フェイルオーバー (アクティブ/アクティブとアクティブ/パッシブ) の設定 - Amazonルート53

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

フェイルオーバー (アクティブ/アクティブとアクティブ/パッシブ) の設定

Route 53 ヘルスチェックを使用してフェイルオーバー (アクティブ/アクティブとアクティブ/パッシブ) を設定できます。フェイルオーバー以外のいずれかのルーティングポリシー (またはルーティングポリシーの組み合わせ) を使用して、フェイルオーバー (アクティブ/アクティブ) を設定し、フェイルオーバールーティングポリシーを使用してフェイルオーバー (アクティブ/パッシブ) を設定します。

フェイルオーバー (アクティブ/アクティブ)

すべてのリソースをほとんどの時間で利用できるようにするには、このフェイルオーバー設定を使用します。リソースが利用できなくなると、そのリソースを Route 53 が異常として検出し、以後、クエリへの応答に含めることを控えます。

フェイルオーバー (アクティブ/アクティブ) では、Route 53 がそれらを異常と見なさない限り、同じ名前、同じタイプ (A または AAAA など)、および同じルーティングポリシー (加重またはレイテンシーなど) を持つすべてのレコードがアクティブです。正常なレコードがあれば、Route 53 はそれを使用して DNS クエリに応答することができます。

アクティブ/パッシブ (フェイルオーバー)。

プライマリリソースまたはリソースグループをほとんどの時間で利用可能にして、すべてのプライマリリソースが使用できなくなった場合に備えて、セカンダリリソースまたはリソースグループをスタンバイ状態にする場合は、フェイルオーバー (アクティブ/パッシブ) 設定を使用します。クエリへの応答で Route 53 が返すのは、正常なプライマリリソースのみです。すべてのプライマリリソースで異常が発生した場合、Route 53 は、DNS クエリへの応答として、正常なセカンダリリソースのみを返します。

1 つのプライマリリソースおよび 1 つのセカンダリリソースを使用したフェイルオーバー (アクティブ/パッシブ) の設定

1 つのプライマリレコードと 1 つのセカンダリレコードでフェイルオーバー (アクティブ/パッシブ) 設定を作成するには、レコードを作成し、ルーティングポリシーとして [フェイルオーバー] を指定します。プライマリリソースが正常な場合、Route 53 はプライマリレコードを使用して DNS クエリに応答します。プライマリリソースが異常な場合、Route 53 はセカンダリレコードを使用して DNS クエリに応答します。

複数のプライマリリソースおよびセカンダリリソースを使用したフェイルオーバー (アクティブ/パッシブ) の設定

プライマリレコード、セカンダリレコード、またはその両方に複数のリソースを関連付けることもできます。この構成では、Route 53 は、関連付けられたリソースの少なくとも 1 つが正常である限り、プライマリフェイルオーバーレコードは正常であると見なします。詳細については、「ヘルスチェックが設定されている場合に Amazon Route 53 がレコードを選択する方法」を参照してください。

プライマリまたはセカンダリレコードの複数のリソースでフェイルオーバー (アクティブ/パッシブ) を設定するには、次のタスクを実行します。

  1. トラフィックをルーティングするリソース (EC2 インスタンスやデータセンター内のウェブサーバーなど) ごとに、ヘルスチェックを作成します。

    注記

    トラフィックをエイリアスレコードを作成できる任意の AWS リソースにルーティングする場合は、それらのリソースのヘルスチェックを作成しないでください。エイリアスレコードを作成する場合は、[ターゲットの正常性の評価] を [Yes (あり)] に設定します。

    詳細については、「ヘルスチェックの作成と更新」を参照してください。

  2. プライマリリソースのレコードを作成し、次の値を指定します。

    • 各レコードに同じ名前、タイプ、ルーティングポリシーを割り当てます。たとえば、すべてが failover-primary.example.com という名前の 3 つの加重 A レコードを作成することができます。

