RDS for Oracle インスタンスクラス - Amazon Relational Database Service

RDS for Oracle インスタンスクラス

DB インスタンスの計算とメモリの容量は、DB インスタンスクラスによって決まります。必要な DB インスタンスクラスは、処理能力とメモリの要件によって異なります。

サポートされている Oracle DB インスタンスクラス

サポートされる Oracle DB インスタンスクラスは、RDS DB インスタンスクラスのサブセットです。RDS インスタンスクラスの完全なリストについては、「 DB インスタンスクラス」を参照してください。

RDS for Oracle では、より大きなメモリ、ストレージ、および vCPU あたりの I/O 数を必要とするワークロード向けに最適化された、インスタンスクラスも提供しています。これらのインスタンスクラスでは、以下の命名規則が使用されます。

db.r5.instance_size.tpcthreads_per_core.memratio

以下は、サポートされているインスタンスクラスの例です。

db.r5.4xlarge.tpc2.mem2x

前述のインスタンスクラス名の構成要素は次のとおりです。

  • db.r5.4xlarge – インスタンスクラスの名前。

  • tpc2 – コアごとのスレッド。値が 2 である場合、マルチスレッドがオンであることを意味します。値が 1 である場合、ハイパースレッディングはオフです。

  • mem2x – そのインスタンスクラスの標準メモリに対する追加メモリの比率。この例では、最適化によって標準の db.r5.4xlarge インスタンスの 2 倍のメモリが提供されています。

次の表は、Oracle データベースでサポートされているすべてのインスタンスクラスのリストです。メモリ属性の各タイプの詳細については、Amazon RDS for Oracle インスタンスタイプを参照してください。

Oracle エディション Oracle Database 19c および Oracle Database 12c Release 2 (12.2.0.1) のサポート Oracle Database 12c Release 1 (12.1.0.2) のサポート

Enterprise Edition (EE)

Bring-Your-Own-License (BYOL)

スタンダードインスタンスクラス

db.m6i.large–db.m6i.32xlarge (19c のみ)

db.m5.large–db.m5.24xlarge

db.m4.large–db.m4.16xlarge

db.m5.large–db.m5.24xlarge

db.m4.large–db.m4.16xlarge

メモリ最適化インスタンスクラス

db.r6i.large–db.r6i.32xlarge (19c のみ)

db.r5.12xlarge.tpc2.mem2x

db.r5.8xlarge.tpc2.mem3x

db.r5.6xlarge.tpc2.mem4x

db.r5.4xlarge.tpc2.mem4x

db.r5.4xlarge.tpc2.mem3x

db.r5.4xlarge.tpc2.mem2x

db.r5.2xlarge.tpc2.mem8x

db.r5.2xlarge.tpc2.mem4x

db.r5.2xlarge.tpc1.mem2x

db.r5.xlarge.tpc2.mem4x

db.r5.xlarge.tpc2.mem2x

db.r5.large.tpc1.mem2x

db.r5.large–db.r5.24xlarge

db.r5b.large–db.r5b.24xlarge

db.r4.large–db.r4.16xlarge

db.x1e.xlarge–db.x1e.32xlarge

db.x1.16xlarge–db.x1.32xlarge

db.z1d.large – db.z1d.12xlarge

db.r5.12xlarge.tpc2.mem2x

db.r5.8xlarge.tpc2.mem3x

db.r5.6xlarge.tpc2.mem4x

db.r5.4xlarge.tpc2.mem4x

db.r5.4xlarge.tpc2.mem3x

db.r5.4xlarge.tpc2.mem2x

db.r5.2xlarge.tpc2.mem8x

db.r5.2xlarge.tpc2.mem4x

db.r5.2xlarge.tpc1.mem2x

db.r5.xlarge.tpc2.mem4x

db.r5.xlarge.tpc2.mem2x

db.r5.large.tpc1.mem2x

db.r5.large–db.r5.24xlarge

db.r5b.large–db.r5b.24xlarge

db.r4.large–db.r4.16xlarge

db.x1e.xlarge–db.x1e.32xlarge

db.x1.16xlarge–db.x1.32xlarge

db.z1d.large – db.z1d.12xlarge

バーストパフォーマンスインスタンスクラス

db.t3.small – db.t3.2xlarge

db.t3.micro – db.t3.2xlarge

Standard Edition 2 (SE2)

Bring-Your-Own-License (BYOL)

スタンダードインスタンスクラス

db.m6i.large–db.m6i.4xlarge (19c のみ)

db.m5.large–db.m5.4xlarge

db.m4.large–db.m4.4xlarge

db.m5.large–db.m5.4xlarge

db.m4.large–db.m4.4xlarge

メモリ最適化インスタンスクラス

db.r6i.large–db.r6i.4xlarge (19c のみ)

db.r5.4xlarge.tpc2.mem4x

db.r5.4xlarge.tpc2.mem3x

db.r5.4xlarge.tpc2.mem2x

db.r5.2xlarge.tpc2.mem8x

db.r5.2xlarge.tpc2.mem4x

db.r5.2xlarge.tpc1.mem2x

db.r5.xlarge.tpc2.mem4x

db.r5.xlarge.tpc2.mem2x

db.r5.large.tpc1.mem2x

db.r5.large–db.r5.4xlarge

db.r5b.large–db.r5b.4xlarge

db.r4.large–db.r4.4xlarge

db.z1d.large – db.z1d.3xlarge

db.r5.4xlarge.tpc2.mem4x

db.r5.4xlarge.tpc2.mem3x

db.r5.4xlarge.tpc2.mem2x

db.r5.2xlarge.tpc2.mem8x

db.r5.2xlarge.tpc2.mem4x

db.r5.2xlarge.tpc1.mem2x

db.r5.xlarge.tpc2.mem4x

db.r5.xlarge.tpc2.mem2x

db.r5.large.tpc1.mem2x

db.r5.large–db.r5.4xlarge

db.r5b.large–db.r5b.4xlarge

db.r4.large–db.r4.4xlarge

db.z1d.large – db.z1d.3xlarge

バーストパフォーマンスインスタンスクラス

db.t3.small – db.t3.2xlarge

db.t3.micro – db.t3.2xlarge

Standard Edition 2 (SE2)

ライセンス込み

スタンダードインスタンスクラス

db.m5.large–db.m5.4xlarge

db.m4.large–db.m4.4xlarge

db.m5.large–db.m5.4xlarge

db.m4.large–db.m4.4xlarge

メモリ最適化インスタンスクラス

db.r5.large–db.r5.4xlarge

db.r4.large–db.r4.4xlarge

db.r5.large–db.r5.4xlarge

db.r4.large–db.r4.4xlarge

バーストパフォーマンスインスタンスクラス

db.t3.small – db.t3.2xlarge

db.t3.micro – db.t3.2xlarge

注記

すべてのBYOL のお客様は、ライセンス契約を調べて、Amazon RDS for Oracle の廃止の影響について評価することをお勧めします。Amazon RDS for Oracle によってサポートされている DB インスタンスクラスのコンピューティング性能については、「 DB インスタンスクラス」および「DB インスタンスクラスのプロセッサの設定」を参照してください。

注記

非推奨の DB インスタンスクラスを使用していた DB インスタンスの DB スナップショットがある場合、DB スナップショットを復元する際に、非推奨ではない DB インスタンスクラスを選択できます。詳細については、「DB のスナップショットからの復元」を参照してください。

Oracle DB インスタンスクラスの非推奨化

以下 のDB インスタンスクラスは、Amazon RDS for Oracle で非推奨となっています。

  • db.m1、db.m2、db.m3

  • db.t1、db.t2

  • db.r1、db.r2、db.r3

前出の DB インスタンスは、パフォーマンスに優り、一般に低いコストで利用可能な DB インスタンスと置き換えられています。Amazon RDS for Oracle では、DB インスタンスを、非推奨化されていない DB インスタンスクラスに自動的にスケーリングします。

非推奨となった DB インスタンスクラスを使用する DB インスタンスを実装している場合、Amazon RDS は廃止されていない類似の DB インスタンスクラスを使用するように各インスタンスを自動的に変更します。DB インスタンスを変更することで、DB インスタンスの DB インスタンスクラスを変更できます。詳細については、「Amazon RDS DB インスタンスを変更する」を参照してください。

非推奨の DB インスタンスクラスを使用していた DB インスタンスの DB スナップショットがある場合、DB スナップショットを復元する際に、非推奨ではない DB インスタンスクラスを選択できます。詳細については、「DB のスナップショットからの復元」を参照してください。