Amazon RDS ​のモニタリングの概要です。 - Amazon Relational Database Service

Amazon RDS ​のモニタリングの概要です。

モニタリングは、Amazon RDS および AWS ソリューションの信頼性、可用性、パフォーマンスを維持する上で重要な役割を果たします。マルチポイント障害が発生した場合は、その障害をより簡単にデバッグできるように、AWS ソリューションのすべての部分からモニタリングデータを収集する必要があります。Amazon RDS のモニタリングを開始する前に、以下の質問に対する回答を反映したモニタリング計画を作成することをお勧めします。

  • どのような目的でモニタリングしますか?

  • モニタリングの対象となるリソースとは ?

  • どのくらいの頻度でこれらのリソースをモニタリングしますか?

  • 使用するモニタリングツールは?

  • 誰がモニタリングタスクを実行しますか?

  • 問題が発生したときに誰が通知を受け取りますか?

次のステップでは、通常の Amazon RDS パフォーマンスのベースラインを環境に確立します。そのためには、さまざまな時間帯に、さまざまな負荷条件でパフォーマンスを測定します。Amazon RDS をモニタリングするには、モニタリングデータの履歴を保存することを検討します。保存データを、最新のパフォーマンスデータと比較するベースラインとして使用し、通常のパフォーマンスのパターンやパフォーマンスの異常を検出して、問題への対応を検討することができます。

たとえば、Amazon RDS では、DB インスタンスのネットワークスループット、クライアント接続、読み書きやメタデータオペレーションの I/O、バーストクレジット残量などをモニタリングできます。確立したベースラインをパフォーマンスが下回ると、場合によって、ワークロードに対してデータベースの可用性を最適化するために変更を加える必要があります。たとえば、DB インスタンスのインスタンスクラスの変更が必要になる場合があります。または、クライアントで使用できる DB インスタンスとリードレプリカの数の変更が必要になる場合があります。

一般的に、パフォーマンスメトリクスの許容値は、ベースラインがどのようになっているか、アプリケーションによって何が実行されているかによって異なります。ベースラインからの一貫した差異またはトレンドになっている差異を調べます。メトリクスのタイプごとのアドバイスは以下のとおりです。

  • CPU または RAM の高消費量 – CPU または RAM の消費量が大きい値になっていても、それは妥当である場合があります。ただし、アプリケーションの目標 (スループット、同時実行数など) に沿った想定値であることが前提です。

  • ディスクスペースの消費量 – 使用されているディスクスペースが一貫して合計ディスクスペースの 85% 以上である場合は、ディスクスペースの消費量を調べます。インスタンスからデータを削除するか、別のシステムにデータをアーカイブして、スペースを解放できるかどうかを確認します。

  • ネットワークトラフィック – ネットワークトラフィックについてシステム管理者に問い合わせて、ドメインネットワークとインターネット接続に対する想定スループットを把握します。スループットが一貫して想定よりも低い場合は、ネットワークトラフィックを調べます。

  • データベース接続数 – ユーザー接続数が多いことが、インスタンスのパフォーマンスが下がっていること、応答時間が長くなっていることに関連しているとわかった場合、データベース接続数を制限することを検討します。DB インスタンスの最適なユーザー接続数は、インスタンスのクラスと実行中のオペレーションの複雑さによって異なります。データベース接続数を決定するには、User Connections パラメータを 0 (無制限) 以外の値に設定したパラメータグループと DB インスタンスを関連付けます。既存のパラメータグループを使用するか、新しいパラメータグループを作成できます。詳細については、「DB パラメータグループを使用する」を参照してください。

  • IOPS メトリクス – IOPS メトリクスの想定値はディスクの仕様とサーバーの設定によって異なるため、ベースラインを使用して一般的な値を把握します。値とベースラインとの差が一貫しているかどうかを調べます。最適な IOPS パフォーマンスを得るには、読み取りおよび書き込みオペレーションが最小限になるように、一般的な作業セットがメモリに収まることを確認してください。

