証明書の更新ステータスの確認 - AWS Certificate Manager

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

証明書の更新ステータスの確認

ACM 証明書の更新ステータスを確認するには、AWS Certificate Manager コンソール、ACM API、AWS CLI、または Personal Health Dashboard を使用できます。コンソール、AWS CLI、または ACM API を使用する場合、証明書の更新ステータスは以下に示す 4 つの取り得る値のいずれかになります。Personal Health Dashboard を使用する場合も同様の値が表示されます。

自動更新を保留中

ACM は、証明書のドメイン名を自動的に検証しようとしています。詳細については、自動検証の仕組み を参照してください。これ以上、何もする必要はありません。

検証保留中

ACM は、証明書の 1 つまたは複数のドメイン名を自動的に検証できませんでした。これらのドメイン名を検証するためにアクションを実行する必要があり、実行しない場合には証明書は更新されません。証明書の E メール検証を使用した場合は、ACM からの E メールを探し、その E メールのリンクに従って検証を実行します。DNS 検証を使用した場合は、DNS レコードが存在しており、証明書が引き続き使用されることを確認します。

成功

証明書にあるすべてのドメイン名が検証され、ACM は証明書を更新しました。これ以上、何もする必要はありません。

Failed (失敗)

証明書が有効期限切れになる前に、1 つまたは複数のドメイン名が検証されませんでした。そして、ACM は証明書を更新しませんでした。新しい証明書をリクエストできます

証明書が別の AWS のサービス (Elastic Load Balancing や CloudFront など) に関連付けられている場合、あるいは発行または最後に更新されてからエクスポートされている場合には、更新のために証明書を選択できます。

注記

証明書ステータスの変更が有効になるまでに数時間ほどかかる場合があります。

ステータスの確認 (コンソール)

次の手順では、ACM コンソールを使用して ACM 証明書の更新ステータスを確認する方法について説明します。

  1. https://console.aws.amazon.com/acm/home で AWS Certificate Manager コンソールを開きます。

  2. 証明書を展開して詳細を表示します。

  3. 以下を検索: 更新ステータス詳細 セクション。ステータスが表示されない場合、ACM でこの証明書のマネージド型更新プロセスが開始されていません。

ステータスの確認 (API)

DescribeCertificate アクションを使用してステータスを確認する方法を示す Java のサンプルについては、「証明書についての説明」を参照してください。

ステータスの確認 (CLI)

以下のサンプルは、AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用して ACM 証明書の更新ステータスを確認する方法を示しています。

$ aws acm describe-certificate --certificate-arn arn:aws:acm:region:123456789012:certificate/97b4deb6-8983-4e39-918e-ef1378924e1e

レスポンスの RenewalStatus フィールドの値を書き留めます。RenewalStatus フィールドが表示されない場合、ACM で証明書のマネージド型更新プロセスが開始されていません。

パーソナルヘルスダッシュボード(PHD)のステータスを確認します

ACM は、失効日の 60 日前に ACM 証明書を自動的に更新しようとします。「自動検証の仕組み」を参照してください)。ACM で証明書を自動的に更新できない場合は、失効日の 45 日前、30 日前、15 日前、7 日前、3 日前、1 日前の間隔で証明書の更新イベント通知が Personal Health Dashboard に送信され、対応する必要がある旨が知らされます。Personal Health Dashboard は AWS Health サービスの一部です。セットアップを行う必要はなく、アカウントで認証されているすべてのユーザーが表示できます。詳細については、AWS Health ユーザーガイド を参照してください。

注記

ACM は、PHD タイムラインの 1 つのイベントに連続する更新イベント通知を書き込みます。各通知は、更新が成功するまで、前の通知を上書きします。

Personal Health Dashboard を使用するには

  1. https://phd.aws.amazon.com/phd/home#/ で Personal Health Dashboard にログインします。

  2. [Event log] を選択します。

  3. [Filter by tags or attributes] の場合、[Service] を選択します。

  4. [Certificate Manager] を選択します。

  5. [適用] を選択します。

  6. [Event category] の場合、[Scheduled Change] を選択します。

  7. [適用] を選択します。

ACM で ACM 証明書が最近更新されている場合は、次のような情報が表示されます。


					PHDコンソールに、 ACM 証明書