AWS CloudTrail を使用した Performance Insights 呼び出しのログ記録 - Amazon Relational Database Service

AWS CloudTrail を使用した Performance Insights 呼び出しのログ記録

Performance Insights は AWS CloudTrail サービスと連携して動作します。このサービスは、Performance Insights でユーザー、ロール、または AWS のサービスによって実行されたアクションを記録します。CloudTrail は、Performance Insights のすべての API コールをイベントとしてキャプチャします。このキャプチャには、Amazon RDS コンソールからのコールと、Performance Insights API オペレーションへのコードコールが含まれます。

証跡を作成すると、Performance Insights のイベントも含めて、Amazon S3 バケットへの CloudTrail イベントの継続的配信を有効にすることができます。追跡を設定しない場合でも、CloudTrail コンソールの Event history (イベント履歴)で最新のイベントを表示できます。CloudTrail によって収集されたデータを使用して、多くの情報を判断できます。この情報には、Performance Insights に対するリクエスト、リクエスト元の IP アドレス、リクエスト者、リクエスト日時が含まれます。追加の詳細も含まれています。

CloudTrail の詳細については、「AWS CloudTrail ユーザーガイド」を参照してください。

CloudTrail での Performance Insights 情報の使用

CloudTrail は、アカウントを作成すると AWS アカウントで有効になります。Performance Insights でアクティビティが発生すると、そのアクティビティは、CloudTrail イベントとして AWS の他のサービスのイベントとともに、CloudTrail コンソールの [イベント履歴] に記録されます。最近のイベントは、AWS アカウントで表示、検索、ダウンロードできます。詳細については、AWS CloudTrail ユーザーガイドの「CloudTrail イベント履歴でのイベントの表示」を参照してください。

Performance Insights のイベントなど、AWS アカウントのイベントを継続的に記録する場合は、証跡を作成します。証跡により、CloudTrail はログファイルを Amazon S3 バケットに配信できます。デフォルトでは、コンソールで追跡を作成するときに、追跡がすべての AWS リージョンに適用されます。追跡では、AWS パーティション内のすべての AWS リージョンからのイベントをログに記録し、指定した Simple Storage Service (Amazon S3)バケットにログファイルを配信します。さらに、CloudTrail ログで収集したイベントデータをより詳細に分析し、それに基づく対応をするために他の AWS のサービスを設定できます。詳細については、AWS CloudTrail ユーザーガイドの次のトピックを参照してください。

すべての Performance Insights オペレーションは CloudTrail によってログに記録されます。また、Performance Insights API リファレンスに記載されています。例えば、DescribeDimensionKeys オペレーションと GetResourceMetrics オペレーションへのコールに伴って、CloudTrail ログファイルにエントリが生成されます。

各イベントまたはログエントリには、誰がリクエストを生成したかという情報が含まれます。同一性情報は次の判断に役立ちます。

  • リクエストが、ルートと IAM ユーザー認証情報のどちらを使用して送信されたか。

  • リクエストが、ロールとフェデレーティッドユーザーのどちらの一時的なセキュリティ認証情報を使用して送信されたか.

  • リクエストが、別の AWS のサービスによって実行されたかどうか。

詳細については、[CloudTrail userIdentity Element] (CloudTrail ユーザーアイデンティティ要素) を参照してください。

Performance Insights のログファイルのエントリ

[Trail] (追跡) は、指定した Simple Storage Service (Amazon S3) バケットにイベントをログファイルとして配信するように設定できます。CloudTrail ログファイルには、1 つ以上のログエントリがあります。イベントは、任意の送信元からの単一のリクエストを表します。各イベントには、リクエストされたオペレーション、オペレーションの日時、リクエストパラメータなどに関する情報が含まれます。CloudTrail ログファイルは、パブリック API コールの順序付けられたスタックトレースではないため、特定の順序では表示されません。

GetResourceMetrics オペレーションを示す CloudTrail ログエントリの例は、次のとおりです。

{ "eventVersion": "1.05", "userIdentity": { "type": "IAMUser", "principalId": "AKIAIOSFODNN7EXAMPLE", "arn": "arn:aws:iam::123456789012:user/johndoe", "accountId": "123456789012", "accessKeyId": "AKIAI44QH8DHBEXAMPLE", "userName": "johndoe" }, "eventTime": "2019-12-18T19:28:46Z", "eventSource": "pi.amazonaws.com", "eventName": "GetResourceMetrics", "awsRegion": "us-east-1", "sourceIPAddress": "72.21.198.67", "userAgent": "aws-cli/1.16.240 Python/3.7.4 Darwin/18.7.0 botocore/1.12.230", "requestParameters": { "identifier": "db-YTDU5J5V66X7CXSCVDFD2V3SZM", "metricQueries": [ { "metric": "os.cpuUtilization.user.avg" }, { "metric": "os.cpuUtilization.idle.avg" } ], "startTime": "Dec 18, 2019 5:28:46 PM", "periodInSeconds": 60, "endTime": "Dec 18, 2019 7:28:46 PM", "serviceType": "RDS" }, "responseElements": null, "requestID": "9ffbe15c-96b5-4fe6-bed9-9fccff1a0525", "eventID": "08908de0-2431-4e2e-ba7b-f5424f908433", "eventType": "AwsApiCall", "recipientAccountId": "123456789012" }