リージョンとアベイラビリティーゾーン - Amazon Aurora

リージョンとアベイラビリティーゾーン

Amazon クラウドコンピューティングリソースは、世界各地の多くの場所でホストされています。これらの場所は、AWS リージョンとアベイラビリティーゾーンから構成されています。AWS リージョンはそれぞれ、地理的に離れた領域です。AWS リージョンごとにアベイラビリティーゾーンと呼ばれる複数の独立した場所があります。

注記

AWS リージョンでのアベイラビリティーゾーンの検索については、Amazon EC2 ドキュメントの「Describe Your Availability Zones」(アベイラビリティーゾーンの詳細表示) を参照してください。

Amazon は、アベイラビリティーの高い最新のデータセンターを運用しています。ただし、非常にまれですが、同じ場所にある DB インスタンスすべての可用性に影響する障害が発生することもあります。すべての DB インスタンスを 1 か所でホストしている場合、そのような障害が起きた際に DB インスタンスがすべて利用できなくなります。


			AWS リージョン

各 AWS リージョンは完全に独立していることを覚えておくことが重要です。スタートした Amazon RDS アクティビティ (例えば、データベースインスタンスの作成や使用可能なデータベースインスタンスの一覧表示など) は、現在のデフォルト AWSリージョンでのみ実行されます。デフォルトの AWS リージョンは、コンソールで変更するか、環境変数 AWS_DEFAULT_REGION を設定することにより変更できます。または、AWS Command Line Interface (AWS CLI) で --region パラメータを使用すると、リージョンを上書きできます。詳細については、「AWS Command Line Interface の設定」を参照し、特に環境可変とコマンドラインオプションのセクションに注目してください。

Amazon RDS では、AWS GovCloud (US) と呼ばれる特別な AWS リージョンをサポートしています。これらのリージョンは、米国政府機関および関係者が、より機密性の高いワークロードをクラウドに移行できるように設計されたものです。AWS GovCloud (US) リージョンは、米国政府の特定の規制とコンプライアンスの要件に対応しています。詳細については、「AWS GovCloud (US) とは」を参照してください。

特定の AWS リージョンの Amazon RDS DB インスタンスを作成または操作するには、対応するリージョンのサービスエンドポイントを使用します。

注記

Aurora は Local Zones をサポートしていません。

AWS リージョン

各 AWS リージョンは、他の AWS リージョンと完全に分離されるように設計されています。この設計により、最大限の耐障害性と安定性が達成されます。

リソースを表示すると、指定した AWS リージョンに結び付けられているリソースのみが表示されます。これは、AWS リージョンが相互に分離されており、AWS リージョン間ではリソースが自動的にレプリケートされないためです。

利用可能なリージョン

コマンドラインインターフェイスまたは API オペレーションを使用して Aurora DB クラスターを操作する場合は、そのリージョンエンドポイントを指定する必要があります。

Aurora MySQL が利用可能なリージョン

次の表は、現時点で Aurora MySQL を利用できる AWS リージョンとリージョン別のエンドポイントの一覧です。

リージョン名 リージョン エンドポイント プロトコル
米国東部 (オハイオ) us-east-2 rds.us-east-2.amazonaws.com HTTPS
米国東部 (バージニア北部) us-east-1 rds.us-east-1.amazonaws.com HTTPS
米国西部 (北カリフォルニア) us-west-1 rds.us-west-1.amazonaws.com HTTPS
米国西部 (オレゴン) us-west-2 rds.us-west-2.amazonaws.com HTTPS
アフリカ (ケープタウン) af-south-1 rds.af-south-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (香港) ap-east-1 rds.ap-east-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ジャカルタ) ap-southeast-3 rds.ap-southeast-3.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ムンバイ) ap-south-1 rds.ap-south-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (大阪) ap-northeast-3 rds.ap-northeast-3.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ソウル) ap-northeast-2 rds.ap-northeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (シンガポール) ap-southeast-1 rds.ap-southeast-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (シドニー) ap-southeast-2 rds.ap-southeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (東京) ap-northeast-1 rds.ap-northeast-1.amazonaws.com HTTPS
カナダ (中部) ca-central-1 rds.ca-central-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (フランクフルト) eu-central-1 rds.eu-central-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (アイルランド) eu-west-1 rds.eu-west-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (ロンドン) eu-west-2 rds.eu-west-2.amazonaws.com HTTPS
ヨーロッパ (ミラノ) eu-south-1 rds.eu-south-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (パリ) eu-west-3 rds.eu-west-3.amazonaws.com HTTPS
欧州 (ストックホルム) eu-north-1 rds.eu-north-1.amazonaws.com HTTPS
中東 (バーレーン) me-south-1 rds.me-south-1.amazonaws.com HTTPS
中東 (アラブ首長国連邦) me-central-1 rds.me-central-1.amazonaws.com HTTPS
南米 (サンパウロ) sa-east-1 rds.sa-east-1.amazonaws.com HTTPS
AWS GovCloud (米国東部) us-gov-east-1 rds.us-gov-east-1.amazonaws.com HTTPS
AWS GovCloud (米国西部) us-gov-west-1 rds.us-gov-west-1.amazonaws.com HTTPS

