Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド

AWS CloudTrail を使用したパフォーマンスインサイトのオペレーションのログ記録

パフォーマンスインサイトは AWS CloudTrail と統合されています。CloudTrail は、AWS アカウントでパフォーマンスインサイトによって、またはパフォーマンスインサイトに代わって行われた低レベルの API リクエストをキャプチャします。次に、CloudTrail は指定された Amazon S3 バケットにログファイルを配信します。CloudTrail は、RDS コンソールのパフォーマンスインサイトから行われた呼び出し、またはパフォーマンスインサイトの低レベル API から行われた呼び出しをキャプチャします。

CloudTrail で収集された情報に基づいて、パフォーマンスインサイトに対して行われたリクエストを判断できます。リクエストの実行元 IP アドレス、実行者、実行日時などを判断することもできます。CloudTrail​ ロギングは、自動的に AWS アカウントで有効になります。CloudTrail の詳細については、AWS CloudTrail User Guideを参照してください。

パフォーマンスインサイトのアクションに対して行われた低レベルの API コールはログファイルで追跡します。パフォーマンスインサイトレコードは、AWS の他のサービスのレコードと一緒にログファイルに書き込まれます。CloudTrail は、期間とファイルサイズに基づいて新規ファイルの作成と書き込みのタイミングを決定します。以下の API オペレーションがサポートされています。