Amazon RDS の Oracle にデータをインポートする - Amazon Relational Database Service

Amazon RDS の Oracle にデータをインポートする

Amazon RDS for Oracle DB インスタンスにデータをインポートする方法は、次の条件によって異なります。

  • 保有しているデータの量

  • データベース内のデータベースオブジェクトの数

  • データベース内のさまざまなデータベースオブジェクト

例えば、要件に応じて、次のツールを使用できます。

  • Oracle SQL Developer — シンプルな 20 MB のデータベースを 1 つインポートできます。

  • Oracle Data Pump – 複雑なデータベースや、サイズが数百メガバイトまたは数テラバイトのデータベースをインポートできます。このタスクでは、Amazon S3 が使用できます。例えば、Amazon S3 の Data Pump ファイルを DB インスタンスにダウンロードできます。詳細については、「Amazon S3 統合」を参照してください。

  • AWS Database Migration Service (AWS DMS) — ダウンタイムなしでデータベースを移行できます。AWS DMS の詳細については、「AWS Database Migration Service とは」およびブログ記事「AWS DMS を使用してほぼゼロのダウンタイムで Oracle データベースを移行する」参照してください。

重要

前述の移行方法のいずれかを使用する前に、データベースをバックアップすることをお勧めします。データのインポート後に、スナップショットを作成して RDS for Oracle DB インスタンスをバックアップできます。後で、スナップショットを復元できます。詳細については、「Amazon RDS DB インスタンスのバックアップと復元」を参照してください。

多くのデータベースエンジンでは、ターゲットデータベースに切り替える準備ができるまで、進行中のレプリケーションを続行できます。AWS DMS を使用して、同じデータベースエンジンまたは異なるエンジンから RDS for Oracle に移行できます。別のデータベースエンジンから移行する場合は、AWS Schema Conversion Tool を使用します。これにより、AWS DMS では移行できないスキーマオブジェクトを移行できます。

次のビデオは、Oracle Database のさまざまな移行手法をまとめたものです。

次のビデオでは、データ移行の計画と実行方法について説明します。