メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

MariaDB DB エンジンのアップグレード

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) が新バージョンのデータベースエンジンをサポートすると、DB インスタンスをその新バージョンにアップグレードできます。アップグレードには、メジャーバージョンのアップグレードとマイナーバージョンのアップグレードの 2 種類があります。メジャーバージョンアップグレードを実行するためには、DB インスタンスを手動で変更する必要があります。

MariaDB でサポートされるバージョンおよびバージョン管理については、「Amazon RDS バージョンの MariaDB」を参照してください。

アップグレードの概要

メジャーバージョンのアップグレードには、既存のアプリケーションとの下位互換性のないデータベースの変更が含まれる場合があります。このため、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) ではメジャーバージョンのアップグレードは自動的に適用されません。手動で DB インスタンスを変更する必要があります。本稼働インスタンスへの適用前に、いずれのアップグレードも徹底的にテストする必要があります。

以前のバージョンと下位互換性があるデータベースの変更を含むマイナーバージョンのアップグレードは、自動的に適用される場合があります。Amazon RDS では、フォーラムのお知らせページにリリースを投稿して、お客様の E メールに通知を送信するまでは、Amazon RDS DB インスタンスの自動アップグレードは行いません。マルチ AZ インスタンスであっても DB インスタンスのアップグレードにあたってはダウンタイムが発生するため、お客様が対応を計画できるように自動アップグレードをスケジュールしています。

Amazon RDS によってアップグレードプロセス中に 2 つの DB スナップショットが作成されます。最初の DB スナップショットは、アップグレードの変更が行われる前の DB インスタンスから作成されます。アップグレードがデータベースに対して機能しない場合は、このスナップショットを復元して、以前のバージョンを実行する DB インスタンスを作成できます。アップグレードが完了すると、2 番目の DB スナップショットが作成されます。

アップグレードが完了したら、データベースエンジンの前のバージョンに戻すことはできません。前のバージョンに戻す必要がある場合は、作成された最初の DB スナップショットを復元して、新しい DB インスタンスを作成します。

Amazon RDS でサポートされている新しいバージョンに DB インスタンスをアップグレードするタイミングを制御します。このレベルの管理によって、特定のデータベースのバージョンとの互換性を維持しながら、新しいバージョンを本稼働環境にデプロイする前にアプリケーションに対してテストできます。準備が整ったら、自分のスケジュールに最適なタイミングでバージョンアップグレードを実行できます。

ご使用の DB インスタンスでリードレプリカを使用している場合は、ソースインスタンスのアップグレード前に、すべてのリードレプリカをアップグレードする必要があります。

DB インスタンスがマルチ AZ 配置にある場合は、プライマリとスタンバイの両方の DB インスタンスがアップグレードされます。プライマリとスタンバイの DB インスタンスは同時にアップグレードされ、アップグレードが完了するまで停止します。停止時間は、データベースエンジン、エンジンのバージョン、DB インスタンスのサイズによって異なります。

AWS マネジメントコンソール

AWS マネジメントコンソール を使用して DB インスタンスのエンジンバージョンをアップグレードするには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Instances] を選択し、アップグレードする DB インスタンスを選択します。

  3. [Instance actions] を選択してから、[Modify] を選択します。[Modify DB Instance] ページが表示されます。

  4. [DB engine version] で、新しいバージョンを選択します。

  5. [Continue] を選択して、変更の概要を確認します。

  6. 変更をすぐに適用するには、[Apply immediately] を選択します。このオプションを選択すると、停止状態になる場合があります。詳細については、「すぐに適用の効果」を参照してください。

  7. 確認ページで、変更内容を確認します。正しい場合は、[Modify DB Instance] を選択して変更を保存します。

    または、[Back] を選択して変更を編集するか、[Cancel] を選択して変更をキャンセルします。

CLI

DB インスタンスのエンジンバージョンをアップグレードするには、AWS CLI の modify-db-instance コマンドを使用します。以下のパラメータを指定します。

  • --db-instance-identifier – DB インスタンスの名前です。

  • --engine-version – アップグレード先のデータベースエンジンのバージョン番号です。

  • --no-apply-immediately – 次のメンテナンス時間中に変更を適用します。今すぐ変更を適用するには、--apply-immediately を使用します。

Linux、OS X、Unix の場合:

aws rds modify-db-instance \ --db-instance-identifier <mydbinstance> \ --engine-version <new_version> \ --allow-major-version-upgrade \ --apply-immediately

Windows の場合:

aws rds modify-db-instance ^ --db-instance-identifier <mydbinstance> ^ --engine-version <new_version> ^ --allow-major-version-upgrade ^ --apply-immediately

API

DB インスタンスのエンジンバージョンをアップグレードするには、ModifyDBInstance アクションを使用します。以下のパラメータを指定します。

  • DBInstanceIdentifier – DB インスタンスの名前、たとえば mydbinstance です。

  • EngineVersion – アップグレード先のデータベースエンジンのバージョン番号です。

  • ApplyImmediately – 変更をすぐに適用するか、次のメンテナンス時間中に適用するかを指定します。今すぐ変更を適用するには、値を true に設定します。次のメンテナンス時間中に変更を適用するには、値を false に設定します。

https://rds.us-east-1.amazonaws.com/ ?Action=ModifyDBInstance &ApplyImmediately=false &DBInstanceIdentifier=mydbinstance &EngineVersion=new_version &SignatureMethod=HmacSHA256 &SignatureVersion=4 &Version=2013-09-09 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=AKIADQKE4SARGYLE/20131016/us-east-1/rds/aws4_request &X-Amz-Date=20131016T233051Z &X-Amz-SignedHeaders=content-type;host;user-agent;x-amz-content-sha256;x-amz-date &X-Amz-Signature=087a8eb41cb1ab5f99e81575f23e73757ffc6a1e42d7d2b30b9cc0be988cff97

関連トピック