親ドメインを移行しないでサブドメインの DNS サービスを Amazon Route 53 に移行 - Amazon Route 53

親ドメインを移行しないでサブドメインの DNS サービスを Amazon Route 53 に移行

別の DNS サービスから親ドメインを移行せずに、Amazon Route 53 を DNS サービスとして使用するサブドメインを移行できます。

このプロセスの基本手順は以下のとおりです。

  1. まず、この手順を使用すべきかどうかを判断します。

  2. サブドメインの Route 53 ホストゾーンを作成します

  3. 親ドメインの現在の DNS サービスプロバイダから現在の DNS 設定を取得します

  4. Route 53 ホストゾーンに、サブドメインのレコードを追加します。

  5. API のみ: すべての Route 53 DNS サーバーに変更が反映されたことを確認します

    注記

    現在、変更が反映されたことを確認するには、GetChange API アクションを使用する方法しかありません。通常、変更は 60 秒以内にすべての Route 53 ネームサーバーに伝播されます。

  6. サブドメインのネームサーバーレコードを追加して、親ドメインの DNS サービスプロバイダの DNS 設定を更新します

サブドメインの作成に使用する手順の決定

このトピックの手順では、一般的でないオペレーションを実行する方法について説明します。ドメインの DNS サービスとして Route 53 を既に使用していて、サブドメイン (www.example.com など) のトラフィックをリソース (EC2 インスタンスで実行されているウェブサーバーなど) にルーティングするだけの場合は、「サブドメインのトラフィックのルーティング」を参照してください。

この手順を使用するのは、ドメイン (example.com など) で別の DNS サービスを使用していて、そのドメインの既存のサブドメイン (www.example.com など) で Route 53 を DNS サービスとして使い始める場合に限ります

サブドメイン用のホストゾーンの作成

別の DNS サービスから Amazon Route 53 にサブドメインを移行するが、親ドメインは移行しない場合は、まずサブドメイン用のホストゾーンを作成します。Route 53 は、ホストゾーンにサブドメインの情報を保存します。

Route 53 コンソールを使用したホストゾーンの作成方法については、「パブリックホストゾーンの作成」を参照してください。

DNS サービスプロバイダーから現在の DNS 設定を取得

既存のサブドメインを Route 53 に移行するプロセスを単純化するには、現在ドメインにサービスを提供している DNS サービスプロバイダからドメインの現在の DNS 設定を取得します。この情報を基本として、Route 53 をサブドメインの DNS サービスとして設定することができます。

求める情報とその形式は、現在 DNS サービスプロバイダとして使っている会社によって異なります。現在の設定におけるレコードすべてに関する情報を含むゾーンファイルが提供されるのが理想です (レコードは、ドメインとサブドメインのトラフィックのルーティング方法をDNSに伝えます。例えば、誰かがウェブブラウザにドメイン名を入力すると、データセンターのウェブサーバーや、Amazon EC2 インスタンス、CloudFront ディストリビューションなどに、トラフィックをルーティングするかを指定します。) 現在の DNS サービスプロバイダからゾーンファイルを取得できる場合は、ゾーンファイルを編集して、Amazon Route 53 に移行しないレコードを削除することができます。その後、残りのレコードを Route 53 ホストゾーンにインポートすると、処理が大幅に単純化されます。ゾーンファイルまたはレコードリストを取得する方法を、現在の DNS サービスプロバイダのカスタマーサポートに問い合わせてみてください。

レコードの作成

現在の DNS サービスプロバイダから入手したレコードを基準として使用し、サブドメイン用に作成した Amazon Route 53 ホストゾーンに、対応するレコードを作成します。Route 53 で作成したレコードが、サブドメインに対する責任を Route 53 に委任した後で DNS が使用するレコードになります。詳細については、「サブドメインのネームサーバーレコードで DNS サービスを更新する」を参照してください。

重要

Route 53 ホストゾーンに追加のネームサーバー (NS) レコードまたは Start of Authority (SOA) レコードを作成しないでください。また、既存の NS レコードと SOA レコードを削除しないでください。

Route 53 コンソールを使用してレコードを作成するには、「レコードを使用する」を参照してください。Route 53 API を使用してレコードを作成するには、「ChangeResourceRecordSets」を参照してください。詳細については、Amazon Route 53 API リファレンスの「ChangeResourceRecordSets」を参照してください。

変更のステータスを確認する (API のみ)