Aurora PostgreSQL が利用可能なリージョン

次の表は、現時点で Aurora PostgreSQL を利用できる AWS リージョンとリージョン別のエンドポイントの一覧です。

リージョン名 リージョン エンドポイント プロトコル
米国東部 (オハイオ) us-east-2 rds.us-east-2.amazonaws.com HTTPS
米国東部 (バージニア北部) us-east-1 rds.us-east-1.amazonaws.com HTTPS
米国西部 (北カリフォルニア) us-west-1 rds.us-west-1.amazonaws.com HTTPS
米国西部 (オレゴン) us-west-2 rds.us-west-2.amazonaws.com HTTPS
アフリカ (ケープタウン) af-south-1 rds.af-south-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (香港) ap-east-1 rds.ap-east-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ジャカルタ) ap-southeast-3 rds.ap-southeast-3.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ムンバイ) ap-south-1 rds.ap-south-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (大阪) ap-northeast-3 rds.ap-northeast-3.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ソウル) ap-northeast-2 rds.ap-northeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (シンガポール) ap-southeast-1 rds.ap-southeast-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (シドニー) ap-southeast-2 rds.ap-southeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (東京) ap-northeast-1 rds.ap-northeast-1.amazonaws.com HTTPS
カナダ (中部) ca-central-1 rds.ca-central-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (フランクフルト) eu-central-1 rds.eu-central-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (アイルランド) eu-west-1 rds.eu-west-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (ロンドン) eu-west-2 rds.eu-west-2.amazonaws.com HTTPS
ヨーロッパ (ミラノ) eu-south-1 rds.eu-south-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (パリ) eu-west-3 rds.eu-west-3.amazonaws.com HTTPS
欧州 (ストックホルム) eu-north-1 rds.eu-north-1.amazonaws.com HTTPS
中東 (バーレーン) me-south-1 rds.me-south-1.amazonaws.com HTTPS
中東 (アラブ首長国連邦) me-central-1 rds.me-central-1.amazonaws.com HTTPS
南米 (サンパウロ) sa-east-1 rds.sa-east-1.amazonaws.com HTTPS
AWS GovCloud (米国東部) us-gov-east-1 rds.us-gov-east-1.amazonaws.com HTTPS
AWS GovCloud (米国西部) us-gov-west-1 rds.us-gov-west-1.amazonaws.com HTTPS

アベイラビリティーゾーン

アベイラビリティーゾーンとは、特定の AWS リージョン 内の分離されたロケーションのことです。各リージョンには、リージョンで高可用性を実現するように設計された複数のアベイラビリティーゾーン (AZ) があります。AZ は、AWS リージョンコードとそれに続く文字識別子 (us-east-1a など) によって識別されます。デフォルトの VPC を使用せずに VPC とサブネットを作成する場合は、特定の AZ で各サブネットを定義します。Aurora DB クラスターを作成すると、Aurora は VPC の DB サブネットグループ内のサブネットの 1 つにプライマリインスタンスを作成します。これにより、そのインスタンスを Aurora が選択した特定の AZ に関連付けます。

