバグを修正しました。これにより、ボリュームサイズが増えました。

    4. 過剰な CPU 消費の原因となる pg_stat_statements エクステンションでのバグを修正しました。

    その他の改善と機能強化
    1. データベースアクティビティストリーミングの非同期モードのパフォーマンスを改良しました。

    2. Aurora Serverless v1 for PostgreSQL が、スケールイベント中の、すべての接続へのクエリ実行のサポートをスタートしました。

    3. Aurora グローバルデータベースクラスターの CloudWatch rpo_lag_in_msecメトリクスに発行する際の遅延を短縮しました。

    4. スケールポイントの作成時にトランザクション処理が長時間不必要に中断されるサーバーレスクラスターのバグを修正しました。

    5. リークされたロックが原因でスケールイベントが長時間発生する Aurora Serverless v1 for PostgreSQL のバグを修正しました。

    6. スケールイベント中に接続が移行されると「ERROR: could not open relation with OID ...」というメッセージと共に接続が切断される、Aurora Serverless v1 for PostgreSQL のバグを修正しました。

    7. バックエンドがデータベースクライアントへの書き込みをブロックしたときに、Aurora PostgreSQL が読み取りノードで遅れることがなくなりました。

    8. ストレージボリュームが増加したときに、まれにリードレプリカで短時間使用できなくなるケースのバグを修正しました。

    9. 次のエラーを返す可能性のあるデータベースを作成する際のバグを修正しました。エラー: ローカルディスクにディレクトリを作成できませんでした

    10. Aurora リーダーインスタンスで XLOG_BTREE_REUSE_PAGE レコードを再生すると不要なリプレイラグが生じる一部ケースのバグを修正しました。

    11. Aurora リードレプリカの昇格後にメモリ不足状態の原因になる可能性のある GiST インデックスのバグを修正しました。

    12. aurora_replica_status 関数が切り詰められたサーバー識別子を表示するバグを修正しました。

    13. S3 のサブフォルダ内のファイルからデータをインポートする際に、ERROR: HTTP 403。Permission denied と表示される、S3 のインポートに関するバグを修正しました。

    14. ピリオド (.) を含む S3 バケット名はサポートされない、というエラーメッセージが表示される可能性のある、署名付き URL 処理の aws_s3 エクステンションにおけるバグを修正しました。

    15. オペレーションのスタート前にリレーションで排他的ロックを行った場合、インポートが無限にブロックされる aws_s3 エクステンションのバグを修正しました。

    16. Aurora PostgreSQL が、GiST インデックスを使用する RDS for PostgreSQL インスタンスの物理レプリカとして動作している場合のレプリケーションに関連するバグを修正しました。このバグが原因で、Aurora クラスターの昇格後に、まれに短時間使用できなくなるケースがありました。

    17. お客様に停止の終了が通知されないデータベースアクティビティストリーミングのバグを修正しました。

    PostgreSQL 10.13、Aurora PostgreSQL 2.6 (廃止)

    Aurora PostgreSQL のリリースは、PostgreSQL 10.13 と互換性があります。PostgreSQL 10.13 での改善の詳細については、PostgreSQL リリース 10.13 を参照してください。

    Aurora PostgreSQL リリース 2.6.2

    安定性に関する重要な更新
    1. なし

    安定性に関する優先度の高い更新
    1. エラーメッセージ「ERROR: MultiXactId nnnn has not been created yet -- apparent wraparound」を生じる場合がある Aurora PostgreSQL レプリケーションのバグを修正しました。

    2. 論理的なレプリケーションが有効になっている DB クラスターで、切り詰められた WAL セグメントファイルがストレージから削除されない一部ケースのバグを修正しました。これにより、ボリュームサイズが増えました。

