Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API バージョン 2014-10-31)

スナップショットの削除

Amazon RDS で管理されている DB のスナップショットは、不要になったら削除することができます。

注記

AWS Backup で管理されているバックアップを削除するには、AWS Backup コンソールを使用します。AWS Backup については、「AWS バックアップ開発者ガイド」を参照してください。

DB スナップショットの削除

手動、共有、またはパブリックの DB スナップショットを削除するには、AWS マネジメントコンソール、AWS CLI、または RDS API を使用します。

共有またはパブリックのスナップショットを削除するには、そのスナップショットを所有する AWS アカウントにサインインする必要があります。

DB インスタンスを削除せずに削除する自動 DB スナップショットがある場合は、DB インスタンスのバックアップ保持期間を 0 に変更します。自動スナップショットは、変更適用時に削除されます。次回メンテナンス期間まで待機せずに、即時に変更を適用することもできます。変更が完了したら、バックアップ保持期間を 0 を超える値に設定することで、自動バックアップを再度有効にすることができます。DB インスタンスの変更については、「Amazon RDS DB インスタンスを変更する」を参照してください。

DB インスタンスを削除したら、その DB インスタンスの自動バックアップを削除することで、自動 DB スナップショットを削除することができます。自動バックアップの詳細については、「バックアップの使用」を参照してください。

コンソール

DB スナップショットを削除するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[スナップショット] を選択します。

  3. 削除する DB スナップショットを選択します。

  4. [アクション] で、[スナップショットの削除] を選択します。

  5. 確認ページで、[削除] を選択します。

AWS CLI

DB スナップショットを削除するには、AWS CLI の delete-db-snapshot コマンドを使用します。

DB スナップショットを削除するには、以下のオプションを使用します。

  • --db-snapshot-identifier – DB スナップショットの識別子。

次のコードは、DB スナップショット mydbsnapshot を削除します。

Linux、OS X、Unix の場合:

aws rds delete-db-snapshot \ --db-snapshot-identifier mydbsnapshot

Windows の場合:

aws rds delete-db-snapshot ^ --db-snapshot-identifier mydbsnapshot
RDS API

DB スナップショットを削除するには、Amazon RDS API オペレーションの DeleteDBSnapshot を使用します。

DB スナップショットを削除するには、以下のパラメータを使用します。

  • DBSnapshotIdentifier – DB スナップショットの識別子。

このページの内容: