Amazon Route 53
開発者ガイド (API バージョン 2013-04-01)

DNS フェイルオーバーの設定

複数の HTTP サーバー、複数のメールサーバーなど、同じ機能を実行するリソースが複数あれば、リソースの正常性をチェックし正常なリソースのみを使って DNS クエリに応答するように Amazon Route 53 を設定することができます。たとえば、ウェブサイト (example.com) が、世界各地の 3 拠点のデータセンターにそれぞれ 2 台ずつ、合計 6 台のサーバーでホストされているとします。それらのサーバーの正常性をチェックし、その時点で正常なサーバーのみを使って example.com の DNS クエリに応答するように Route 53 を設定することができます。

Route 53 は、単純な構成でも複雑な構成でもリソースの正常性をチェックすることができます。

  • シンプルな構成では、example.com のタイプ A の加重レコードのグループなど、すべてが同じ名前とタイプのレコードグループを作成します。Route 53 を設定して該当するリソースの正常性をチェックします。Route 53 は、リソースの正常性に基づいて DNS クエリに応答します。詳細については、「Amazon Route 53 の単純構成におけるヘルスチェックの動作」を参照してください。

  • より複雑な構成では、複数の基準に基づいてトラフィックをルーティングするレコードのツリーを作成します。たとえば、ユーザーの待ち時間が最も重要な基準である場合、レイテンシーエイリアスレコードを使用して、ベストのレイテンシーを提供するリージョンにトラフィックをルーティングすることができます。レイテンシーエイリアスレコードは、エイリアスターゲットとして各リージョンのレコードに加重されている場合があります。加重レコードは、インスタンスタイプに基づいてトラフィックを EC2 インスタンスにルーティングします。シンプルな構成と同様に、Route 53 を設定して、リソースの正常性に基づいてトラフィックをルーティングすることができます。詳細については、「複雑な Amazon Route 53 構成におけるヘルスチェックの動作」を参照してください。