新しいホストゾーンの作成や、レコードの変更は、Route 53 DNS サーバーに伝達されるまでに時間がかかります。レコードの作成に ChangeResourceRecordSets を使用した場合、GetChange アクションを使用して、変更が反映されたかどうかを判断できます (ChangeResourceRecordSetsChangeId の値を返します。これは次の GetChange リクエストに含めることができます。コンソールを使用してレコードを作成した場合は、ChangeId を使用できません)。詳細については、Amazon Route 53 API リファレンスの「GET GetChange」を参照してください。

注記

通常、変更は 60 秒以内にすべての Route 53 ネームサーバーに反映されます。

サブドメインのネームサーバーレコードで DNS サービスを更新する

Amazon Route 53 レコードへの変更が反映された後 (「変更のステータスを確認する (API のみ)」を参照)、サブドメインの NS レコードを追加して、親ドメインの DNS サービスを更新します。これは、サブドメインの責任の Route 53 への委任と呼ばれます。例えば、親ドメイン example.com が別の DNS サービスでホストされていて、サブドメイン test.example.com を Route 53 に移行するとします。test.example.com のホストゾーンを作成し、example.com の DNS サービスを、test.example.com の新しいホストゾーンに Route 53 が割り当てた NS レコードで更新する必要があります。

以下の手順を実行します。

  1. DNS サービスから提供される方法を使用して、親ドメインのゾーンファイルをバックアップします。

  2. ドメインの更新前の DNS サービスプロバイダでネームサーバーの TTL 設定を変更する方法を利用できる場合は、設定を 900 秒に変更することをお勧めします。これにより、使用されていないネームサーバーを使ってクライアントリクエストがドメイン名の解決を試行する時間が制限されます。現在の TTL が 172800 秒 (2 日) である場合は (一般的なデフォルト設定)、リゾルバーとクライアントが更新前の TTL を使用して DNS レコードのキャッシュを停止するまで 2 日間待機する必要があります。TTL の設定期間が終了すると、更新前のプロバイダで保存されていたレコードを安全に削除し、Route 53 にのみ変更を加えることができます。

  3. Route 53 コンソールで、Route 53 ホストゾーンのネームサーバーを取得します。

    1. AWS Management Console にサインインし、Route 53 コンソール (https://console.aws.amazon.com/route53/) を開きます。

    2. ナビゲーションペインで [Hosted zones (ホストゾーン)] をクリックします。

    3. [Hosted Zones (ホストゾーン)] ページで、ホストゾーンのラジオボタン (名前ではない) を選択し、[View details (詳細を表示)] を選択します。

    4. ホストゾーンの詳細ページで、[Hosted zone details (ホストゾーンの詳細)] を選択します。

    5. [Name Servers (ネームサーバー)] に表示されている 4 つのサーバー名を書き留めます。

    または、GetHostedZone アクションを使用できます。詳細については、Amazon Route 53 API リファレンスの「GetHostedZone」を参照してください。

  4. 親ドメインの DNS サービスから提供される方法を使用して、親ドメインのゾーンファイルにサブドメインの NS レコードを追加します。NS レコードにサブドメインと同じ名前を付けます。NS レコードの値には、ステップ 2 で作成したホストゾーンに関連する 4 つの Route 53 ネームサーバーを指定します。DNS サービスが異なると、使用する用語も異なります。このステップを実行する方法については、DNS サービスの技術サポートへの問い合わせが必要になる場合があります。

    重要

    親ドメインのゾーンファイルに Start of Authority (SOA) のレコードを追加しないでください。サブドメインは Route 53 を使用するため、親ドメインの DNS サービスはサブドメインに関する権限を保持していません。

    DNS サービスが自動的にサブドメインの SOA レコードを追加した場合、サブドメインのレコードを削除します。ただし、親ドメインの SOA レコードは削除しないでください。

    親ドメインのネームサーバーの TTL 設定に応じて、DNS リゾルバーに対する変更の反映は 48 時間以上かかる場合があります。この反映が行われている間も、DNS リゾルバーは親ドメインの DNS サービスのネームサーバーを使用してリクエストに応答することがあります。また、クライアントコンピュータは、サブドメインの以前のネームサーバーをキャッシュに引き続き保持する場合もあります。

  5. ドメインのレジストラの TTL 設定期間が終了した後で (ステップ 2 を参照)、親ドメインのゾーンファイルから次のレコードを削除してください。

    • Route 53 に追加したレコードについては、「レコードの作成」を参照してください。

    • DNS サービスの NS レコード。NS レコードの削除が完了すると、ゾーンファイルに含まれる NS レコードは、ステップ 4 で作成した NS レコードだけになります。