Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API バージョン 2014-10-31)

DB インスタンスの削除

DB インスタンスを削除するには、インスタンスの名前を指定し、そのインスタンスの最終的な DB スナップショットを作成するかどうかを指定する必要があります。

ユーザーがデータベースを削除できないようにするために、削除保護を有効にできます。デフォルトで、削除保護は無効です。ただし、AWS マネジメントコンソール を使用して本稼働 DB インスタンスを作成すると、削除保護が有効になります。Amazon RDS は、コンソール、AWS CLI、または API を使用して DB インスタンスを削除しようとするかどうかにかかわらず、削除保護を適用します。削除保護が有効になっている DB インスタンスを削除しようとする場合、まずインスタンスを修正して削除保護を無効にしない限り、削除できません。

削除する DB インスタンスにリードレプリカがある場合は、そのリードレプリカを昇格させるか、削除する必要があります。詳細については、「スタンドアロン DB インスタンスとなるようにリードレプリカを昇格」を参照してください。

最終スナップショットの作成

DB インスタンスを削除するとき、DB インスタンスの最終スナップショットを作成するかどうかを選択できます。DB インスタンスを後で復元できるようにする場合は、最終スナップショットを作成する必要があります。

最終スナップショットあり 最終スナップショットなし

選択する方法

削除した DB インスタンスを後で復元できるようにする場合は、最終 DB スナップショットを作成する必要があります。

DB インスタンスを迅速に削除する場合は、最終 DB スナップショットの作成をスキップできます。

重要

後で DB インスタンスを復元することはできません。DB インスタンスの以前の手動スナップショットがある場合は、以前の手動スナップショットの時点に DB インスタンスを復元できます。

自動バックアップ

自動バックアップもすべて削除され、復旧できません。

自動バックアップもすべて削除され、復旧できません。

手動スナップショット

以前の手動スナップショットは削除されません。

以前の手動スナップショットは削除されません。

creatingfailedincompatible-restore、または incompatible-network ステータスの場合、DB インスタンスの最終スナップショットを作成することはできません。DB インスタンスステータスの詳細については、「DB インスタンスのステータス」を参照してください。

コンソール、CLI、および API を使用した DB インスタンスの削除

AWS マネジメントコンソール、AWS CLI、RDS API を使用して DB インスタンスを削除できます。

AWS マネジメントコンソール

DB インスタンスを削除するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[インスタンス] を選択し、削除する DB インスタンスを選択します。

  3. [Instance actions] を選択し、[Delete] を選択します。

  4. [Create final Snapshot?] で [Yes] または [No] を選択します。

  5. 前の手順で [Yes (はい)] を選択した場合は、[Final snapshot name (最終スナップショット名)] に最終 DB スナップショットの名前を入力します。

  6. ボックスに「delete me」と入力します。

  7. [Delete] を選択します。

CLI

AWS CLI を使用して DB インスタンスを削除するには、以下のオプションを使用して delete-db-instance コマンドを呼び出します。

  • --db-instance-identifier

  • --final-db-snapshot-identifier または --skip-final-snapshot

例 最終スナップショットあり

Linux、OS X、Unix の場合:

aws rds delete-db-instance \ --db-instance-identifier mydbinstance \ --final-db-snapshot-identifier mydbinstancefinalsnapshot

Windows の場合:

aws rds delete-db-instance ^ --db-instance-identifier mydbinstance ^ --final-db-snapshot-identifier mydbinstancefinalsnapshot

例 最終スナップショットなし

Linux、OS X、Unix の場合:

aws rds delete-db-instance \ --db-instance-identifier mydbinstance \ --skip-final-snapshot

Windows の場合:

aws rds delete-db-instance ^ --db-instance-identifier mydbinstance ^ --skip-final-snapshot
API

Amazon RDS API を使用して DB インスタンスを削除するには、以下のパラメータを指定して DeleteDBInstance アクションを呼び出します。

  • DBInstanceIdentifier

  • FinalDBSnapshotIdentifier または SkipFinalSnapshot

例 最終スナップショットあり

https://rds.amazonaws.com/ ?Action=DeleteDBInstance &DBInstanceIdentifier=mydbinstance &FinalDBSnapshotIdentifier=mydbinstancefinalsnapshot &SignatureMethod=HmacSHA256 &SignatureVersion=4 &Version=2014-10-31 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=AKIADQKE4SARGYLE/20140305/us-west-1/rds/aws4_request &X-Amz-Date=20140305T185838Z &X-Amz-SignedHeaders=content-type;host;user-agent;x-amz-content-sha256;x-amz-date &X-Amz-Signature=b441901545441d3c7a48f63b5b1522c5b2b37c137500c93c45e209d4b3a064a3

例 最終スナップショットなし

https://rds.amazonaws.com/ ?Action=DeleteDBInstance &DBInstanceIdentifier=mydbinstance &SkipFinalSnapshot=true &SignatureMethod=HmacSHA256 &SignatureVersion=4 &Version=2014-10-31 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=AKIADQKE4SARGYLE/20140305/us-west-1/rds/aws4_request &X-Amz-Date=20140305T185838Z &X-Amz-SignedHeaders=content-type;host;user-agent;x-amz-content-sha256;x-amz-date &X-Amz-Signature=b441901545441d3c7a48f63b5b1522c5b2b37c137500c93c45e209d4b3a064a3