Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API バージョン 2014-10-31)

SSL を使用した DB インスタンス への接続の暗号化

アプリケーションから SSL を使用して、MySQL、MariaDB、SQL Server、Oracle、PostgreSQL を実行する DB インスタンスへの接続を暗号化できます。各 DB エンジンには SSL を実装する独自のプロセスがあります。ご使用の DB インスタンスでの SSL の実装方法については、ご使用の DB エンジンに該当するリンクを以下から選択してください。

すべてのリージョンで使用できるルート証明書は、 https://s3.amazonaws.com/rds-downloads/rds-ca-2015-root.pem からダウンロードできます。これは信頼されたルートエンティティであり、ほとんどの場合は使用できますが、アプリケーションが証明書チェーンを受け入れていない場合は使用できない可能性があります。アプリケーションで証明書チェーンが受け入れられない場合は、このセクションで後述する中間証明書リストから AWS リージョン固有の証明書をダウンロードします。AWS GovCloud リージョンのルート証明書は、https://s3-us-gov-west-1.amazonaws.com/rds-downloads/rds-GovCloud-Root-CA-2017.pem からダウンロードできます。

注記

証明書はすべて、SSL 接続を使用したダウンロードでのみ使用可能です。

中間証明書とルート証明書の両方を含む証明書バンドルは、https://s3.amazonaws.com/rds-downloads/rds-combined-ca-bundle.pem からダウンロードできます。

AWS GovCloud リージョンの中間証明書とルート証明書の両方を含む証明書バンドルは、https://s3-us-gov-west-1.amazonaws.com/rds-downloads/rds-combined-ca-us-gov-bundle.pem からダウンロードできます。

アプリケーションが Microsoft Windows プラットフォームにある場合、中間証明書とルート証明書の両方を含む PKCS7 証明書バンドルは、https://s3.amazonaws.com/rds-downloads/rds-combined-ca-bundle.p7b からダウンロードできます。

中間証明書

リージョンに接続するために中間証明書を使用することが必要になる場合があります。たとえば、SSL を使用して AWS GovCloud (米国西部) リージョンに接続するために、中間証明書を使用する必要があります。特定の AWS リージョンの中間証明書が必要な場合は、以下のリストから証明書をダウンロードします。

アジアパシフィック (ムンバイ)

アジアパシフィック (東京)

アジアパシフィック (ソウル)

アジアパシフィック (大阪: ローカル)

アジアパシフィック (シンガポール)

アジアパシフィック (シドニー)

カナダ (中部)

中国 (北京)

中国 (寧夏)

欧州 (フランクフルト)

欧州 (アイルランド)

欧州 (ロンドン)

EU (パリ)

欧州 (ストックホルム)

南米 (サンパウロ)

米国東部(バージニア北部)

米国東部 (オハイオ)

米国西部 (北カリフォルニア)

米国西部 (オレゴン)

AWS GovCloud (US-East) (CA-2017)

AWS GovCloud (US-West) (CA-2017)

AWS GovCloud (US-West) (CA-2012)

このページの内容: