ドメインの連絡先情報のプライバシー保護の有効化/無効化 - Amazon Route 53

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ドメインの連絡先情報のプライバシー保護の有効化/無効化

ドメインを Amazon Route 53 に登録、またはドメインを Route 53 に移管すると、ドメインのすべての連絡先について、デフォルトでプライバシー保護が有効になります。これによって一般的に、WHOIS ("Who is") クエリから返される連絡先情報の大部分が非表示になり、送られてくるスパムの数が減少します。プライバシー保護を有効にすると、お客様の連絡先情報は、レジストラの連絡先情報に置き換えられるか、「REDACTED FOR PRIVACY」(プライバシー保護のために編集済み) または「On behalf of <domain name> owner」(<ドメイン名> の所有者に代わって) という文言に置き換えられます。

プライバシー保護を無効にする場合は、ドメインのすべての連絡先を対象にする必要があります。プライバシー保護を無効にすると、誰でもドメインに関する WHOIS クエリを送信でき、ほとんどの最上位ドメイン (TLD) について、名前、住所、電話番号、E メールアドレスなど、ドメインの登録時または移管時に指定したすべての連絡先情報を取得できる可能性があります。WHOIS コマンドは広く利用できます。多くのオペレーティングシステムに付属し、多くのウェブサイトでウェブアプリケーションとしても利用できます。

ドメインを別のレジストラに移管しており、ドメイン連絡先に対してプライバシー保護が有効化されているという場合、移管を確認するための E メールは、Amazon レジストラに登録されている TLD 用の identity-protect.org アドレスから配信されます。TLD のレジストラを調べる方法については、「レジストラの検索」を参照してください。

WHOIS クエリから隠すことのできる情報は 2 つの主な要因によって決まります。

最上位ドメインのレジストリ

ほとんどの TLD レジストリですべての連絡先情報が自動的に隠されますが、すべての連絡先情報を隠すかどうかを選択できるレジストリや、一部の情報のみを隠すことができるレジストリ、どの情報も隠すことができないレジストリもあります。

ドメインのプライバシー保護を有効にすると、お客様の連絡先情報は、プライバシー保護サービスの連絡先情報に置き換えられるか、「REDACTED FOR PRIVACY」(プライバシーのために編集済み) という文言に置き換えられます。プライバシー保護サービスはスパム防止機能 (アドレスローテーションと SPF/DKIM/スパム分析) を適用し、大抵はこれらのフィルターを通過したメールを自動的に転送します。ただし、プライバシー保護対象の E メールアドレスに重要な E メールを送信することはお勧めしません。スパムメカニズムがこれらの E メールの転送を妨げる可能性があるためです。

また、ドメインにどのプライバシー保護メカニズムを使用するかの選択は設定できず、システムによって自動的に選択されます。プライバシー保護サービスの連絡先情報を手動で更新することはできません。

注記

一部のドメインのプライバシー保護を有効または無効にするには、サポートケースを開いてプライバシー保護をリクエストする必要があります。詳細については、「Amazon Route 53 に登録できる最上位ドメイン」の該当するセクションを参照してください。

レジストラ

ドメインを Route 53 に登録する場合やドメインを Route 53 に移管する場合、ドメインのレジストラは Amazon Registrar または当社のレジストラ関連会社である Gandi のいずれかです Amazon Registrar と Gandi では、デフォルトで非表示になる情報が異なります。

  • Amazon Registrar- デフォルトでは、お客様の連絡先情報すべてが非表示です。ただし、TLD レジストリの規則が優先されます。

  • Gandi -デフォルトでは、組織名 (存在する場合) を除いて、お客様の連絡先情報すべてが非表示です。ただし、TLD レジストリの規則が優先されます。

    プライバシー保護を許可しない地域別 TLD では、個人情報は Gandi ウェブサイトの Whois ディレクトリ検索ページで「編集された」とマークされます。ただし、個人情報はドメインレジストリまたはサードパーティーの WHOIS ウェブサイトから入手できます。

お使いのドメインの TLD で非表示になる情報を確認するには、「Amazon Route 53 に登録できる最上位ドメイン」を参照してください。

Route 53 を使用して登録したドメインのプライバシー保護を有効または無効にする場合は、次の手順を実行します。

注記

Route 53 のドメインコンソールを更新中です。旧コンソールは移行期間中も引き続きご使用いただけます。

お使いのコンソールのタブを選択します。

New console
ドメインの連絡先情報のプライバシー保護を有効または無効にするには
  1. にサインイン AWS Management Console し、https://console.aws.amazon.com/route53/ で Route 53 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Registered Domains] をクリックします。

  3. プライバシー保護を有効または無効にするドメインの名前を選択します。

  4. [連絡先情報] セクションで、[編集] をクリックします。

  5. [プライバシー保護] セクションで、連絡先情報を隠すかどうかを選択します。管理者、登録者、技術、請求の 4 つの連絡先すべてに同じプライバシー設定を指定する必要があります。

    注記

    お使いの TLD でプライバシー保護がサポートされていない場合、プライバシー保護セクションは表示されません。

  6. [変更の保存] をクリックします。

  7. プライバシー保護の有効化または無効化中に問題が発生した場合は、 AWS Support に無料でお問い合わせください。詳細については、「ドメイン登録の問題に関する AWS Support へのお問い合わせ」を参照してください。

Old console
ドメインの連絡先情報のプライバシー保護を有効または無効にするには
  1. にサインイン AWS Management Console し、https://console.aws.amazon.com/route53/ で Route 53 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Registered Domains] を選択します。

  3. プライバシー保護を有効または無効にするドメインの名前を選択します。

  4. [連絡先の編集] を選択します。

  5. 連絡先情報を非表示にするかどうかを選択します。3 種類の連絡先 (管理担当者、登録者、技術担当者) のすべてに同じプライバシー設定を指定する必要があります。

  6. [保存] を選択します。

  7. プライバシー保護の有効化または無効化中に問題が発生した場合は、 AWS Support に無料でお問い合わせください。詳細については、「ドメイン登録の問題に関する AWS Support へのお問い合わせ」を参照してください。