モニタリングツール

AWS では、Amazon RDS のモニタリングに使用できるさまざまなツールを提供しています。これらのツールの中には、自動モニタリングを設定できるものもあれば、手動操作を必要とするものもあります。モニタリングタスクをできるだけ自動化することをお勧めします。

自動モニタリングツール

以下の自動モニタリングツールを使用して Amazon RDS を監視し、問題が発生したときに報告できます。

  • Amazon RDS イベント – Amazon RDS イベントにサブスクライブして、DB インスタンス、DB スナップショット、 DB パラメータグループ、DB セキュリティグループに変更が発生した場合に通知を受け取ります。詳細については、「Amazon RDS イベント通知の使用」を参照してください。

  • データベースのログファイル – Amazon RDS コンソールまたは Amazon RDS API オペレーションを使用して、データベースのログファイルの表示、ダウンロード、監視を行います。データベーステーブルに読み込まれているデータベースログファイルに対してクエリを実行することもできます。詳細については、「Amazon RDS データベースログファイル」を参照してください。

  • Amazon RDS 拡張モニタリング — オペレーティングシステムのメトリクスをリアルタイムで参照します。詳細については、「拡張モニタリング」を参照してください。

  • Amazon RDS Performance Insights—データベースの負荷を評価し、アクションを実行するタイミングと場所を判断できます。詳細については、「Amazon RDSパフォーマンスインサイトの使用」を参照してください。

  • Amazon RDS 推奨事項—DB インスタンス、、リードレプリカ、DB パラメータグループなどのデータベースリソースについて推奨事項が自動的に表示されます。詳細については、「Amazon RDS 推奨事項を使用する」を参照してください。

さらに、Amazon RDS は Amazon CloudWatch、Amazon EventBridge、AWS CloudTrail と統合してモニタリング機能を追加します。

  • Amazon CloudWatch メトリクス – Amazon RDS は、アクティブな各データベースのメトリクスを 1 分ごとに CloudWatch に自動送信します。CloudWatch の Amazon RDS メトリクスに対する追加料金は発生しません。詳細については、「DB インスタンスのメトリクスの表示」を参照してください。

  • Amazon CloudWatch アラーム – 特定の期間にわたって 1 つの Amazon RDS メトリクスをモニタリングできます。そのため、設定したしきい値に関連するメトリクスの値に基づいて、1 つ以上のアクションを実行できます。詳細については、「Amazon CloudWatch によるモニタリング」を参照してください。

  • [Amazon CloudWatch Logs] – ほとんどの DB エンジンによって、CloudWatch Logs のデータベースログファイルの監視、保存、およびアクセスが可能になります。詳細については、「Amazon CloudWatch Logs User Guide」を参照してください。

  • Amazon CloudWatch Events および Amazon EventBridge – を使用すると、AWS のサービスを自動化して、アプリケーションの可用性の問題やリソースの変更などのシステムイベントに対応できます。AWS のサービスからのイベントは、ほぼリアルタイムに CloudWatch イベント および EventBridge に渡されます。簡単なルールを記述して、注目するイベントと、イベントがルールに一致した場合に自動的に実行するアクションを指定できます。詳細については、「Amazon RDS の CloudWatch イベント イベントおよび Amazon EventBridge イベントの取得」を参照してください。

  • AWS CloudTrail – ユーザー、ロール、または AWS のサービスが Amazon RDS で実行したアクションのレコードを表示できます。CloudTrail は、Amazon RDS に対するすべての API コールをイベントとしてキャプチャします。キャプチャ対象には、Amazon RDS API オペレーションに対する Amazon RDS コンソールからの呼び出しとコードからの呼び出しが含まれます。証跡を作成する場合は、Amazon RDS のイベントなど、Amazon S3 バケットへの CloudTrail イベントの継続的デリバリーを有効にすることができます。証跡を設定しない場合でも、CloudTrail コンソールの [Event history (イベント履歴)] で最新のイベントを表示できます。詳細については、「AWS CloudTrail を使用した Amazon RDS API コールのログ作成」を参照してください。

