Amazon Aurora バージョン - Amazon Aurora

Amazon Aurora バージョン

Amazon Aurora はコードを再利用することで、基盤となる MySQL および PostgreSQL DB エンジンとの互換性を維持しています。ただし Aurora では、独自のバージョン番号、リリースサイクル、バージョン廃止のタイムラインなどを使用します。以下のセクションでは、共通点とその相違点について説明します。この情報は、選択するバージョンの決定や、各バージョンで利用できる機能や修正プログラムを確認する方法の決定に役立ちます。また、アップグレードの頻度やアップグレードプロセスの計画方法を決定する際にも有用です。

Aurora で利用可能なリレーショナルデータベース

Aurora では、次のリレーショナルデータベースを使用できます。

コミュニティデータベースと Aurora 間でのバージョン番号の違い

Amazon Aurora の各バージョンは、MySQL または PostgreSQL の特定のコミュニティデータベースバージョンと互換性があります。データベースのコミュニティバージョンを確認するには version 関数を使用し、Aurora バージョンを確認するには aurora_version 関数を使用します。

Aurora MySQL および Aurora PostgreSQL に関する例を以下に示します。

mysql> select version(); +------------------+ | version() | +------------------+ | 5.7.12 | +------------------+ mysql> select aurora_version(), @@aurora_version; +------------------+------------------+ | aurora_version() | @@aurora_version | +------------------+------------------+ | 2.08.1 | 2.08.1 | +------------------+------------------+
postgres=> select version(); ----------------------------------------------------------------------------- PostgreSQL 11.7 on x86_64-pc-linux-gnu, compiled by gcc (GCC) 4.9.3, 64-bit (1 row) postgres=> select aurora_version(); aurora_version ---------------- 3.2.2

詳細については、「SQL を使用した Aurora MySQL バージョンの確認」および「Amazon Aurora PostgreSQL のバージョンの識別」を参照してください。

Amazon Aurora メジャーバージョン

Aurora バージョンでは、major.minor.patch スキームを使用します。Aurora メジャーバージョンは、Aurora と互換性のある MySQL または PostgreSQL コミュニティ版のメジャーバージョンを指します。Aurora MySQL および Aurora PostgreSQL メジャーバージョンは、少なくとも対応するコミュニティバージョンのコミュニティが終了するまでの期間、標準サポートの対象です。Aurora の標準サポート終了日を過ぎてもメジャーバージョンは有料で引き続き使用できます。詳細については、Amazon RDS 延長サポートの使用 と 「Amazon Aurora 料金表」を参照してください。

