Amazon RDS での MySQL のバージョン - Amazon Relational Database Service

Amazon RDS での MySQL のバージョン

MySQL のバージョン番号は、バージョン = X.Y.Z の形式で記述されています。Amazon RDS の用法では、X.Y はメジャーバージョン番号を、Z はマイナーバージョン番号を示します。Amazon RDS 実装では、メジャーバージョン番号が変更された場合 (—5.7 から 8.0 へなど)、そのバージョン変更はメジャーと考えます。マイナーバージョン番号のみが変更された場合 (8.0.32 から 8.0.34 へなど)、そのバージョン変更はマイナーと考えます。

Amazon RDS でサポートされている MySQL のマイナーバージョン

Amazon RDS は、現在、以下の MySQL マイナーバージョンをサポートしています。

注記

月と年のみの日付はおおよその日付であり、確定後に正確な日付で更新されます。

Amazon RDS 延長サポートは、マイナーバージョンでは利用できません。

MySQL エンジンバージョン コミュニティリリース日 RDS リリース日 RDS 標準サポート終了日
8.0

8.0.37

2024 年 4 月 30 日

2024 年 6 月 18 日

2025 年 9 月

8.0.36

2024 年 1 月 16 日

2024 年 2 月 12 日

2025 年 3 月

8.0.35

2023 年 10 月 25 日

2023 年 11 月 9 日

2025 年 3 月

8.0.34

2023 年 7 月 18 日

2023 年 8 月 9 日

2024 年 9 月

8.0.33

2023 年 4 月 18 日

2023 年 6 月 15 日

2024 年 9 月

8.0.32

2023 年 1 月 17 日

2023 年 2 月 7 日

2024 年 9 月

5.7

5.7.44*

2023 年 10 月 25 日 2023 年 11 月 2 日

2024 年 2 月 29 日

* このマイナーバージョンは、メジャーバージョンが Amazon RDS 延長サポート期間中でも引き続き利用できます。詳細については、「Amazon RDS 延長サポートの使用」を参照してください。

マイナーバージョンの標準サポートは、メジャーバージョンの標準サポートより前に終了します。例えば、マイナーバージョン 8.0.28 の標準サポートは 2024 年 3 月 28 日に終了し、メジャーバージョン 8.0 の標準サポートは 2026 年 7 月 31 日に終了します。RDS は、これらの日付の間に MySQL コミュニティがリリースする追加の 8.0.* マイナーバージョンをサポートします。

新しい DB インスタンスを作成するときは、現在サポートされているいずれかの MySQL バージョンを指定できます。メジャーバージョン (MySQL 5.7 など) と、指定したメジャーバージョンでサポートされている任意のマイナーバージョンを指定できます。バージョンを指定しない場合、Amazon RDS では、サポートされているいずれかのバージョン (通常最新のバージョン) がデフォルトで設定されます。マイナーバージョンではなく、メジャーバージョンを指定した場合は、Amazon RDS では、お客様が指定したメジャーバージョンの最新リリースにデフォルトで設定されます。サポートされているバージョンのリストと、新しく作成された DB インスタンスのデフォルトを表示するには、AWS CLI の describe-db-engine-versions コマンドを使用します。

例えば RDS for MySQL のサポートされているエンジンバージョンを一覧表示するには、次の CLI コマンドを実行します。

aws rds describe-db-engine-versions --engine mysql --query "*[].{Engine:Engine,EngineVersion:EngineVersion}" --output text

