AWS Identity and Access Management
ユーザーガイド

一時認証情報を使用するサンプルアプリケーション

AWS Security Token Service (AWS STS) を使用して、AWS リソースへのアクセスをコントロールできる一時的セキュリティ認証情報を持つ、信頼されたユーザーを作成および提供することができます。AWS STS の詳細については、「一時的セキュリティ認証情報」を参照してください。AWS STS を使用して一時的なセキュリティ認証情報を管理する方法を確認するために、完全なシナリオ例を実装する以下のサンプルアプリケーションをダウンロードできます。

ウェブ ID フェデレーションのサンプル

以下のサンプルアプリケーションは、Login with Amazon、Amazon Cognito、Facebook、Google などのプロバイダでウェブ ID フェデレーションを使用する方法を示しています。これらのプロバイダーからの認証情報を一時的な AWS セキュリティ認証情報に交換して、AWS のサービスにアクセスできます。

注記

その代わりに、モバイル開発用の AWS SDK と共に Amazon Cognito を使用することをお勧めします。Amazon Cognito は、モバイルアプリの ID を管理するための最も簡単な方法であり、同期やクロスデバイス ID のような追加機能も利用できます。Amazon Cognito の詳細については、『AWS Mobile SDK for Android Developer Guide』の「Amazon Cognito ID」と『AWS Mobile SDK for iOS Developer Guide』の「Amazon Cognito ID によるユーザーの認証」を参照してください。