メニュー
Amazon Route 53
開発者ガイド (API Version 2013-04-01)

パブリックホストゾーンの作成

ホストゾーンは、指定されたドメインに対応するリソースレコードセットのコレクションです。ドメイン (たとえば、example.com) のホストゾーンを作成した後、そのドメインへのトラフィックをルーティングする方法をドメインネームシステムに指定するリソースレコードセットを作成します。

ホストゾーンを作成すると、Amazon Route 53 はそのゾーンに対して、1 つのネームサーバー (NS) レコードと Start of Authority (SOA) レコードを自動的に作成します。NS レコードはレジストラまたは DNS サービスに付与される 4 つのネームサーバーを識別し、DNS クエリが Route 53 ネームサーバーにルーティングされるようにします。NS および SOA レコードの詳細については、「Amazon Route 53 がパブリックホストゾーンに作成する NS リソースレコードセットと SOA リソースレコードセット」を参照してください。

ドメインレジストラで設定を更新して Route 53 ネームサーバーを含めると、Route 53 は、機能しているウェブサイトがない場合を含めて、ホストゾーンの DNS クエリに応答します。たとえば、Route 53 は、ユーザーがウェブブラウザにドメイン名を入力するたびに、ホストゾーンに関する情報で応答します。

デフォルトで、Route 53 は作成する各ホストゾーンに 4 つのネームサーバーの独自セット (まとめて委託セットと呼ばれます) を割り当てます。多数のホストゾーンを作成する場合は、再利用可能な委託セットを作成する Route 53 API を使用できます。これで、Route 53 API を使用してホストゾーンを作成するときに、各ホストゾーンに同じ再利用可能な委託セット (同じ 4 つのネームサーバー) を割り当てることができます (Route 53 コンソールを使用してホストゾーンを作成するときに再利用可能な委託セットを指定することはできません)。再利用可能な委託セットにより、Route 53 を DNS サービスとするすべてのドメインで同じ 4 つのネームサーバーを使用するようドメイン名のレジストラに指示できるため、DNS サービスの Route 53 への移行が簡素化されます。再利用可能な委託セットの使用に関する詳細については、『Amazon Route 53 API Reference』の「Route 53 API Actions by Function」を参照してください。Route 53 API を使用してホストゾーンを作成する方法については、「 CreateHostedZone」を参照してください。

同じ名前の複数のホストゾーンを作成し、各ホストゾーンに異なるリソースレコードセットを追加できます。Route 53 は、4 つのネームサーバーをホストゾーンごとに割り当てます。ネームサーバーは各ホストゾーンで異なります。レジストラのネームサーバーレコードを更新する場合、正しいホストゾーン (ドメインのクエリに応答する場合に Route 53 が使用するリソースレコードセットが含まれる) に対して Route 53 ネームサーバーを使用するように注意してください。Route 53 が、同じ名前の他のホストゾーンのリソースレコードセットに値を返すことは決してありません。

Route 53 コンソールを使用してホストゾーンを作成するには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、https://console.aws.amazon.com/route53/ にある Route 53 コンソールを開きます。

  2. Route 53 を初めて利用する場合は、[DNS Management] の [Get Started Now] を選択します。

    既に Route 53 を利用している場合は、ナビゲーションペインの [Hosted Zones] を選択します。

  3. [Create Hosted Zone] を選択します。

  4. [Create Hosted Zone] ペインで、ドメイン名とコメント (必要に応じて) を入力します。設定の詳細については、ラベルの上にマウスポインタを置いて、ツールヒントを表示してください。

    a~z、0~9、- (ハイフン) 以外の文字を指定する方法、および国際化されたドメイン名を指定する方法については、「DNS ドメイン名の形式」を参照してください。

  5. [Create] を選択します。