デフォルトの MySQL バージョンは、AWS リージョン によって異なる場合があります。特定のマイナーバージョンで DB インスタンスを作成するには、DB インスタンスの作成中にマイナーバージョンを指定します。次の AWS リージョン コマンドを使用して、AWS CLI のデフォルトのマイナーバージョンを確認できます。

aws rds describe-db-engine-versions --default-only --engine mysql --engine-version major-engine-version --region region --query "*[].{Engine:Engine,EngineVersion:EngineVersion}" --output text

major-engine-version をメジャーエンジンバージョンに置き換え、リージョンを AWS リージョン に置き換えます。例えば、次の AWS CLI コマンドは、5.7 メジャーバージョンの デフォルト MySQL マイナーエンジンバージョンと、米国西部 (オレゴン) AWS リージョン (us-west-2) を返します。

aws rds describe-db-engine-versions --default-only --engine mysql --engine-version 5.7 --region us-west-2 --query "*[].{Engine:Engine,EngineVersion:EngineVersion}" --output text

Amazon RDS を使用して、Amazon RDS でサポートされている新しいメジャーバージョンに MySQL インスタンスをアップグレードするタイミングを制御します。特定の MySQL バージョンとの互換性を維持したり、本番稼動用環境にデプロイする新しいバージョンを事前にアプリケーションでテストしたり、自分のスケジュールに最適なタイミングでメジャーバージョンのアップグレードを実行したりできます。

マイナーバージョンの自動アップグレードを有効にすると、DB インスタンスは Amazon RDS でサポートされる新しい MySQL マイナーバージョンに自動的にアップグレードされます。このパッチ適用は、予定されたメンテナンスウィンドウ内で行われます。DB インスタンスを変更して、マイナーバージョンの自動アップグレードを有効または無効にすることができます。

スケジュールされた自動アップグレードを解除している場合は、サポートされているマイナーバージョンリリースに手動でアップグレードできます。その手順はメジャーバージョンの更新の場合と同じです。詳細については、「DB インスタンスのエンジンバージョンのアップグレード」を参照してください。

Amazon RDS では、現在、MySQL バージョン 5.6 からバージョン 5.7 へ、MySQL バージョン 5.7 からバージョン 8.0 へのメジャーバージョンアップグレードがサポートされています。メジャーバージョンアップグレードは、何らかの互換性のリスクを伴うため、自動的には行われません。DB インスタンスを変更するリクエストを行う必要があります。本稼働インスタンスのアップグレード前に、どのアップグレードも完全にテストする必要があります。MySQL DB インスタンスのアップグレードの詳細については、「MySQL DB エンジンのアップグレード」を参照してください。

DB インスタンスを新しいバージョンに対してテストできます。そのためには、既存の DB インスタンスの DB スナップショットを作成し、DB スナップショットから復元して新しい DB インスタンスを作成した後、その新しい DB インスタンスのバージョンアップグレードをスタートします。その後で、オリジナルの DB インスタンスをアップグレードするかどうかを決める前に、コピーした DB インスタンスで安全性を確かめることができます。

Amazon RDS での MySQL マイナーバージョン

マイナーバージョン

MySQL バージョン 8.0.37

Amazon RDS で MySQL バージョン 8.0.37 が使用可能になりました。このリリースには、MySQL コミュニティと Amazon RDS によって追加された修正と改善が含まれています。

新しい特徴と拡張機能

インスタント DDL ステートメントの後に UPDATE を実行するとアサーションの失敗につながるバグを修正しました。

Amazon RDS でサポートされている MySQL のメジャーバージョン

RDS for MySQL メジャーバージョンは、少なくとも対応するコミュニティバージョンのコミュニティが終了するまでの標準サポートの対象となります。RDS の標準サポート終了日を過ぎてもメジャーバージョンは有料で引き続き使用できます。詳細については、「Amazon RDS 延長サポートの使用」および「Amazon RDS for MySQL 価格設定」を参照してください。

次の日付を参考にすると、テストおよびアップグレードのサイクルを計画することができます。

注記

月と年のみの日付はおおよその日付であり、確定後に正確な日付で更新されます。

MySQL メジャーバージョン コミュニティリリース日 RDS リリース日 コミュニティサポート終了日 RDS 標準サポート終了日 RDS 延長サポート開始 1 年目の価格設定日 RDS 延長サポート開始 3 年目の価格設定日 RDS 延長サポートの終了日

