メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

オブジェクトに対するオペレーション

Amazon S3 では、オブジェクトを格納、取得、および削除できます。オブジェクトは、全体またはその一部の取得が可能です。バケットに対してバージョニングを有効にした場合は、特定バージョンのオブジェクトを取得できます。また、オブジェクトに関連付けられているサブリソースを取得し、必要に応じて更新することもできます。既存のオブジェクトについてはコピーを作成できます。オブジェクトのアップロードまたはコピーについては、オブジェクトのサイズに応じて次のような注意事項があります。

  • オブジェクトのアップロード - 1 回のオペレーションでアップロードできるオブジェクトのサイズは最大 5 GB です。5 GB を超えるオブジェクトの場合は、マルチパートアップロード API を使用する必要があります。

    マルチパートアップロード API を使用すると、1 つで最大 5 TB のオブジェクトをアップロードできます。詳細については、「Multipart Upload API を使用したオブジェクトのアップロード」を参照してください。

  • オブジェクトのコピー – コピーオペレーションは、Amazon S3 内に既に格納されているオブジェクトのコピーを作成することです。

    1 回のアトミックオペレーションでコピーできるオブジェクトのサイズは最大 5 GB です。5 GB を超えるオブジェクトをコピーする場合は、マルチパートアップロード API を使用する必要があります。詳細については、「オブジェクトのコピー」を参照してください。

オブジェクトを操作したり、次の AWS SDK ライブラリのいずれかを使用したりするには、REST API(REST API を使用したリクエストの実行 を参照)を使用します。

これらのライブラリは、オブジェクトの操作を容易にする、高レベルの抽象化を実現します。ただし、アプリケーションの必要に応じて REST API を直接使用することもできます。