手動モニタリングツール

Amazon RDS のモニタリングでもう 1 つ重要な点は、CloudWatch アラームの対象外の項目を手動でモニタリングすることです。Amazon RDS、CloudWatch、AWS Trusted Advisor などの AWS コンソールダッシュボードには、AWS 環境の状態が一目でわかるように表示されます。また、DB インスタンスのログファイルを確認することをお勧めします。

  • Amazon RDS コンソールから、リソースに関する以下の項目をモニタリングできます。

    • DB インスタンスへの接続の数

    • DB インスタンスへの読み書きオペレーションの量

    • DB インスタンスが現在使用しているストレージの量

    • DB インスタンスに使用されているメモリと CPU の量

    • DB インスタンスとの間で送受信されるネットワークトラフィックの量

  • Trusted Advisor ダッシュボードから、以下のコスト最適化、セキュリティ、対障害性、パフォーマンス向上のチェックを確認できます。

    • Amazon RDS アイドル DB インスタンス

    • Amazon RDS セキュリティグループのアクセスリスク

    • Amazon RDS バックアップ

    • Amazon RDS Multi-AZ

    これらのチェックの詳細については、「Trusted Advisor のベストプラクティス (チェック)」を参照してください。

  • CloudWatch ホームページには、次の内容が表示されます。

    • 現在のアラームとステータス

    • アラームとリソースのグラフ

    • サービス状態ステータス

    さらに、CloudWatch を使用して次のことが行えます。

    • 重視するサービスをモニタリングするためのカスタマイズしたダッシュボードを作成する。

    • メトリクスデータをグラフ化して、問題のトラブルシューティングを行い、傾向を確認する.

    • AWS リソースのすべてのメトリクスを検索して、参照する.

    • 問題があることを通知するアラームを作成/編集する.

Amazon CloudWatch によるモニタリング

Amazon CloudWatch を使用して DB インスタンスをモニタリングすることで、Amazon RDS から raw データを収集し、リアルタイムに近い読み取り可能なメトリクスに加工できます。デフォルトでは、Amazon RDS のメトリクスデータは 1 分間隔で CloudWatch に自動的に送信されます。CloudWatch の詳細については、Amazon CloudWatch ユーザーガイドの「Amazon CloudWatch とは」を参照してください。

期間が 60 秒 (1 分) のデータポイントは、15 日間使用できます。これにより、履歴情報にアクセスし、ウェブアプリケーションやサービスの動作をより的確に把握できることになります。CloudWatch メトリクスの保持の詳細については、Amazon CloudWatch ユーザーガイドの「メトリクスの保持 」を参照してください。

注記

Amazon RDS Performance Insights を使用している場合は、追加のメトリクスが利用可能です。詳細については、「パフォーマンスインサイトから Amazon CloudWatch に発行されるメトリクス」を参照してください。

Amazon RDS メトリクスとディメンション

Amazon RDS リソースを使用する場合、Amazon RDS はメトリクスとディメンションを 1 分ごとに Amazon CloudWatch に送信します。Amazon RDS のメトリクスを表示するには、以下の手順を使用できます。

Amazon CloudWatch コンソールを使用してメトリクスを表示するには

メトリクスはまずサービスの名前空間ごとにグループ化され、次に各名前空間内のさまざまなディメンションの組み合わせごとにグループ化されます。

  1. https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/ にある CloudWatch コンソールを開きます。

  2. 必要に応じて AWS リージョンを変更します。ナビゲーションバーで、AWS リソースがある AWS リージョンを選択します。詳細については、「リージョンとエンドポイント」を参照してください。

  3. ナビゲーションペインで メトリクスを選択します。RDS のメトリクスの名前空間を選択します。

    
                        メトリクスの名前空間を選択する
  4. メトリクスディメンションを選択します。たとえば [データベースクラス別] を選択します。

  5. メトリクスを並べ替えるには、列見出しを使用します。メトリクスをグラフ表示するには、メトリクスの横にあるチェックボックスを選択します。リソースでフィルタするには、リソース ID を選択し、[検索に追加] を選択します。メトリクスでフィルタするには、メトリクス名を選択し、[検索に追加] を選択します。

