Amazon S3 Glacier の API リファレンス - Amazon S3 Glacier

このページは、Vaults と 2012 年以降の元の REST API を使用する S3 Glacier サービスの既存のお客様のみを対象としています。

アーカイブストレージソリューションをお探しの場合は、Amazon S3、S3 Glacier Instant Retrieval、S3 Glacier Flexible Retrieval、S3 Glacier Deep Archive の S3 Glacier ストレージクラスを使用することをお勧めします。これらのストレージオプションの詳細については、「Amazon S3 ユーザーガイド」の「S3 Glacier ストレージクラス」およびS3 Glacier ストレージクラスを使用した長期データストレージ」を参照してください。 Amazon S3 これらのストレージクラスは Amazon S3 API を使用し、すべてのリージョンで利用でき、Amazon S3 コンソール内で管理できます。Storage Cost Analysis、Storage Lens、複数の暗号化オプションを含むセキュリティ機能などを提供します。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon S3 Glacier の API リファレンス

Amazon S3 Glacier では、サービスを操作できる一連のオペレーション 特に、一連の RESTful API コール - をサポートしています。

HTTP リクエストを送信できる任意のプログラミングライブラリを使用して、REST リクエストを S3 Glacier に送信できます。REST リクエストを送信する場合、S3 Glacier では、リクエストに署名することで、すべてのリクエストを認証する必要があります。さらに、アーカイブをアップロードする場合は、ペイロードのチェックサムを計算し、リクエストに含める必要もあります。詳細については、「リクエストへの署名」を参照してください。

エラーが発生した場合は、エラーを処理できるように、S3 Glacier から送信されたエラーレスポンスの内容を把握する必要があります。このセクションでは、REST API 呼び出しを直接実行できるように、REST オペレーションの詳細に加え、こうした情報をすべて提供します。

REST API 呼び出しを直接使用することや、ラッパーライブラリを提供する Amazon SDK を使用することで、コーディングタスクを簡略化できます。これらのライブラリでは、送信する各リクエストに署名し、リクエストのペイロードのチェックサムを計算します。そのため、Amazon SDK を使用すると、コーディングタスクが簡略化されます。この開発者ガイドでは、AWS SDK for Java と .NET を使用した S3 Glacier の基本的なオペレーションの実例を示します。詳細については、「Amazon S3 Glacier AWS SDKs の使用」を参照してください。