Oracle の Amazon RDS for Oracle への変換 - AWS Schema Conversion Tool

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Oracle の Amazon RDS for Oracle への変換

Oracle スキーマとコードを Amazon RDS for Oracle に移行する際は以下の点を考慮してください。

  • AWS SCT ではオブジェクトツリーにディレクトリオブジェクトを追加できます。ディレクトリオブジェクトは、それぞれがサーバーのファイルシステムの物理ディレクトリを表す論理構造です。ディレクトリオブジェクトは、DBMS_LOB、UTL_FILE、DBMS_FILE_TRANSFER、DATAPUMP ユーティリティなどのパッケージで使用できます。

  • AWS SCT では、Oracle テーブルスペースの Amazon RDS for Oracle DB インスタンスへの変換がサポートされています。Oracle は、論理的にはテーブルスペースに、物理的には対応するテーブルスペースに関連付けられたデータファイルに、データを保存します。Oracle では、テーブルスペースとデータファイル名を作成できます。Amazon RDS は、データファイル、ログファイル、制御ファイルとして Oracle Managed Files (OMF) のみをサポートしています。AWS SCT は変換中に必要なデータファイルを作成します。

  • AWS SCT はサーバーレベルのロールと権限を変換できます。Oracle データベースエンジンではロールベースのセキュリティを使用します。ロールとは、ユーザーに対して付与または取り消すことができる権限のコレクションです。Amazon RDS の事前に定義されたロールは DBA といい、通常、Oracle データベースエンジンに対するすべての管理権限が許可されています。次の権限は、Oracle エンジンを利用する Amazon RDS DB インスタンスの DBA ロールでは使用できません。

    • データベースの変更

    • システムの変更

    • ディレクトリの作成

    • 権限の付与

    • ロールの付与

    • 外部ジョブの作成

    その他の権限 (例: 高度なフィルタリングや列に関する権限) をすべて Amazon RDS for Oracle ユーザーロールに付与することができます。

  • AWS SCT では、Oracle ジョブから Amazon RDS for Oracle で実行できるジョブへの変換がサポートされています。この変換には、次のモノを含むいくつかの制限があります。

    • 実行ジョブはサポートされていません。

    • ANYDATA データ型を引数として使用するスケジュールジョブはサポートされていません。

  • Oracle Real Application Clusters (RAC) One Node は、Oracle Database 11g Release 2 とともに導入された Oracle Database Enterprise Edition のオプションです。Amazon RDS for Oracle は RAC 機能をサポートしていません。可用性を高めるには Amazon RDS マルチ AZ を使用してください。

    Amazon RDS のマルチ AZ 配置では、異なるアベイラビリティーゾーンに同期スタンバイレプリカが自動的にプロビジョニングされて維持されます。プライマリ DB インスタンスは、同期的にアベイラビリティーゾーン間でスタンバイレプリカにレプリケートされます。この機能により、データの冗長性が確保されて I/O のフリーズがなくなり、システムバックアップ時のレイテンシー急上昇が最小限に抑えられます。

  • Oracle Spatial は、Oracle データベースのストレージ、取得、更新、および spatial データコレクションのクエリを可能にする SQL スキーマと機能を提供します。Oracle Locator は、インターネットとワイヤレスベースのアプリケーションをサポートするために一般的に必要な機能とパートナーベースの GIS ソリューションを提供します。Oracle Locator は Oracle Spatial の制限付きのサブネットです。

    Oracle Spatial 機能や Oracle Locator 機能を使用するには、SPATIAL オプションまたは LOCATOR オプション (相互に排他的) を DB インスタンスのオプショングループに追加します。

    Amazon RDS for Oracle DB インスタンスで Oracle Spatial および Oracle Locator を使用するには、いくつかの前提条件を満たす必要があります。

    • インスタンスで Oracle Enterprise Edition バージョン 12.1.0.2.v6 以降、または 11.2.0.4.v10 以降が実行されていること。

    • インスタンスが Virtual Private Cloud (VPC) 内にあること。

    • インスタンスの DB インスタンスクラスが Oracle 機能をサポート可能であること。例えば、Oracle Spatial は、db.m1.small、db.t1.micro、db.t2.micro、または db.t2.small の DB インスタンスクラスではサポートされません。詳細については、「DB インスタンスクラスの Oracle のサポート」を参照してください。