Amazon は、Aurora バージョンのサポートを当初発表よりも長く延長した場合、新しい日付を反映してこの表を更新します。

コミュニティメジャーバージョン Aurora メジャーバージョン コミュニティサポート終了日 Aurora 標準サポート終了日 RDS 延長サポート開始 1 年目の価格設定日 RDS 延長サポート開始 3 年目の価格設定日 RDS 延長サポートの終了日 RDS 延長サポートの対象となるマイナーバージョン
MySQL 5.6 (廃止) Aurora MySQL バージョン 1 (廃止) 2021 年 2 月 5 日 2023 年 2 月 28 日 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし
MySQL 5.7 Aurora MySQL バージョン 2 2023 年 10 月 2024 年 10 月 31 日 2024 年 12 月 1 日 該当なし 2027 年 2 月 28 日 Aurora MySQL 2.11、2.12
MySQL 8.0 Aurora MySQL バージョン 3 2026 年 4 月 2027 年 4 月 30 日 2027 年 5 月 1 日 該当なし 2029 年 7 月 31 日 今後決定
PostgreSQL 9.6 (廃止) Aurora PostgreSQL 1 (廃止) 2021 年 11 月 11 日 2022 年 1 月 31 日 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし
PostgreSQL 10 (廃止) Aurora PostgreSQL 2 (廃止) PostgreSQL 10.17 以前のバージョンにのみ適用されます。10.18 以降のバージョンでは、Aurora バージョンは、PostgreSQL コミュニティバージョンの major.minor バージョンと同じですが、patch の位置に 3 桁目があります。 2022 年 11 月 10 日 2023 年 1 月 31 日 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし
PostgreSQL 11 Aurora PostgreSQL 3。PostgreSQL 11.12 以前のバージョンにのみ適用されます。11.13 以降のバージョンでは、Aurora バージョンは、PostgreSQL コミュニティバージョンの major.minor バージョンと同じですが、patch の場所に 3 桁目を加えます。 2023 年 11 月 2024 年 2 月 29 日 2024 年 4 月 1 日 2026 年 4 月 1 日 2027 年 3 月 31 日 Aurora PostgreSQL 11.9、11.21
PostgreSQL 12 Aurora PostgreSQL 4。PostgreSQL 12.7 以前のバージョンにのみ適用されます。12.8 以降のバージョンでは、Aurora バージョンは、PostgreSQL コミュニティバージョンの major.minor バージョンと同じですが、patch の場所に 3 桁目を加えます。 2024 年 11 月 2025 年 2 月 28 日 2025 年 3 月 1 日 2027 年 3 月 1 日 2028 年 2 月 29 日 今後決定
PostgreSQL 13 Aurora PostgreSQL 13。13.3 以降のバージョンでは、Aurora バージョンは、PostgreSQL コミュニティバージョンの major.minor バージョンと同じですが、Aurora のパッチがリリースされると、patch の位置に 3 桁目が追加されます。 2025 年 11 月 2026 年 2 月 28 日 2026 年 3 月 1 日 2028 年 3 月 1 日 2029 年 2 月 28 日 今後決定
PostgreSQL 14 Aurora PostgreSQL 14.3 以降。Aurora へのパッチがリリースされたとき、Aurora バージョンは、PostgreSQL コミュニティバージョンの major.minor バージョンと同じですが、patch の場所に 3 桁目を加えます。 2026 年 11 月 2027 年 2 月 28 日 2027 年 3 月 1 日 2029 年 3 月 1 日 2030 年 2 月 28 日 今後決定
PostgreSQL 15 Aurora PostgreSQL 15.2 以降。Aurora へのパッチがリリースされたとき、Aurora バージョンは、PostgreSQL コミュニティバージョンの major.minor バージョンと同じですが、patch の場所に 3 桁目を加えます。 2027 年 11 月 2028 年 2 月 29 日 2028 年 3 月 1 日 2030 年 3 月 1 日 2031 年 2 月 28 日 今後決定
PostgreSQL 16 Aurora PostgreSQL 16.1 以上。Aurora へのパッチがリリースされたとき、Aurora バージョンは、PostgreSQL コミュニティバージョンの major.minor バージョンと同じですが、patch の場所に 3 桁目を加えます。 2028 年 11 月 9 日 2029 年 2 月 28 日 今後決定 今後決定 今後決定 今後決定
注記

Amazon RDS の Aurora MySQL バージョン 2 の延長サポートは 2024 年 11 月 1 日に開始されますが、2024 年 12 月 1 日まで課金されません。2024 年 11 月 1 日から 11 月 30 日までの間、すべての Aurora MySQL バージョン 2 DB クラスターは Amazon RDS 延長サポートの対象となります。

Amazon RDS の PostgreSQL 11 の延長サポートは 2024 年 3 月 1 日に開始されますが、2024 年 4 月 1 日まで課金されません。2024 年 3 月 1 日から 3 月 31 日までの間、Aurora PostgreSQL バージョン 11 DB クラスターはすべて Amazon RDS 延長サポートの対象となります。

Amazon Aurora マイナーバージョン

Aurora バージョンでは、major.minor.patch スキームを使用します。Aurora マイナーバージョンは、新機能や修正など、コミュニティと Aurora のサービス固有の改善を段階的に提供します。

Amazon Aurora は、現在、以下の MySQL マイナーバージョンをサポートしています。

注記

マイナーバージョンでは Amazon RDS 延長サポートはご利用いただけません。

Aurora MySQL バージョン Aurora MySQL リリース日 Aurora MySQL 標準サポート終了日

3.06 (Community MySQL 8.0.34 との互換性)

2024 年 3 月

2025 年 5 月

3.05 (Community MySQL 8.0.32 との互換性)

2023 年 10 月

2025 年 1 月

3.041 (Community MySQL 8.0.28 との互換性)

2023 年 7 月

2026 年 10 月

3.03 (Community MySQL 8.0.26 との互換性)

2023 年 3 月

2024 年 5 月

3.02 (Community MySQL 8.0.23 との互換性)