各 Aurora DB クラスターは、3 つの別個の AZ にストレージのコピーをホストします。クラスター内のすべての DB インスタンスは、これらの 3 つの AZ のいずれかに配置する必要があります。クラスターに DB インスタンスを作成するときに、AZ を指定しない場合、Aurora は適切な AZ を自動的に選択します。

クラスターの作成時またはクラスターへのインスタンスの追加時に AZ を指定する方法については、「DB クラスターのネットワークを設定する」を参照してください。

Amazon Aurora DB クラスターのローカルタイムゾーン

デフォルトでは、Amazon Aurora DB クラスターのタイムゾーンは協定世界時 (UTC) です。代わりに、DB クラスターのインスタンスのタイムゾーンをアプリケーションのローカルタイムゾーンに設定できます。

DB クラスターのローカルタイムゾーンを設定するには、このセクションで後述するように、サポートされている値のいずれかにタイムゾーンパラメータを設定します。このパラメータの値は、DB クラスターのクラスターパラメータグループで設定します。Aurora MySQL の場合、このパラメータの名前はtime_zoneです。Aurora PostgreSQL の場合、このパラメータの名前はtimezoneです。DB クラスターのタイムゾーンパラメータを設定するときに、DB クラスターのすべてのインスタンスは、新しいローカルタイムゾーンを使用するように変更されます。他の Aurora DB クラスターが同じクラスターパラメータグループを使用している場合もあります。その場合は、それらの DB クラスター内のすべてのインスタンスも新しいローカルタイムゾーンを使用するように変更されます。クラスターレベルのパラメータの詳細については、「Amazon Aurora の DB クラスターパラメータと DB インスタンスパラメータ」を参照してください。

ローカルタイムゾーンを設定した後、データベースへのすべての新しい接続にその変更が反映されます。ローカルタイムゾーンを変更する際にデータベースへの接続を開いている場合もあります。その場合、その接続を閉じて新しい接続を開くまで、ローカルタイムゾーンの更新は表示されません。

AWS リージョン間のレプリケーションを実行する場合は、レプリケーションのプライマリ DB クラスターとレプリカに異なるパラメータグループを使用します。パラメータグループは、AWS リージョンに一意のものです。各インスタンスに同じローカルタイムゾーンを使用するには、レプリケーションのプライマリとレプリカの両方について、パラメータグループのタイムゾーンパラメータを設定する必要があります。

DB クラスタースナップショットから DB クラスターを復元すると、ローカルタイムゾーンが UTC に設定されます。復元が完了したら、タイムゾーンをローカルタイムゾーンに更新できます。DB クラスターを特定の時点の状態に復元する場合もあります。その場合、復元された DB クラスターのローカルタイムゾーンは、復元された DB クラスターのパラメータグループに設定されているタイムゾーンです。

ローカルタイムゾーンは以下の表に示されているいずれかの値に設定できます。表の注記のとおり、一部のタイムゾーンでは、特定の日付範囲の時間値が正しく報告さない場合があります。オーストラリアのタイムゾーンの場合、返されるタイムゾーンの略名は、表の注記のとおり古い値になります。

タイムゾーン

コメント

Africa/Harare

このタイムゾーン設定では、1903 年 2 月 28 日 21:49:40 GMT から 1903 年 2 月 28 日 21:55:48 GMT まで正しくない値を返す可能性があります。

Africa/Monrovia

Africa/Nairobi

このタイムゾーン設定では、1939 年 12 月 31 日 21:30:00 GMT から 1959 年 12 月 31 日 21:15:15 GMT まで正しくない値を返す可能性があります。

Africa/Windhoek

America/Bogota

このタイムゾーン設定では、1914 年 11 月 23 日 04:56:16 GMT から 1914 年 11 月 23 日 04:56:20 GMT まで正しくない値を返す可能性があります。

America/Caracas

America/Chihuahua

America/Cuiaba

America/Denver

America/Fortaleza

南米 (サンパウロ) リージョンにある DB クラスターでは、最近変更されたブラジルのタイムゾーンで時刻が正しく表示されない場合があります。その場合は、DB クラスターのタイムゾーンパラメータを America/Fortaleza にリセットします。