    3. セカンダリリージョンにグローバルデータベースクラスターを作成する際の問題を修正しました。

    4. 以下の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対してバックポートされた修正プログラム。

    5. 過剰な CPU 消費の原因となる pg_stat_statements エクステンションでのバグを修正しました。

    その他の改善と機能強化
    1. バックエンドがデータベースクライアントへの書き込みをブロックしたときに、Aurora PostgreSQL が読み取りノードで遅れることがなくなりました。

    2. Aurora グローバルデータベースクラスターの CloudWatch rpo_lag_in_msecメトリクスに発行する際の遅延を短縮しました。

    3. DROP DATABASE ステートメントでリレーションファイルが削除されないバグを修正しました。

    4. Aurora リーダーインスタンスで XLOG_BTREE_REUSE_PAGE レコードを再生すると不要なリプレイラグが生じる一部ケースのバグを修正しました。

    5. メモリ不足状態の原因となる B ツリーインデックスの小規模なメモリリークを修正しました。

    6. aurora_replica_status() フィールドが切り捨てられることがある server_id 関数のバグを修正しました。

    7. ログレコードが誤って処理され、Aurora レプリカがクラッシュするバグを修正しました。

    8. S3 のサブフォルダ内のファイルからデータをインポートする際に、ERROR: HTTP 403。Permission denied と表示される、S3 のインポートに関するバグを修正しました。

    9. データベースアクティビティストリーミングの非同期モードのパフォーマンスを改良しました。

    10. ピリオド (.) が付いた S3 バケット名はサポートされないというエラーメッセージが表示される可能性がある aws_s3 エクステンションのバグを修正しました。

    11. 有効なインポートが断続的に失敗する原因となる競合状態を修正しました。

    12. Aurora PostgreSQL が、GiST インデックスを使用する RDS for PostgreSQL インスタンスの物理レプリカとして動作している場合のレプリケーションに関連するバグを修正しました。このバグが原因で、Aurora DB クラスターの昇格後に、まれに短時間使用できなくなるケースがありました。

    13. オペレーションのスタート前にリレーションで排他的ロックを行った場合、インポートが無限にブロックされる aws_s3 エクステンションのバグを修正しました。

    Aurora PostgreSQL 2.6.1

    このリリースで次の改善を確認できます。

    安定性に関する重要な強化
    1. 以下に示すような、通常ではない状況が存在する場合にだけ、NOT EXISTS 演算子から誤った TRUE が返されるというバグを修正しました。

      • クエリで、NOT EXISTS 演算子を使用している。

      • NOT EXISTS サブクエリ内の外部クエリに、NULL 値が含まれているかどうかが、1 つ以上の列で検証されている。

      • そのサブクエリ内に、NULL 値に関する検証の必要性を除外するための他の述部が存在しない。

      • そのサブクエリで使用されるフィルターで、実行のためにインデックス検索が指定されていない。

      • 演算子の結合のために、クエリオプティマイザによる変換が行われていない。

    Aurora PostgreSQL 2.6.0

    このリリースで次の改善を確認できます。

    新機能
    1. RDKit エクステンションバージョン 3.8 のサポートを追加しました。

      RDKit 拡張は、ケモインインフォマティクスのモデリング機能を提供します。ケモインフォマティクスとは、化合物に関する情報を保存、インデックス化、検索、取得、適用することです。例えば、RDKit エクステンションを使用すると、分子モデルの構築、分子構造の検索、およびさまざまな表記での分子の読み取りや作成を行うことができます。また、ChEMBL ウェブサイトや SMILES ファイルから読み込まれたデータの調査を行うこともできます。簡易分子入力ライン入力システム (SMILES) は、分子や反応を表すための文字表記です。詳細については、RDKit のドキュメントの「The RDKit database cartridge」を参照してください。

