DB インスタンスの VPC の更新 - Amazon Relational Database Service

DB インスタンスの VPC の更新

AWS Management Consoleを使用して DB インスタンスを別の VPC に移動できます。

DB インスタンスの変更については、Amazon RDS DB インスタンスを変更するを参照してください。次のように、変更ページの [Connectivity] (接続) セクションが表示されたら、[Subnet group] (サブネットグループ) に新しいサブネットグループを入力します。新しいサブネットグループは新しい VPC のサブネットグループである必要があります。


				DB インスタンスパネルでサブネットグループセクションを変更する

次の条件が適用される場合、DB インスタンスの VPC を変更することはできません。

  • DB インスタンスが複数のアベイラビリティーゾーンに置かれている。DB インスタンスは、単一のアベイラビリティーゾーンに変換し、新しい VPC に移動した後に、マルチ AZ DB インスタンスに戻すことができます。詳細については、「高可用性を重視したマルチ AZ 配置」を参照してください。

  • DB インスタンスに 1 つ以上のリードレプリカがある。リードレプリカを削除し、DB インスタンスを新しい VPC に移動した後、リードレプリカを再度追加することができます。詳細については、「リードレプリカの使用」を参照してください。

  • DB インスタンスがリードレプリカである。リードレプリカをスタンドアロンの DB インスタンスに昇格し、それを新しい VPC に移動することができます。詳細については、「リードレプリカをスタンドアロン DB インスタンスに昇格させる」を参照してください。

  • ターゲット VPC のサブネットグループが、DB インスタンスのアベイラビリティーゾーン内にサブネットを持っていない。DB インスタンスのアベイラビリティーゾーンのサブネットを、DB サブネットグループに追加した後に、DB インスタンスを新しい VPC に移動することができます。詳細については、「DB サブネットグループの使用」を参照してください。