Oracle DB エンジンのアップグレードの概要 - Amazon Relational Database Service

Oracle DB エンジンのアップグレードの概要

Oracle DB インスタンスをアップグレードする前に、次の概念を理解しましょう。

メジャーバージョンとマイナーバージョンのアップグレード

Amazon RDS では、Oracle DB インスタンスへの次のアップグレードをサポートします。

  • メジャーバージョンのアップグレード

    一般に、データベースエンジンのメジャーバージョンアップグレードは、既存のアプリケーションと互換性のない変更をもたらすことがあります。DB インスタンスをメジャーバージョンにアップグレードするには、アクションを手動で実行する必要があります。

  • マイナーバージョンのアップグレード

    マイナーバージョンアップグレードには、既存のアプリケーションとの下位互換性がある変更のみが含まれます。DB インスタンスでマイナーバージョン自動アップグレードを有効にすると、マイナーバージョンアップグレードが自動的に行われます。その他の場合は、DB インスタンスを手動でアップグレードします。

DB エンジンをアップグレードすると、停止します。停止時間は、エンジンのバージョンとインスタンスのサイズによって異なります。

Oracle エンジンのバージョン管理

DB エンジンのバージョン管理により、データベースエンジンにパッチを適用してアップグレードするタイミングと方法を制御できます。データベースエンジンのパッチバージョンとの互換性を維持する柔軟性が得られます。また、新しいパッチバージョンを本稼働環境でデプロイする前にテストして、アプリケーションで動作することを確認できます。さらに、独自の条件やタイムラインでバージョンをアップグレードします。

注記

Amazon RDS では、Amazon RDS 固有の DB エンジンのバージョンを使用して、Oracle データベースの公式パッチを定期的に収集します。Amazon RDS Oracle 固有のエンジンのバージョンに含まれている Oracle のパッチに関するリストについては、「Amazon RDS for Oracle リリースノート」を参照してください。

エンジンのアップグレード中の自動スナップショット

Oracle DB インスタンスをアップグレードする際、スナップショットはアップグレードの問題に対する保護を提供します。DB インスタンスのバックアップ保持期間を 0 より大きく設定した場合、Amazon RDS はアップグレード中に以下の DB スナップショットを作成します。

  1. アップグレードの変更が行われる前の DB インスタンスのスナップショット。アップグレードが失敗した場合、このスナップショットを復元して、古いバージョンを実行する DB インスタンスを作成できます。

  2. アップグレード完了後の DB インスタンスのスナップショット。

注記

バックアップ保持期間を変更するには、「Amazon RDS DB インスタンスを変更する」を参照してください。

アップグレード後は、以前のエンジンバージョンに戻すことはできません。ただし、アップグレード前のスナップショットを復元することで、新しい Oracle DB インスタンスを作成できます。

マルチ AZ 配置での Oracle のアップグレード

DB インスタンスがマルチ AZ 配置にある場合、Amazon RDS はプライマリとスタンバイの両方のレプリカをアップグレードします。オペレーティングシステムの更新が不要な場合は、プライマリとスタンバイのアップグレードが同時に実行されます。インスタンスは、アップグレードが完了するまで使用できません。

マルチ AZ 配置でオペレーティングシステムの更新が必要な場合は、DB のアップグレードをリクエストした時点で、Amazon RDS によって更新が適用されます。Amazon RDS は以下の手順を実行します。

  1. スタンバイ DB インスタンスのオペレーティングシステムを更新します。

  2. スタンバイ DB インスタンスをアップグレードします。

  3. プライマリインスタンスをスタンバイ DB インスタンスにフェイルオーバーします。

  4. 新しいスタンバイ DB インスタンス (従来のプライマリインスタンス) のオペレーティングシステムをアップグレードします。

  5. 新しいスタンバイ DB インスタンスをアップグレードします。

リードレプリカでの Oracle のアップグレード

ソース DB インスタンスとそのすべてのリードレプリカの Oracle DB エンジンバージョンは同じである必要があります。Amazon RDS は、以下の段階を踏んでアップグレードを実行します。

  1. ソース DB インスタンスをアップグレードします。リードレプリカはこの段階で使用できます。

  2. レプリカのメンテナンスウィンドウに関係なく、リードレプリカを並行してアップグレードします。ソース DB はこの段階で使用できます。

クロスリージョンリードレプリカのメジャーバージョンアップグレードの場合、Amazon RDS によって追加のアクションが実行されます。

  • ターゲットバージョンのオプショングループを自動的に生成します。

  • 元のオプショングループから新しいオプショングループにすべてのオプションとオプション設定をコピーします。

  • アップグレードされたクロスリージョンリードレプリカを新しいオプショングループに関連付けます。

マイクロ DB インスタンスでの Oracle のアップグレード

マイクロ DB インスタンスで実行されているデータベースアップグレードはお勧めしません。これらのインスタンスの CPU には制限があるため、アップグレードが完了するまでに数時間かかることがあります。

Data Pump を使用してデータをコピーすることで、少量のストレージ (10~20 GiB) を持つマイクロ DB インスタンスをアップグレードできます。本番稼働用 DB インスタンスを移行する前に、Data Pump を使用してデータをコピーしてテストすることをお勧めします。