    
                          メトリクスのフィルタリング

AWS CLI を使ってメトリクスを表示するには

  • コマンドプロンプトで、次のコマンドを使用します。

    aws cloudwatch list-metrics --namespace AWS/RDS

Amazon RDS メトリクス

AWS/RDS 名前空間には、次のメトリクスが含まれます。

注記

Amazon RDS コンソールには、Amazon CloudWatch に送信された単位とは異なる単位でメトリクスが表示される場合があります。たとえば、Amazon RDS コンソールにはメトリクスがメガバイト (MB) で表示されますが、Amazon CloudWatch にはメトリクスはバイト単位で送信されます。

メトリクス コンソール名 説明
BinLogDiskUsage

バイナリログのディスク使用状況 (MB)

プライマリでバイナリログが占有するディスク領域の量。MySQL リードレプリカに適用されます。

単位: バイト

BurstBalance

バースト残量 (%)

汎用 SSD (gp2) のバーストバケット I/O クレジットの利用可能パーセント。

単位: パーセント

CPUUtilization

CPU 使用率 (%)

CPU 使用率。

単位: パーセント

CPUCreditUsage

CPU クレジット使用状況 (数)

(T2 インスタンス) CPU 使用率に関してインスタンスで消費される CPU クレジットの数。1 CPUクレジットは、1 分間 100% の使用率で実行される 1 つの vCPU、または vCPU、使用率、時間の同等の組み合わせに相当します。たとえば、2 分間 50% の使用率で実行されている 1 つの vCPU、または 2 分間 25% の使用率で実行されている 2 つの vCPU があるとします。

CPU クレジットメトリクスは、5 分間隔でのみ利用可能です。5 分を超える期間を指定する場合は、Sum 統計の代わりに Average 統計を使用します。

単位: クレジット (vCPU 分)

CPUCreditBalance

CPU クレジット残量 (数)

(T2 インスタンス) インスタンスが起動または開始後に蓄積した獲得 CPU クレジットの数。T2 スタンダードの場合、CPUCreditBalance には蓄積された起動クレジットの数も含まれます。

クレジットは、獲得後にクレジット残高に蓄積され、消費されるとクレジット残高から削除されます。クレジットバランスには、インスタンスサイズによって決まる上限があります。制限に到達すると、獲得された新しいクレジットはすべて破棄されます。T2 スタンダードの場合、起動クレジットは制限に対してカウントされません。

CPUCreditBalance のクレジットは、インスタンスがそのベースライン CPU 使用率を超えてバーストするために消費できます。

インスタンスが実行中の場合、CPUCreditBalance のクレジットは期限切れになりません。インスタンスが停止すると、CPUCreditBalance は保持されず、蓄積されたすべてのクレジットが失われます。

CPU クレジットメトリクスは、5 分間隔でのみ利用可能です。

単位: クレジット (vCPU 分)

DatabaseConnections

DB 接続 (数)

使用中のデータベース接続の数。

メトリクス値には、データベースによってまだクリーンアップされていない、切断されたデータベース接続が含まれていない可能性があります。したがって、データベースによって記録されるデータベース接続の数は、メトリクス値よりも多い可能性があります。

単位: Count

DiskQueueDepth

キューの深さ (数)

未処理のディスク I/O アクセス (読み取り/書き込みリクエスト) の数。

単位: Count

FailedSQLServerAgentJobsCount

失敗した SQL Server エージェントジョブ数 (数/分)

直近 1 分間に失敗した Microsoft SQL Server エージェントジョブの数。

単位: カウント/分

FreeableMemory

解放可能なメモリ (MB)

使用可能な RAM の容量。

MariaDB、MySQL、Oracle、および PostgreSQL DB インスタンスの場合、このメトリクスは /proc/meminfoMemAvailable フィールドの値を報告します。

単位: バイト

FreeStorageSpace

空きストレージ領域 (MB)

使用可能なストレージ領域の容量。

単位: バイト

MaximumUsedTransactionIDs

最大使用済みトランザクション ID (数)