    • エイリアスレコードを作成できる AWS リソースを使用している場合は、[ターゲットの正常性の評価] を [Yes (あり)] に指定します。

      エイリアスレコードを作成できないリソースを使用している場合は、ステップ 1 の該当するヘルスチェックを各レコードに関連付けます。

    詳細については、「Amazon Route 53 コンソールを使用してレコードを作成する」を参照してください。

  3. 該当する場合、セカンダリリソースのレコードを作成し、次の値を指定します。

    • 各レコードに同じ名前、タイプ、ルーティングポリシーを割り当てます。たとえば、すべてが failover-secondary.example.com という名前の 3 つの加重 A レコードを作成することができます。

    • エイリアスレコードを作成できる AWS リソースを使用している場合は、[ターゲットの正常性の評価] を [Yes (あり)] に指定します。

      エイリアスレコードを作成できないリソースを使用している場合は、ステップ 1 の該当するヘルスチェックを各レコードに関連付けます。

    注記

    一部のお客様は、プライマリリソースとしてウェブサーバーを使用し、ウェブサイトエンドポイントとして構成された Amazon S3 バケットをセカンダリリソースとして使用しています。S3 バケットには、「一時的に使用できません」という簡単なメッセージが含まれています。その構成を使用している場合は、この手順をスキップして、ステップ 4 でセカンダリリソースのフェイルオーバーエイリアスレコードを作成します。

  4. プライマリとセカンダリの 2 つのフェイルオーバーエイリアスレコードを作成し、次の値を指定します。

    プライマリレコード
    • [名前] – Route 53 でトラフィックをルーティングするドメイン名 (example.com) またはサブドメイン名 (www.example.com) を指定します。

    • [エイリアス] – [Yes (あり)] を指定します。

    • [エイリアス先] – ステップ 2 で作成したレコードの名前を指定します。

    • [ルーティングポリシー] – [フェイルオーバー] を指定します。

    • [Failover Record Type (フェイルオーバーレコードのタイプ)] – [プライマリ] を指定します。

    • [ターゲットの正常性の評価] – [Yes (あり)] を指定します。

    • [ヘルスチェックとの関連付け] – [No (なし)] を指定します。

    セカンダリレコード
    • [名前] – プライマリレコードに指定したのと同じ名前を指定します。

    • [エイリアス] – [Yes (あり)] を指定します。

    • [エイリアス先] – ステップ 3 でセカンダリリソースのレコードを作成した場合は、レコードの名前を指定します。セカンダリリソースに Amazon S3 バケットを使用している場合は、ウェブサイトエンドポイントの DNS 名を指定します。

    • [ルーティングポリシー] – [フェイルオーバー] を指定します。

    • [Failover Record Type (フェイルオーバーレコードのタイプ)] – [セカンダリ] を指定します。

    • [ターゲットの正常性の評価] – [Yes (あり)] を指定します。

    • [ヘルスチェックとの関連付け] – [No (なし)] を指定します。

加重レコードを使用してフェイルオーバー (アクティブ/パッシブ) を構成する

また、警告付きのフェイルオーバー (アクティブ/パッシブ) のために加重されたレコードを使用することもできます。一部のレコードに対してゼロ以外の重みを指定し、他のレコードに対してゼロの重みを指定すると、Route 53 は重みがゼロ以外の健全なレコードのみを使用して DNS クエリに応答します。重みが 0 より大きいレコードがいずれも異常であった場合、Route 53 は重みがゼロであるレコードを使用してクエリに応答します。

注記

Route 53 がゼロの重みを持つレコードを使用して DNS クエリに応答を開始する前に、ゼロ以外の重みを持つすべてのレコードが異常でなければなりません。これにより、ウェブサーバーなどの最後の正常なリソースが、他のリソースが利用できないときにすべてのトラフィックを処理できない場合、ウェブアプリケーションまたはウェブサイトが信頼できなくなる可能性があります。