MariaDB DB インスタンスへのデータのインポート - Amazon Relational Database Service

MariaDB DB インスタンスへのデータのインポート

さまざまな手法を使用して、RDS for MariaDB DB インスタンスにデータをインポートできます。最善の方法は、データのソース、データの量、およびインポートが 1 回実行されているのか、進行中であるのかによって異なります。データとともにアプリケーションを移行する場合は、許容できるダウンタイムの長さも考慮してください。

次の表で、RDS for MariaDB DB インスタンスにデータをインポートする方法を見つけてください。

ソース データ量 1 回または進行中 アプリケーションのダウンタイム 手法 詳細情報
既存の MariaDB DB インスタンス すべて 1 回または進行中 最小限 継続的なレプリケーション用のリードレプリカを作成します。新しい DB インスタンスの 1 回限りの作成用のリードレプリカを昇格させます。 リードレプリカの使用
既存の MariaDB または MySQL データベース スモール 1 回 ある程度 コマンドラインユーティリティを使用して、MySQL DB インスタンスに直接データをコピーします。 MariaDB または MySQL データベース から MariaDB または MySQL DB インスタンスにデータをインポートする
既存のデータベースに保存されないデータ ミディアム 1 回 ある程度 フラットファイルを作成し、mysqlimport ユーティリティを使用してインポートします。 任意のソースから MariaDB または MySQL DB インスタンスにデータをインポートする
オンプレミスまたは Amazon EC2 の既存の MariaDB または MySQL データベース すべて 継続的 最小限

レプリケーション元として既存の MariaDB または MySQL データベースを使用してレプリケーションを設定します。

外部インスタンスが MariaDB バージョン 10.0.24 以降、または 10.0.24 以前のバージョンで MySQL インスタンスまたは MariaDB インスタンス向けに調整されたバイナリログを使用する場合は、MariaDB グローバルトランザクション識別子 (GTID) を使用して MariaDB DB インスタンスにレプリケーションを設定できます。MariaDB GTID の実装方法は、Amazon RDS ではサポートされていない MySQL GTID とは異なります。

外部のソースインスタンスを使用したバイナリログファイル位置のレプリケーションの設定

ダウンタイムを短縮して Amazon RDS MariaDB または MySQL DB インスタンスにデータをインポートする

既存のデータベース すべて 1 回または進行中 最小限 AWS Database Migration Service を使用してダウンタイムを最小限にしてデータベースを移行し、多くのデータベース DB エンジンで継続的なレプリケーションを継続します。 AWS Database Migration Service ユーザーガイド」の「AWS Database Migration Service とは?」および「MySQL 互換データベースの AWS DMS のターゲットとしての使用
注記

mysql システムデータベースには、DB インスタンスへのログインとデータへのアクセスに必要な認証情報が含まれています。DB インスタンスにある mysql データベースのテーブル、データ、または他のコンテンツを削除、変更、名前変更、または切り取りを行うとエラーが発生し、DB インスタンスとデータにアクセスできなくなる場合があります。この場合、DB インスタンスは AWS CLI の restore-db-instance-from-db-snapshot を使用してスナップショットから、または restore-db-instance-to-point-in-time コマンドを使用して復元できます。