ドメインの登録期間の延長 - Amazon Route 53

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

ドメインの登録期間の延長

Amazon Route 53 でドメインを登録する、あるいは Route 53 からドメイン登録を移行する場合、ドメインは自動的に更新するように選定されます。自動更新期間は通常 1 年間となりますが、いくつかの最上位ドメイン (TLD) のレジストリにおいては更新期間がさらに延長する場合があります。

次の点に注意してください。

最大更新期間

すべての汎用の国コードTLDsではTLDs、ドメイン登録を長期間 (1 年単位で最大 10 年) 延長できます。ドメインの登録期間を延長できるかどうか判断するには、「」を参照してください。 に登録できるドメインAmazon Route 53. 長い登録期間が認められる場合、以下の手順を実行します。

ドメイン登録を更新または延長できる時期の制限

TLD レジストリの中には、ドメイン登録を更新または延長できる時期に制限を設けているものがあります (期限が切れる 2 か月前以降など)。レジストリによりドメインの登録期間の延長が許可される場合でも、ドメインの有効期限がもっと近づいてからでないと延長できないことがあります。

AWS クレジット

AWS クレジットを使用して、ドメインの登録期間延長の料金を支払うことはできません。

ドメインの登録期間を延長するには

  1. https://console.aws.amazon.com/route53/ にある Route 53 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Registered Domains.] を選択します。

  3. 登録期間を延長したいドメイン名を選択します。

    [Expires on] フィールドには、ドメインの現在の有効期限が一覧表示されます。TLD のレジストリで登録期間の延長が許可されている場合、有効期限終了日の右側に拡張リンクが表示されます。

  4. extend.] を選択します。

  5. [Extend registration for (登録の拡張)] リストで、登録を拡張する年数を選択します。

    このリストには、現在の有効期限終了日とこのドメインのレジストリにより許可される最大登録期間に基づく現在のオプションがすべて表示されます。[New expiration date (新しい有効期限)] フィールドには、その年数が適用された有効期限日が表示されます。

  6. Extend domain registration.] を選択します。

    有効期限終了日を更新したレジストリから確認を Amazon が受け取ると、有効期限終了日が変更されたことを確認する E メールがお客様に送信されます。

  7. AISPL (インド) のお客様のみ: 連絡先住所がインドにある場合、Amazon Internet Services Pvt. Ltd (AISPL) はインドのローカル AWS 販売者です。ドメインの登録を延長するには、次の手順を実行して、拡張機能の料金を支払います。

    1. の [注文と請求書] ページに移動しますAWS マネジメントコンソール。

    2. [Payments Due (支払い期限)] セクションで、該当する請求書を見つけます。

    3. アクション 列で、[確認および支払い.] を選択します。

      請求書の支払い後、内線番号を記入し、該当する E メールを送信します。

    重要

    5 日以内に請求書をお支払いいただかないと、請求書はキャンセルされます。請求書がキャンセルされた後でドメイン登録を延長するには、リクエストを再送信します。

    詳細については、 の「インドでの支払いの管理」を参照してくださいAWS Billing and Cost Management ユーザーガイド

  8. ドメインの登録期間を延長中に問題が発生した場合は、AWS サポートに無料でお問い合わせください。詳細については、「 」を参照してください。AWS サポートへのドメイン登録問題に関するお問い合わせ.