2022 年 4 月

2024 年 1 月

3.01 (Community MySQL 8.0.23 との互換性)

2021 年 11 月

2024 年 1 月

2.122 (Community MySQL 5.7.40 との互換性)

2023 年 7 月

2024 年 10 月

2.112 (Community MySQL 5.7.12 との互換性)

2022 年 10 月

2024 年 10 月

2.07 (Community MySQL 5.7.12 との互換性)

2019 年 11 月

2024 年 4 月

1 Aurora MySQL 長期サポート (LTS) バージョン 詳細については、「Aurora MySQL 長期サポート (LTS) リリース」を参照してください。

2 このマイナーバージョンは、メジャーバージョンが Amazon RDS 延長サポート期間中でも引き続き利用できます。詳細については、「Amazon Aurora メジャーバージョン」を参照してください。

Amazon Aurora パッチバージョン

Aurora バージョンでは、major.minor.patch スキームを使用します。Aurora パッチバージョンには、初期リリース後にマイナーバージョンに追加された重要な修正 (例えば、Aurora MySQL 2.10.0、2.10.1、...、2.10.3 など) が含まれています。それぞれの新しいマイナーバージョンは、新しい Aurora 機能を提供するものですが、特定のマイナーバージョン内の新しいパッチバージョンは、主に重要な問題を修正するために提供されています。

パッチ適用の詳細については、「Amazon Aurora DB クラスターのメンテナンス」を参照してください。

Amazon Aurora の各バージョンの新機能

新しい Aurora の各バージョンには、そのバージョンに適用される新機能、修正、その他の機能強化などが記載されたリリースノートが付属しています。

Aurora MySQL リリースノートについては、「Aurora MySQL のリリースノート」を参照してください。Aurora PostgreSQL リリースノートについては、「Aurora PostgreSQL のリリースノート」を参照してください。

データベースクラスターのための Amazon Aurora データベースバージョンの指定

AWS Management Console、AWS CLI、または CreateDBCluster API の、[データベースを作成する] オペレーションを使用して新しい DB クラスターを作成する際に、現在利用可能な (メジャーおよびマイナーの) バージョンを指定できます。すべての Aurora データベースバージョンが、すべての AWS リージョンで利用可能な訳ではありません。

Aurora クラスターを作成する方法については、「Amazon Aurora DB クラスターの作成」を参照してください。既存の Aurora クラスターのバージョンを変更する方法については、「Amazon Aurora DB クラスターの変更」を参照してください。

Amazon Aurora のデフォルトバージョン

新しい Aurora マイナーバージョンに、以前のバージョンと比較して大幅な改善が含まれている場合、このバージョンが、新しい DB クラスターのデフォルトとしてマークされます。通常、メジャーバージョンごとに 2 つのデフォルトバージョンが、年ごとにリリースされます。

セキュリティと機能に関する最新の修正を利用するためには、DB クラスターを最新のデフォルトマイナーバージョンに維持することをお勧めします。

マイナーバージョンの自動アップグレード

Aurora マイナーバージョンを最新の状態に保つには、Aurora クラスターの各 DB インスタンスに対して、[自動マイナーバージョンアップグレード] をオンにします。Aurora は、クラスター内のすべての DB インスタンスでこの設定が有効になっている場合にのみ、自動アップグレードを実行します。マイナーバージョンの自動アップグレードは、デフォルトのマイナーバージョンについて実行されます。

通常、[自動マイナーバージョンアップグレード] に Yes が設定されている DB クラスターに対して、自動アップグレードが年に 2 回スケジュールされます。これらのアップグレードは、クラスターに指定したメンテナンス期間中に実施されます。詳細については、「 Aurora DB クラスターのマイナーバージョン自動アップグレード」を参照してください。

マイナーバージョンの自動アップグレードは、カテゴリが maintenance で ID が RDS-EVENT-0156 の Amazon RDS DB クラスターイベントを通じて事前に通知されます。詳細については、「Amazon RDS のイベントカテゴリとイベントメッセージ」を参照してください。

Amazon Aurora メジャーバージョンが利用可能な期間

Amazon Aurora メジャーバージョンは、少なくとも対応するコミュニティバージョンのコミュニティが終了するまでの期間利用可能です。Aurora 標準サポートの終了日を使って、テストとアップグレードサイクルを計画することができます。これらの日付は、新しいバージョンへのアップグレードが必要になる可能性がある最も早い日付を表します。詳細については、「Amazon Aurora メジャーバージョン」を参照してください。

