暗号化を使用したデータの保護 - Amazon Simple Storage Service

暗号化を使用したデータの保護

データ保護には、転送時(Amazon S3 との間でデータを送受信するとき)のデータを保護するものと、保管時(Amazon S3 データセンター内のディスクに格納されているとき)のデータを保護するものがあります。Secure Socket Layer/Transport Layer Security (SSL/TLS) またはクライアント側の暗号化を使用して、転送中のデータを保護できます。Amazon S3 で保管時のデータを保護するには、次のようなオプションがあります。

  • サーバー側の暗号化を使用する – オブジェクトをデータセンター内のディスクに保存する前に暗号化し、オブジェクトをダウンロードするときに復号するように Amazon S3 にリクエストします。

    サーバー側の暗号化を設定するには、AWS KMS (SSE-KMS) によるサーバー側の暗号化の指定 または Amazon S3 の暗号化の指定 を参照してください。

  • クライアント側の暗号化 – クライアント側でデータを暗号化し、暗号化したデータを Amazon S3 にアップロードします。この場合、暗号化プロセス、暗号化キー、関連ツールはお客様が管理してください。

    クライアント側の暗号化を設定するには、クライアント側の暗号化を使用したデータの保護 を参照してください。

サーバー側の暗号化とクライアント側の暗号化の詳細については、以下のトピックを参照してください。