Amazon RDS 延長サポートでの DB インスタンスまたはマルチ AZ DB クラスターの復元 - Amazon Relational Database Service

Amazon RDS 延長サポートでの DB インスタンスまたはマルチ AZ DB クラスターの復元

DB インスタンス、マルチ AZ DB クラスターを復元するときは、コンソールで [RDS 延長サポートを有効にする] を選択するか、AWS CLI の拡張サポートオプションまたは RDS API のパラメータを使用します。

注記

RDS 延長サポートの設定を指定しない場合、RDS はデフォルトで RDS 延長サポートに移行します。このデフォルトの動作により、RDS の標準サポート終了日を過ぎてもデータベースの可用性が維持されます。

RDS 延長サポートに関する考慮事項

DB インスタンスまたはマルチ AZ DB クラスターを復元する前に、次の点を考慮してください。

  • RDS 標準サポート終了日を過ぎた後で、DB インスタンスまたはマルチ AZ DB クラスター を Amazon S3 から復元するには、AWS CLI または RDS API のみを使用できます。restore-db-cluster-from-s3 AWS CLI コマンドの --engine-lifecycle-support オプション、または RestoreDBClusterFromS3 RDS API オペレーションの EngineLifecycleSupport パラメータを使用します。

  • RDS によってデータベースが RDS 延長サポートバージョンに復元されないようにするには、AWS CLI または RDS API で open-source-rds-extended-support-disabled を指定します。これにより、関連する RDS 延長サポート料金は発生しません。

    この設定を指定すると、Amazon RDS は復元されたデータベースを、サポートされている新しいメジャーバージョンに自動的にアップグレードします。アップグレードでアップグレード前の検証が失敗した場合、Amazon RDS は安全に RDS 延長サポートエンジンのバージョンにロールバックします。このデータベースは延長サポートモードのままとなり、Amazon RDS ではデータベースを手動でアップグレードするまで RDS 延長サポートの料金が発生します。

    例えば、RDS 延長サポートを使用せずに MySQL 5.7 スナップショットを復元すると、Amazon RDS はデータベースを MySQL 8.0 に自動的にアップグレードしようとします。解決すべき問題が原因でこのアップグレードが失敗した場合、Amazon RDS によってデータベースが MySQL 5.7 にロールバックされます。Amazon RDS は、問題を解決できるまで RDS 延長サポートでデータベースを維持します。例えば、ストレージ容量不足が原因で、アップグレードが失敗する場合があります。この問題を修正した後に、アップグレードを開始する必要があります。データベースのアップグレードの最初の試行後、Amazon RDS がデータベースのアップグレードを再度試行することはありません。

  • RDS 延長サポートはクラスターレベルで設定されます。クラスターのメンバーの RDS 延長サポート設定は、RDS コンソール、AWS CLI の --engine-lifecycle-support、RDS API の EngineLifecycleSupport で常に同じになります。

詳細については、「MySQL のバージョン」と「Amazon RDS for PostgreSQL のリリースカレンダー」を参照してください。

RDS 延長サポートを使用した DB インスタンスまたはマルチ AZ DB クラスターを復元する

RDS 延長サポートバージョンで DB インスタンスまたはマルチ AZ DB クラスターを復元するには、AWS Management Console、AWS CLI または RDS API を使用します。

DB インスタンスまたはマルチ AZ DB クラスターを復元する際に、[エンジンオプション] セクションで [RDS 延長サポートを有効にする] を選択します。

次の画像は、[RDS 延長サポートを有効にする] 設定を示しています。

[エンジンオプション] セクションの [RDS 延長サポートを有効にする] 設定。

restore-db-instance-from-db-snapshot または restore-db-cluster-from-snapshot AWS CLI コマンドを使用する場合は、--engine-lifecycle-support オプションに open-source-rds-extended-support を指定して RDS 延長サポートを選択します。

RDS 延長サポートに関連する課金を避けたい場合は、--engine-lifecycle-support オプションを open-source-rds-extended-support-disabled に設定します。このオプションはデフォルトで open-source-rds-extended-support に設定されています。

以下の AWS CLI コマンドを使用してこの値を指定することもできます。

RestoreDBInstanceFromDBSnapshot または RestoreDBClusterFromSnapshot RDS API オペレーションを使用する場合は、EngineLifecycleSupport パラメータを open-source-rds-extended-support に設定して RDS 延長サポートを選択します。

RDS 延長サポートに関連する課金を避けたい場合は、EngineLifecycleSupport パラメータを open-source-rds-extended-support-disabled に設定します。デフォルトでは、このパラメータは open-source-rds-extended-support に設定されます。

以下の RDS API オペレーションを使用してこの値を指定することもできます。

DB インスタンスまたはマルチ AZ DB クラスターを復元する方法の詳細については、「DB スナップショットからの復元」の該当 DB エンジンの手順に従ってください。