メニュー
Amazon Route 53
開発者ガイド (API バージョン 2013-04-01)

DNS フェイルオーバーを設定するためのタスクリスト

Route 53 を使用して DNS フェイルオーバーを設定するには、以下のタスクを実行します。

  1. 全体的な設定の概略図を作成し、作成するレコードのタイプ (加重エイリアス、フェイルオーバー、レイテンシーなど) をノードごとに指定します。ツリーの上部には、ユーザーがウェブサイトやウェブアプリケーションにアクセスするために使用する example.com などのドメイン名のレコードを入れます。

    概略図に表示されるレコードの種類は、設定の複雑さによって異なります。

    • シンプルな構成では、概略図にエイリアスレコードは含まれません。エイリアスレコードは、別の Route 53 レコードではなく、ELB ロードバランサーなどのリソースにトラフィックを直接ルーティングします。詳細については、「Amazon Route 53 の単純構成におけるヘルスチェックの動作」を参照してください。

    • 複雑な構成の場合は、エイリアスレコード (加重エイリアスやフェイルオーバーエイリアスなど) と非エイリアスレコードを複数レベルのツリーで組み合わせます (「Amazon Route 53 の複雑な構成におけるヘルスチェックの動作」トピックの例を参照)。

      注記

      複雑なルーティング設定のレコードをすばやく簡単に作成して、レコードをヘルスチェックに関連付けるには、トラフィックフロービジュアルエディタを使用して、設定をトラフィックポリシーとして保存することができます。その後、トラフィックポリシーを、同じホストゾーンまたは複数のホストゾーンで 1 つ以上のドメイン名 (example.com など) またはサブドメイン名 (www.example.com など) に関連付けることができます。さらに、新しい設定が期待どおりに機能していない場合は、更新を元に戻すことができます。詳細については、「DNS トラフィックのルーティングにトラフィックフローを使用する」を参照してください。

    詳細については、次のドキュメントを参照してください。

  2. データセンターで実行されている Amazon EC2 サーバーや E メールサーバーなど、エイリアスレコードを作成できないリソースのヘルスチェックを作成します。これらのヘルスチェックは、非エイリアスレコードに関連付けます。

    詳細については、「ヘルスチェックの作成、更新、削除」を参照してください。

  3. 必要に応じて、ヘルスチェックで指定したエンドポイントに Route 53 が定期的なリクエストを送信できるようにルーターとファイアウォールのルールを設定します。詳細については、「Amazon Route 53 ヘルスチェックができるようにルーターとファイアウォールのルールを設定する」を参照してください。

  4. 概略図の中の非エイリアスレコードをすべて作成し、ステップ 2 で作成したヘルスチェックを該当するレコードに関連付けます。

    エイリアスレコードを含まない設定で DNS フェイルオーバーを設定する場合、以降の作業は不要です。

  5. エイリアスレコードを作成して、トラフィックを AWS リソース (ELB ロードバランサーや CloudFront ディストリビューションなど) にルーティングします。リソースが異常な場合に Route 53 にツリーの別のブランチを試させる場合は、各エイリアスレコードの [ターゲットの正常性の評価] の値を [Yes (あり)] に設定してください。([ターゲットの正常性の評価] は、一部の AWS リソースではサポートされていません)。

  6. ステップ 1 で作成した概略図の一番下から、ステップ 4 と 5 で作成したレコードにトラフィックをルーティングするエイリアスレコードを作成します。非エイリアスレコードがすべて異常なときにツリーの別のブランチを試すように Route 53 を設定する場合は、各エイリアスレコードの [ターゲットの正常性の評価] の値を [Yes (あり)] に設定してください。

    別のレコードを作成するまで、トラフィックを別のレコードにルーティングするエイリアスレコードを作成することはできません。