DB インスタンスを削除する - Amazon Relational Database Service

DB インスタンスを削除する

AWS Management Console、AWS CLI、RDS API を使用して DB インスタンスを削除できます。Aurora DB クラスター内の DB インスタンスを削除する場合、「Aurora DB クラスターと DB インスタンスを削除する」を参照してください。

DB インスタンスの削除の前提条件

DB インスタンスの削除を試みる前に、削除保護がオフになっていることを確認してください。デフォルトでは、コンソールで作成された DB インスタンスの削除保護がオンになっています。

DB インスタンスで削除保護が有効になっている場合は、インスタンス設定を変更することで削除保護を無効にできます。データベースの詳細ページで [変更] を選択するか、modify-db-instance コマンドを呼び出します。このオペレーションでは停止は発生しません。詳細については、「DB インスタンスの設定」を参照してください。

DB インスタンスを削除する場合の考慮事項

DB インスタンスを削除すると、インスタンスの復旧可能性、バックアップの可用性、リードレプリカのステータスに影響します。以下の問題について考えます。

  • 最終 DB スナップショットを作成するかどうかを選択できます。次のオプションがあります。

    • 最終スナップショットを作成する場合、そのスナップショットを使用して、削除した DB インスタンスを復元できます。RDS は、最終スナップショットと以前に作成した手動スナップショットの両方を保持します。DB インスタンスが Available 状態でない場合、最終 DB スナップショットを作成することはできません。詳細については、「Amazon RDS DB インスタンスのステータスの表示」を参照してください。

    • 最終スナップショットを作成しない場合は、インスタンスの削除が速くなります。ただし、その場合は後で復元できる最終スナップショットは保存されません。削除した DB インスタンスを復元する場合は、自動バックアップを保持するか、以前の手動スナップショットを使用して DB インスタンスを以前のスナップショットの時点に復元します。

  • 自動バックアップを保持するかどうかを選択できます。次のオプションがあります。

    • 自動バックアップを保持する場合、自動バックアップは、RDS により DB インスタンスの削除時に有効な保持期間だけ保持されます。自動バックアップを使用して、DB インスタンスを保持期間中に復元できますが、保持期間終了後は復元できません。保持期間は、最終 DB スナップショットを作成するかどうかに関係なく有効です。保持されている自動バックアップを削除するには、「保持している自動バックアップの削除」を参照してください。

    • 自動バックアップと手動スナップショットを保持すると、削除されるまで請求が発生します。詳細については、「保持コスト」を参照してください。

    • 自動バックアップを保持しない場合、DB インスタンスと同じ AWS リージョン リージョンにある自動バックアップは、RDS により削除されます。これらのバックアップを復元することはできません。自動バックアップが別の AWS リージョン に複製されている場合に自動バックアップを保持しない場合、RDS が保持します。詳細については、「別の AWS リージョン への自動バックアップのレプリケーション」を参照してください。

      注記

      通常、最終 DB スナップショットを作成する場合、自動バックアップを保持する必要はありません。

  • DB インスタンスを削除しても、RDS は手動 DB スナップショットを削除しません。詳細については、「シングル AZ DB インスタンスの DB スナップショットの作成」を参照してください。

  • すべての RDS リソースを削除する場合、次のリソースには請求料金が発生することに注意してください。

    • DB インスタンス

    • DB スナップショット

    • DB クラスター

    リザーブドインスタンスを購入した場合、インスタンスの購入時に合意した契約に従って請求されます。詳細については、「Amazon RDS 向けリザーブド DB インスタンス」を参照してください。AWS Cost Explorer を使用して、すべての AWS リソースの請求情報を取得できます。詳細については、「AWS Cost Explorer によるコストの分析」を参照してください。

  • 同じ AWS リージョン にリードレプリカがある DB インスタンスを削除すると、各リードレプリカはスタンドアロン DB インスタンスに自動的に昇格されます。詳細については、「リードレプリカをスタンドアロン DB インスタンスに昇格させる」を参照してください。異なる AWS リージョン にリードレプリカがある DB インスタンスの場合、クロスリージョンリードレプリカのソース DB インスタンスの削除について、「クロスリージョンレプリケーションに関する考慮事項」を参照してください。

  • DB インスタンスのステータスが deleting の場合、その CA 認定の値は、RDS コンソールにも、AWS CLI コマンドまたは RDS API オペレーションの出力にも表示されません。CA 認定の詳細については、「SSL/TLS を使用した DB インスタンスまたはクラスターへの接続の暗号化」を参照してください。

  • DB インスタンスの削除に必要な時間は、バックアップ保持期間 (削除するバックアップの数)、削除するデータの量、最終スナップショットを作成するかどうかによって異なります。

DB インスタンスを削除する

AWS Management Console、AWS CLI、RDS API を使用して DB インスタンスを削除できます。以下を実行する必要があります。

  • DB インスタンスの名前を入力します。

  • インスタンスの最終 DB スナップショットを取得するオプションを有効/無効にする

  • 自動バックアップを保持するオプションを有効/無効にする

注記

削除保護が有効になっている場合、DB インスタンスを削除することはできません。詳細については、「DB インスタンスの削除の前提条件」を参照してください。

DB インスタンスを削除するには
  1. AWS Management Console にサインインし、Amazon RDS コンソール https://console.aws.amazon.com/rds/ を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[データベース] を選択し、削除する DB インスタンスを選択します。

  3. [アクション] で、[削除] を選択します。

  4. DB インスタンスの最終 DB スナップショットを作成するには、[最終スナップショットを作成しますか?] を選択します。

  5. 最終スナップショットの作成を選択した場合は、[Final snapshot name (最終スナップショット名)] を入力します。

  6. 自動バックアップを保持するには、[Retain automated backups (自動バックアップの保持)] を選択します。

  7. ボックスに「delete me」と入力します。

  8. [削除] を選択します。

アカウント内の DB インスタンスのインスタンス ID を確認するには、describe-db-instances コマンドを呼び出します。

aws rds describe-db-instances --query 'DBInstances[*].[DBInstanceIdentifier]' --output text

AWS CLI を使用して DB インスタンスを削除するには、以下のオプションを使用して delete-db-instance コマンドを呼び出します。

  • --db-instance-identifier

  • --final-db-snapshot-identifier 、、または --skip-final-snapshot

例 最終スナップショットを作成し、自動バックアップを保持しない場合

Linux、macOS、Unix の場合:

aws rds delete-db-instance \ --db-instance-identifier mydbinstance \ --final-db-snapshot-identifier mydbinstancefinalsnapshot \ --delete-automated-backups

Windows の場合:

aws rds delete-db-instance ^ --db-instance-identifier mydbinstance ^ --final-db-snapshot-identifier mydbinstancefinalsnapshot ^ --delete-automated-backups
例 自動バックアップを保持し、最終スナップショットを作成しない場合

Linux、macOS、Unix の場合:

aws rds delete-db-instance \ --db-instance-identifier mydbinstance \ --skip-final-snapshot \ --no-delete-automated-backups

Windows の場合:

aws rds delete-db-instance ^ --db-instance-identifier mydbinstance ^ --skip-final-snapshot ^ --no-delete-automated-backups

Amazon RDS API を使用して DB インスタンスを削除するには、以下のパラメータを指定して DeleteDBInstance オペレーションを呼び出します。

  • DBInstanceIdentifier

  • FinalDBSnapshotIdentifier 、、または SkipFinalSnapshot