Amazon Aurora および Amazon CloudWatch の概要 - Amazon Aurora

Amazon Aurora および Amazon CloudWatch の概要

デフォルトでは、Amazon Aurora はメトリクスデータを 1 分間隔で CloudWatch に自動的に送信します。例えば、CPUUtilization メトリクスは、DB インスタンスの CPU 使用率のパーセンテージを時間の経過とともに記録します。期間が 60 秒 (1 分) のデータポイントは、15 日間使用できます。これにより、履歴情報にアクセスし、ウェブアプリケーションやサービスのパフォーマンスを確認できます。

次の図に示すように、CloudWatch メトリクスのアラームを設定できます。例えば、インスタンスの CPU 使用率が 70% を超えたときに通知するアラームを作成できます。Amazon Simple Notification Service を設定して、しきい値を超えたときにメールを受信できます。


            AWS CloudWatch の RDS メトリクス

Amazon RDS は、次のタイプのメトリクスを Amazon CloudWatch に公開します。

CloudWatch の詳細については、Amazon CloudWatch ユーザーガイドの「Amazon CloudWatch とは」を参照してください。CloudWatch メトリクスの保持の詳細については、「メトリクスの保持」を参照してください。