プロビジョニングされた容量を表示する (GET provisioned-capacity) - Amazon S3 Glacier

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

プロビジョニングされた容量を表示する (GET provisioned-capacity)

このオペレーションでは、指定された AWS アカウント のプロビジョニングされた容量を表示します。プロビジョンドキャパシティーの詳細については、「アーカイブの取り出しオプション」を参照してください。

プロビジョニングされた容量単位は、購入日時 (開始日) から 1 か月間有効です。単位に有効期限に失効します。これは開始日から正確に 1 か月後であり、1 秒単位で四捨五入されます。

開始日が 31 日の場合、有効期限は翌月の最終日となります。たとえば、開始日が 8 月 31 日の場合、有効期限は 9 月 30 日です。開始日が 1 月 31 日の場合、有効期限は 2 月 28 日です。この機能は「レスポンスの例」で確認できます。

リクエストの構文

アカウントのプロビジョニングされた取得容量を表示するには、以下の構文例に示すように、provisioned-capacity URI に HTTP GET リクエストを送信します。

GET /AccountId/provisioned-capacity HTTP/1.1 Host: glacier.Region.amazonaws.com Date: Date Authorization: SignatureValue x-amz-glacier-version: 2012-06-01

注記

-AccountIdvalueAWS アカウントID。この値はリクエストの署名に使用した認証情報に関連する AWS アカウント ID と一致する必要があります。AWS アカウント ID、または Amazon S3 Glacier がリクエストの署名に使用した認証情報に関連する AWS アカウント ID を使用している場合はオプションで`-`「-」のどちらかを指定できます。お客様のアカウント ID を指定する場合は、ハイフン(`-`)を含めないでください。

リクエストパラメータ

このオペレーションではリクエストパラメータを使用しません。

リクエストヘッダー

この操作では、すべての操作で共通のリクエストヘッダーのみ使用します。共通のリクエストヘッダーの詳細については、「一般的なリクエストヘッダー」を参照してください。

リクエスト本文

この操作にリクエストボディはありません。

レスポンス

オペレーションが成功した場合、サービスは HTTP レスポンス 200 OK を返します。

レスポンスの構文

HTTP/1.1 200 OK x-amzn-RequestId: x-amzn-RequestId Date: Date Content-Type: application/json Content-Length: Length { "ProvisionedCapacityList": { "CapacityId" : "string", "StartDate" : "string" "ExpirationDate" : "string" } }

レスポンスヘッダー

この操作はほとんどのレスポンスに共通のレスポンスヘッダーのみを使用します。共通のレスポンスヘッダーの詳細については、「共通のレスポンスヘッダー」を参照してください。

レスポンス本文

レスポンス本文には次の JSON フィールドが含まれています。

CapacityId

プロビジョニングされた容量単位を識別する ID。

Type: 文字列。

StartDate

プロビジョニングされた容量単位を購入した協定世界時 (UTC) の日付。

Type: 文字列。たとえば、ISO 8601 の日付形式の文字列表現。2013-03-20T17:03:43.221Z

ExpirationDate

プロビジョニングされた容量単位が期限切れになった協定世界時 (UTC) の日付。

Type: 文字列。たとえば、ISO 8601 の日付形式の文字列表現。2013-03-20T17:03:43.221Z

エラー

Amazon S3 Glacier の例外とエラーメッセージについては、「エラーレスポンス」を参照してください。

次の例は、アカウントのプロビジョニングされた容量単位を示します。

リクエストの例

この例では、GET リクエストを送信して、指定されたアカウントのプロビジョニングされた容量単位のリストを取得しています。

GET /123456789012/priority-capacity HTTP/1.1 Host: glacier.us-west-2.amazonaws.com x-amz-Date: 20170210T120000Z x-amz-glacier-version: 2012-06-01 Authorization: AWS4-HMAC-SHA256 Credential=AKIAIOSFODNN7EXAMPLE/20141123/us-west-2/glacier/aws4_request,SignedHeaders=host;x-amz-date;x-amz-glacier-version,Signature=9257c16da6b25a715ce900a5b45b03da0447acf430195dcb540091b12966f2a2

レスポンスの例

リクエストが成功すると、次の例に示すように Amazon S3 Glacier (S3 Glacier) からアカウントのプロビジョニングされた容量単位とともに HTTP 200 OK が返されます。

最初にリストされているプロビジョニングされた容量単位は、開始日が 2017 年 1 月 31 日であり有効期限が 2017 年 2 月 28 日である単位の例です。前述のとおり、開始日が 31 日の場合、有効期限は翌月の最終日となります。

HTTP/1.1 200 OK x-amzn-RequestId: AAABZpJrTyioDC_HsOmHae8EZp_uBSJr6cnGOLKp_XJCl-Q Date: Wed, 10 Feb 2017 12:02:00 GMT Content-Type: application/json Content-Length: length { "ProvisionedCapacityList", { "CapacityId": "zSaq7NzHFQDANTfQkDen4V7z", "StartDate": "2017-01-31T14:26:33.031Z", "ExpirationDate": "2017-02-28T14:26:33.000Z", }, { "CapacityId": "yXaq7NzHFQNADTfQkDen4V7z", "StartDate": "2016-12-13T20:11:51.095Z"", "ExpirationDate": "2017-01-13T20:11:51.000Z" ", }, ... }