    2. pglogical エクステンションバージョン 2.2.2 のサポートを追加しました。

      pglogical エクステンションは、論理的なストリーミングレプリケーションシステムであり、PostgreSQL ネイティブの論理レプリケーションの機能よりも高度な処理が可能です。例えば、競合処理、行フィルタリング、DDL/シーケンスレプリケーション、遅延適用が可能です。pglogical 拡張機能を使用して、Aurora PostgreSQL クラスター間のレプリケーション、RDS for PostgreSQL と Aurora PostgreSQL 間のレプリケーション、RDS の外部で実行されている PostgreSQL データベースのレプリケーションを設定できます。

    3. Aurora は、クラスターのストレージ領域のサイズを動的に変更します。動的サイズ変更では、Aurora DB クラスターからデータを削除すると、DB クラスターのストレージ領域が自動的に減少します。詳細については、「Amazon Aurora ユーザーガイド」の「ストレージのスケーリング」を参照してください。

      注記

      動的サイズ変更機能は、Aurora AWS リージョン が利用可能な に段階的にデプロイされています。クラスターを使用するリージョンによっては、この機能はまだ利用できない場合があります。詳細については、新しい発表を参照してください。

    安定性に関する重要な更新
    1. まれに復旧時間が長くなり可用性に影響を与える、ヒープページ拡張に関連するバグを修正しました。

    安定性に関する優先度の高い更新
    1. Aurora Global Database クラスターを 10.11 からアップグレードする際のバグを修正しました。

    2. セカンダリ のデータベースエンジンのアップグレードに遅延が発生する可能性がある Aurora Global Database のバグを修正しました AWS リージョン。詳細については、「Amazon Aurora ユーザーガイド」の「Amazon Aurora Global Database の使用」を参照してください。

    3. データベースをエンジンバージョン 10.13 にアップグレードするときにまれに遅延が発生するバグを修正しました。

    その他の改善と機能強化
    1. ライターインスタンスで重いサブトランザクションを持つワークロードが作成されると、Aurora レプリカがクラッシュするバグを修正しました。

    2. メモリリークとアクティブなトランザクションの追跡に使用されるメモリの減少により、ライターインスタンスがクラッシュするバグを修正しました。

    3. PostgreSQL バックエンドの起動中に利用可能な空きメモリがない場合、不適切な初期化によりクラッシュにつながるバグを修正しました。

    4. Aurora PostgreSQL サーバーレス DB クラスターによってスケーリングイベント後に「ERROR: prepared statement "S_6" already exists」エラーが返されることがあるバグを修正しました。

    5. データベースアクティビティストリームが有効になっているPostGISときに でCREATE EXTENSIONコマンドを発行する際の out-of-memory 問題を修正しました。

    6. SELECT クエリによって「Attempting to read past EOF of relation rrrr. blockno=bbb nblocks=nnn」エラーが誤って返されることがあるバグを修正しました。

    7. データベースストレージの増加時のエラー処理が原因でデータベースが一時的に利用できなくなることがあるバグを修正しました。

    8. 以前にアイドル状態の接続で実行されたクエリが、スケーリングオペレーションが完了するまで遅延する、Aurora PostgreSQL サーバーレスのバグを修正しました。

    9. データベースアクティビティストリーミングが有効になっている Aurora PostgreSQL DB クラスターで、アクティビティレコードのウィンドウ損失スタートの可能性が報告されるが、接続の復元は報告されないことがあるバグを修正しました。

    PostgreSQL 10.12、Aurora PostgreSQL 2.5 (廃止)

    Aurora PostgreSQL のリリースは、PostgreSQL 10.12 と互換性があります。PostgreSQL 10.12 での改善の詳細については、PostgreSQL リリース 10.12 を参照してください。

    Aurora PostgreSQL 2.5.7

    このリリースで次の改善を確認できます。

    安定性に関する重要な更新
    • なし

    安定性に関する優先度の高い更新
    1. 以下の PostgreSQL コミュニティのセキュリティ問題に対してバックポートされた修正プログラム:

