S3 Intelligent-Tiering の仕組み - Amazon Simple Storage Service

S3 Intelligent-Tiering の仕組み

Amazon S3 Intelligent-Tiering ストレージクラスは、3 つのアクセス階層に自動的にオブジェクトを保存します。1 つの階層は高頻度アクセス用に最適化され、1 つの低コスト階層は低頻度アクセス用に最適化されます。またもう 1 つの極めてコストの低い階層は、ほとんどアクセスされていないデータに最適化されます。オブジェクトのモニタリングおよびオートメーションにかかる月額料金を抑えるために、S3 Intelligent-Tiering はアクセスパターンをモニタリングし、30 日間連続してアクセスがなかったオブジェクトを、低頻度アクセス階層に自動的に移動します。90 日間アクセスされていない場合に、オブジェクトはパフォーマンスへの影響や運用上のオーバーヘッドなしで、アーカイブインスタントアクセス階層に移動されます。

数分から数時間でアクセスできるデータのストレージコストを最小限に抑えるには、アーカイブ機能を有効にして 2 つのアクセス階層を追加します。オブジェクトをアーカイブアクセス階層、ディープアーカイブアクセス階層、またはその両方に階層を下げることができます。アーカイブアクセスにより、S3 Intelligent-Tiering は 90 日間以上連続してアクセスされていないオブジェクトをアーカイブアクセス階層に移動します。ディープアーカイブアクセスにより、S3 Intelligent-Tiering は 180 日間以上連続してアクセスされていないオブジェクトをディープアーカイブアクセス階層に移動します。どちらの階層でも、必要に応じて非アクセス日数を設定できます。

以下のアクションによるアクセスでは、オブジェクトが下位のアーカイブアクセス階層やディープアーカイブアクセス階層に移動されません。

  • Amazon S3 コンソールを通じてオブジェクトをダウンロードまたはコピーする。

  • CopyObject または UploadPartCopy を呼び出すか、S3 バッチレプリケーションでオブジェクトをレプリケートする。これらの場合、コピーやレプリケーションオペレーションのソースオブジェクトは上位の階層に移動されます。

  • GetObjectPutObjectRestoreObjectCompleteMultipartUploadListParts、または SelectObjectContent を呼び出す。

例えば、指定した非アクセス日数 (180 日など) より前に SelectObjectContent を通じてオブジェクトがアクセスされると、そのアクションによりタイマーがリセットされます。最後の SelectObjectContent リクエストが、指定した日数に達するまでは、オブジェクトはアーカイブアクセス階層またはディープアーカイブアクセス階層に移動しません。

低頻度アクセス階層またはアーカイブインスタントアクセス階層にあるオブジェクトに後からアクセスすると、自動的に高頻度アクセス階層に戻されます。

以下のアクションは、オブジェクトを低頻度アクセス階層やアーカイブインスタントアクセス階層から高頻度アクセス階層に自動的に戻すアクセスを構成します。

  • Amazon S3 コンソールを通じてオブジェクトをダウンロードまたはコピーする。

  • CopyObject または UploadPartCopy を呼び出すか、バッチレプリケーションでオブジェクトをレプリケートする。これらの場合、コピーやレプリケーションオペレーションのソースオブジェクトは上位の階層に移動されます。

  • GetObjectPutObjectRestoreObjectCompleteMultipartUpload、または ListParts を呼び出す。

他のアクションは、オブジェクトを低頻度アクセス階層やアーカイブインスタントアクセス階層から高頻度アクセス階層に自動的に戻すアクセスを構成しません。次に示すのは、そのようなアクションのリストのサンプルであり、決定的なものではありません。

S3 Intelligent-Tiering を新しく作成されるデータのデフォルトのストレージクラスとして設定するには、PutBucketIntelligentTieringConfiguration リクエストヘッダーで INTELLIGENT-TIERING を指定します。S3 Intelligent-Tiering は、99.9% の可用性と99.999999999% の耐久性を実現するように設計されています。

