メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

例: 静的ウェブサイトをセットアップする

Amazon S3 バケットを、ウェブサイトのように機能させるよう設定できます。この例では、Amazon S3 でウェブサイトをホスティングする手順を説明します。

ステップ 1: バケットの作成と、ウェブサイトとしての設定

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、Amazon S3 コンソール(https://console.aws.amazon.com/s3/)を開きます。

  2. バケットを作成します。

    詳細な手順については、「S3 バケットを作成する方法」(Amazon Simple Storage Service コンソールユーザーガイド) を参照してください。

    バケットの命名のガイドラインについては、バケットの制約と制限 を参照してください。登録済みのドメイン名をお持ちの場合、バケットの命名に関する追加情報については、「CNAME による Amazon S3 URL のカスタマイズ」を参照してください。

  3. バケットの [Properties] ペインを開き、[Static Website Hosting] を選択して、次の操作を行います。

    1. [Enable website hosting] を選択します。

    2. [Index Document] ボックスに、インデックスドキュメントの名前を入力します。この名前は通常 index.html です。

    3. [Save] を選択してウェブサイトの設定を保存します。

    4. [Endpoint] の内容を書き留めます。

      これは Amazon S3 がこのバケットのために用意したウェブサイトエンドポイントです。このエンドポイントは、後のステップでウェブサイトをテストするときに使用します。

ステップ 2: バケットのコンテンツを公開するバケットポリシーの追加

  1. バケットの [Properties] ペインで、[Permissions] を選択します。

  2. [Add Bucket Policy] を選択します。

  3. 次のバケットポリシーをコピーし、Bucket Policy Editor に貼り付けます。

    Copy
    { "Version":"2012-10-17", "Statement":[{ "Sid":"PublicReadForGetBucketObjects", "Effect":"Allow", "Principal": "*", "Action":["s3:GetObject"], "Resource":["arn:aws:s3:::example-bucket/*" ] } ] }
  4. ポリシーで、example-bucket をバケット名に置き換えます。

  5. [Save] を選択します。

ステップ 3: インデックスドキュメントのアップロード

  1. ドキュメントを作成します。前にインデックスドキュメントに付けたのと同じ名前を付けます。

  2. コンソールを使用して、インデックスドキュメントをバケットにアップロードします。

    詳細な手順については、Amazon Simple Storage Service コンソールユーザーガイドの「S3 オブジェクトのアップロード」を参照してください。

ステップ 4: ウェブサイトのテスト

ブラウザに次の URL を入力します。example-bucket はバケット名に置き換えます。また、website-region はバケットをデプロイした AWS リージョン名に置き換えます。AWS リージョン名については、「ウェブサイトエンドポイント」を参照してください。

Copy
http://example-bucket.s3-website-region.amazonaws.com

ブラウザに index.html ページが表示されれば、ウェブサイトのデプロイが成功しています。

注記

ウェブサイトへの HTTPS アクセスはサポートされていません。

これで、Amazon S3 でウェブサイトがホスティングされるようになりました。このウェブサイトには、Amazon S3 ウェブサイトエンドポイントの URL を指定してアクセスできます。ただし、作成したウェブサイトのコンテンツを配信するのに、example.com などのドメインを使用することもできます。また、Amazon S3 のルートドメインサポートを利用すると、http://www.example.comhttp://example.com のどちらのリクエストでも処理できるようになります。このようにするには、追加のステップが必要です。例については、「例: 独自ドメインを使用して静的ウェブサイトをセットアップする」を参照してください。