DynamoDB local のテレメトリ - Amazon DynamoDB

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

DynamoDB local のテレメトリ

AWS では、お客様とのやり取りから学んだことに基づいてサービスを開発して提供し、お客様からのフィードバックを使用して製品を練り直しています。テレメトリは、お客様のニーズをより深く理解して、問題を診断し、カスタマーエクスペリエンスを向上させる機能を提供するために役立つ追加情報です。

DynamoDB local は、一般的な使用状況メトリクス、システムおよび環境の情報、エラーなどのテレメトリを収集します。収集されるテレメトリのタイプの詳細については、「収集される情報のタイプ」を参照してください。

DynamoDB local は、ユーザー名や E メールアドレスなどの個人情報は収集しません。また、プロジェクトレベルの機密情報も抽出しません。

お客様は、テレメトリを有効にするかどうかを制御し、いつでも設定を変更できます。テレメトリが有効化されたままの場合、DynamoDB local はテレメトリデータをバックグラウンドで送信します。この際、お客様との追加のやり取りは不要です。

コマンドラインオプションを使用してテレメトリを無効にする

オプション -disableTelemetry によって DynamoDB local を起動するときに、コマンドラインオプションを使用してテレメトリを無効にすることができます。詳細については、「 コマンドラインオプション 」を参照してください。

単一セッションのテレメトリを無効にする

macOS および Linux オペレーティングシステムでは、単一セッションのテレメトリを無効にできます。現在のセッションのテレメトリを無効にするには、以下のコマンドを実行して環境変数 DDB_LOCAL_TELEMETRYfalse に設定します。新しいターミナルまたはセッションに対して、このコマンドを繰り返します。

export DDB_LOCAL_TELEMETRY=0

すべてのセッションでのプロファイルのテレメトリの無効化

オペレーティングシステムで DynamoDB local を実行している場合は、以下のコマンドを実行してすべてのセッションのテレメトリを無効にします。

Linux でテレメトリを無効にするには
  1. 以下を実行します:

    echo "export DDB_LOCAL_TELEMETRY=0" >>~/.profile
  2. 以下を実行します:

    source ~/.profile
macOS でテレメトリを無効にするには
  1. 以下を実行します:

    echo "export DDB_LOCAL_TELEMETRY=0" >>~/.profile
  2. 以下を実行します:

    source ~/.profile
Windows でテレメトリを無効にするには
  1. 以下を実行します:

    setx DDB_LOCAL_TELEMETRY 0
  2. 以下を実行します:

    refreshenv

収集される情報のタイプ

  • 使用状況の情報 — サーバーの起動/停止、呼び出された API やオペレーションなどの一般的なテレメトリ。

  • システムおよび環境の情報 - Java のバージョン、オペレーティングシステム (Windows、Linux、または macOS)、DynamoDB local が実行する環境 (スタンドアロン JAR、Docker コンテナ、Maven 依存関係など)、および使用状況属性のハッシュ値。

詳細

DynamoDB local で収集されるテレメトリデータは、AWS データプライバシーポリシーに準拠します。詳細については、次を参照してください。