MySQL 8.0

2018年4月19日

2018 年 10 月 23 日

2026 年 4 月

2026 年7月6日

2026 年 8 月 1 日 2028 年 8 月 1 日

2029 年 7 月 31 日

MySQL 5.7*

2015 年 10 月 21 日

2016年2月22日

2023 年 10 月

2024 年 2 月 29 日

2024 年 3 月 1 日 2026 年 3 月 1 日

2027 年 2 月 28 日

* MySQL 5.7 は RDS 延長サポートでのみ利用可能になりました。詳細については、「Amazon RDS 延長サポートの使用」を参照してください。

RDS for MySQL のバージョンの Amazon RDS 延長サポート

以下に、RDS for MySQL のバージョンの RDS 延長サポートのすべてのリリースを一覧表示します。

RDS for MySQL バージョン 5.7.44-RDS.20240529 の RDS 延長サポート

RDS for MySQL バージョン 5.7.44-RDS.20240529 の RDS 延長サポートが利用できます。

修正されたバグ:

  • fix_after_pullout を実装することによって、field.cc アサーションの失敗を修正しました。

  • 特定の SQL クエリのメタデータをクライアントに返すときの null ポインタの障害を修正しました。これらのクエリには、SELECT 句に動的パラメータとサブクエリが含まれていました。

  • ルーズインデックススキャン、またはインデックスの連続していない範囲のスキャンに GROUP BY を使用すると、誤った結果になる問題を修正しました。

  • 永続化中の MySQL クラッシュに関する GTID 情報の損失を修正しました。

  • InnoDB トランザクションが無期限にハングする可能性がある競合状態を修正しました。

  • グループレプリケーションの認定情報クリーンアップの競合状態を修正しました。

  • 同時ページ操作に伴うバックワードインデックススキャンの問題を修正しました。

  • 同時シナリオでの整合性のない全文検索 (FTS) 状態の問題を修正しました。

  • テーブル削除時の変更バッファに関するアサーションの問題を修正しました。

  • すべてのプラグインタイプで deinit 関数を呼び出すための統合動作。

修正 CVE:

RDS for MySQL バージョン 5.7.44-RDS.20240408 の RDS 延長サポート

RDS for MySQL バージョン 5.7.44-RDS.20240408 の RDS 延長サポートが利用できます。

このリリースには、以下の CVE のパッチが含まれています。

データベースプレビュー環境の使用

2023 年 7 月、Oracle は MySQL の新しいリリースモデルを発表しました。このモデルには、イノベーションリリースと LTS リリースの 2 種類のリリースが含まれます。Amazon RDS では、MySQL イノベーションリリースを RDS プレビュー環境で利用できます。MySQL イノベーションリリースの詳細については、「MySQL イノベーションと長期Support (LTS) バージョンの紹介」を参照してください。

データベースプレビュー環境の RDS for PostgreSQL DB インスタンスは、機能的に他の RDS for PostgreSQL DB インスタンスに似ています。ただし、データベースプレビュー環境は本稼働に使用できません。

プレビュー環境には以下の制限があります。

  • Amazon RDS は、すべての DB インスタンスを作成から 60 日後にバックアップおよびスナップショットとともに削除します。

  • 汎用 SSD およびプロビジョンド IOPS SSD ストレージのみを使用できます。

  • DB インスタンスに関して AWS Support からヘルプを受けることはできません。代わりに、AWS マネージド Q&A コミュニティ、AWS re:Post に質問を投稿できます。

  • DB インスタンスのスナップショットを本稼働環境にコピーすることはできません。

プレビューでは、以下のオプションがサポートされています。

  • db.m6i、db.m5、db.m5、db.m5、db.m5、db.m5、db.m5、db.m5、db.m5、db.m5 DB インスタンスクラスを使って DB インスタンスを作成できます。RDS インスタンスクラスの詳細については、「 DB インスタンスクラス」を参照してください。