最大使用済みトランザクション ID 数。PostgreSQL に適用されます。

単位: Count

NetworkReceiveThroughput

ネットワーク受信スループット (MB/秒)

モニタリングとレプリケーションに使用する顧客データベーストラフィックと Amazon RDS トラフィックの両方を含む、DB インスタンスの受信ネットワークトラフィック。

単位: バイト/秒

NetworkTransmitThroughput

ネットワーク送信スループット (MB/秒)

モニタリングとレプリケーションに使用する顧客データベーストラフィックと Amazon RDS トラフィックの両方を含む、DB インスタンスの送信ネットワークトラフィック。

単位: バイト/秒

OldestReplicationSlotLag

最も古いレプリケーションスロット遅延 (MB)

受信した先行書き込み (WAL) データに関して最も遅延の長いレプリカの遅延サイズ。PostgreSQL に適用されます。

単位: メガバイト

ReadIOPS

読み取り IOPS (数/秒)

1 秒あたりのディスク読み取り I/O 操作の平均回数。

単位: カウント/秒

ReadLatency

読み取りレイテンシー (ミリ秒)

1 回のディスク I/O 操作にかかる平均時間。

単位: 秒

ReadThroughput

読み取りスループット (MB/秒)

1 秒あたりのディスクからの平均読み取りバイト数。

単位: バイト/秒

ReplicaLag

レプリカ遅延 (ミリ秒)

ソース DB インスタンスからリードレプリカ DB インスタンスまでのラグ。MySQL、MariaDB、Oracle、PostgreSQL、および SQL Server のリードレプリカに適用されます。

単位: Seconds

ReplicationSlotDiskUsage

レプリカスロットディスク使用状況 (MB)

レプリケーションスロットファイルで使用されているディスク容量。PostgreSQL に適用されます。

単位: メガバイト

SwapUsage

スワップ使用状況 (MB)

DB インスタンスで使用するスワップ領域の量。このメトリクスは SQL Server では利用できません。

単位: バイト

TransactionLogsDiskUsage

トランザクションログディスク使用状況 (MB)

トランザクションログで使用されているディスク容量。PostgreSQL に適用されます。

単位: メガバイト

TransactionLogsGeneration

トランザクションログ生成 (MB/秒)

1 秒あたりに生成されるトランザクションログのサイズ。PostgreSQL に適用されます。

単位: バイト/秒

WriteIOPS

書き込み IOPS (数/秒)

1 秒あたりのディスク書き込み I/O 操作の平均回数。

単位: カウント/秒

WriteLatency

書き込みレイテンシー (ミリ秒)

1 回のディスク I/O 操作にかかる平均時間。

単位: 秒

WriteThroughput

書き込みスループット (MB/秒)

1 秒あたりのディスクへの平均書き込みバイト数。

単位: バイト/秒

Amazon RDS のディメンション

Amazon RDS メトリクスデータは、次の表のいずれかのディメンションを使用してフィルタリングできます。

ディメンション 説明
DBInstanceIdentifier

このディメンションを指定すると、リクエストしたデータを特定の DB インスタンスでフィルタ処理できます。

DBClusterIdentifier

このディメンションを指定すると、リクエストしたデータを特定の Amazon Aurora DB クラスターでフィルタ処理できます。

DBClusterIdentifier, Role

このディメンションを指定すると、リクエストしたデータを特定の Aurora DB クラスターでフィルタ処理した後、そのメトリクスをインスタンスロール (WRITER/READER) 別に集計できます。たとえば、クラスターに属するすべての READER インスタンスのメトリクスを集計できます。

DatabaseClass

このディメンションを指定すると、リクエストしたデータを、特定のデータベースクラスに属するすべてのインスタンスでフィルタ処理できます。たとえば、db.r5.large というデータベースクラスに属するすべてのインスタンスのメトリクスを集計できます。

EngineName

このディメンションを指定すると、リクエストしたデータを特定のエンジン名でフィルタ処理できます。たとえば、メトリクスを組み合わせて、mysql というエンジン名を有する全インスタンスを抽出することができます。