当社から新しいメジャーバージョンへのアップグレードをお願いする前に、計画策定に役立てていただくために、当社からは、少なくとも 12 ヶ月前にリマインダーを発信します。これは、詳細なアップグレードプロセスを通知するために送られます。詳細には、特定のマイルストーンのタイミング、DB クラスターへの影響、推奨されるアクションが含まれます。メジャーバージョンアップグレードを実行する前に、新しいデータベースバージョンに関するアプリケーションのテストを、完全に完了することをお勧めします。

この 12 か月の経過後は、それ以降のメジャーバージョンへの自動アップグレードが、古いバージョンを実行しているデータベースクラスターに適用されることを想定してください。その場合は、スケジュールされたメンテナンスウィンドウ中にアップグレードがスタートされます。

Amazon Aurora マイナーバージョンがリリースされる頻度

通常、Amazon Aurora マイナーバージョンは四半期ごとにリリースされます。このリリーススケジュールは、追加の機能または修正を取り入れる目的で、変更される場合があります。

Amazon Aurora マイナーバージョンが利用可能な期間

当社では、特定のメジャーバージョン用の各 Amazon Aurora マイナーバージョンは、少なくとも 12 か月間利用可能にしています。この期間が終了すると、Aurora は、後続のデフォルトのマイナーバージョンに関し、自動マイナーバージョンアップグレードを適用する可能性があります。このアップグレードは、古いマイナーバージョンを実行しているクラスターで、スケジュールされたメンテナンスウィンドウ中にスタートされます。

セキュリティの問題などの重大な問題がある場合、またはメジャーバージョンの使用期間が終了した場合は、特定のメジャーバージョンのマイナーバージョンを、通常の 12 か月よりも早い時点で置き換えることがあります。

製品寿命が近づいているマイナーバージョンの自動アップグレードをスタートする場合は、通常 3 か月前にリマインダーを送信します。これは、詳細なアップグレードプロセスを通知するために送られます。詳細には、特定のマイルストーンのタイミング、DB クラスターへの影響、推奨されるアクションが含まれます。3 か月未満の通知は、セキュリティ上の問題など、より迅速な対応が必要な重大な問題がある場合に使用されます。

[マイナーバージョン自動アップグレード] 設定を有効にしていない場合、リマインダーは表示されますが、RDS イベントの通知は表示されません。アップグレードは、必須のアップグレード期限が過ぎた後のメンテナンス期間内に行われます。

[マイナーバージョン自動アップグレード] 設定を有効にしている場合、リマインダーとカテゴリーが maintenance、ID が RDS-EVENT-0156 の Amazon RDS DB クラスターイベントが表示されます。アップグレードは次のメンテナンスウィンドウ中に行われます。

マイナーバージョン自動アップグレードの詳細については、「 Aurora DB クラスターのマイナーバージョン自動アップグレード」を参照してください。

選択された Amazon Aurora マイナーバージョンの長期サポート

Aurora メジャーバージョンごとに、長期サポート (LTS) バージョンとして指定された特定のマイナーバージョンがあり、これらは、少なくとも 3 年間の利用が可能です。つまり、メジャーバージョンごとに少なくとも 1 つのマイナーバージョンが、通常の 12 か月よりも長く利用可能になります。通常、この期間の終了の 6 か月前にリマインダーを送信します。これは、詳細なアップグレードプロセスを通知するために送られます。詳細には、特定のマイルストーンのタイミング、DB クラスターへの影響、推奨されるアクションが含まれます。6 か月未満の通知は、セキュリティ上の問題など、より迅速な対応が必要な重大な問題がある場合に使用されます。

LTS マイナーバージョンには、(パッチバージョンによる) 重大な修正のみが含まれています。LTS バージョンには、導入後にリリースされた新機能は含まれていません。LTS マイナーバージョンで実行されている DB クラスターには、1 年に 1 回、LTS リリース用の最新パッチバージョンによるパッチ修正が行われます。このパッチ手法は、セキュリティと安定性に関する累積的な修正からのメリットを確実に適用するためのものです。セキュリティ関連など、適用すべき重要な修正が存在する場合には、より頻繁なパッチ修正を、LTS マイナーバージョンに対し行うことがあります。