  • シングル AZ 配置とマルチ AZ 配置の両方を使用できます。

  • スタンダードの MySQL ダンプおよびロード機能を使用して、データベースをデータベースプレビュー環境にエクスポートしたり、データベースプレビュー環境にインポートしたりできます。

データベースプレビュー環境でサポートされない機能

以下の機能は、データベースプレビュー環境で使用できません。

  • クロスリージョンスナップショットのコピー

  • クロスリージョンリードレプリカ

  • RDS Proxy

データベースプレビュー環境での新しい DB インスタンスの作成

AWS Management Console、AWS CLI または RDS API を使用して、データベースプレビュー環境で DB インスタンスを作成できます。

データベースプレビュー環境で新しい DB インスタンスを作成するには
  1. AWS Management Console にサインインし、Amazon RDS コンソール https://console.aws.amazon.com/rds/ を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[ダッシュボード] を選択します。

  3. [ダッシュボード] ページで、次の図に示すように、[データベースプレビュー環境] セクションを見つけます。

    RDS コンソール、ダッシュボードにリンクが表示されたプレビュー環境セクション

    また、[データベースプレビュー環境] に直接移動することもできます。先に進む前に、制限事項を確認して同意する必要があります。

    プレビュー環境制約事項ダイアログ
  4. RDS for MySQL DB インスタンスを作成するには、任意の Amazon RDS DB インスタンスを作成する場合と同じプロセスに従います。詳細については、DB インスタンスの作成 下の コンソール 手順を参照してください。

AWS CLI を使用してデータベースプレビュー環境でインスタンスを作成するには、次のエンドポイントを使用します。

rds-preview.us-east-2.amazonaws.com

RDS for MySQL DB インスタンスを作成するには、任意の Amazon RDS DB インスタンスを作成する場合と同じプロセスに従います。詳細については、DB インスタンスの作成 下の AWS CLI 手順を参照してください。

RDS API を使用してデータベースプレビュー環境でインスタンスを作成するには、次のエンドポイントを使用します。

rds-preview.us-east-2.amazonaws.com

RDS for MySQL DB インスタンスを作成するには、任意の Amazon RDS DB インスタンスを作成する場合と同じプロセスに従います。詳細については、DB インスタンスの作成 下の RDS API 手順を参照してください。

データベースプレビュー環境の MySQL バージョン 8.3

MySQL バージョン 8.3 が Amazon RDS データベースプレビュー環境で利用可能になりました。MySQL 8.3 には、「MySQL 8.3.0 での変更点」に記載されているいくつかの改善点が含まれています。

データベースプレビュー環境の詳細については、「データベースプレビュー環境の使用」を参照してください。コンソールからプレビュー環境にアクセスするには、https://console.aws.amazon.com/rds-preview/ を選択します。

データベースプレビュー環境の MySQL バージョン 8.2

MySQL バージョン 8.2 が Amazon RDS データベースプレビュー環境で利用可能になりました。MySQL 8.2 には、「MySQL 8.2.0 での変更点」に記載されているいくつかの改善点が含まれています。

データベースプレビュー環境の詳細については、「データベースプレビュー環境の使用」を参照してください。コンソールからプレビュー環境にアクセスするには、https://console.aws.amazon.com/rds-preview/ を選択します。

データベースプレビュー環境の PostgreSQL バージョン 8.1

MySQL バージョン 8.1 が Amazon RDS データベースプレビュー環境で利用可能になりました。MySQL 8.1 には、「MySQL 8.1.0 での変更点」に記載されているいくつかの改善点が含まれています。

データベースプレビュー環境の詳細については、「データベースプレビュー環境の使用」を参照してください。コンソールからプレビュー環境にアクセスするには、https://console.aws.amazon.com/rds-preview/ を選択します。

Amazon RDS for MySQL の非推奨バージョン

Amazon RDS for MySQL バージョン 5.1、5.5 および 5.6 は非推奨です。

MySQL の Amazon RDS 廃止ポリシーについては、「Amazon RDS についてのよくある質問」を参照してください。