SourceRegion

このディメンションを指定すると、リクエストしたデータを、指定したリージョンでフィルタ処理できます。たとえば、us-east-1 リージョンのすべてのインスタンスのメトリクスを集計できます。

Amazon RDS をモニタリングするための CloudWatch アラームの作成

CloudWatch アラームを作成できます。これは、アラームの状態が変わったときに Amazon SNS メッセージを送信します。1 つのアラームで、指定した期間中、1 つのメトリクスを監視します。アラームは、指定された複数の期間にわたるしきい値に関連するメトリクスの値に基づいて、1 つ以上のアクションを実行することもできます。アクションは、Amazon SNS トピックまたは Amazon EC2 Auto Scaling ポリシーに送信される通知です。

アラームは、持続している状態変化に対してのみアクションを呼び出します。CloudWatch アラームは、特定の状態にあるという理由だけではアクションを呼び出しません。状態が変わって、変わった状態が指定期間にわたって維持される必要があります。次の手順は、Amazon RDS でアラームを作成する方法を示しています。

CloudWatch コンソールを使用してアラームを設定するには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインした後、https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/ にある CloudWatch コンソールを開きます。

  2. [アラーム]、[アラームの作成] の順に選択します。これにより、アラームの作成ウィザードが起動します。

  3. [RDS Metrics (RDS メトリクス)] を選択し、Amazon RDS メトリクスをスクロールして、アラームを設定するメトリクスを見つけます。Amazon RDS メトリクスのみを表示するには、リソースの ID を検索します。アラームを作成するメトリクスを選択し、[次へ] を選択します。

  4. [名前]、[説明]、[次の時] にメトリクスの値を入力します。

  5. アラーム状態に達したときに CloudWatch から E メールを受け取るには、[アラームが次の時:] で、[状態: 警告] を選択します。[通知の送信先:] で、既存の SNS トピックを選択します。[トピックの作成] を選択すると、新しいメールサブスクリプションリスト用の名前とメールアドレスを設定できます。このリストは保存され、今後のアラーム用のフィールドに表示されます。

    注記

    [Create Topic] を使用して新しい Amazon SNS トピックを作成する場合、メールアドレスを検証しなければ、そのアドレスで通知を受け取ることができません。メールは、アラームがアラーム状態になったときにのみ送信されます。アラーム状態になったときに、E メールアドレスの検証がまだ完了していない場合は、そのアドレスで通知を受け取ることはできません。

  6. 作成するアラームを [Alarm Preview (アラームプレビュー)] 領域でプレビューし、[Create Alarm (アラームの作成)] を選択します。

AWS CLI を使用してアラームを設定するには

CloudWatch API を使用してアラームを設定するには

Amazon CloudWatch Logs へのデータベースエンジンログの発行

Amazon RDS データベースエンジンを設定して、ログデータを Amazon CloudWatch Logs のロググループに発行できます。CloudWatch Logs を使用すると、ログデータのリアルタイム分析や、CloudWatch を使用したアラームの作成、メトリクスの表示を行うことができます。CloudWatch Logs を使用して、ログレコードを堅牢性の高いストレージに保存できます。これは、CloudWatch Logs エージェントで管理できます。たとえば、必要なときに raw ログにアクセスできるように、ログレコードをホストからログサービスにローテーションさせるタイミングを決定できます。

エンジン別の情報については、以下のトピックを参照してください。

注記

ログデータの発行を有効にする前に、AWS Identity and Access Management (IAM) でサービスにリンクされたロールがあることを確認します。サービスにリンクされたロールの詳細については、「Amazon RDS のサービスにリンクされたロールの使用」を参照してください。

CloudWatch Log 統合の設定

CloudWatch Logs にデータベースログファイルを発行するには、発行するログを選択します。新しい DB インスタンスを作成するとき、[Advanced Settings] セクションでこの選択を行います。また、既存の DB インスタンスを変更して発行を開始できます。


                    CloudWatch Logs の追加

発行を有効にした後、Amazon RDS はすべての DB インスタンスログレコードをロググループに継続してストリームします。たとえば、発行した各タイプのログにロググループ /aws/rds/instance/log type を持っているとします。このロググループは、ログを生成するデータベースインスタンスと同じ AWS リージョンにあります。