注記

ライフサイクルの期間中、LTS マイナーバージョンを使用し続けたい場合は、DB インスタンスの [自動マイナーバージョンアップグレード] をオフにしてください。DB クラスターが LTS マイナーバージョンから自動的にアップグレードされないようにするには、Aurora クラスターの任意の DB インスタンスで、[自動マイナーバージョンアップグレード] に No を設定します。

すべての Aurora LTS バージョンのバージョン番号については、「Aurora MySQL 長期サポート (LTS) リリース 」および「Aurora PostgreSQL 長期サポート (LTS) リリース」を参照してください。

選択した Aurora バージョンの Amazon RDS 延長サポート

Amazon RDS 延長サポートを利用すると、Aurora 標準サポート終了日以降も、データベースを以前のメジャーエンジンバージョンで引き続き実行できます (追加料金がかかります)。RDS 延長サポート期間中、Amazon RDS は、国家脆弱性データベース (NVD) の CVSS 重大度評価で定義されている重大および高 CVE のパッチを提供します。詳細については、「Amazon RDS 延長サポートの使用」を参照してください。

RDS 延長サポートは、特定の Aurora バージョンでのみ利用できます。詳細については、「Amazon Aurora メジャーバージョン」を参照してください。

データベースクラスターが新しいバージョンにアップグレードされるかどうか、および、そのタイミングを手動で制御する

マイナーバージョンの自動アップグレードは、デフォルトのマイナーバージョンについて実行されます。通常、[自動マイナーバージョンアップグレード] に Yes が設定されている DB クラスターに対して、自動アップグレードが年に 2 回スケジュールされます。これらのアップグレードは、お客様が指定したメンテナンスウィンドウ中にスタートされます。自動マイナーバージョンアップグレードをオフにするには、Aurora クラスター内の任意の DB インスタンスで、[自動マイナーバージョンアップグレード] に No を設定します。Aurora は、クラスター内のすべての DB インスタンスで設定が有効になっている場合にのみ、マイナーバージョンの自動アップグレードを実行します。

メジャーバージョンのアップグレードは互換性のリスクがあるため、自動では実行されません。前述の、メジャーバージョン廃止の場合を除き、これらの作業は、お客様にスタートしていただく必要があります。メジャーバージョンアップグレードを実行する前に、新しいデータベースバージョンに関するアプリケーションのテストを、完全に完了することをお勧めします。

DB クラスターを新しい Aurora メジャーバージョンにアップグレードする方法については、「Amazon Aurora MySQL DB クラスターのアップグレード」および「Amazon Aurora PostgreSQL DB クラスターのアップグレード」を参照してください。

Amazon Aurora の必須アップグレード

特定の重要な修正については、同じ LTS リリース内で、新しいパッチレベルへの管理アップグレードを実行する場合があります。これらの必須アップグレードは、[自動マイナーバージョンアップグレード] 設定がオフになっている場合でも実施されます。これを行う前に、アップグレードプロセスに関する詳細が当社から送られます。詳細には、特定のマイルストーンのタイミング、DB クラスターへの影響、推奨されるアクションが含まれます。これらの管理アップグレードは自動的に実行されます。各アップグレードは、クラスターのメンテナンスウィンドウ中にスタートされます。

アップグレードする前に新しい Aurora バージョンを使用して DB クラスターをテストする

アップグレードプロセスのテストや、新しいバージョンがアプリケーションとワークロードでどのように動作するかのテストを行うことができます。次のいずれかの方法を使用します。

  • Amazon Aurora の高速データベースクローン機能を使用して、クラスターをクローンします。新しいクラスターについて、アップグレードプロセスと、アップグレード後のテストを実行します。

  • クラスタースナップショットからの復元を利用して、新しい Aurora クラスターを作成します。クラスタースナップショットは、既存の Aurora クラスターから自分で作成できます。Aurora では、クラスターごとに、定期的なスナップショットも自動的に作成されます。その後、新しいクラスターに対するバージョンアップグレードをスタートします。元のクラスターをアップグレードするかどうかを決定する前に、アップグレードされたクラスターのコピーで試験することができます。

テスト用に新しいクラスターを作成するこれらの方法の詳細については、「Amazon Aurora DB クラスターのボリュームのクローン作成」および「DB クラスタースナップショットの作成」を参照してください。