Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API バージョン 2006-03-01)

AWS Java SDK を使用したマルチパートアップロード (高レベル API)

AWS SDK for Java では、マルチパートアップロードを簡素化する高レベル API (「TransferManager」と呼ばれる) を公開しています (「Multipart Upload API を使用したオブジェクトのアップロード」を参照)。ファイルまたはストリームからデータをアップロードできます。マルチパートアップロードで使用するパートのサイズ、パートをアップロードする際に使用する同時スレッドの数など、詳細なオプションも設定できます。省略可能なオブジェクトのプロパティ、ストレージクラス、または ACL を設定することもできます。これらの詳細なオプションを設定するには、PutObjectRequest および TransferManagerConfiguration クラスを使用します。

可能な場合、TransferManager は複数のスレッドを使用して、1 回のアップロードに含まれる複数のパートを 1 度にアップロードしようとします。これにより、大きなコンテンツサイズと高帯域を処理する場合にスループットが大幅に改善されます。

ファイルアップロード機能に加えて、TransferManager クラスは、進行中のマルチパートアップロードを中止することができます。アップロードを開始した後は、そのアップロードを完了または中止するまで進行中とみなされます。TransferManager は、指定した日時より前に開始された指定されたバケットで、進行中のすべてのマルチパートアップロードを中止します。

低レベル API メソッドで提供される追加機能など、マルチパートアップロードの詳細については、「Multipart Upload API を使用したオブジェクトのアップロード」を参照してください。