Oracle DB スナップショットのアップグレード - Amazon Relational Database Service

Oracle DB スナップショットのアップグレード

既存の手動 DB スナップショットがある場合は、Oracle Database エンジンの新しいバージョンにアップグレードできます。

Oracle からバージョンのパッチが提供されなくなり、Amazon RDS でそのバージョンが非推奨になったら、非推奨バージョンに対応するスナップショットをアップグレードできます。詳細については、「Oracle エンジンのバージョン管理」を参照してください。11.2 の自動アップグレードに備えてスナップショットをアップグレードする方法については、「スナップショットを使用した SE2 から EE への移行」を参照してください。

次のスナップショットのアップグレードは現在サポートされているものです。

スナップショットの現行バージョン サポートされているスナップショットのアップグレード

12.1.0.1

12.1.0.2.v8

11.2.0.4

次の条件を満たす場合は、12.1.0.2、12.2.0.1、18c、19c。

  • マイナーバージョンはダウングレードではありません。

  • 2020 年 7 月以降の RU、RUR、または PSU にスナップショットをアップグレードします。特定のバージョン番号については、「Oracle データベースエンジンのリリースノート」を参照してください。

11.2.0.3

11.2.0.4.v11

11.2.0.2

11.2.0.4.v12

Amazon RDS はすべての AWS リージョンのスナップショットのアップグレードに対応しています。

コンソール

Oracle DB スナップショットのアップグレード方法

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[スナップショット] を選択し、アップグレードする DB スナップショットを選択します。

  3. [アクション] は、[スナップショットのアップグレード] を選択します。[スナップショットのアップグレード] ページが表示されます。

  4. [New engine version (新しいエンジンバージョン)] で、スナップショットをアップグレードするバージョンを選択します。

  5. (オプション) [Option group] には、アップグレードした DB スナップショットのオプショングループを選択します。DB インスタンスをアップグレードするときと同じように DB スナップショットをアップグレードする場合も、同じオプショングループの考慮事項が適用されます。詳細については、「オプショングループに関する考慮事項」を参照してください。

  6. [Save changes (変更の保存)] を選択して、変更を保存します。

    アップグレード中は、この DB スナップショットに関するスナップショット操作が、すべて無効になります。また、DB スナップショットのステータスは利用可能からアップグレード中に変わり、プロセスが完了すると有効になります。スナップショットの破損問題で DB スナップショットをアップグレードできない場合、ステータスは使用不可になります。この状態からスナップショットを復元することはできません。

    注記

    DB スナップショットアップグレードが失敗した場合、スナップショットは元の状態にロールバックします。

AWS CLI

AWS CLI を使用して Oracle DB スナップショットをアップグレードするには、以下のパラメータを指定して modify-db-snapshot コマンドを呼び出します。

  • --db-snapshot-identifier – DB スナップショットの名前です。

  • --engine-version – スナップショットをアップグレードするバージョンです。

必要に応じて、以下のパラメータを含める場合もあります。DB インスタンスをアップグレードするときと同じように DB スナップショットをアップグレードする場合も、同じオプショングループの考慮事項が適用されます。詳細については、「オプショングループに関する考慮事項」を参照してください。

  • --option-group-name – アップグレードした DB スナップショットのオプショングループ。

以下の例では、DB スナップショットをアップグレードします。

Linux、macOS、Unix の場合:

aws rds modify-db-snapshot \ --db-snapshot-identifier <mydbsnapshot> \ --engine-version <11.2.0.4.v12> \ --option-group-name <default:oracle-se1-11-2>

Windows の場合:

aws rds modify-db-snapshot ^ --db-snapshot-identifier <mydbsnapshot> ^ --engine-version <11.2.0.4.v12> ^ --option-group-name <default:oracle-se1-11-2>

RDS API

Amazon RDS API を使用して Oracle DB スナップショットをアップグレードするには、以下のパラメータを指定して ModifyDBSnapshot オペレーションを呼び出します。

  • DBSnapshotIdentifier – DB スナップショットの名前です。

  • EngineVersion – スナップショットをアップグレードするバージョンです。

必要に応じて、以下のパラメータを含める場合もあります。DB インスタンスをアップグレードするときと同じように DB スナップショットをアップグレードする場合も、同じオプショングループの考慮事項が適用されます。詳細については、「オプショングループに関する考慮事項」を参照してください。

  • OptionGroupName – アップグレードした DB スナップショットのオプショングループ。

以下の例では、DB スナップショットをアップグレードします。

https://rds.amazonaws.com/ ?Action=ModifyDBSnapshot &DBSnapshotIdentifier=mydbsnapshot &EngineVersion=11.2.0.4.v12 &OptionGroupName=default:oracle-se1-11-2 &SignatureMethod=HmacSHA256 &SignatureVersion=4 &Version=2014-10-31 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=AKIADQKE4SARGYLE/20131016/us-west-1/rds/aws4_request &X-Amz-Date=20131016T233051Z &X-Amz-SignedHeaders=content-type;host;user-agent;x-amz-content-sha256;x-amz-date &X-Amz-Signature=087a8eb41cb1ab5f99e81575f23e73757ffc6a1e42d7d2b30b9cc0be988cff97