証明書の検証のトラブルシューティング - AWS Certificate Manager

証明書の検証のトラブルシューティング

ACM の証明書リクエストのステータスが [Pending validation] の場合、リクエストはユーザーによるアクションを待っている状態です。リクエストを実行したときに E メール検証を選択した場合、本人または承認された担当者は検証用 E メールメッセージに対応する必要があります。これらのメッセージは、登録されている WHOIS の連絡先アドレスと、リクエストされたドメイン用のその他の共通 E メールアドレスに送信されています。詳細については、「E メール検証」を参照してください。DNS 検証を選択した場合は、ACM によって作成された固有の CNAME レコードを DNS データベースに記述する必要があります。詳細については、「DNS での検証」を参照してください。

重要

ユーザーは、証明書リクエストに含まれる各ドメイン名の所有者または管理者であるという検証を受ける必要があります。E メール検証を選択した場合は、各ドメインの検証 E メールメッセージが送信されます。E メールが届かない場合は、「検証 E メールが受信されない」を参照してください。DNS 検証を選択した場合は、各ドメインに対して CNAME レコードを作成する必要があります。

注記

パブリック ACM Amazon EC2 は、Nitro Enclave に接続されている Amazon EC2 インスタンスにインストールできますが、他の Amazon EC2 インスタンスにはインストールできません。Nitro Enclave に接続されていない Amazon EC2 インスタンスでのスタンドアロンウェブサーバーのセットアップについては、「チュートリアル: Amazon Linux 2 に LAMP ウェブサーバーをインストールする」または「チュートリアル: Amazon Linux AMI を使用した LAMP ウェブサーバーのインストール」を参照してください。

E メール検証の代わりに DNS 検証を使用することをお勧めします。

DNS 検証の問題が発生した場合は、次のトピックを参照してください。