America/Guatemala

America/Halifax

このタイムゾーン設定では、1918 年 10 月 27 日 05:00:00 GMT から 1918 年 10 月 31 日 05:00:00 GMT まで正しくない値を返す可能性があります。

America/Manaus

ご使用の DB クラスターが南米 (クイアバ) タイムゾーンに置かれており、最近変更されたブラジルのタイムゾーンで時刻が正しく想定どおりに表示されない場合は、その DB クラスターのタイムゾーンパラメータを America/Manaus にリセットします。

America/Matamoros

America/Monterrey

America/Montevideo

America/Phoenix

America/Tijuana

Asia/Ashgabat

Asia/Baghdad

Asia/Baku

Asia/Bangkok

Asia/Beirut

Asia/Calcutta

Asia/Kabul

Asia/Karachi

Asia/Kathmandu

Asia/Muscat

このタイムゾーン設定では、1919 年 12 月 31 日 20:05:36 GMT から 1919 年 12 月 31 日 20:05:40 GMT まで正しくない値を返す可能性があります。

Asia/Riyadh

このタイムゾーン設定では、1947 年 3 月 13 日 20:53:08 GMT から 1949 年 12 月 31 日 20:53:08 GMT まで正しくない値を返す可能性があります。

Asia/Seoul

このタイムゾーン設定では、1904 年 11 月 30 日 15:30:00 GMT から 1945 年 9 月 7 日 15:00:00 GMT まで正しくない値を返す可能性があります。

Asia/Shanghai

このタイムゾーン設定では、1927 年 12 月 31 日 15:54:08 GMT から 1940 年 6 月 2 日 16:00:00 GMT まで正しくない値を返す可能性があります。

Asia/Singapore

Asia/Taipei

このタイムゾーン設定では、1937 年 9 月 30 日 16:00:00 GMT から 1979 年 9 月 29 日 15:00:00 GMT まで正しくない値を返す可能性があります。

Asia/Tehran

Asia/Tokyo

このタイムゾーン設定では、1937 年 9 月 30 日 15:00:00 GMT から 1937 年 12 月 31 日 15:00:00 GMT まで正しくない値を返す可能性があります。

Asia/Ulaanbaatar

Atlantic/Azores

このタイムゾーン設定では、1911 年 5 月 24 日 01:54:32 GMT から 1912 年 1 月 1 日 01:54:32 GMT まで正しくない値を返す可能性があります。

Australia/Adelaide

このタイムゾーンの略名は ACDT/ACST ではなく CST として返されます。

Australia/Brisbane

このタイムゾーンの略名は AEDT/AEST ではなく EST として返されます。

Australia/Darwin

このタイムゾーンの略名は ACDT/ACST ではなく CST として返されます。

Australia/Hobart

このタイムゾーンの略名は AEDT/AEST ではなく EST として返されます。

Australia/Perth

このタイムゾーンの略名は AWDT/AWST ではなく WST として返されます。

Australia/Sydney

このタイムゾーンの略名は AEDT/AEST ではなく EST として返されます。

Brazil/East

Canada/Saskatchewan

このタイムゾーン設定では、1918 年 10 月 27 日 08:00:00 GMT から 1918 年 10 月 31 日 08:00:00 GMT まで正しくない値を返す可能性があります。

Europe/Amsterdam

Europe/Athens

Europe/Dublin

Europe/Helsinki

このタイムゾーン設定では、1921 年 4 月 30 日 22:20:08 GMT から 1921 年 4 月 30 日 22:20:11 GMT まで正しくない値を返す可能性があります。

Europe/Paris

Europe/Prague

Europe/Sarajevo

Pacific/Auckland

Pacific/Guam

Pacific/Honolulu

このタイムゾーン設定では、1933 年 5 月 21 日 11:30:00 GMT から 1945 年 9 月 30 日 11:30:00 GMT まで正しくない値を返す可能性があります。

Pacific/Samoa

このタイムゾーン設定では、1911 年 1 月 1 日 11:22:48 GMT から 1950 年 1 月 1 日 11:30:00 GMT まで正しくない値を返す可能性があります。

US/Alaska

US/Central

US/Eastern

US/East-Indiana

US/Pacific

UTC