注記

オブジェクトのサイズが 128 KB 未満の場合は、モニタリングされず、自動階層化に適していません。小さいオブジェクトは必ず高頻度アクセス階層に保存されます。

S3 Intelligent-Tiering アクセス階層

次のセクションでは、さまざまな自動アクセス階層とオプションのアクセス階層について説明します。オブジェクトがアクセス階層間を移動しても、ストレージクラス (S3 Intelligent-Tiering) は変わりません。

高頻度アクセス階層(自動)

これは、S3 Intelligent-Tiering で作成されたオブジェクトや S3 Intelligent-Tiering に移行したオブジェクトのライフサイクルを開始するデフォルトのアクセス階層です。オブジェクトは、アクセスされている限り、この階層に残ります。高頻度アクセス階層は、低レイテンシーと高スループットのパフォーマンスを提供します。

低頻度アクセス階層 (自動)

オブジェクトが 30 日間連続してアクセスされない場合、オブジェクトは低頻度アクセス階層に移行します。低頻度アクセス階層は、低レイテンシーと高スループットのパフォーマンスを提供します。

アーカイブインスタントアクセス階層 (自動)

オブジェクトが 90 日間連続してアクセスされない場合、オブジェクトはアーカイブインスタントアクセス階層に移行します。アーカイブインスタントアクセス階層は、低レイテンシーと高スループットのパフォーマンスを提供します。

アーカイブアクセス階層(オプション)

S3 Intelligent-Tiering では、非同期的にアクセスできるデータのためにアーカイブアクセス層をアクティブ化するオプションが提供されます。アクティブ化された後、アーカイブアクセス階層は 90 日間以上してアクセスされなかったオブジェクトを自動的にアーカイブします。アーカイブの最終アクセス時間は、最大 730 日間まで延長できます。アーカイブアクセス階層は、S3 Glacier Flexible Retrieval ストレージクラスと同じパフォーマンスです。

このアクセス階層の標準取得時間は、3~5 時間の範囲です。S3 バッチオペレーションを使用して復元リクエストを開始した場合、復元は数分以内に開始されます。取り出しオプションの詳細については、「 S3 Intelligent-Tiering アーカイブアクセス階層からのオブジェクトの復元」を参照してください。

注記

アーカイブインスタントアクセス階層をバイパスしたい場合は、アーカイブアクセス階層を 90 日間だけアクティブ化します。アーカイブアクセス階層は、数分から数時間の取得時間により、ストレージコストをわずかに削減します。アーカイブインスタントアクセス階層は、ミリ秒単位のアクセスと高いスループットパフォーマンスを実現します。

ディープアーカイブアクセス階層(オプション)

S3 Intelligent-Tiering では、非同期的にアクセスできるデータのために ディープアーカイブアクセス階層をアクティブ化するオプションが提供されます。アクティブ化後、ディープアーカイブアクセス階層は 180 日間連続してアクセスされなかったオブジェクトを自動的にアーカイブします。アーカイブの最終アクセス時間は、最大 730 日間まで延長できます。ディープアーカイブアクセス階層のパフォーマンスは、S3 Glacier Deep Archive ストレージクラスと同じです。

このアクセス層のオブジェクトの標準取得は、12 時間以内に行われます。S3 バッチオペレーションを使用して復元リクエストを開始した場合、復元は 9 時間以内に開始されます。取り出しオプションの詳細については、「 S3 Intelligent-Tiering アーカイブアクセス階層からのオブジェクトの復元」を参照してください。

注記

アプリケーションがオブジェクトに非同期でアクセスできる場合にのみ、アーカイブアクセス階層とディープアーカイブアクセス階層をアクティブにします。取得するオブジェクトがアーカイブアクセス階層またはディープアーカイブアクセス階層に保存されている場合は、まず RestoreObject オペレーションを使用してオブジェクトを復元する必要があります。