DynamoDB ローカル (ダウンロード可能バージョン) のセットアップ - Amazon DynamoDB

DynamoDB ローカル (ダウンロード可能バージョン) のセットアップ

ダウンロード可能なバージョンの Amazon DynamoDB では、DynamoDB ウェブサービスにアクセスせずに、アプリケーションを開発してテストすることができます。代わりに、データベースはコンピュータ上で自己完結型となります。アプリケーションを本番稼働環境にデプロイする準備ができたら、コード内のローカルエンドポイントを削除します。その後、これは DynamoDB ウェブサービスを指します。

このローカルバージョンを使用することで、スループットやデータストレージ、データ転送料金を節約しやすくなります。また、アプリケーションを開発している間インターネットに接続しておく必要はありません。

DynamoDB Local は、ダウンロード (JRE が必要) として、Apache Maven 依存関係として、また Docker イメージとして使用できます。

Amazon DynamoDB ウェブサービスを代わりに使用する場合は、「DynamoDB (ウェブサービス) のセットアップ」を参照してください。