ログレコードを発行した後、CloudWatch Logs を使用してレコードの検索およびフィルタリングができます。ログの検索およびフィルタリングについての詳細は、「ログデータの検索およびフィルタリング」を参照してください。

DB インスタンスのメトリクスの表示

Amazon RDS には、DB インスタンスの状態をモニタリングするためのメトリクスが用意されています。DB インスタンスとオペレーティングシステム (OS) の両方のメトリクスをモニタリングできます。

以下に、RDS コンソールと CloudWatch を使用して DB インスタンスのメトリクスを表示する方法の詳細を示します。CloudWatch Logs を使用して DB インスタンスのオペレーティングシステムのメトリクスをリアルタイムでモニタリングする方法については、「拡張モニタリング」を参照してください。

DB インスタンスの DB と OS のメトリクスを表示するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[データベース] を選択します。

  3. 情報を取得する対象の DB インスタンスの名前を選択して、詳細を表示します。

  4. [モニタリング] タブを選択します。

  5. [モニタリングを表示] で、メトリクスを表示する方法を以下のオプションから選択します。

    • [CloudWatch] – Amazon CloudWatch から使用できる DB インスタンスメトリクスの概要を表示します。各メトリクスには、特定の期間にわたってモニタリングされたメトリクスを示すグラフが含まれます。

    • [Enhanced monitoring] – 拡張モニタリングが有効になっている DB インスタンスに使用できる OS メトリクスの概要を表示します。各メトリクスには、特定の期間にわたってモニタリングされたメトリクスを示すグラフが含まれます。

    • [OS プロセスリスト] – 選択したインスタンスで実行中の各プロセスの詳細を表示します。

    • Performance Insights – DB インスタンスの Amazon RDS Performance Insights コンソールを開きます。

    
                            RDS メトリクスの表示オプション
    ヒント

    グラフで表されるメトリクスの時間範囲を選択するには、時間範囲リストを使用します。

    より詳細なビューを表示するには、任意のグラフを選択します。メトリック固有のフィルターをデータに適用することもできます。

Amazon RDS は CloudWatch メトリクスと統合されて、さまざまな DB インスタンスメトリクスが用意されています。CloudWatch のメトリクスは、RDS コンソール、AWS CLI、または API を使用して表示できます。

Amazon RDS メトリクスの完全なリストについては、Amazon CloudWatch ユーザーガイド の「Amazon RDS ディメンションとメトリクス」を参照してください。

CloudWatch CLI を使用した DB メトリクスの表示
注記

次の CLI の例には、コマンドラインツール CloudWatch が必要です。CloudWatch の詳細と開発者ツールのダウンロードについては、AWS ウェブサイトの「Amazon CloudWatch」を参照してください。この例で指定されている StartTimeEndTime の値は例示を目的としています。DB インスタンスの適切な開始時間と終了時間の値に置き換えてください。

DB インスタンスの使用状況およびパフォーマンス統計情報を表示するには

  • CloudWatch コマンド mon-get-stats を次のパラメータとともに使用します。

    PROMPT>mon-get-stats FreeStorageSpace --dimensions="DBInstanceIdentifier=mydbinstance" --statistics= Average --namespace="AWS/RDS" --start-time 2009-10-16T00:00:00 --end-time 2009-10-16T00:02:00
CloudWatch API を使用した DB メトリクスの表示

この例で指定されている StartTimeEndTime の値は例示を目的としています。DB インスタンスの適切な開始時間と終了時間の値に置き換えてください。

DB インスタンスの使用状況およびパフォーマンス統計情報を表示するには

  • 以下のパラメータを指定して CloudWatch API GetMetricStatistics を呼び出します。

    • Statistics.member.1 = Average

    • Namespace = AWS/RDS

    • StartTime = 2009-10-16T00:00:00

    • EndTime = 2009-10-16T00:02:00

    • Period = 60

    • MeasureName = FreeStorageSpace