Amazon DynamoDB
開発者ガイド (API バージョン 2012-08-10)

DynamoDB ストリーム と AWS Lambda のトリガー

Amazon DynamoDB は AWS Lambda と統合されているため、トリガー (DynamoDB ストリーム 内のイベントに自動的に応答するコード) を作成できます。トリガーを使用すると、DynamoDB テーブル内のデータ変更に対応するアプリケーションを構築できます。

テーブルで DynamoDB ストリーム を有効にした場合、書き込む Lambda 関数にストリーム ARN を関連付けることができます。テーブルの項目が変更されるとすぐに、新しいレコードがテーブルのストリームに表示されます。AWS Lambda はストリームをポーリングし、新しいストリームレコードを検出すると、Lambda 関数を同期的に呼び出します。

Lambda 関数は、通知の送信やワークフローの開始など、指定したアクションを実行できます。たとえば、各ストリームレコードを Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) などの永続的ストレージにコピーしたり、書き込みアクティビティの永続的な監査証跡をテーブルに作成したりする Lambda 関数を記述できます。または、GameScores テーブルに書き込みを行うモバイルゲームアプリがあるとします。TopScore テーブルの GameScores 属性が更新されるたびに、対応するストリームレコードがテーブルのストリームに書き込まれます。その後、このイベントによって Lambda 関数をトリガーし、ソーシャルメディアネットワークにおめでとうメッセージを投稿できます(この関数は、GameScores の更新でないストリームレコードや、TopScore 属性を変更しないストリームレコードを無視します)。

AWS Lambda の詳細については、「AWS Lambda Developer Guide」を参照してください。