    その他の改善と機能強化
    • なし

    Aurora PostgreSQL 2.5.6

    このリリースで次の改善を確認できます。

    安定性に関する重要な更新
    • なし

    安定性に関する優先度の高い更新
    1. エラーメッセージ「ERROR: MultiXactId nnnn has not been created yet -- apparent wraparound」を生じる場合がある Aurora PostgreSQL レプリケーションのバグを修正しました。

    その他の改善と機能強化
    1. ストレージボリュームが増えたときに、まれにリードレプリカが短時間使用できなくなるケースのバグを修正しました。

    2. Aurora PostgreSQL サーバーレスが、スケールイベント中の、すべての接続へのクエリ実行のサポートをスタートしました。

    3. リークされたロックが原因でスケールイベントが長時間発生する Aurora PostgreSQL サーバーレスのバグを修正しました。

    4. aurora_replica_status 関数が切り詰められたサーバー識別子を表示するバグを修正しました。

    5. スケールイベント中に移行される接続が次のメッセージで切断される Aurora PostgreSQL サーバーレスのバグを修正しました: エラー:OIDとの関係を開くことができませんでした...

    6. Aurora リードレプリカの昇格後に out-of-memory条件が発生する可能性がある GiST インデックスのバグを修正しました。

    7. データベースアクティビティストリーミングのパフォーマンスを改良しました。

    8. お客様に停止が終了したことが通知されないデータベースアクティビティストリーミングのバグを修正しました。

    9. ピリオド (.) を含む S3 バケット名はサポートされないというエラーメッセージが表示される可能性がある、署名付き URL 処理の aws_s3 エクステンションにおけるバグを修正しました。

    10. 誤ったエラー処理により、インポート処理中にエラーが生じる可能性のある aws_s3 エクステンションのバグを修正しました。

    11. オペレーションのスタート前にリレーションで排他的ロックを行った場合、インポートが無限にブロックされる aws_s3 エクステンションのバグを修正しました。

    Aurora PostgreSQL 2.5.4

    このリリースで次の改善を確認できます。

    安定性に関する重要な強化
    1. 以下に示すような、通常ではない状況が存在する場合にだけ、NOT EXISTS 演算子から誤った TRUE が返されるというバグを修正しました。

      • クエリで、NOT EXISTS 演算子を使用している。

      • NOT EXISTS サブクエリ内の外部クエリに、NULL 値が含まれているかどうかが、1 つ以上の列で検証されている。

      • そのサブクエリ内に、NULL 値に関する検証の必要性を除外するための他の述部が存在しない。

      • そのサブクエリで使用されるフィルターで、実行のためにインデックス検索が指定されていない。

      • 演算子の結合のために、クエリオプティマイザによる変換が行われていない。

    Aurora PostgreSQL 2.5.3

    このリリースで次の改善を確認できます。

    安定性に関する重要な強化
    • なし

    安定性に関する優先度の高い強化
    • なし

    その他の改善と機能強化
    1. 以前にアイドル状態の接続で実行されたクエリが、スケーリングオペレーションが完了するまで遅延する、Aurora PostgreSQL サーバーレスのバグを修正しました。

    2. 複数のリーダーインスタンスが再起動したり、クラスターに再参加したりすると、サブトランザクションの重いワークロードのため短時間使用できなくなることがあるバグを修正しました。

    3. 不正なチェックサムのバージョニングが原因でセカンダリクラスターのアップグレードが失敗することがある、Aurora PostgreSQL グローバルデータベースのバグを修正しました。これにより、セカンダリクラスターの再作成が必要になる場合があります。

    Aurora PostgreSQL 2.5.2

    このリリースで次の改善を確認できます。

    安定性に関する重要な更新
    1. まれに復旧時間が長くなり可用性に影響を与える、ヒープページ拡張に関連するバグを修正しました。

    安定性に関する優先度の高い更新
    1. セカンダリリージョンのデータベースエンジンをアップグレードするときに遅延が発生する原因となることがある Aurora Global Databa