    • インスタンスで、マイナーバージョン自動アップグレードが有効化されていること。CVSS スコアが 9 以上、またはその他のセキュリティの脆弱性が報告されている場合には、Amazon RDS によって DB インスタンスが最新の Oracle PSU に更新されます。詳細については、次を参照してください。

      Oracle DB インスタンスの設定

    • DB インスタンスが バージョン 11.2.0.4.v10 以降の場合には、XMLDB オプションをインストールする必要があります。詳細については、次を参照してください。

      Oracle XML DB

    • Oracle の Oracle Spatial ライセンスが付与されていること。詳細については、Oracle ドキュメントの Oracle Spatial and Graph を参照してください。

  • Data Guard は、Oracle Database Enterprise Edition に含まれています。可用性を高めるには Amazon RDS マルチ AZ 機能を使用してください。

    Amazon RDS のマルチ AZ 配置では、異なるアベイラビリティーゾーンに同期スタンバイレプリカが自動的にプロビジョニングされて維持されます。プライマリ DB インスタンスは、同期的にアベイラビリティーゾーン間でスタンバイレプリカにレプリケートされます。この機能により、データの冗長性が確保されて I/O のフリーズがなくなり、システムバックアップ時のレイテンシー急上昇が最小限に抑えられます。

  • AWS SCT では、Amazon RDS for Oracle への移行時の Oracle DBMS_SCHEDULER オブジェクトの変換がサポートされています。AWS SCT 評価レポートは、スケジュールオブジェクトが変換できるかどうかを示します。Amazon RDS でのスケジュールオブジェクトの使用の詳細については、Amazon RDS のドキュメントを参照してください。

  • Oracle から Amazon RDS for Oracle の変換では、DB リンクがサポートされます。データベースリンクは、別のデータベースのオブジェクトにアクセスできるようにする、1 つのデータベース内のスキーマオブジェクトです。もう 1 つのデータベースは Oracle データベースである必要はありません。ただし、Oracle 以外のデータベースにアクセスするには、Oracle Heterogeneous Services を使用する必要があります。

    データベースリンクを作成したら、そのリンクを SQL ステートメントで使用して、他のデータベースのテーブル、ビュー、および PL/SQL オブジェクトを参照できます。データベースリンクを使用するには、テーブル、ビュー、または PL/SQL オブジェクトの名前に @dblink を追加します。他のデータベースのテーブルまたはビューには、SELECT ステートメントを使用してクエリを実行できます。Oracle データベースリンクの使用の詳細については、Oracle のドキュメントを参照してください。

    Amazon RDS でのデータベースリンクの使用の詳細については、Amazon RDS のドキュメントを参照してください。

  • AWS SCT 評価レポートには、変換に関するサーバーのメトリクスが提供されています。Oracle インスタンスに関するこれらのメトリクスには、次のようなものがあります。

    • ターゲット DB インスタンスのコンピューティング能力とメモリ容量。

    • サポートされていない Oracle 機能 (例:Real Application Clusters)。

    • ディスク読み取り/書き込み負荷

    • ディスク合計の平均スループット

    • サーバー情報 (例: サーバー名、OS、ホスト名、文字セット)。

Oracle から Amazon RDS for Oracle に変換する際の制限

Oracle スキーマとコードを Amazon RDS for Oracle に移行する際に考慮する必要のある制限の一部を以下に示します。

  • Amazon RDS の事前に定義されたロールは DBA といい、通常、Oracle データベースエンジンに対するすべての管理権限が許可されています。次の権限は、Oracle エンジンを利用する Amazon RDS DB インスタンスの DBA ロールでは使用できません。

    • データベースの変更

    • システムの変更

    • ディレクトリの作成

    • 権限の付与

    • ロールの付与

    • 外部ジョブの作成

    Oracle RDS ユーザーロールに他のすべての権限を付与できます。

  • Amazon RDS for Oracle では、従来の監査、DBMS_FGA パッケージを使用した詳細に設定された監査、Oracle 統合監査がサポートされています。

  • Amazon RDS for Oracle は、変更データキャプチャ (CDC) をサポートしていません。データベースの移行中または移行後に CDC を行うには、AWS Database Migration Service を使用します。